The Glad Game > LingQのアーカイブ

ホーム > 英語学習 > LingQ

LingQのアーカイブ

LingQとは?その1 2012年バージョン

2006年9月にLingQ(りんく)に入会して5年がすぎました。LingQに入会するまでは、文法やTOEIC,英検の問題集を解くくらいしか英語の勉強方法を知らず、3日坊主を繰り返す時代が何年も続いていました。2006年にSSS多読とLingQを知り、多読・多聴とLingQを軸に学習することで、これまでとは全く違う、”自分の知りたいこと、やりたい事を軸に楽しく” 勉強してきました。最近、このブログに”LingQ、使い方”などの検索ワードで来られる方もチラホラといらっしゃいますので、自分の経験をもとにLingQ の使い方を紹介していこうと思います。

 

LingQとは?

まずはLingQ全体の説明から。

LingQ(りんく)は、英語をはじめ、スペイン語、中国語、ロシア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、イタリア語、スウェーデン語、ドイツ語、オランダ語など、多言語を学ぶことが出来る、オンラインの言語学習サイトです。私は英語のみ利用していますが、何か国語学ぼうとも基本料金は1言語分です。LingQのライブラリには、何千個ものMP3つきスクリプト教材があります。スクリプトを読みながら分からない単語を登録していくと、自分だけの単語帳が出来、それを毎日復習することで語彙を増やす仕組みです。また、一度登録した単語は、その後新しい素材を読む時、本文にハイライト付きで現れるので、単語帳を眺めて覚えるよりも、実際に読んだ文章から覚えるほうが記憶に定着しやすいと思います。

 

こちらがレッスンの一例です。青くハイライトされている単語は、私にとって初めて出会う単語。黄色は以前他のレッスンですでに登録したけれども、まだ覚えていない単語。見にくいですが、点線の下線がついている単語は、以前のレッスンで登録し、単語帳で覚えた単語です。このように、レッスンを重ねるごとに出会う単語が増えていきますので、読む→単語を登録する→単語フラッシュカードで覚える・・の繰り返しで語彙が増えていきます。また、MP3を簡単にダウンロードすることが出来ますので、すべての単語を登録し終わったら繰り返し音源を聞くことで、正しい発音と共に単語を覚えることができます。

 

今日のところはここまで。LingQの魅力、使い方はブログ数記事では収まりきれませんので、これから順を追って紹介していこうと思います。目指せ、LingQ 非公式ガイド!

LingQ ディスカッション 語学学習について

昨日のLingQディスカッションは”語学学習について”。チューターはイギリス人のマリア先生。生徒は日本人5人でした。参加者が日本人のみ5人とわかった時点で、お互いの語学学習歴や方法などについて情報交換したい、ということでこのお題を生徒側から先生に提案。

私がLingQに入って良かったと思ったことの1つは、グループディスカッションで他の学習者の方の勉強方法と実際の流暢さ具合を見比べて学習法の参考にすることができた、ということ。英語学習を始めた最初のころは、どんな学習法がいいのかあれこれ試しては右往左往したし、英語学習系ブログで圧倒的に多かったTOEIC準備方式の学習法のほうがいいんじゃないかと随分迷いました。LingQのグループディスカッションに何回か参加するうちに、他の日本人学習者さんたちと知り合いになり、どんな学習法をしているのか、そしてどんな英語を話すのかということを観察するうちに、自分のなかで理想の姿と学習法が固まってきたと思います。

 

これまでLingQグループディスカッションでご一緒した方たちの中には、海外在住の日本人、以前留学されていた方、数年間外国で働いていた方、配偶者が外国人の方、留学経験はないけれども流暢な方、英語講師の方など様々なバックグラウンドの方がいらっしゃいました。仲よくなって話をしたり、ブログを拝見するうちに、用意された学習教材でないものをたくさんインプットした人の英語は流暢だということに気づきました。You are what you eat という言葉がありますが、英語も同じことが言えるのではないかと思ったのです。

 

私がお手本にしたいと思ったのは、本や英語記事などをたくさん読み、英語圏のニュースやpodcastなど自然な素材を使って大量のインプットをされていた方々。話される英語が自然で、”日本人の英作文”的カタカタな不自然さがなく、イントネーションもごく自然。私が目指したかった、多読多聴+LingQでの英語学習で大丈夫だと思うことができました。

何を目標とするかは、英語を教えたいのか、情報収集やコミュニケーションに重点を置きたいのか、仕事で使えるレベルまで持っていきたいのかによって違うとは思います。ただ、どれだけ英語の知識がすごくても、あまり話せないと評価が下がってしまいます。他人からの評価を気にし過ぎるのはよくないけど、”なんだ、そんなもんか”とは思われたくない。読んだり聞いたりが楽しいので、ついついインプットに偏りがちですが、バランスよくアウトプットも心がけたいと思いました。


TEDをLingQにインポート

TED2011を見ていたら、次々と追加されるTEDをLingQにインポートして読みたい!と思い立ちまして、早速試してみました。(LingQの具体的インポート方法はコチラ

LingQライブラリには40個ほどTEDが入っているのですが、新しいものは自分でインポートするしかない。で、普段はパソコンかiPhoneで字幕なしでみてそのまま・・・となってしまう。親しみのない分野のプレゼンなどを聞くと新しい言葉がてんこ盛りだし、ただ見るだけでは勿体なさすぎます。特に気に入ったものは自分のLingQライブラリに保存しておけば、あとあと見返すのも簡単です。

LingQにインポートするには英語トランスクリプトをコピペしないといけない。少々面倒だけど、画面の横、About this talkの右にある赤字の Open interactive transcript » をクリック。


そうするとコピペ可能な形の字幕があります。ふだん動画を観るときは字幕を出さないのですが、どうしても聞き取れない部分があってそこだけ確認したい時はこの字幕の該当部分をクリックすると、そこから動画が始まります。なんという親切さ。英語学習者には至れり尽くせりです。


このトランスクリプト部分をLingQのインポートにコピペ。音声は、サイト上では新しい動画はmp3形式ではなくmp4のみダウンロード可能になっているものが多いので、TED Talks podcastのオーディオ版でmp3形式をゲットするか、PCでmp4をダウンロードして、SphereMP3という無料のmp4→mp3変換が出来るサイトで変換。LingQにアップロードするためには、mp3の64Kbpsへ。


LingQへインポートすると、単語の保存が簡単になるので便利。音声も聞くことができます。


これを共有設定するかどうかは悩みましたが、TEDのコピーライト部分を読んでみると、商業目的でなければ友達とシェアするのは構わないと。LingQでの学習素材共有は商業目的ではないものの、ポイントのやりとりが発生するのでやはりシェアはよくないだろうと判断し、プライベート設定にしました。

TEDのプレゼンテーションは現時点で700以上あり、さらに増え続けています。気に入ったプレゼンはLingQで保存して、言い回しなどをしっかり自分のものにしたいと思います。


LingQ ディスカッション備忘録 1/29

じりさ先生のグループディスカッションに参加。3人の日本人メンバーとドイツ人男性でした。ドイツ人の方は確か2−3年前に何度かお話ししたことのある方。60代、ドイツ在住でご自分のことをShrinkとおしゃったので、縮むって何??と思ったのですが、精神科医のことでした。psychiatristという単語しか知らなかった!


最初は無難に天気の話などしたのですが、ドイツの方が”村上春樹のファンだ”と言い出しまして、日本文学の話になりました。村上春樹が海外で人気だというのはよく聞くんだけど、実際に好きだという方に出会ったのは初めて。彼は村上春樹を読み始めて日が浅いのですが、すでに最近の本を数冊ドイツ語か英語で読んだそうです。それまでは日本がどこにあるかさえあやふやだったのが、彼の本を読むことで、現代日本に興味を持つきっかけになったと。小説に出てくる日本の街並み、人々の生活、ガジェットなどが特に面白いと感じるそうです。

川上弘美さんの”真鶴”も読まれたそう。せっかく著者と本の名前を出してくれたのに、読んでおらず話を共有できなかったのが残念でした。著者が生物学者であることなどを教えてもらいました。外国の方に自分の国の作家や作品について教えてもらうとは・・・。


村上春樹さんの本はAudibleに10冊ほど置いてあって、長らくWish Listにいれたままになっていました。せっかく日本に興味を持って話を振ってくれたのだから、もうちょっとマシな情報を提供できるよう、オーディオブックを聞こうと思います。聞きたいオーディオブックが次々と出てくるので、耳が6つくらい欲しいところです…。

LingQ Discussion 記録 1/23

  • 2011/01/22 11:59 PM
  • LingQ

ジリサ先生のグループディスカッション。大阪で開催されたスティーブさんを囲んでのLingQ集会の様子をCherry6120さんに伺いました。


LingQ集会、ホントに行きたかった!LingQメンバーは皆さん、本当に前向きで学習意欲の高い方達ばかりで、グループディスカッションでいつもやる気をいただいています。LingQに入ったおかげで英語能力はずいぶんと良くなったのですが、もう一つ良かったことは、メンバーさんたちに影響されて物の考え方までかわったこと。LingQメンバーさんは、いい意味で我が道を行く人が多いです。英語を習得したいという意思が強く、かつ英語だけではなく色々な分野で仕事をされたり、趣味を持たれている方達で、普段は聞けないようなお話を聞くことが出来、グループディスカッションに参加するのが毎回楽しみなのです。

LingQディスカッションで日本人メンバーさんと話していて思うのは、”出来ない理由・いいわけ”を言わないこと。英語学習に限らず、やりたいけど時間がなくてとか、才能がないとか、そういうネガティブさないことが共通していると感じます。LingQに参加して人生の先輩方や頑張っている人の話を聞くことで、あらかじめ出来ない理由を言ったらいけない、自分の能力にキャップをしたらダメだということを強く感じました。



インターネットのおかげで、年代、住んでいる場所、職業の違いを超えてたくさんの人と知り合えるって素晴らしいことだと思います。LingQで知り合った人と話していると、実生活で大半の時間を共有している、同じクラスターの人からは得られないインスピレーションや新しい考え方を得ることができます。素晴らしい仲間の良い点をどんどん取り入れて、毎日成長したい!心の底からそう思います。

ホーム > 英語学習 > LingQ

カレンダー
« 2018 年 9月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives
  • 2018 (11)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2018

2018 Reading Challenge

2018 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 5 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV201
UV94

ページの上部に戻る