The Glad Game > 英語学習のアーカイブ

ホーム > 英語学習

英語学習のアーカイブ

【オーディオブック】Born a Crime: Stories from a South African Childhood(2016)

Born a Crime (2016)

Screen Shot 2017-03-06 at 21.50.04

 

時間:8時間50分

発音:南アフリカアクセント?

評価:5 out of 5

 

2015年9月からアメリカのテレビ番組「The Daily Show」のホストを務めているトレバー・ノアの自伝なのですが、めっちゃ面白かったです!人気番組のホストにしては若いなと思っていたのですが、まだ33歳だったんですね。しかも南アフリカで生まれ育ち、2011年にアメリカに移住したのだとか。異国で笑いを取る、というのは外国人にとって最も難しいことだと思うのですが、それをスマートにこなしているのは素晴らしいです。

 

トレバーが生まれたのは1980年。トレバーは南アフリカ出身で黒人の母と、ドイツ系スイス人である白人の父のもとに生まれました。アパルトヘイト政策下の南アフリカでは、白人と有色人種の結婚は禁じられていたため、トレバーの存在自体が”罪”だったのです。トレバーの両親は正式に結婚はしておらず、トレバーが公の場で”お父さん”と呼ぶことはなかったそうです。

 

ではなぜ、トレバーの母パトリシアは禁じられていた白人との子供を持つことにしたのでしょうか。このパトリシアさん、かなり先進的というか、ぶっ飛んだ性格で、当時の黒人女性にしては珍しく英語を話し、秘書の仕事をしていたそうです。そこで20歳近く年上で独身だったトレバーのお父さんに、「あなたの子供がほしい。あなたは一切面倒見なくてもいいから」と声をかけ、トレバーをもうけたそうです。

 

当時の南アフリカは、白人、有色人種、黒人と階級が分かれており、黒人にはまともな教育も行わず、生涯奴隷扱いで肉体労働者として働かされていました。トレバーの子供時代の話を聞くと、あまりにも世界が違いすぎて、「いったいいつの話!?」と戸惑ってしまったのですが、まだ30年ほど前の話なのです。ネルソン・マンデラが開放された頃は特に覇権争いが激しく、通学路に生きたままガソリンをかけられて殺された焼死体が転がっていたそうです・・・。

 

それほど年も変わらないのに生まれ育った環境が違いすぎて、衝撃的な内容でした。とはいっても、シリアスな内容ではなく、トレバーのお母さんの強烈エピソードの数々がとても面白かったです。同じ時代を生きているのに自分とは全く別の子供時代がある・・・ということを実感できた一冊でした。

 

YL:7.5くらい

語数:94,240語 (http://www.readinglength.comより)

 


Born a Crime: Stories from a South African Childhood
 

 

【オーディオブック】A Prayer for Owen Meany(1989)オウエンのために祈りを

A Prayer for Owen Meany(1986)   オウエンのために祈りを

 

時間:26時間53分

発音:アメリカ英語

評価:5 out of 5

 

Screen Shot 2017-02-26 at 14.34.55

 

【あらすじ】

5歳児ぐらいの身長、一度聞いたら忘れられないへんな声、ずば抜けた頭脳を持つぼくの親友オウエンを、ある日過酷な運命が襲った。ピンチヒッターで打ったボールが、大好きだったぼくの母の命を奪ったのだ。ぼくは神様の道具なんだと言い続ける彼にとって、出来事にはすべて意味がある。他人と少し違う姿に生れたオウエンに与えられた使命とは?米文学巨匠による現代の福音書。

(Book データベースより)

 

【感想】

1989年に発表された作品を今更読んでみたのですが、すごく良かったです。物語自体に独特なペースがあって、完全にストーリーに飲み込まれてしまった感じ。初めてのジョン・アーヴィング作品でしたが、波乱万丈な物語展開が特徴の作家さんらしく、物語好きな私の好みにピッタリでした。

 

物語の中心は1950年代〜60年代にかけてのアメリカ。ニューハンプシャー州で生まれ育った二人の少年のお話です。オーウェン・ミーニーは成長期をすぎても身長150cmにも満たず、声変わりもしていない変わった男の子。主人公はオーウェンの親友ジョン・ウィールライトで、1987年の現在から過去を振り返る形で物語が進んでいきます。

 

1950年台のアメリカの田舎町での生活が生き生きと描かれているのですが、しばらく読み進めると、語り手である1987年のジョンの周りに大親友オーウェンの存在がなく、これはオーウェンについての長いobituaryなのではないかと気づかされます。オーウェンはいつ、どのような形で主人公の人生から姿を消してしまうのか。その謎が最終章にむけて少しずつ明かされていくのですが、楽しい少年時代のエピソードを読んで主人公たちに愛着が湧いてしまうと未来のことを知るのが怖くて、先を知りたい気持ちとこのままここで時を止めてしまいたい気持ちのせめぎ合いでした。

 

この作品を読んで、ベトナム戦争は当時の人々にとって大きな関心事だったのだなと実感しました。1968年当時を生きていない自分にとって、徴兵されるかもしれない、戦争で死ぬかもしれない・・という底知れぬ不安は今までに体験したことのない感情でした。

 

オーディオブックは渋い男性ナレーターの声でかなりゆっくりでした。オーウェンの甲高い声が「目玉おやじ」のようで、複数人の会話でのオーウェンの声の使い分けが素晴らしかったです。この作品はオーディオブックがオススメです。

 

YL:8

語数:236,061語

 


A Prayer for Owen Meany: A Novel


オウエンのために祈りを〈上〉 (新潮文庫)

 

IMG_5636

デュッセルドルフにて。遠目から見たら犬を撫でているのかと思いきや・・犬を造ってました。

【オーディオブック】It

It (1986)

時間:44時間53分

発音:アメリカ英語

評価:3 out of 5

It

 

【あらすじ】

1958年メイン州デリーで子供を狙った連続殺人事件が起きた。7人のティーンエイジャー達は、約30年に一度出現するというモンスター「It」と対峙する。

 

27年後。「It」による殺人サイクルが始まったことによって故郷に引き寄せられた主人公たちは再び「It」との戦いに挑むことになった。

 

【感想】

スティーブン・キングの名作として名高い「It」ですが、これはアカンやつ。全くダメでした・・・。2017年秋に映画版Itのリメイクが公開されるとのことで、長らく避けていた原作を読もうと思い立ったのが9月。読み終えるのに1ヶ月かかり、さらに感想を書こうと思えるようになるまで2ヶ月かかりました。読んだ後にどど~~んと暗くなりましたよ・・・。

 

1958年に子供だった主人公7人が27年後の1985年に再び集うのですが、子供時代と大人時代の対比が丁寧に描かれているところとか、子供時代の会話など、育った環境は全く違うのに、まるで自分の子供時代のような懐かしさをおぼえました。そこはホラー版「スタンド・バイ・ミー」と評されるだけあって、良いと思うのです。

 

でもやっぱりペニーワイズはいけません。ちょうど全米でピエロ騒動が起こっていたこともあり、恐ろしさ倍増。映画版Itを観たことがなくても、ピエロ姿のペニーワイズを目にしたことがあるは多いのではないでしょうか。英語にはピエロ恐怖症:Coulrophobia という単語がありますが、子供にとってItのペニーワイズはトラウマレベルだと思いました。

 

スティーブン・キング作品のなかでは、11/22/63 やミスター・メルセデスシリーズなど大好きな作品もあるので、キング作品のベスト!と言われれば読まざるを得ないと覚悟を決めたのですが、まるで修行のような読書でした。オーディオブックは44時間53分。我ながらよく耐えました!

It

YL:9〜(SSS調べ)

語数:42万1000語(SSS)

 

習慣×英文読解「よくばり」セミナー参加しました

11月3日、横井菜穂美さんの「習慣×英文読解よくばりセミナー」に参加しました。横井さんは、英検1級、国連英検特1級、TOEIC満点を取得され、全国でセミナーを開催されています。これまでも習慣セミナーや読解セミナーなどを開催されており、参加したかったものの都合が合わず・・・。今回やっと受講することができました。

 

英文読解セミナーで文法寄り、とのことで「私にも理解出来るだろうか・・・」と心配しておりました。実は私、英文法は全く説明できず、基本となる五文型でさえも、「主語と動詞とそれ以外」という認識なのです。スラッシュリーディングはできます。オーディオブックを聞いていると、スラッシュが入るべきところで息継ぎがあるので、そのへんの勘所がおさえられていれば頭から文意を理解することは出来るんですね。ところが、英文を正しく日本語に訳すとなると、自分だけが分かればいいということではなく、文法の決まりごとが必要になります。

 

というわけで、五文型の説明さえ出来ない私が参加しても大丈夫なのか、と思っていたのですが、それは杞憂に終わりました。

 

当日配られた資料の最初に「warm-up」として五文型の説明がありました。他の皆さんにとっては確認事項だったと思うのですが、学校英語から遠ざかっていた人にとってはありがたい心配りでした。最初に基本の五文型についてサラッと説明してからスラッシュリーディング、読解の際にマーカーとなる接続詞、疑問詞、前置詞+名詞などについて、例文をもとに丁寧に解説されました。

 

接続詞のthat と関係詞のthat の見分け方や等位接続詞なんて、試験勉強をされている方にとっては当たり前なのかもしれませんが、私にとっては受験生の時以来。もしかしたら受験生の時でさえ知らなかったかも・・・。

 

読解の合間に英語学習を続けるための「習慣力」についてのお話もあり、あっという間の2時間でした。予備校講師をされていただけあって、聞き手の集中力を途切れさせない話術は流石だと思いました。今後も不定期でセミナーを開催されるようなので、英語学習に興味のある方はレベルにかかわらず受講されるとやる気と読解力がUPすると思います。すべてのレベルの方におすすめ!

 

【今日の一枚】

ノイシュバンシュタイン城

ドイツに行ってきました。ノイシュバンシュタイン城。

【オーディオブック】Free the Darkness (2015) King’s Dark Tidings #1

Free the Darkness (2015)  King’s Dark Tidings #1

時間:16時間33分

発音:アメリカ英語

評価:3.5 out of 5

Free the Darkness

 

【あらすじ】

Ashai王国の人里離れた城砦で、戦士としての英才教育を受けたレズキンは、19歳の時に突然のバトルで師と居場所を失ってしまう。自分の出自や訓練の目的を全く知らないまま育ったレズキンは、自分の人生の目的の手がかりを探すため、先代の王からレズキンに与えられた伝説の剣を携えて旅に出る。

 

【感想】

夢中になれるファンタジーを見つけるのは本当に難しい。この本はGoodreadsやAudibleで絶賛されて評価が高かったので期待して読み始めたけれど、アラが気になって集中出来ませんでした。

 

レズキンは幼いころから色々な武術のマスターたちに鍛えられたためバトルでは負け知らず。百戦錬磨の暗殺者ギルドに乗り込んでも傷一つ負わないどころか、服さえ汚さないという完璧ぶり。他にも医術や社交術もマスターしており、おまけに背も高くハンサムなのです。

 

まあそれはいいとして。この本に出てくる女性たちがアホすぎる。完全無欠なレズキンに惚れてしまうのはわかるのですが、堅物で社会経験のないレズキンが紳士的に自分に接してくれるのを好かれていると勘違いして一人相撲するのがイタすぎる・・・。特に何かに秀でているとか思慮深いわけでもない、なんの魅力があるのかわからない女の子が主人公の相手役になるというのが納得いかないし、女性登場人物の描かれ方が19世紀文学のようで違和感を感じました。

 

レズキンの正体は何なのか。崩壊しかけている王国を今後どうやって立て直していくのか。プロットは面白い部分もあるのだけれど、結構な割合を占めている恋愛部分はバッサリ要らないかも。

現在2巻まで出版されていますが、続きを読むかどうかは微妙なところです。

 

 

 

 

Free the Darkness (King’s Dark Tidings Book 1)

 

YL:7くらい

語数:120,000語 (概算)

 

【今日の一枚】

19851819409_c0bb140cb2_k

オレゴン。カラオケ屋さん?の建物。。。

ホーム > 英語学習

カレンダー
« 2017 年 3月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Archives
  • 2017 (3)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV689
UV140

ページの上部に戻る