The Glad Game > Healthのアーカイブ

ホーム > 日々の生活 > Health

Healthのアーカイブ

一本目のストライプ

今年10月にBrazilian柔術を始めたのですが、本日白帯に1本目のストライプが入りました☆

 

ストライプ

 

青帯になるまでの間、この白帯に4本のストライプが入るようです。週3回練習しても、次の青帯になるまでは2-3年かかるらしいのですが・・・。

 

この年になっても先生に褒められるのはやはり嬉しいものです。

 

10年ほど、身体を顧みずに仕事と英語を一生懸命頑張ってきた結果、将来の健康を前借りしてしまったような気がしています。何もせずにいると、筋肉は40歳から年に0.5%ずつ低下し、女性の70歳時の骨量は30歳時よりも30%減少するそうです。さらに柔軟性も低下すると、何でもないところで躓いて大腿骨骨折→寝たきりコースに・・・。

 

自分は太く短く生きるんだ!と思っていても、寿命はコントロール出来ません。もし70代以降まで長生きすることが出来たなら、しっかり自分の足で立って好きな事をしていたい。

 

ということでBrazilian柔術に入会してみました。全く運動していなかった女性が何か始めるとしたら、ジムかヨガあたりが妥当かなとは思ったのですが、どうせやるなら思いっきりやってみようと思いまして、以前から興味があったBrazilian柔術を選びました。渡米直後の3年前にもいくつかの道場をチラっとのぞいたのですが、恐ろしげな男たちばかりだったために、その時は尻込みしてしまいました。今回は帰国まで残り3-4ヶ月。何か新しい事を始めるならアメリカで挑戦するのが良さそうです。さらに、50歳の黒帯男性がやたらに元気で動きがしなやかだったことも決め手になりました。

 

私が入会した道場には特に初心者コースはなく、いきなり大人コースに混じって練習開始です。見よう見まね・・と言いたいところですが、簡単な動きでさえも正確に真似る事は出来ません。ただ、皆さんとても優しくて、先生だけでなく上級者の兄さんたちが手助けしてくれるのです。兄さんたち・・と言っても年下かもしれませんが..。

 

あまり具体的な目標や期待もなく始めた柔術でしたが、思わぬ効果がありました。長年苦しめられていた左首痛が消えたのです!アンパンマンのように一度首を引っこ抜いて新しい頭とすげ替えなければ治らない・・・と諦めていたほどの頑固な痛みだったのに!!ストレッチやマッサージ程度では効果が無かった首痛が良くなったのは、自分では取れないようなダイナミックな体勢を取らされることが原因なのではないかと思います。技をかけられるたびに腕や首がビローンと伸びるのです。たぶん手加減してくれているとは思うのですが、技をかけられて痛いというよりも、イタ気持ちいい。整体に行くと先生があちこち身体を伸ばしたり曲げたりしますが、あれが激しくなった感じ。一度、上級者に首・肩で後転させられたのですが、その時身体が硬すぎて、首から「メリメリメリッ」と音がしました・・・。死ぬかと思いましたが、凝り固まっていた筋肉や関節が確実にほぐれてきました。

 

首痛消失に伴い、週2回ほど悩まされていた頭痛も無くなりました。肩こりもほぼ良くなったのですが、こちらはサンクスギビングで1週間休んだ翌週には元通りになっていたので、継続的に運動する必要があるようです。それにしても、首痛、頭痛、肩こりのない生活がこんなに快適だったとは!これだけでも柔術を始めた甲斐がありました。

 

もう一つ良かったことは、アメリカの人たちと触れ合えたこと。お話するだけではなく、文字通り、体と体の触れ合いです。アメリカ人女性の平均体重は75kgらしいのですが、皆さん顔が細いせいか、太っているようには見えません。ただ、実際に体を触ってみると確かに太い。骨の太さが違うのです。ぎっちり・みっちりという感じ。アジア系の女性は、顔は丸くても体幹の骨は細いです。ヒスパニック系の中年女性は、ウエストはキュっと締まっているのに、お尻周りで急に膨らんできます。普通の知り合いであれば、体に触ることはないので、取っ組み合ったり馬乗りになったりして、人種による体型の違いを実感出来るのが面白いです。

 

男性ともスパーリングするのですが、180cm超の屈強な男たちに馬乗りになるのは貴重な体験でした。男性も細く見えてもやはり体幹が太いので、私の短い足で馬乗りになってもしっかり足が締まりません。そしてまだ入会したばかりで太っている男性に乗ると、ふわふわポヨポヨしていて、まるでマシュマロのような乗り心地なのです。皆さん初心者には手加減してくださるので、「すみませんね・・」という感じで首を締めさせてもらっています。もっとアグレッシブに!と注意されるのも、控えめな人生を送ってきた自分にとっては新鮮でした。

 

練習の前後に交わすお話も面白くて、こんなに楽しいならもっと早くに始めておけば良かったです。でも帰国を目前にしての「旅の恥はかき捨て」級の勇気が必要だったので、これが自分にとっての最適なタイミングだったのでしょう。会計士や学校の先生、市の職員、警察官など、色々な職業の方たちがいらっしゃいます。仕事が終わってから激しい運動をする時間と気持ちの余裕があるというのは素晴らしいことだと思いました。日本に帰国後も是非続けていきたいです。

 

脂肪吸引手術の死亡率

連日報道されている脂肪吸引術後の死亡事故。 日帰りで手術を受けられて傷も目立たないとあって気軽に受けられるイメージがあるけど、 お昼の情報番組を見ていたら、お腹まわりの手術で73万円以上、両足だと94万円以上かかるとのことでびっくり。全然気軽じゃないじゃん。一回の施術で最大4Kgの脂肪が取れるらしいが、自力で痩せたら自分に70万円のご褒美をあげることにしたほうが安全にダイエットできて断然楽しみがあると思うけど。

70万円以上払った上に、合併症で亡くなった可能性があるとは残念極まりないことです。手術を受けられる方は、よもや自分が死ぬ可能性があるとは思わないでしょう。家族も”元気だったのに手術で亡くなるなんて許せない”とコメントされていた。今回の死亡は、2日前の脂肪吸引手術と因果関係があるかはわからないそうだけれど、腸管穿孔があったということだから手術との関連が疑われるのも無理はない。ちゃんと合併症の危険性を理解してもらった上での手術だったのだろうか。

日本美容外科学会の脂肪吸引手術の患者向けページを見てみた。”姿見の中のあなたの体型が「締まりがない、ボテボテしている、この脂肪この贅肉が無くなったらいい」と思われる時が脂肪吸引の時期でしょう” とある。合併症については、”過度の量の無理な脂肪吸引は、脂肪塞栓や静脈血栓をつくる危険があります。これらは生命に重大な転機をもたらすことがあります。” と書いてあった。”この脂肪が無くなったらいいと思ったら脂肪吸引を” なんて、こんなカジュアルな感じでいいのだろうか。これを読んで、実際に手術のせいで自分が死ぬ可能性があると思う人は少ないのでは。それにしてもこのページ、日本語がヘン。英文を機械的に翻訳しているみたい。

手術の死亡率についてGoogle scholar で検索したところ、いくつか論文があって、”調べた限り死亡事故なし”みたいな論文もあったけど、割と信憑性が高そうだなと思ったのが、アメリカの美容外科学会雑誌に載っていたこの論文

これは1994年から1998年にかけてアメリカ美容外科認定の外科医によって施行された496,245件の脂肪吸引手術の合併症について調べたもの。リサーチ結果によれば、脂肪吸引手術の死亡率は5224人に一人。アメリカの自動車事故による死亡率が6097人に一人だから、交通事故に遭うよりもちょっと高い。アメリカでは年間30万人以上、脂肪吸引手術を受ける患者さんがいるとのこと。10万人あたり20人という死亡率を当てはめると単純計算では年間60人の死亡事故になる。メキシコなどで手術を受けた方や、学会認定の医師以外の施術を受けた方の合併症は把握できないため、実際の合併症事故はもうちょっと高いのかもしれない。こちらには、”liposuction is not trivial surgery, is not always benign, and is not quite as safe as intimated in glossy office brochures.” と結論づけてあった。つまり全然気軽じゃないってこと。

FDAのサイトに脂肪吸引手術を受ける前の心構え、副作用について書かれている記事があった。これは良くまとまっていて理解しやすい。

手術を受ける前に利益と危険性を検証したうえで、リスクをとるかどうか自分で決めることが大事と書かれている。美容外科側にとっては、詳しく説明している暇がないとか、こんなに詳しく説明したら患者さんが怖がって逃げてしまう・・とか問題があるのかもしれないけど。本来しなくても良い手術で命を落とす危険性があるわけだから、決断にあたっては慎重を期すべき。

脂肪吸引手術の思わぬ高額ぶりに興奮して、自分が受けるかの如く真剣に調べてしまった! Liposuction:脂肪吸引手術という単語を覚えたからヨシとするか。

ダイエット報告

 ダイエット宣言をしてから3週間たちました。hanaさん部長のもと、Pebを使ったウォーキング、これまたまねっ子のシェイプボクシングと週1回のピラティスで頑張ってます。だんだん体重が減ってきたのでご報告を。

 Ci090409214252.jpg

 体重と体脂肪の値を公表する勇気がないのでグラフだけ・・。スタート時から-1.5kg、ピーク時から-3kgです。ダイエット開始してすぐに、グラフが跳ね上がってしまったのは、ダイエット壮行会と評してイタリアンを食べに行ってしまったからです ちょっと塩辛いイタリアンとワインを2本飲んでご機嫌で帰ってきたら1.5kgも増えてました いや、1.5kgで済んだというべきか!それがなければもっと順調だったかもね~。

 ウォーキングシューズも買いました。keikoさんのブログで紹介されていたリーボックのウォーキングシューズです。地元では売ってなかったので、思い切ってネットで買ってみました。サイズが心配だったんですけど、23.5cmでぴったりでした。バランスボール感覚ってなんだ?と思ったら、はき心地は靴底に大きなガムをひっつけて歩いているような感じ・・・。靴底の真ん中が膨らんでいるので、かかとからしっかり着地せざるを得ません。正しい姿勢で歩けそうです。足の筋肉を鍛えてくれるんですって。これでダイエットに弾みがつけばいいなぁ!

 
リーボック EasyTone Go Outside 418531 ホワイト*スウィートキューカンバー 240【送料無料】

Pedometer

Dietのお供に万歩計を購入しました♪ hanaさんのところで紹介記事を読んで、いてもたってもいられず注文。パソコンにつないで歩数や体重のグラフなども見ることができるスグレモノです。

LingQのライブラリで万歩計に関する記事を見つけたのでご紹介を。Interesting Thing of the Dayの記事です。

万歩計は英語でPedometerです。 健康とウォーキングを愛する日本人の発明だと信じてましたけど、アメリカ第3代大統領であるトーマス・ジェファーソン(1743-1826)の発明品のようです。ジェファーソン大統領はアメリカ独立宣言の起草や、バージニア大学の創始者、のちに世界遺産に指定された自宅の建築など素晴らしい業績で知られていますが、万歩計まで発明していたとは!

他にもマカロニチーズ、回転イス、折りたたみベッドなどなど。しかも公共利益の優先のために発明品の特許はとらなかったとか。大統領が亡くなった時に多額の借金があったことを考えると、本当に素晴らしい人だなぁ!と思います。 もし彼が現在生きていたら、アメリカ人の大好物、マカロニチーズの考案者というだけでも投票する人が多数いるのでは。

最近の万歩計の進化は素晴らしいです。歩数だけじゃなく、距離、時速、カロリー消費量、脂肪燃焼量、これまでの累計などが表示されます。パソコンにつなぐと、バーチャル地図で日本1周を目指すことができます。ジェファーソン大統領の発明に感謝です!

LASIK手術の感想

昨日LASIK手術を受けてきました。LASIKは角膜にレーザーを照射して近視や乱視を治療する手術です。体験談などを読むと’簡単な手術で痛みもない’ということでしたけど、実際受けてみての正直な感想は・・・とっても怖かったですお化け

手術自体は5分くらいでした。 この5分間、器具でグイっと眼を開けられてまばたきができないのです。
レーザーを照射する間は絶対に目を動かしてはいけないのですが、角膜をめくられたら急に視界が真っ暗に。話には聞いていたけど、眼がみえなくなるというのは恐ろしい体験でした。 目前の赤い光をみつめているだけなんだけど、勝手に眼が上転して白目むきそうでした。

レーザー照射時間は片目40秒くらいだったと思います。その後めくったフラップを戻されると急に視界がクリアになりました。ちっちゃなハケみたいな道具で眼の表面を撫で付けられて終了!

当日は怖くてほとんど眼を閉じて過ごしましたが、今日になって眼がみえる喜びが湧き上がってきました。術前視力0.06が右1.2、左1.5に! 世界が色鮮やかになりました大笑い 怖かったけど受けて良かったハート

レーザーで角膜の屈折率を変えるってスゴイ技術ですね。原理を発明してくださった先生に感謝!です。

ホーム > 日々の生活 > Health

カレンダー
« 2017 年 12月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Archives
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV510
UV131

ページの上部に戻る