The Glad Game > 英語学習のアーカイブ

ホーム > 英語学習

英語学習のアーカイブ

【オーディオブック】The House in the Cerulean Sea (2020)

The House in the Cerulean Sea (2020)

発音:アメリカ英語

時間:12時間12分

評価:4 out of 5

 

 

2020年Goodreads Fantasy部門候補本。Fantasy部門だけれども、冒険も魔法もなく、どちらかというと”Drama” 部門があったならばそちらにカテゴライズされそうな感じ。

 

主人公のライナス・ベイカーは省庁のMagical  Youth部門でケースワーカーとして働く40歳、独身。一軒家に猫と暮らしており、愛読書は「Rules and Regulations」という900ページもある仕事関係の規則本という真面目な男。魔法に関する子供たちの孤児院を管理しているのだが、ある日“Extremely Upper Management” から極秘任務を打診される。Marsyas島にある孤児院に特に危険な児童たち6人が収容されており、ライナスはそこに潜入し、適正運営が為されているか監視するミッションとのこと。

 

ここからネタバレ。

 

「特に危険」とされる6人の子供たちとは、ガーデニングを愛するノームの女の子、森の精霊、ワイバーン、正体不明の緑の塊、ポメラニアンに変身してしまう少年、この世界を滅亡に導くとされるアンチクライストの6歳児(ただし今のところは口が達者なだけのクソガキ)。そしてハンサムだがどこかミステリアスな施設長のアーサー(45)である。

 

この世を滅ぼす恐れがあるほど危険でトップシークレットとして隔離されていた子供たちだが、実際は園長アーサーのもとでごく穏やかに暮らしていた。

 

そして実はアーサーも不死鳥の化身であり、子供時代に孤児院で虐待されていた過去が明かされる。

 

世間や魔法省庁などの権威は「他人と違うこと」を問題視し隔離しようとするけれど、他人と違っていても差別されず幸せに生きる権利は誰にでもある、ということを感じた作品だった。

 

この手の魔法生物が出てくるファンタジーだと子供たちが主役になることが多いのに、なぜ冴えない40歳独身男が主人公なのだろう・・と疑問に思いながら読んだら、ライナスとアーサーのほんのり恋愛ストーリーでもありました。

 

YL:7−8

語数:117,806 (概算)

 

The House in the Cerulean Sea

 

 

【オーディオブック】Midnight Sun (2020)

Midnight  Sun (2020)

発音:アメリカ英語

時間: 25時間49分

評価:4 out of 5

 

Twilightをエドワード・カレンの視点で描いた作品。トワイライトシリーズ全盛期に書かれたものの、出版前の原稿がリークしてしまったため、やむを得ず数チャプターのみを作者のホームページに掲載し、出版は2020年まで延期になっていたとのこと。オーディオブックは25時間49分と長いので、トワイライトサーガ3冊分まとめてかな?と思いきや、なんとトワイライト1作分だった。

 

かつてStephen Kingが、

Twilight is about how important it is to have a boyfriend.

と評したそうで、なんて的確なトワイライト・サーガのまとめ!と感心してしまった。Midnight  Sunも一冊まるまる人間の少女ベラと17歳で時が止まった104歳の吸血鬼エドワードのロマンス。25時間49分のうち25時間はベラに対する想いが綴られていると言っても過言ではないほど。逆に恋心を吐露するだけで1冊本が仕上がってしまうというのが凄い。

 

物語が動き出すのは、嵐の日の吸血鬼野球ゲームで、流れ者の吸血鬼3人組に出会ってベラが命を狙われるところから。

 

ベラ視点だったオリジナルのTwilightと比較すると、人間の女の子に心惹かれていく戸惑いや、ベラを愛しているがゆえに彼女を吸血鬼にしてはいけないという思い、人間のベラとこのまま付き合っても、いずれベラは大人の女性になっていくのに対し、自分はずっと17歳の姿のままだという葛藤があり、甘々すぎない点は良かった。

 

オーディオブック朗読は、エドワードのイメージを崩さず良い感じだったんだけど、せっかくならロバート・パティンソン朗読で聞いてみたかったかな。

 

エドワードは美しく完璧な男性として描かれているが、そんな彼の役を演じることについてロバート・パティンソンはインタビューでこう語っていた。“ベラにとってエドワードが美しく完璧な男性として描かれているのは、ベラがエドワードに恋をしているからだ“と。実際に映画でのエドワードのキラキラぶりは振りは見ているこちらが恥ずかしくなるほど。恋する相手の全てが眩しく、欠点などまるでないかのように見えるティーンの恋愛を忘れていた身としては、乙女心を思い出させてくれる新鮮な解釈だった。

 

YL: 6-7 くらい

語数:197,938 (概算)

 

 


Midnight Sun (English Edition)

【オーディオブック】The Invisible Life of Addie LaRue (2020)

The Invisible Life of Addie LaRue (2020)

時間:17時間10分

発音:アメリカ発音

評価:4.5 out of 5

 

 

【あらすじ】

1714年フランス。23歳のAddieは親が決めた結婚から逃れるため、闇と契約を交わした。

「誰のものにもなりたくない、自由に生きたい。」と望んだAddieの願いは叶えられ、不老不死の肉体を手に入れたのだが、Addieはこの世に何の痕跡も残せないという制約が課せられていた。

 

【感想】

Addieは自由と引き換えに他人との関わりを失ってしまった。自分の本当の名前を言う事も書く事もできず、誰の記憶にも残らない。今、目の前で話をしていた人も、一瞬Addieから目を離しただけで彼女の事を忘れてしまう。誰からも気に掛けられないからこそ真の自由を手に入れることが出来るという仕組み。

 

ここからはネタバレ感想。

300年もの間、各地を転々としながら孤独に生きてきたAddieだったが、現代のニューヨークでAddieのことを記憶に留めていることが出来る男性が現れる。ヘンリーがAddieを覚えていられるのは彼自身も闇と契約を交わしたからだった。

 

Addieが契約を交わした闇=ルークは300年間Addieを見守るうちに情が芽生えたようで、Addieの窮地を救ってくれたりして、そこまで悪いやつではないように思える。Addieが ルークの気持ちを利用して彼に復讐しようとしているのが後味が悪かった。

 

何もかもが面倒くさい、しがらみなく自由に生きたいと思うことはあるけれど、一切のしがらみから逃れたAddieの悲惨な300年間の物語を読むと、他人との繋がりはやはり大事だと思えた。

 

YL:7−8くらい

語数:95,700語(概算)

 


The Invisible Life of Addie LaRue (English Edition)

【オーディオブック】The Midnight Library (2020)

The Midnight Library (2020)

時間:8時間50分

発音:イギリス英語

評価:4 out of 5

 

2020年度Goodreadsのベストフィクションに選ばれた作品。

 

【あらすじ】

生と死の狭間に「あり得たかもしれない人生」のストーリーを綴った本を集めた図書館があるという。35歳のノーラは音楽ショップを解雇され、飼い猫を交通事故で亡くし、週一回自宅で教えていたピアノの生徒まで失ってしまった。唯一の肉親である兄とは疎遠になりつつあり電話しても出てくれない。自死を決意した日の真夜中、ノーラがたどり着いたのはMidnight Library だった。

 

【感想】ネタバレあり

Midnight Libraryにはノーラの後悔が綴られた本があり、これまでの人生で違う決断をしていればその後の人生はどうなったのか、無限大に枝分かれしたマルチユニバースがある。真夜中の図書館の本を開くと、「あり得たかもしれない別の人生」を生きることが出来るというお話。

 

水泳のオリンピック選手として金メダルを2回獲得し、引退後は自己啓発系の講演会で活躍している人生。世界的なロックミュージシャンとなり、憧れだったアメリカ人俳優と交際している人生。結婚直前に別れてしまったダンと結婚し、田舎でパブを開いた人生。イギリスらしいストーリー展開だなと思ったのは、ノーラがどの人生を選んでも何だか幸せではないこと。傍目には順風満帆に見える人生でも、それぞれに悩みがあり不幸も訪れる。

 

結局どの人生を体験しても幸せを見つけられず、本来の自分の人生を生きたいと強く願った時、ノーラはMidnight Library から現在に戻って来られたのだった。

 

人生における幸せとは何を達成したかではなく、人生に対する前向きな態度なのかな、と思えた作品だった。読後感は良いけれど、どの人生もほんのり不幸なので自分の精神状態が良くないと引き摺られてつらいかもしれません。

 

YL:7−8くらい

語数:90,896語(概算)

 


The Midnight Library

2020年に読んだ本とLingQ活動報告

2020年に読んだ洋書は70冊、27211ページでした。1ページ250語とすると概算で680万語前後です。

 

 

今年読んだ本の中で一番面白かったのはScythe (Arc of a Scythe Book 1) シリーズ。

この世から飢餓や病気、戦争が無くなり、テクノロジーの進化によって人類は死さえも克服した未来。人口コントロールのため職業としての「死神」が出現した・・というお話。

 

人口コントロールのために人間の“死神“が死を演出する。他人の生死に対して絶対的な力を持つとどうなるのか。正しく権力を行使することが出来るのか。ヤングアダルトファンタジーながら、ティーンの青臭い恋愛は最小限で、非常に読みやすい本でした。

 

読みたい本はまだまだあるけれど、映画やドラマも見たいので年間60−70冊あたりが妥当な目標かな。

 

2020年の LingQ 活動は365日中の349日!LingQ上で読んだ記事の語数は(主にThe Economist、エンタメ記事も時々)76万4830語でした。どうしてもLingQを開けない日はあるので、年349日は中々頑張ったほうです。

 

 

 

2006年お正月、新年の目標として英語多読を始めてからのページ経過はこんな感じ。

 

2008年に英検1級を取得して以降は英語関係の試験は受けていませんが、洋書多読/多聴や洋画視聴、記事読みなどでも年々知っている単語数は増えていくし、読書で得たものが背景知識となって、少しずつでも英語力が向上していくのかなと思っています。

 

 

 

ホーム > 英語学習

カレンダー
« 2021 年 10月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Archives
  • 2021 (9)
  • 2020 (18)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る