The Glad Game > 英作文のアーカイブ

ホーム > 英語学習 > 英作文

英作文のアーカイブ

The first stripe on my white belt

12/19の日記の英語バージョン。同じトピックについて書いても全く日本語と同じではなく、構成の仕方や言い回しが違ってしまいます。自分の日記でさえ日本語をそのまま英訳するのは難しく、”同じようなアイデアを英語で書く”感じ。自分の書いた文章だから、内容を好きに変えても大丈夫だけど、他人の書いた日本語を英訳する時はどうするんだろうなとふと疑問に思いました。

 

The first stripe on my white belt

Longevity runs in my family; my grandparents on both sides died of natural causes at around 90 years old. I prefer an early demise before all the problems due to senility catch up with me, but we can’t decide our lifespans.

 

After 10+ years of intensive work and study, I felt like I had mortgaged my future health for short-term goals. My body endured lack of sleep, nutritious food and regular exercise for over a decade, but these bad habits began to take a toll on me. I’ve been suffering from chronic left neck pain, persistent headache, and stiff shoulders. I need to be up and at ‘em until 90, but if my condition keeps deteriorating at this rate, I will be bedridden at the age of 70.

 

That was why I decided to join a Brazilian Jiu Jitsu club in October. What on earth was I thinking? I’ve never experienced Martial Arts before. Worse still, I haven’t exercised at all for many years. Maybe yoga or walking would be suitable for a sedentary old lady like me, but I needed an extreme measure to abolish these bad habits.

 

When I first set foot on a BJJ dojo, I was overwhelmed by formidable guys; their masculinity, sweatiness and facial hair were more than enough to scare me off. But I soon realized that these people were kind at heart. I am awful at any kind of physical activity, but they were patient, and they readily took care of me. I can’t thank them enough for putting up with me, encouraging me, and executing an arm bar on me.

 

I had just begun my training about two months before and I hadn’t expected anything in the short term, but I received the first stripe on my white belt last week. It was totally unexpected. I thought I would get my first stripe at the age of 82 on the grounds of compassion or something before I die, but it just happened! I need three more stripes on my white belt before I am promoted to a blue belt, but this is a big first step. Getting a blue belt usually requires training for 3-4 hours a week for 3 years, but I have plenty of time. When I started training, I intended to continue for more than 30 years….

 

There is one more unexpected effect I would particularly like to mention; the chronic left neck pain I had suffered for more than 20 years disappeared! The neck and head pain were so tenacious and nasty that I assumed I needed a total head transplantation to cure this suffering. This astonishing outcome could be due to a chiropractic effect; BJJ movements require tremendous flexibility. As a BJJ novice, my body is stiff. My practice partners had to enforce some of the challenging postures on me. When my practice buddy executed some techniques, my muscles and joints extended beyond my comfortable range of motion. I groaned, whimpered, and moaned every time someone practiced on me, but this definitely had a therapeutic effect on the constricted muscles and joints. Now, I feel as if I am 20 years younger.

 

I rejoice in a world without pain. I joined BJJ in hopes that I could take care of myself in my old age, but now I aspire to more; I’ll be a kick-ass old woman at 90.

 

【今日の一枚】

NYのオブジェ

NYのオブジェ。夜になったら綺麗だろうなと思いつつ、僅か11時間の滞在のため夕方に通り過ぎただけでした。次にNYに行く時はミュージカル三昧したいな・・・。

 

Putting on A Mask Again

Wearing a mask is part of Japanese culture. Everyone wears a mask casually; it prevents spreading and inhaling nasty viruses, it adds humidity when breathing in dry winter air, and it conceals half of the wearer’s face when they don’t have time to put on makeup. For these reasons, I love masks.

 

I had to give up this habit when I came to the U.S. No one wears a mask unless s/he is participating in medical procedures. If I put on a mask in public without wearing a white coat, people might think that I bring pestilence to the earth.

 

My two years of mask-free life was over when a new colleague came to our office. His desk is assigned next to me. Since I am at the end of my project, and he has just begun his, we both have quite a lot of paperwork. The problem is, he smells offensive. To describe the smell is challenging; rotten ham doesn’t fully define the complex odor he gives off. It is a combination of unwashed body and clothes, and a finishing touch of stale, oxidized oil he somehow succeeds in wearing as a natural perfume.

 

He is not a chatty guy; when I talk to him, the only word he utters is, “I know.” I don’t know what he knows and how he knows, or what else he knows, but it seems impossible to reach him further. “You could smell better”, is the least offensive remark I could come up with, but if I say this, I am a bitch. Besides, I guess that his reply would be, “I know”.

 

If I would be scorned by pointing out the truth, what about his offence to my nostrils? Shouldn’t it be punished? Maybe not. Life is not fair. That’s why I resumed wearing a mask. I’m Japanese; I don’t need reasons to wear a mask. I don’t think I antagonize our relationship as colleagues. My reason for doing this is not insulting the malodorous colleague; I simply miss the Japanese mask-wearing culture. I’m afraid he is not capable of sniffing out perjury.

 

 

ライティングトピック:642 Things To Write About

ライティングのトピックが642本提案されている本を買ってみました。

642 Things to Write About

 

2016年度はライティングに力を入れようと思い、12月から日々のよしなしごとを英語で書き連ねて添削してもらっているのですが、さすがに毎日となるとマンネリ化してきます。

 

そこで、本屋さんのライティング参考書コーナーで目にとまったのがこの本。ライティングのネタが642本あるのですが、解答はありません。かなり日常から離れたトピックもあるので、想像力を刺激するのが目的ではないかと思います。

 

トピックをいくつかあげてみます。

 

  1. You are a pirate. Describe your perfect day.
  2. Fix the plot of the worst movie you’ve ever seen.
  3. Write a love letter to a person you dislike.
  4. Pen an ode to an onion.

 

中身はこんな感じ。自由に書き込めるようになっています。

IMG_3205

 

 

海賊になったつもりで完璧な一日の様子を綴る。嫌いな人へのラブレター・・・。確かに自分では思いつかないトピックです。

 

日頃自分では書かないようなネタで頭を悩ませることで、文章力の幅が広がるのではないかと期待しています。

 

 

642 Things To Write About

 

I bought a book full of writing ideas: 642 Things To Write About. This book was published by the San Francisco Writer’s Grotto.

 

There are hundreds of interesting things to write about. I’ll pick out some examples:

  1. You are a pirate. Describe your perfect day.
  2. Fix the plot of the worst movie you’ve ever seen.
  3. Write a love letter to a person you dislike.
  4. Pen an ode to an onion.

 

It would be interesting to pick out one of these randomly. I hope this book helps to get my creative juices flowing!

 

 

小学1年生のブックレポート

先週は、イスラエル出張に行かれた大家さんの奥さんのかわりに、子供さん2人を小学校に送り届けるシッターをしました。子供たちは私立の小学校に通う1年生と4年生。ふだんはアメリカの小学生と話す機会が無いので、なかなか面白い経験でした。

 

色々と物珍しかったのですが、その中でも特に気になったのが、小学1年生のAちゃんのブックレポート。チャーリーとチョコレート工場についての読書感想文です。

 

まず驚いたのは、日本のようなノートや原稿用紙ではなく、特大の紙にレポート用紙を貼り付け、絵も描くようになっているということでした。

IMG_1927

 

点線がついているのは読む順をあらわすため。最初に本のタイトル、作者の名前があり、次に本のセッティングがあります。そして登場人物の紹介と、何が起こったのかという説明、そして自分の感想へと進んでいきます。紙が分かれているのは、それぞれのパートをしっかり分けるためでしょうか。

 

感想には、本の中でどこが気に入ったか、その理由は何故か。この本をお友達に勧めたいかどうか、その理由は?この本から学んだ事は?等が書かれています。最後は全体的な感想です。

 

Aちゃんの読書感想文を読んで、数年前に読んだTime for Kidsの読書感想文の書き方を思い出しました。(当時の感想記事

Time for Kidsに書かれていた内容がほぼ全て網羅されています。小学校低学年の時から、きちんと基本に沿って書き方を学ぶ事に感心しました。

 

もう一つ驚いたのが、小学校1年生でも既にちゃんとした文章が書けているということ。”eliminate” という難しめな単語も使われていますし、”would”の使い方もバッチリです。親がどこまで手伝ったのかは分かりませんが、両親共に大学院時代に中国から渡米してきた移民の方たちです。在米20年近くとはいえ、母国語ではない言語で子供の作文を手伝うのは大変なのではないかと思います。私の前のルームメイトは、在米二十数年ということでしたが、ルームメイト募集広告の文章で、シューズを”shoose” と書いたり、短い文章の中に間違いが満載でした…。

 

日本の読書感想文は自由度が高すぎて何を書いて良いか非常に迷います。読書感想文の型が決まっていれば、とりあえず書くべき項目に沿って少しずつ書き進めていけば完成します。まずはしっかり基本を押さえ、オリジナリティを出すのは型を習得してからでも良いのではないかと思いました。

 

 

 

英語ビジネスレター、あいさつ句と結びのルール

ごくたまに英語でフォーマルなビジネスレターを書く必要があるのですが、その度に書き出し(salutation)とシメの言葉 (closing)をどうすればいいか迷ってしまいます。ここ何年か調べては書いた後にサックリ忘れてしまうということを繰り返していたので、毎回迷うポイントと、その答えを備忘録として書いておくことにしました。

 

Yours sincerelyか、Sincerely Yoursか

正しくはYours sincerely。アメリカでは、Sincerely, または Sincerely yours と書く人もいる。

 

Yours sincerelyか、Yours faithfully か

手紙を書く相手の名前が分かっている場合。例えば、Dear John: と書き始めた場合には、最後の言葉はYours sincerely.

手紙を書く相手の名前が分かっておらず、Dear Sir/Madam: と書き始めた場合には、Yours faithfully.

ただし、相手の名前を知っていても、個人的に話した事がない場合は、Yours faithfullyを使う事もある。

 

Yours truly と書くのは?

アメリカではYours faithfullyのかわりにYours trulyが用いられる事がある。また、書き手が個人ではなく会社や組織だった場合にもYours trulyが用いられる。

例えば、会社名義で書く手紙で、Dear Mr.Brown: と書き始めた場合。Closingは、Yours truly, 会社名。

 

E-mailなどセミフォーマルな場合

Regards, Kind regards, Best regards, などを用いてもよい。

 

これらのあいさつ句の元は?

A Dictionary of Modern English Usageを編纂したH. W. Fowlerという方が1920年代に以下のように定義したもの。

Yours faithfully (to unknown person on business)
Yours truly (to slight acquaintance)
Yours very truly (ceremonious but cordial)
Yours sincerely (in invitations and friendly but not intimate letters)

 

称号付きの方に手紙を書く場合

こちらのページを参考に。天皇や王様、女王様、貴族の方々、アメリカ大統領、議員、市長など、称号付きの方々には決まった書き出しとClosingの言葉があるようです。

 

例えば天皇に手紙を書く場合。

His Imperial Majesty (Name of Emperor), Emperor of (Country)
書き出し:  Sir:   or   May it please Your Majesty:
シメの言葉:  I have the honor to remain Your Imperial Majesty’s obedient servant,

 

アメリカ大統領に書く場合。

呼び方:  The President
書き出し:  Dear Mr./Madam President:
シメ:  Respectfully,

 

このページには他にも、軍隊の役職宛、宗教職の方、政府機関の役職の方々などへの書き方が載っていました。この先天皇や王様に手紙を書くことはないでしょうが、こういう決まりがある、というのが面白かったので。

 

実際のところは・・・

職場のアメリカ人に聞いても、あまり厳格な使い分けをする人はいません。これはアメリカだからなのか、若い人が多いからなのかは分かりません。ただ、E-mailの最後に、”Yours sincerely”などと書くと、「おばあちゃんから手紙が来たみたい」と言われます。

 

フォーマルな手紙を書く機会はめったにないのですが、書く必要があるのは何かをお願いしたり申請する時か、失敗して謝らなければならない時などです。レターと言っても実際はワード文書に打ち込んでプリントしたものを提出したり、ワード文書のままメールに添付したりと、昔ほどフォーマルではないのかもしれませんが、見知らぬ相手の場合は丁寧に接するほうが無難だと思いました。

 

ホーム > 英語学習 > 英作文

カレンダー
« 2017 年 11月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV769
UV213

ページの上部に戻る