The Glad Game > 英会話のアーカイブ

ホーム > 英語学習 > 英会話

英会話のアーカイブ

いまさらですが、How are you?

ちょっと前に、Twitterで”How are you? は死語、ネイティブは誰もhow are you なんて言わない” 、というのが出回っていたので、オンライン英会話の先生2人に聞いてみました。

 

先生は2人ともアメリカ人女性で年齢はちょっと高め。もちろんHow are you ? って言うわよ!とのこと。オンライン英会話の挨拶も毎回、Hello! How are you? で始まりますしね。How are you ? は死語、の元になったブログを見てみると、日本在住の外国人講師たちによる座談会でした。そちらでは、たとえビジネスシーンであっても、”How are you?” とは言わないと。”Hey” や、”What’s up? ” を使うと言っていました。ただし、私が質問したアメリカ人女性2人はそれには反対。30過ぎた大人がビジネスの場でいきなり”ヘイ!”なんて言ってはいけないとのことでした。確かに、実際に初対面のアメリカ人と話をする時も、”How are you?” や、”Nice to meet you.”と言われました。アメリカのドラマでは、若い人同士の挨拶は、”Hey” や、”What’s up?” ”How’s it going?” と言うことが多いと思いますが、自分が使うならば、親しい同年代の人同士に限ったほうがよいと感じています。

ただ、日本人は、”How are you?” と聞くと、ほとんどの場合”I’m fine, thank you. And you?” と答えるそうですが、この”and you?” は奇妙に聞こえるということでした。”I’m fine, thank you. How are you?” とちゃんと聞き返すのが感じがよいようです。Yahoo Answers に、What is the best response to “how are you”? という質問がありました。いろいろとバリエーションがあるようですが、ネガティブな返答をしない、というのがお約束のようです。

 

後もう一つ聞いてみたかったのが、”How do you do?”。 中学校の教科書では、初対面の人には”How do you do?” と挨拶するよう習ったと思うのですが、私は実際には”How do you do?” というやり取りを聞いたことがありません。アメリカ人チューターに聞いてみると、アメリカでは”How do you do?” とは言わない、とのことでした。1人のアメリカ人は、とってもエライ人にたいしては”How do you do?” と言ってもいいかもね、とのことでしたが。普通は”Nice to meet you.” 程度で良いようです。

 

言葉は誰に習うか、どの地域で話されているか等によって色々なバリエーションがあるので、私が聞いた先生たちも、”絶対に正しい”といえるわけではないと思いますが、外国語としての英語を話す時、多少古くさくても、礼儀正しく安全な言葉遣いを心がけたいと思いました。たぶん私の年齢で、初対面の人に”ツァップ?” と言ったら、イタイ人と思われることでしょう…。

 

<今日の一枚>

地元の海で一昨年撮ったダイビング写真。こんなに魚がたくさんいると、自分は侵入者だという気分になって怖かった!

聖書Book Club

 じゅりー先生の所で、旧約聖書読みのディスカッションに参加することにしました。3年程前に旧約聖書のAudiobookを買ったのですが、20時間程聞いたところで挫折してしまいました。とにかく長い!途中に誰々の子供が誰でその子供が誰で・・・と延々と続くとんでもなく退屈な部分があって、どうしても続けられませんでした。今回は先生が大事なチャプターを選んでくれるということで、必ず知っておきたいEpisodeだけを読む予定です。

 

 これまでキリスト教の知識が全くないせいで失敗したな・・と思うことが何度かありました。死生観の話になった時に宗教を聞かれて、”無宗教”と答えたのですが、その時に敬虔なクリスチャンの先生から”信じる心がなくてどうやって生きていけるの!?” と言われたことがありました。また、進化論の話になった時には、霊長類と人間の共通点を指摘し、神様が1週間でこの世界を作ったことを否定するような発言をして相手の気分を害してしまい、”進化論を信じるなんてあなたのほうがバカよ”と言われてしまい心底驚きました。創世記を信じ、進化論を全否定する人がいるとは知っていましたが、そういう人達は特殊なのかと思っていました。

 

 洋書や海外ドラマも聖書を引用した台詞がかなりあるので、Book Clubで聖書の解釈を学ぶことで、キリスト教に基づいた常識や文化を理解するきっかけが出来ればいいなと思います。

 

 

The Bible Reading Discussions

 I’ve been thinking of reading the Bible for a long time. As I was born and have been living in Japan all my life, I don’t have any knowledge of Christianity. Since my grandiose attempt to read the Old Testament chapter by chapter failed several years ago, I was more than willing to participate in the Bible bookclub discussions my friend organized with an English tutor on Saturdays. 

 

 My lack of knowledge sometimes led me to make awful mistakes I could have avoided if only I had had a basic knowledge of religion. I used to say I was an atheiest when asked in English discussions without knowing the fact that less than 15% declared themselves as an atheist for fear of being regarded as an infidel. One time, when I discussed the relationship between human beings and primates with an American lady, I blurted out that wasn’t God in too much of hurry if he created the world in 7 days. My careless notion infuriated her, and she responded to me by saying that it was ridiculous of me to believe Darwinism. We ended up in a vacuous discussion caused by a lack of mutual understanding. I had known that there were people who disdained Darwinism and believed in Genesis completely, but I couldn’t have expected to talk with one of them myself. I should have known better. 

 

 Our teacher suggested that she would choose important chapters, which would be just enough to understand the basics. Otherwise, we would be dead by the time we finished reading through the bible aloud once a week. I hope that by understanding the Bible, I will be able to understand different ways of thinking based on different cultures.

スティーブさんとのディスカッション備忘録

 LingQ の創始者である、Steveさんとの 1 on 1 ディスカッション備忘録。朝の4時半から頑張りました。ディスカッションノートの記録によると、スティーブさんとの初回は2008年12月、次が2010年3月。前2回はグループディスカッションだったので、今回3回目にして初めてマンツーマンとなります。ものすごく緊張しました( ゚皿゚)!!!カナダ在住のSteveさんとは、時間が合わないので普段お話することはないのですが、今回はどうしても相談したいことがあったのです。

 

英語学習を開始してから5年。多読・多聴とLingQ を中心に、我ながらここまで順調にやってこれたと思います。英語が苦行だと思ったこともなく、ほぼ毎日楽しく英語を学ぶことが出来ました。好きな英語の本を読んだり、オーディオブックを聞いたり、ドラマや映画を見る分にはいいのですが、去年あたりから、仕事でも英語を使う機会が増えてきたこともあり、今と同じことをやっていても大丈夫だろうかと不安になったのです。それに、ドラマで英語学習をすることを反対されている先生方もいらっしゃったので、ここはひとつ、11カ国語を流暢に操る語学の達人Steveさんにアドバイスを求めるしかない!と。

事前に用意していた質問は3点。

1.ドラマを英語学習に用いてもよいか。

2.仕事や海外で英語を使うために特別に学習をしたほうがよいか。

3.発音を集中的に特訓する必要があるか。

Steveさんと30分のディスカッションの中で、今の自分のレベルを判断してもらいつつ、質問に答えて頂きました。

 

 ドラマを英語学習に用いてもよいか

ドラマを用いて学習することは全然構わないとのこと。カジュアルすぎる言葉遣いや、下品なスラングなどに触れることを心配されている先生方もいらっしゃったのですが、知っていても使わなければ大丈夫と。私が観たいのは、”大草原の小さな家”などではなく、現代物のFantasyや下品なスラング満載のドラマなのですが、シチュエーションから言葉の使い方を覚えられるから問題ないし、ドラマを観ることで、その国の文化に触れることが大事だということでした。。

スティーブさんから”ドラマなんか見ちゃダメ”と言われたらどうしよう、と思っていたのでホッとしました。ダメって言われても見ますけどね…。たしかに好きなドラマだと、ものっすごく熱心に食い入るように観るので、ドラマで”学習”するというより、セリフ、言い方、発音、シチュエーション丸ごと”吸収”しているような感覚があります。

 

 仕事や海外で英語を使うために特別に学習をしたほうがよいか。

一昨年仕事でシカゴに行った時、マクドナルドの店員さんの英語をうまく聞きとることが出来ませんでした。海外の人と仕事をするためには何か特別な準備がいるのではないかと考え、元外交官で日本やフランス、中国などに長年駐在されていた経験があり、現在もビジネスマンとして国際的に仕事をされていらっしゃるスティーブさんなら、なにかいいヒントを頂けるのではないかと思ったのですが、意外にも”心配しないでよい”とのことでした。日本での学習で基礎ができている人は、現地に滞在すれば2−3週間で慣れるからだそうです。なので、”ビジネス英語”とか、海外での会話集のような、特別な学習をする必要はなく、今やっているように、本やオーディオブック、ドラマなどの学習を続ければよいと。ただ、Podcastやインターネットラジオなど、より自然なインプットを増やすようにとアドバイスをもらいました。

 

 発音を集中的に特訓する必要があるか

今ちょうど2月ですが、”February”  という単語が超・苦手なのです。特に語尾がryで終わる単語たち。この弱点を直すためにどういうことをしたら良いかと尋ねたところ、”心配するな”と…。全体的なイントネーションやリズムは良いので、個々の音にこだわる必要はなく、他のことに時間を割いたほうが良いと。それでも何かないかと食い下がったところ、どうしても何かやりたければ、2週間に1回、自分の発音を録音し、定期的に聞き直すと良いと。何か音声がついている記事を用意し、読まれている通りに発音、イントネーション、スピード、すべてを真似すると良いとのことでした。

 

上記を踏まえて、私がいまやるべきことは、話すスピードがもう少し早くなればいいね、と。英語圏に少し滞在すれば、すぐ慣れるので問題ないとは思うけど、とのことでしたが、ちょっと早口めのドラマ素材などを使って真似しようと思います。発音の件に関しては、ちょっと気にしすぎだったのかも、と思いました。Steveさんの意見を聞きたかったのは、外交官やビジネスマンとして、外国語を実際に使って仕事をされてきた経験があり、語学のプロフェッショナルの方とは違う意見が聞けると思ったからでした。思っていたとおり、英語の先生からは、細かいRの発音指導がはいり、スティーブさんからは、細かいことは気にせずにお手本を真似していけば、発音などは後からついてくる、という意見をもらいました。

とても印象に残ったのが、今は”building up potential” の状態である、ということ。日本にいながらにして海外で通用する完璧な英語を手に入れることにこだわらず、潜在的な可能性を伸ばす学習をしていれば、いざ本番となった時にすぐ対応することが出来るので心配することはないのだと。“ You have to be ready when the opportunity comes.” という言葉を思い出しました。いつでも応用がきくように、今のうちに土台をしっかり固めておかなくては。

 

 

 

 ディスカッションノートに貼った、”スティーブさんと私”のイメージ図。恐竜は死ぬまで成長を続けるらしい。スティーブさんと比べると、私は恐竜になりたいヒヨコの段階ですが、私も死ぬまで成長を続けたいです。( `д´) !

ELE三周年記念

 Book Clubとグループディスカッションでお世話になっている、オンライン英会話スクールのELEが、来週でオープン3周年記念を迎えるということで、10月13日(木)のPam先生のプライベートディスカッション枠が全て3ドルになっています。通常15分5.95ドルの枠です。現段階で、後6枠残っていますので、興味がある方は是非サインアップを!ディスカッションはミシガンの時間帯で表示されています。日本との時差はマイナス13時間です。

 

 ジュリー先生のこのページ、全て自分で作られたと聞いて驚きました。Webサービスを使っているのではなく、全部自分でタグを打ち込んでフォルダごとサーバーにアップロードしているようです。地元のコミュニティセンターみたいなところでHP作成の基礎を習い、オンラインで英会話スクールを立ち上げると決めてからほんの1ヶ月あまりで創り上げたそうです。うちの母と同じ年ということを考えると、ただただ感心してしまいました。

 ジュリー先生は教え方が上手なのはもちろんですが、人柄もよく、安心して何でも話せてしまう雰囲気を持ってらっしゃいます。この3年間、特に宣伝をしていないのにもかかわらず、口コミだけで噂が広まり、ジュリー先生枠は全て埋まってしまいました。先月から新しい先生も加わり、今後さらに発展していくことと思います。

 生徒側の要望にフレキシブルに対応してくださるので、私は英語プレゼン前の原稿添削、発音確認、プレゼン練習などで本当にお世話になりました。感謝してもしきれませんが、できる限りの気持ちを伝えたかったので、メールを書きました。こういう時に自分の気持ちを余すことなく伝えることができるように、もっと英語を使いこなせるようになりたい。

 I’m really happy to celebrate ELE’s 3rd birthday. When you announced your resignation from LingQ three years ago, I was at a loss for words. Although I decided to continue studying with you at once, I missed you at LingQ.

 

I admire your courage in starting a new business on your own, especially creating the website by yourself. Considering the fact that you are the same age as my mother, I couldn’t help but wonder how much effort it took to acquire new skills.

 

You are attentive to your students, reliable, and a good adviser, as well as a good teacher. No wonder your school is booming, even though you didn’t advertise it. When I mention a new service to my friends, I pay extra attention to whether it is really worthwhile introducing. You have never betrayed our expectations, and that’s one of the reasons you have as many students as you can have by word of mouth.  I realized the immense value of trust between people.

 

I can’t thank you enough for helping me with many projects. If I hadn’t studied English, I would have had a different life. I started studying English without a particular reason, however, I started a PhD course to make use of my English, which opened up the next opportunities, such as giving presentations in international conferences and helping my colleagues with their English. I hope there will be more opportunities to come, and we can enjoy new possibilities with you.

 

I’m looking forward to celebrating the 4th ELE birthday, and many more to come. You should be recorded in the Guinness Book of World Records as one of the oldest online tutors in 30 years’ time. Please take care, and be happy for all of us!

 Love,

Yuko 

ディスカッション備忘録:ロシアの大学院生さんと

昨日参加したLingQのグループディスカッションは、偶然にもロシアの社会人大学院生の方とでした。さらに偶然にも、彼も来週国際学会に参加するとのことで、分野は違いますがお互いの研究の紹介などをしました。発表前に英語ネイティブではない人と英語ディスカッションしたいと思っていたので、とてもよい機会でした。

 

 流暢な英語を話す方で、物理の世界では英語が共通語なので、共同研究をしたり学会でディスカッションするためには英語が必須とのこと。大学院で特別に英語の授業があるわけではないので、自力で勉強しているとのことでした。昨日のディスカッションでは、研究内容の他に、日本、ロシア、アメリカの奨学金について紹介したり、世界的な不景気のために研究予算がカットされていること、NASAのスペースシャトルの終了について話し合いました。話題があちこちに飛ぶにもかかわらず、きちんと意見を言えることに感心しました。

 

 グループディスカッションで英語が上手な方とお話する機会がある時は、どうやって英語を勉強しているか聞いているのですが、海外の英語学習者は、とにかくたくさん読んで、聞いて、その中から単語を覚えるというシンプルな学習法の方が多い印象です。昨日お話したロシアの方も、研究関連の内容について多量に英語記事を読んで勉強しているとのことでした。

 

 LingQでは海外の英語学習者とグループディスカッションでご一緒する機会がありますが、話題豊富な方と話すのはやはり楽しいです。自分も幅広いトピックに対応し、話していて楽しいと思われる人でありたいものです。

 

ホーム > 英語学習 > 英会話

カレンダー
« 2018 年 7月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Archives
  • 2018 (8)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2018

2018 Reading Challenge

2018 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 5 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV138
UV90

ページの上部に戻る