The Glad Game > 未分類のアーカイブ

ホーム > 未分類

未分類のアーカイブ

English Mania

What do you think of when you hear the word “mania”? Beatle mania, sports mania, or religious mania?

 

There is a new mania called “English mania”. There are now two billion people studying English around the world. On the TED website, there is a video about Chinese students practicing English by screaming ambitious words. They shout “I want to speak perfect English.” “I want to change my life!”

I was overwhelmed by the video. Tens of thousands of students repeating these ambitious words after an English teacher in a big plaza is just amazing.

 

China has become the world’s largest English speaking country since they have started learning English in the third grade. “English mania” seems just the right word to describe their great zeal for learning English. Better English skills mean a better opportunity for work, and a better life for them. Chinese students have to take a test that determine their future. 25% of the test is based on English. English proficiency is a matter of life and death. In the video, a girl was introduced as having been studying for 12 hours a day for 3 years to prepare for the test.

 

On this TED video, Jay Walker says English has become the world’s common language that will solve its “common problem”. I think it will be nice if I can speak with anyone I want to regardless of their nationality. As for me, English has enriched my view of the world. In this regard, I think English mania is good. As the Chinese government has decided to make their students learn English as an international language, I’m relieved that I don’t have to learn Chinese as a new world common language!

Angels & Demons

ただ今Dan BrownのAngles & Demons 読書中。毎日毎日映画のCMをみているうちに洗脳されて、つい買ってしまった・・・。
 
 ダヴィンチコードは3~4年前に翻訳で読みました。宗教や歴史、伏線などが複雑で、あの頃はまさかこのシリーズを英語で読む日が来るとは思いませんでした!
 
 今、Angles & Demonsを1/3のほど読んだところですが、意外や意外、読みやすいです。一文一文が短いのと、専門的な用語が出てくる部分は素人である読者にわかりやすいように説明されているからでしょうか。SSSの読みやすさレベルではレベル8~9に分類されているけど、英語のレベルでは測れない読みやすさがあるのかも。
 
 5月15日の映画封切りまでに読み終わろうと思ったのですが、さすがに無理でした。せめて話題に上っているうちに読み終えねば.

The Linguist Discussion

お題は「New Year’s Resolutions」。先月のライティングで提出したTopicだったので話しやすいかな、と思って参加してみました。

 前回はメンバーのSkype接続が悪くマンツーマンだったので、3回目にして初めてちゃんとしたディスカッション形式。生徒はフランス人の女性2人。チューターのJoanさんを含め女性ばかりだったのでリラックスしてお話できました。
 
 新年の誓いで一番多かったのが、「To lose weight」.
emaciated =やせ細った、という単語を覚えました。 emaciated, skinnyは病的なイメージの痩せ方だけど、一度でいいからそんな風に表現されてみたいわ。
 
 自己紹介でマリアンさんが「”eye school”に勤めています。」と言われたので「ふーん・・・眼の学校!?」と思いつつメモをとりながら話を聞いていたのですが、かなり後で「high school」だったと気付いたのでした・・・。「眼の学校ってなに?」って聞かなくてよかった・・・

英会話の話題

今日は週1回2時間の英会話の個人レッスンの日。いろいろトピックを用意して行くんだけど、上手くいかなくて落ち込むことも多いのですしょんぼり

今日はクリスマスの話題からいつしか中絶、不妊治療、養子制度の話題へ。abortion,conception, adoptionなどの単語は辛うじて知っているものの、それらを使って話を続けていくとなると・・・ 自分のたどたどしさに「きぃぃ!」となってしまいました怒ってる

明らかなアウトプットの練習不足です。自分の近況以外にも話せる話題を増やしたい。ペンパルからもらったダイアリー帳は英語日記に使うことにします!

Keep the Aspidistra Flying

George OrwellのKeep the Aspidistra Flying. 1930年代のロンドンが描かれています。

主人公のGordon Comstockは the money worldに反発して広告会社での仕事を捨て、古書店の店員として働いている。詩人としてMiceという詩集を出版しているが、ちっとも売れないし新作の執筆も遅々として進まない。 Aspidistraは当時のmiddle classの人々が窓辺に飾る観葉植物で、Gordonにとってはthe money worldの象徴です。

お金がないのは、Gordonが選んだ生き方だからしょうがないけど、金がないと食後のお茶も飲めないし、風呂にも入れないし、デートもままならない。 主人公の貧乏ぶりには胃が痛くなる思いでした。

最後には彼女と新しい家庭のために信念を曲げ、広告会社に復帰し新居にAspidistraを飾るGordon。物語はHappy endのようですが、お金と生き方について考えさせられる作品でした。
Aspidistra.jpg Penguin Clasiccs 84,383語

合計131万9905語

ホーム > 未分類

カレンダー
« 2018 年 9月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives
  • 2018 (11)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2018

2018 Reading Challenge

2018 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 5 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV383
UV152

ページの上部に戻る