The Glad Game > 海外ドラマのアーカイブ

ホーム > 英語学習 > 海外ドラマ

海外ドラマのアーカイブ

Star Trek

 Here comes news that shook my world! My beloved British actor, Benedict Cumberbatch, was cast in “Star Trek 2” as a villain!

  Of course he would be a villain, especially in an American movie. He has high cheekbones, has a British accent, and most of all, American people like to see British actor as wicked! 

  The problem is that I haven’t watched any of the grand epics that inspired so many people for more than 40 years. I couldn’t imagine how much effort I would have to put in until 2013 before the movie is released. More tentative than resolute, I looked it up in Wikipedia, and found the staggering fact that I have 701 drama episodes and 11 movies to go! 

  Recently, I’ve realized that I am a full time English learner, reader, and avid drama watcher, rather than a researcher in my free time. Now that I have a pressing deadline, I can waste no time. I’d better wrap up whatever I have been doing, and rush into the starship Enterprise to start a new mission: to explore strange new worlds! 

 

 好きな俳優さんが来年公開の映画、Star Trekに出演予定とのことで、Star Trekシリーズの予習をすることにしました。Wikiでシリーズを調べたら全部で700話くらい。(*_*) 仕事なんかしてる場合じゃないかも…。

 

 悪役とのことなので、全身緑だったり、顔にイボイボがあったり、ヘンなツノが生えてたりするんじゃなかろうかと不安なのであります。

  

  

 

関係ないけど、犬の二段重ね。

ドラマ廃人への道

前々から気になっていたんだけど。東急ハンズで実物を見たらガマン出来なくなってお買い上げ。約7,000円也。かさばるわ、重いわで大変だったんだけど、すぐに使いたかったので配達せずに抱えて持って帰ってきました。

じゃーん!

寝たままでiPadが使える、エジソンの”ほんとe スタンド/W、クランプ式”です。ネーミングは残念な感じなのですが、ベッドに取り付けることで、iPadを手で持つことなく使えるという優れもの。

”どんだけラクしたいのッ!”と、心の声がチラリを脳裏をよぎりましたが、まぁ気にせずに。

 

これでiPadを支えながらドラマを見ると、手が痺れてくる・・という悩みが解消されるはず。全く筋力を使わずにすむので、廃用症候群になる恐れも。

 

時々iPadが顔面に落ちてきて痛い目にあうことがあります。角度の調整が今後の課題。

 

 

Merlin Series 4

The time finally came! When I finished watching Merlin series 3 in June, I couldn’t bear to think I had to wait until series 4 that would be aired this autumn. It felt like a thousand years . Nothing could have delighted me more than the latest episode last Sunday. To tell you the truth, I was not supposed to watch it from Japan. The BBC iPlayer doesn’t allow overseas residents to access its contents.

I’m willing to pay for the BBC, but it doesn’t let me. Global iPlayer is available in European countries, but not for Asia. I downloaded the Global iPlayer when I stayed in France, paid 50 Euros for the annual fee, hoarded as many programs as I could while in France, but these contents vanished as soon as I accessed it in Japan.

Well, fair enough. I have a plan B. The setting was relatively easy, and I could watch the drama from Japan! Unfortunately, I can’t say how to do it in my blog!

My 6 years of diligent English study finally bore fruit, because I had to collect these information in English. I believe that the fandom can be the strongest incentive to master English, and I should not be ashamed by the geekishness I never thought I had.

Merlinシーズン4がイギリスで始まりました。大人なのにこんなに楽しみなことがあるって幸せ。海外の親切なファンの方が、シーズン4のスクリプトをブログにアップしてくださっているので、わからないところはここでチェックしています。

 読みたい本、観たいドラマがあるが日本語では手に入らない・・・。なら英語を勉強するしかない!!! ということで、これからも頑張ります。

Sherlock

今はまっているドラマその1.BBCのドラマ Sherlock

最初この二人を見た時は”なんか残念な感じの二人やな・・・”と思ってしまったのですが、動いている二人を見たら一目で好きになってしまいました。

 

舞台は現代。お決まりの帽子にパイプもなし。ワトソン医師が日記に記していた事件簿はなんとブログという形に。シャーロックもScience of Deductionという自身のホームページを持ち、スマートフォンを駆使して事件を解決します。確かにコナン・ドイル原作のシャーロック・ホームズが元になっているのですが、原作の持つイメージを保ちつつ、全く新しいタイプのシャーロック・ホームズ像が出来上がっています。

そして俳優さんも素晴らしい。シャーロックの傲岸不遜な態度、番人受けしなさそうなハンサムさ・・・。シャーロック・ホームズが現代に生きていたらこんな感じだったに違いありません。ワトソンは原作と同じくアフガニスタン帰りの軍医。シャーロックと比べると随分コンパクトで年上なのに可愛らしいです。私が原作で読んだ時は、”ワトソン君”と呼ばれていて助手のような扱いかと思っていたのですが、ドラマでは良きパートナーとなっています。

原作を読んだ時は思いもよらなかったのですが、現代において30を過ぎた独身男二人が同居しているとあらぬ疑いをかけられるわけで。。。女家主さんにベッドルームは2ついるのかと聞かれたり、レストランではワトソンがシャーロックのデート相手と間違われたりと、現代ならではといった感じです。

昨年イギリスで90分3本のミニシリーズとして放映され、今秋シリーズ2が放映されるそうです。日本では8月22日〜24日、BSプレミアムで放映されるようです。

Sherlock

There was a time when I buried my nose in a book. The series I was really into was “Sherlock Holmes”, which was translated for Japanese children. I usually borrowed books from a library, but I asked my parents to buy the series because I was obsessed with the stories, and wanted to own the books. Come to think of it, Sherlock Holmes helped to build my lifetime reading habit in my youth.

When I found the BBC drama “Sherlock”, I was fascinated but afraid of breaking my good old image of the story, although the idea of Sherlock Holmes living in a modern era, owning a website and cracking the case using a mobile phone was too irresistible to ignore. What is more, Doctor Watson writing a blog to introduce cases instead of a dossier, was striking enough to convince me to watch the series.

The program went beyond my expectations. The new Sherlock Holmes was younger, taller and better looking than I had imagined and far more attractive than I had anticipated. Even his impertinence makes him enchanting. What makes the drama interesting was their relationships. I had imagined Dr. Watson was a kind of assistant or an observer, but they are more like good partners in the drama. Besides, in these modern times, two single men in their 30s , living as flatmates, sometimes arouses nosy suspicion . It was funny when the landlady asked Dr. Watson if they needed two bedrooms with a knowing attitude or when he was misunderstood as Sherlock’s date at a restaurant. I had never thought about it when I read the original in my childhood.

I was quite satisfied with the new series and can’t wait to watch series two this autumn. Luckily, more than 20 years have passed since I read the series, and I have forgotten the detailed storyline so I can enjoy the stories as a new work. I’m tempted to read the original again, but it might be better to wait until after season2.

 

あまりに好きすぎて力いっぱい感想を書いてLingQの添削に出したところ、A Japanese perspective on English classical literature and its adaption to the small screen.’というタイトルをつけて頂きました。チューターのコメントはこちら。

”You write really well and you’ve used a lot more conjunctions and extended sentences in this article. Not one error in the first paragraph! Be careful with the use of articles, which you do tend to omit. It’s a great little article, Yuko, which made me want to watch the series. You should think about submitting it to ‘Viewshound’ titled ‘A japanese perspective on English classical literature and its adaption to the small screen.’”

 

シリーズ2が本当に楽しみです!


Merlin Season1

”ドラマ観るとアホになるよ”とLingQディスカッションでKauffman兄弟さんのどちらかに言われたのがずっと気になっていて、あまりドラマに夢中になるのを控えていたのですが、Merlinのシーズン1を2週間で観終えてしまいました。今回はもう”アフォになってもいいわい!”という心境‥。

 

Merlinは2008年にBBCで始まったドラマシリーズで全5シリーズが予定されており、現在シーズン3まであるようです。今年9月から12月にイギリスでシーズン4が放送されるのかな。”アーサー王の伝説”に新解釈を加えてドラマ化したもので、若きアーサー王と魔術師マーリンが、友情を育みつつ王国に迫り来る危機に立ち向かうというお話です。

二人の住むキャメロット王国では魔法は固く禁じられていて魔法使いだということがバレたら即刻死刑なので、刺客や魔物が王国を襲うたびにマーリンはコッソリとアーサー王を魔術でサポートするのですが、いつバレるんだろう??というスリルがたまらないわけです。中世のお城や、人間の言葉を話すドラゴンなど、ファンタジー好きな自分にはツボでした。

英語も非常に分かりやすかった。自分にとって字幕なしで観ることができるレベル。イギリス英語の標準語って、くっきりはっきりと話されるので聞き取りやすい。BBCの制作で、イギリスでも視聴率が高いということなので、日本でいえば大河ドラマや時代劇並にわかりやすいセリフ回しなのかも。

 

毎回次回予告があるので、つい結末が知りたくなりどんどん観てしまいます。2週間で1シーズンみたのは初めてでした。その分、英語記事を読んだり読書の時間が削られてしまったわけですが。”アホになるぞ〜”というLingQディスカッションの忠告が気になりながらも、シーズン2を続けてゲット。シーズン3までこの調子で見て、今秋のシーズン4からは本放送と合わせて週1で観たいと思います。

 

ホーム > 英語学習 > 海外ドラマ

カレンダー
« 2018 年 11月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Archives
  • 2018 (11)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2018

2018 Reading Challenge

2018 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 5 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV290
UV112

ページの上部に戻る