The Glad Game > The Economistのアーカイブ

ホーム > 英語学習 > The Economist

The Economistのアーカイブ

アメリカ英語を標準として受け入れるべきか

The  Economist Debate の “This house believes that the English-speaking world should adopt American English.” が面白かったのでメモ。

世界中で1億人以上が英語を話し、そのうちノンネイティブ・スピーカーの割合はネイティブ・スピーカーの3倍とのこと。混乱を避け、コミュニケーションをやりやすくするために、アメリカ英語を標準とするべきか? という問いに対しての投票。

結果は7対3で”No” 。アメリカ英語を標準とすべきではない、という意見の代表として挙げられていたのは、英語は様々なローカルスタンダードがあって、”Globish” という、よりグローバルなものに形を変えつつあるということ。

例えば、Timesの記者が耳にしたスペインの国連平和維持軍とインド人兵士の会話。彼らの話す英語は非常に簡素化されていて、文法や構造はなかったけれども、完璧に理解できるものであったと。彼らの話す英語は”Globish” であり、今後はそのような形がノーマルとなるであろう、というのがNoの代表意見。

アメリカ英語が英語の世界標準となるべき、という意見は3割で、Globishはまだアメリカ英語のように世界中で受け入れられてはいない、というものでした。

アメリカ英語がスタンダードでなくてもいい、という意見が7割あるということは、英語を第二言語として学ぶ人々にとって喜ばしいことではないだろうか。日本人英語学習者は、”ネイティブ・スピーカーのように話す”ということに対するこだわりが強いのではないかと思う。自分もそうだけど、あまり発音とか気にしすぎると、何でもいいからとにかく英語を話す、ということに抵抗があって言葉が出なくなってしまう。

”上手になってからでないと話したくない”ではなくて、とりあえずこだわりなく声に出して会話の練習をしないと上手くなりようがないし、非ネイティブ英語のほうが多い現状で、”日本人英語”という一派があってもいいのではないだろうか。

私自身も、まだ”英語を話せる”と思える段階ではないのだけど、きっとこれは英米人と自分を比べているからじゃないかと思う。”ネイティブスピーカーのように英語を話す” 、憧れるけど、現実には難しい。大多数の人が、Globishがスタンダード英語だと思っているのであれば、自分の言いたいことが主張できて、相手の非ネイティブスピーカーの話す英語を理解できる、その程度の英語力があれば”英語話せます”って自信を持って言っていいんじゃないかと思ったのでした。

The Economist の定期購読

7月半ばにThe Economistの年間契約が更新されるので、このままPaper editionの購読を続けるか、オンライン購読のみに切り替えるか迷っているところです。Paper editionの定期購読は来月で3年目。全部は読み切れないんだけど、全く読めなかったという号もなかったので、近所の書店で1冊を1100円で買うよりは、年間51冊を31500円で定期購読したほうがお得。

それよりもさらに安いのが、オンライン購読のみで95USドル。iPadのiBooksでPDFが読めるようになったので、オンライン記事をPDF化してiPadで読めるかどうか試してみました。iBooksで開けば、マーカーやメモが出来るかなと期待してたんだけど、PDFは開けるもののマーカーも付箋もメモも出来なかった! iBooksなら辞書を使いながら読めると思ったんだけど、PDFでは辞書も使えず・・・。PDFをePubに変換するフリーソフトがあるようなので、それを試そうかと思っているんだけど、そこまで手間をかける必要があるのか?とも思ってしまう。各記事を一つ一つPDF化して、それを結合するまでで結構な手間がかかったし、それをePub変換するのも面倒!

31500円と95ドルの差は大きいけれど、手間がかかって読まなくなってしまったのでは元も子もないし。更新期限の7月中旬までにePub変換まで試してから決めようと思います。

【ブログ連動企画】Evernoteを英語学習に活かす

エミコフさんがリーディングに役立つEvernoteの活用法を披露してくださったので、私はEvernoteを使ったライティング素材集めについて書いてみます。

 

これまで私のライティング時の問題点は、書きたいネタがすぐみつからない、せっかく浮かんだアイデアを覚えていない、参考資料があったはずなんだけど見つからない、でした。The Economistプリント版を定期購読していて、気になる記事は付箋を貼って後でスクラップにすることにしていたのですが、ノートに集めるのが面倒だったり、分野分けに迷ってそのまま…。結局、参考にしたい時にすぐに手元にないから、全然参考記事として役立たちませんでした。Web記事もそう。面白そうだな、後で読もうと思ったものも結局はそのまま忘却の彼方へ。

 

そこで、Evernoteにスクラップブックを作ってみました。プリント版のThe Economist を読み終わった後、付箋のついた記事をWeb版で取り込みます。Safariの場合は、ゾウさんマークを押すとEvernoteに取り込まれます。

取り込まれた記事はThe Economistと名前をつけたノートブックに集めておきます。

 

 

他の雑誌のWeb記事の場合はWeb Clipと名前をつけたノートブックに取り込んでいます。分野ごとのタグをつけておくのがミソです。私はJapan, Economics, Politics, Health, Aging, Women, Environment 等々のタグをつけています。一つの記事にいくつかのタグをつけることが出来るので、従来のスクラップブックのように、どの項目にいれようか悩むことがなくなりました。

 

Evernoteスクラップブックの便利な点は、検索ができることです。タグや記事中の言葉を検索することで、目的の記事や関連記事を呼び出すことが出来ます。

 

で、ここからがライティング活用法です。Evernote上にWriting用のノートブックを作っておいて、英作文や英語ディスカッションのネタによさそうな話題に遭遇したら、とりあえずタイトルだけのノートを作ります。この時、スクラップブックと同様にタグをつけておきます。”Dr.Death”というノートを例にとって説明します。これは、先日Twitterで英語仲間のHayuruさんが聞いていたニュースなのですが、”面白そう!”と思ったので、聞いた内容を走り書き程度ですが、ノートにまとめておきました。

 

 

その後、時間がある時に、Wikipediaの関連記事と、Dr.Deathをfeatureした映画の記事をEvernoteにクリッピング。そして実際に英作文を書き始めた時に”そういえば、前にスイスの安楽死クリニックの記事を読んだかも”と思いつき、Evernoteで検索をかけてみます。”assisted suicide”で検索をかけてみると、目的のスイスの記事の他にあと二つ見つかりました。

 

また、aging というタグをつけておいたので、”aging”で検索すると、”Live longer, die slower”という使えそうな記事が見つかりました。キーワード検索により、自分の記憶だけを頼りにスクラップブックをめくるよりも、より多くの関連資料が見つかります。

というわけで、Evernoteでライティングネタ集め、スクラップブック作成、参考資料探しが一度に出来ます。何よりもタグ付けと検索で、自分でも忘れていたような関連記事が出てくるのが便利なんです。今後、記事を集めれば集めるほどますます使い勝手が良くなりそうです。

Twitterと英語学習と

1月30日号のThe EconomistはSocial Networking特集でした。MySpace, Facebook, Twitterなどの推移やプライバシーコントロール、情報共有についての興味深い記事が目白押し。

最初はいったいどうしろっての!?と戸惑ったTwitterですが、ハマってみれば便利なこと!The Economistで”Twitter is part-blog, part e-mail.” と表現されていたけど、まさにそう。ブログに書くまでもない小ネタ、メールで送るまでもないちょっとしたメッセージなどをついつい気軽に送ってしまいます。

Twitterのいいところは、簡単に記事が共有できるところ。読みたい本や記事、知りたい出来事などがたくさんあるけど、全てに目を通すのは不可能。興味を同じくしている友達が投稿した情報はいったんフィルターがかかっているので、手早く面白い情報だけを手に入れることが出来て便利なのです。残念なのは私が定期購読しているThe Economistが、昨年秋からオンラインの無料記事が読めなくなってしまったこと。subscribeしないとダメになってしまったのです。せっかく面白い記事をみつけても簡単に共有できないのが残念。

SNSを利用するようになってから地理的条件や年齢、自分が属する職業的グループなどが友達作りに影響しなくなったのは素晴らしいことだと思います。大人の英語学習というと、”独学で一人コツコツ”とか”とりあえず英会話スクール”というのが定番だったけど今はいろいろな形態がありますね。ネットがあればどこに住んでいても友達が出来るし情報も発信できる!英語学習にネットを利用しない手はないと思います。

来年の目標

定期購読しているThe Economist、どうせ全部は読みきれないので、必ず読む分野を決めています。自分の興味分野は、医療制度、少子高齢社会、女性の社会進出、日本に関する記事、Leaders。あと4コマ漫画も!

アメリカの医療制度改革については、なかなか理解できないことも多い。アメリカの保険制度とイギリスのNHSの比較記事などは特に面白い。日本の制度とも比較してくれたらもうちょっと理解が深まるのに。日本の医療はフリーアクセスで、医療費が安く抑えられていて、なおかつ平均寿命も世界一。なんでなんだろう~? 日本の記事もあわせて読んで理解を深めるのが来年の目標。

背景となる知識不足のせいでよく理解できない記事は、”後で調べよう”と思ってビリっと破って保管しているんだけど、結局調べずじまい・・・。あーとーで!と思っているうちにどんどん溜まってしまった。情報が溢れていているけれど、サラッと表面を撫でるだけで結局深くは理解出来ていないなぁ、と反省中です。

来年は、集めた知識を体系的にまとめて理解するよう努力します。

ホーム > 英語学習 > The Economist

カレンダー
« 2021 年 3月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Archives
  • 2021 (7)
  • 2020 (18)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る