The Glad Game > 英検1級のアーカイブ

ホーム > 英語学習 > 英検1級

英検1級のアーカイブ

HeLa細胞と英検

ここ数日、”英検 1級 HeLa” というキーワードの組み合わせで当ブログに来られる方がちらほらいらっしゃったので私も検索してみたところ、先週の英検1級読解問題にHeLa細胞とその由来に関する話題が出たようですね。 ググると私が以前紹介したThe Immortal Life of Henrietta Lacks記事が出てきました。

この本には、HeLa細胞の元となった黒人女性とその家族の人生が何年にも渡る密着取材により詳細に描かれています。医の倫理など考えさせられることが多く、オススメの本です。アメリカのアマゾンでも1年近く100位圏内に入っていますし、Audibleでの人気も高く、podcastなどでも取り上げられた話題の本でした。英検の問題を作成する方も、もしかしたら読まれたのかもしれません。

英検の過去問やスピーチトピックを分析したわけじゃないのですが、自分が受けた時の印象として、その年に話題となったトピックが盛り込まれている気がします。NASA50周年の年には宇宙開発関連のスピーチネタ、ダーウィン生誕200年の2009年には生物多様性・・・。これらのトピックは割と頻出ではあるんだけれど、やはり記念の年にはTIME, The Economistでもたびたび取り上げられていたし、問題を作る側も何かしら影響を受けるのではないかと思いました。

多読多聴は楽習だから試験前は控えるとかいう人を結構みかけますが、英検1級って英語圏で出版されている雑誌や本などを読んで、幅広い知識を得られれば自然に合格に近づくと思うんですよね。HeLa細胞の本は昨年のベストセラーですし、読むのに特別な知識は要りません。HeLa細胞が試験問題に出たことで、雑多な記事や本をたくさん読んで基礎知識レベルを上げるといいですよ、という試験作成側のメッセージがあるのではないかと思った次第です。

多聴と英検リスニングの関係

多聴多読ステーションのHPに、多聴と各種試験のリスニングの関係を示した面白い表がありました。(上記リンク先の表をクリックするとPDFが開いて見やすくなります)

この表では、代表的なリスニング素材と、試験の難易度の関係が示されています。

私が最初に使用したVOA Special Englishは読みやすさレベルはTOEICパート1よりは難しいものの、聴きやすさのレベルは下のようです。

また、英検1級のリスニング対策には、CNN News Update では足りず、BBC Global Newsあたりがオススメということでしょうか。

試験対策というと、問題集のリスニングCDを繰り返し聞く方法が一般的かと思いますが、この表を利用して、その試験よりもレベルが上のニュースやオーディオブックなどを聞けるようになることを目標にしてもいいのではないかと思いました。

私は、TOEICや英検のためのリスニング対策はせず、ひたすらニュースやオーディオブックを聞いていました。ハリー・ポッターのオーディオブックを聞いていたころにはTOEICのリスニングは満点になりましたし、英検1級受験の前にはCharlotte’s Webを読んだり、ベストセラーのオーディオブックを聞いたりしていました。”試験前なのに、こんなのを聞いたり読んだりしていて大丈夫だろうか…”という一抹の不安はありましたが、今考えてみると、試験のレベルよりも難易度が高めの素材を読んだり聞いたりすることが役に立っていたのだと思います。

試験を受ける予定があるものの、試験対策用の音源を聞くのが苦痛という方はこちらの表を参考に、自分の興味のある素材を探すのもよいのではないでしょうか。

関連記事 リスニング2000時間へ

シャドーイング

英語力アップの決め手というほどのことはないけれども、スピーキング、リスニング、表現力、すべてにおいて役立ったのがシャドーイングです。この方法はスピーキング、発音だけでなく、英語を英語のままとらえるのに非常に役立った方法でした。

音読がいいと言われていますが、私は初級者のころ間違った方法でやっていたためかえって悪影響だったと思っています。何がまずかったかというと、お手本なしにとにかく音読していたこと。音源つきの教材があっても1−2回しか聞かず、ひたすら読んでいました。今考えてみると日本人発音のまま、まるで素読か何かのように読み上げていては悪影響しか及ぼさないと思います。抑揚は平坦だし、母音の後に子音がくっついているし、そんな自分の読み上げを繰り返し聞いていたのでは改善を見込めるはずもありません。

シャドーイングを開始してしばらくは効果を感じられませんでしたが、数カ月たったころ、LingQのディスカッションで久しぶりに話したチューターに”英語が聞き取りやすい”と立て続けに褒められました。この時初めて、”日本人の英語は平坦で聞き取りにくい、どこで文章が途切れているのかわからないが、あなたの英語は自然になった”と言われました。

効果のなかった音読とシャドーイングの方法を比べてみると、シャドーイングの良かった点は同じ素材を1ヶ月毎日聞いて、繰り返し繰り返しナレーターの真似をしたことです。発声、抑揚、話し方、声のトーンなどそっくり真似しました。毎月3分〜5分の素材をいくつか集めて60分にまとめ、オリジナルの素材集を作りました。English JournalやVOA音源などから、自分が真似したいと思えるような、感じの良い話し方をしている人だけを集めました。この60分素材を1ヶ月間で30回ほど繰り返し練習することで、英語らしい音が身についたと思います。この方法はスピーキング、リスニング両方に劇的に効きました。

また、1ヶ月間繰り返し素材を聞くので、使われている単語や表現をそのまま覚えることが出来ました。一つの素材が3分〜5分で、自分が興味あるものを集めたので、会話の時にまとまった話が出来るようになりました。もし単語CD集などの1文1文がぶつ切りの例文集などを使って練習していたら、片言の英語は話せるようになったかもしれませんが、一つの話題について語ることは出来なかったのではないかと思います。

最初に直面するスピーキングの壁が、”1センテンスは話せるけれど、会話が続かない”だと思います。シャドーイング練習に力を入れることで、一度に多くの問題が解決しました。1ヶ月や2ヶ月で効果が出るものではありませんが、一度本腰をいれて取り組むべき方法だと思います。

素材は自分に合った難易度で、繰り返しやっても苦にならないもの。自分もこんな風に話したいと思えるようなナレーターで、話題はいつか自分の会話にも役立ちそうなものを選ぶのがポイントではないかと思います。

英語仲間が英検1級に合格!

週2回、オンラインでグループディスカッションをご一緒させてもらっている、Capt.K(エミコフ)さんが、英検1級に合格されました!! なんかもう、自分のことのようにうれしくて、こみ上げるものがありました…。

Capt.Kさん、なぼむしさんとはLingQを通じて知り合い、オンラインで英検1級二次対策をするディスカッショングループを開始しました。みんなに助けてもらって、私は2008年11月に合格、2009年3月に他のメンバーも合格されました。そして今回Capt.Kさん!もちろん、本人が一番頑張らないといけないんだけど、仲間からの励ましや情報がかなり重要だと実感しました。

自分の受験が終わっても、友達の試験対策を通して成長することができたと思います。そしてこの上ない喜びをくれたCapt.Kさんに感謝!

Sharing Achievements With Friends

Emiko passed the Grade 1 English proficiency test (STEP1) today. I was so excited to hear the news.

We became friends through LingQ. Four of the LingQ learners created a study group to prepare for the STEP1 in 2008. We have had weekly discussions to talk about current affairs since then. Thanks to them, I passed the STEP1 on the first try. Another member passed the test last spring. Sharing information and constant encouragement from friends are important as well as effort.

I can’t say how happy I am to be involved in her achievement as a friend. I’m so grateful to have friends with whom I can thrive together.

LingQ ディスカッション 臓器移植

日曜23時からLingQのグループディスカッションの予定だったのですが、またもやチューター都合によりキャンセル。 定例メンバーのキャップさんが今月英検1級二次試験を受けられるので、トピックの準備をしていた私たちは到底気が収まりません。ということで、生徒4人でディスカッションを敢行しました。

昨年から臓器移植法にいくつかの改正点があったので、医療ネタが出るとするならば臓器移植だろうということで臓器移植に的を絞ってディスカッションしました。昨年から今年7月までの改正点をまとめてみると、

・脳死が死として認められたこと。

・15歳未満の子供からの臓器提供が可能になること

・亡くなった本人の意思が不明な場合でも、家族の書面による同意があれば臓器提供が可能となったこと

・親族へ臓器の優先提供の意思を表明できるようになったこと

でしょうか。

外国への臓器移植目的での渡航の是非や、子供の脳死判定の問題点、臓器提供と日本人の生死観の関係、免許証や保険証への臓器提供意思表示の記載をするべきか、臓器提供を増やすためにopt-in方式からopt-out 方式に変更するべきか、などについて話しあいました。

Opt-in, Opt-out 方式についてはとても興味があります。日本のように臓器提供の意思表示をした人がドナーとなるのがopt-in方式。opt-out方式はその反対で、臓器提供したくないという意思表示をするもの。スペインのようにOpt-out方式のほうが臓器提供が多いイメージですが、アメリカはopt-inでも臓器提供が多い、ギリシャはopt-outでも臓器提供は多くないなど、制度の違いだけでは説明できません。制度の他にも文化的背景、宗教観など複雑な要因があるからだと思います。

現在はどのようにしてドナーを増やすかということに焦点がおかれていますが、今後は人工臓器や幹細胞移植などが臓器不全の治療法として確立されれば、ドナー不足の解決法となる可能性があります。

しばらくまったりフリーディスカッションをしていた日曜グループですが、たまには英検モードもいいものです。チューターのドタキャンにもすっかり慣れ、クレームメールもスラスラ書けるようになりました。LingQバンザイヽ(´ー`)ノ

スーパーポジティブにならないとLingQはやってられません!

ホーム > 英語学習 > 英検1級

カレンダー
« 2017 年 3月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Archives
  • 2017 (3)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV686
UV137

ページの上部に戻る