The Glad Game > ただの日記のアーカイブ

ホーム > ただの日記

ただの日記のアーカイブ

アメリカ出国から1年

1年前の今日、午前3時に起きて空港に向かい、6時発の飛行機でアメリカからペルーに旅立ったのでした。時が経つのが早すぎて恐ろしい・・・。

 

日本に帰国してからは、すっかり仕事の波に飲み込まれてしまいました。何でこんなに余裕がなくて神経がすり減るのかを考えてみると、日本では少ない人数で各人が限界以上の仕事をこなしているように感じます。アメリカでは出世したい人は猛烈に頑張り、そうでもない人はそこそこに・・という感じでした。日本はバイトの高校生でさえ責任重大ですもんね。

 

帰国してからは英語を使う機会が激減しました。よく海外ドラマや映画を字幕なしで鑑賞しているのでリスニング力は落ちてはいないと思うけど、話すほうはスピードが落ちたかも。日本にいてもオンライン英会話や英会話教室などで積極的に話す場を持つことは可能だけど、何しろ気力がない。アメリカにいた3年間は定期的にプレゼンしなければいけなかったので否が応でも皆の前で話さなければなりませんでした。今はそのような緊張感がないせいか、すっかり怠け者に。このまま退化したくはないので、これから積極的に活動していきたいと思います!

 

IMG_3312

職場の窓からの風景

 

 

 

A Ride in Hell? 東京の通勤電車

CNNのA Ride in Hell? という記事で、東京の通勤電車で押しつぶされる人々の写真を収めた「Tokyo Compression」 という写真集があることを知りました。作者サイトはこちら

 

満員電車で押しつぶされた人の写真集があるなんて・・・。アートって奥が深い。しかもAmazon では27000円で売られています。

 

“A Ride in Hell”, “Tokyo Compression” という通勤電車を表現する言葉が面白い。地獄行き列車、東京圧縮? 日本語にするとしっくりこないけど、英語のほうがニュアンスがうまく伝わってくる感じ。

 

こちらの記事には、みなさんが体験した最悪のラッシュアワー体験が寄せられています。読んでみるとそうでもないような・・・?

 

私の最悪な通勤体験は、社会人一年目、朝のラッシュアワー時の山手線で、すでにぎゅうぎゅう詰めの電車が駅に到着したところに、5人の力士が乗車待ちをしていた事です。ホームに並ぶ彼ら姿を見た瞬間、電車内にいた人々が一斉に息を飲んだのを覚えています。誰もが「無ー理ー!」と思っていたはず。でも力士さんも慣れたもので、サッと別れて1両に1人ずつ別れて乗り込んでいました。押すのは得意そうですしね・・・。

 

 

Michael Wolf: Tokyo Compression

Michael Wolf – Tokyo Compression Three

D600 のシャッターユニットを交換

「アメリカに行ったら雄大な景色を撮りまくるぞー!」とニコンの一眼レフカメラD600を購入したのが2012年11月の事。

 

購入後まもなくして「ダスト問題」が発覚。私のD600は発売後2ヶ月で購入したもの。不具合が発覚して問題が改善される前の機種だったようで、青空を撮るとバッチリとダストの点々とした汚れが写り込んでいました!

dust

 

ニコンセンターに送るとシャッターユニットを交換し、何回か修理しても不具合が改善しない場合は新品のD610に交換という対応だったらしいのですが、私はアメリカにいて気付かず・・・。

 

仕方ないので、自分でイメージセンサーをアルコールとシルボン紙で清掃していました。イメージセンサーは非常に高価な部品らしく、素人が適当に触るなどご法度。うっかり傷をつけてしまうとカメラをダメにしてしまうという事で、毎回清掃のたびに神経をすり減らしていました。しかも、無水アルコールを使うようにと書かれているのですが、アメリカの薬局ってなぜか無水アルコールが売られていないのです。日本だと500ml入りが薬局で買えるのに、アメリカのドラッグストアに売られているのは70%のイソプロピルアルコールばかりでした。なので工業用の無水アルコールを買っていました。

 

それでも、清掃しても次に使うとまたダストが付いているのです。仕方なく撮った写真はiPhotoのリタッチで全て修正していました!なんて手のかかるカメラ・・・。

 

今年日本に帰国して、そろそろカメラを持ち歩く気力が出てきたところで、やっとニコンの「お詫び」ホームページに気づいたというわけです。イメージセンサー清掃とシャッターユニット交換を無料でやってくれるらしい、という事で、ニコンセンターにカメラを持ち込んだのが今週の日曜日。「一眼レフはどんな機種でもダストがつくんですよー」と受付の方には言われたのですが、ダスト問題で散々叩かれた機種じゃないの・・・? 情弱と思われて小馬鹿にされた気がしました(T ^ T)

 

そして持ち込んでから6日目。土曜日に預けたカメラが宅配便で送られてきました。シャッターユニットが交換されたようです。D600購入者のブログなどを探すと、シャッターユニット交換でも問題が解決されず、結局新品に交換してもらった!という記事が出ているのが2014年度。私が購入したのは4年前なので、今さら新品に交換希望というのは流石に厚かましいですね。

 

涼しくなってお散歩日和が続いているので、カメラを持って出歩こうと思います!

 

Engrishで自信喪失

ここのところ、4年半使ったMac Book Proの調子が悪く、キーボード入力が出来なくなったので、大手量販店でiMacを買ってきました。

 

どうしてもその日のうちに使いたかったのでお持ち帰りしたかったのですが、あいにくUS キーボード版は置いていないとのこと。そこで、iMacを買ったポイントでUSキーボードを単体で追加購入することにしました。

 

そして店員さんが持ってきてくれた商品がこちら。

 

Engrish キーボード

 

Engrish キーボード・・・!?

 

私はこれを見た途端、ドキドキして挙動不審になってしまいました。EngrishかそれともEnglishなのか!混乱して本当に分からなくなってしまったのです。英検1級も持っているのに!

焦りながらアプリのOxford辞書で調べたところ、Englishが正解でした。当たり前のようですが、ここまで堂々とEngrishシールを貼ってあると自分のほうが間違いかと思ってしまうのですよ( ;∀;)。

 

ところでこのEngrishという言葉。間違いなりにちゃんとした意味があるようで、Weblio辞書によると

Engrish (イングリッシュ)とは、最も狭義には、英語を母語としない(主に日本語を母語とする)日本語話者が日本語の文章を英語に翻訳をする時、あるいは英語で文章を書こうとした時に生み出された、語法・文法・綴り・語彙などの点で奇妙な英語表現を揶揄する隠語や、それらを収集したウェブサイトである。日本語に限らず他のアジア諸国の言語における奇妙な英語使用に対しても用いられる。

とあります。

Herro, Engrish Fliends! 的な感じでしょうか・・・。

 

面白いEngrishの例を集めたページもたくさんあるようです。例えばコチラ

 

Welcom Turist. We Spik Inglish

 

うん。気持ちはわかる。でもこれ、看板掲げる前に誰か気づかなかったんですかね。

 

 

帰国報告

今さらという感じではありますが・・・

 

3月中旬に帰国いたしました。帰国後あっという間に4ヶ月が経過。アメリカを出国したのがはるか昔のことのようです。

 

3年間のアメリカ生活でいろいろなことがありました。ざっくりとまとめると、数は少なかったのですが、ダメージが大きかった”悪かったこと”の印象が99で、良かったことは100という感じでしょうか。実際に数えあげたわけではなく、ただの印象です。それでも良かった印象のほうが強いのは、行ってよかったという気持ちのほうが大きいからです。

 

大人になってから自分の考えや行動が大きく変わることはありませんでしたが、アメリカに行く前の自分と今の自分は完全に別の人間だと感じています。

 

色々とありすぎて、1つのエントリでは書ききれません!少しずつ思い出を書き綴っていこうと思っています。

 

 

ホーム > ただの日記

カレンダー
« 2017 年 9月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV657
UV87

ページの上部に戻る