The Glad Game > 学習記録のアーカイブ

ホーム > 英語学習 > 学習記録

学習記録のアーカイブ

アメリカ人の平均的なリーディングスピードは?

アメリカの文房具会社Staplesが提供しているリーディングスピードチェックサイトを試してみました。英文を読んだ後に3つの質問があるので、スキミングをせずに読む必要があります。

 

ereader test
Source: Staples eReader Department

結果は、307語/分、質問は3問とも正解でした。リーディングスピードは平均的な大人とほぼ同じのようです。

Reading SpeedScreen Shot 2015-01-31 at 9.10.46 PM

こちらのサイトに各学年のリーディングスピードが掲載されていました。

3rd Grade students 150
4th Grade Students 170
8th Grade Students 250
11th Grade Students 350
Average Adults 300
Low Scoring College Students 340
Average College Students 450
High Scoring College Students 800
Mid Level Executives 340
High Level Executives 575
College Professors 680
High School Dropouts 240

 

 

こちらのサイトによると、

小学校3年生で150語/分

中学2年生で250語/分

高校二年生で350語/分

普通の大人300語/分

成績の低い大学生340語/分

平均的な大学生450語/分

普通レベルのエクゼクティブ340語/分

ハイレベルのエクゼクティブ575語/分

大学教授680語/分

とのことです。

 

平均的な大学生450語/分、ハイレベルのエクゼクティブ575語/分ということは、仕事が出来る人ほど処理能力が高いということでしょうか。

 

以前読んだ松本道弘先生の速読の英語という本に、

日本の大学新入生は100wpmで理解度も60%以下。150−200wpmという音読の速さを越えられないため、日本人学習者が非常に厚い壁にぶつかる

 

とありました。100語/分以下は、アメリカの小学校3年生以下ということになります。オーディオブックの読み上げスピードは150語/分前後のものが多いので、リーディングスピードとして少なくとも小学校3年生レベルには達していたいものです。

 

 

多読初期の頃は100語/分前後だったので、毎日読むことで徐々にリーディングスピードは上がってきたものの、300語/分は越えられる気がしません。1日1冊本を読むという方の体験談を読んだところ、”速読はしないけど、段落ごとの一塊で目に入ってくる”と書かれていました。確かに私も日本語の小説なら1視野で数行読んでいる気がします。英語でも同じ事が出来たらいいのだけど…。

第6回 ヴァーチャル夏休み報告

なぼむしさん主催の第6回ヴァーチャル夏休みに参加しました。

 

ヴァーチャル夏休みとは、

自分で自分に「夏休みの宿題(=課題)」を設定し、それを宣言、その進捗を報告しながら、参加者の方どうし交流、励まし合い勉強をします。

というもの。なぼむしさんのブログ 100wishlist で毎年夏休み期間にあわせて企画されているものです。

 

今年の私の課題は、「自分の仕事で将来使う英語プレゼンテーションの内容を暗記すること」で、スライド20枚のプレゼンを暗記して発表することが出来ました。

 

不思議なもので、4年前に初めて英語で発表した時はなかなか暗記出来なかったのですが、発表の回数をこなしていくことで、暗記をしやすくなったと実感しています。暗記にとりかかるまでの心理的抵抗が少なくなったようです。

 

その他の8月の学習としては、オーディオブックリスニングが100時間ちょっと。LingQの単語カードでした。

 

たまには目標を決めて、短期間で集中して勉強するのも良いものです。来年も是非参加したいと思います。

 

【今日の一枚】

水辺でみかけた青いトンボ。

第6回 ヴァーチャル夏休みに参加します

今年も第6回ヴァーチャル夏休み企画に参加します!

 

ヴァーチャル夏休みとは、

自分で自分に「夏休みの宿題(=課題)」を設定し、それを宣言、その進捗を報告しながら、参加者の方どうし交流、励まし合い勉強をする

という試みです。

 

子供の頃の夏休みの宿題は全く楽しみではありませんでしたが、大人になってから自分で課題を設定するのは楽しいものです。普段忙しさにかまけて疎かになっていた分野を補強する良い機会だと思います。

 

今年の私の課題は、「自分の仕事で将来使う英語プレゼンテーションの内容を暗記すること」です。

 

これまでにも英語でプレゼンテーションをする機会が定期的にあったのですが、自分が話す英語と理想のプレゼンテーションの間には大きな開きがありました。普段生活する上での英会話は問題ないのですが、改まった場でのプレゼンテーションを1週間程度で仕上げるには練習時間が足りていませんでした。特に専門用語を使ったり、日常会話で使わない長い構文を使った文章などを含んだスライドを紹介する時は、大きなプレッシャーを感じていました。

 

スライドを準備する時は、十分な時間をかけてPowerPoint資料と原稿を作るので、自分のスピーキング能力を考慮せずに、めいいっぱい言葉を詰め込むのですが、いざそれを話そうとすると、凝った言い回しがなかなか口から出てこないのです。特にイントロダクション部分は、これまでの経緯などを広く紹介するので、使われる語彙も広範囲になります。結局発表前になって、文章を削ったり単純化したりして、言い淀むことなく話せるレベルに落としていたわけです。

 

毎回プレゼン内容は違いますが、コアとなるイントロダクション部分は今後も使い回しが可能なので、スライド1枚単位で暗記をし、今後のプレゼンに備えようかと思います。前からやろうと思っていたものの、後回しになっていたので、ヴァーチャル夏休みが良いきっかけとなりそうです。

 

去年は、自分の仕事についての文章を暗記する、という課題を設定しました。初対面で自己紹介をする時に暗記したことが役立っています。自分がストレスなく話せていると感じている日常会話も、気付かないうちにいつも同じ言い回しや単純な短文をand や so で繋いでしまいがちです。だからこそストレスなく話していると感じるのでしょうが、英語ネイティブが使う語彙、言い回し、スピードと比較すると、どれをとっても劣っていると感じます。時々ブラッシュアップのために、予め作った文章の塊を暗記し、会話のレベルも上げる必要があると感じています。

 

8月31日までに暗記範囲を出来るだけ広げられるよう頑張ります。

 

【今日の一枚】

オレゴンのシカ。

学習記録帳

英語学習記録、これまで手書きやLingQ、Bento、DaytumやiPhoneアプリなど色々試してみたけれど、今年は基本に戻ってエクセルでシンプルに管理することにしました。

 

少しずつ項目は検討するとして、基本はこんな感じで。

 

 

iPhoneの記録アプリは、新しいiPhoneに変更する時にデータが上手く引き継げないことがあるし、誤って記録を消してしまうこともある。ネット上の記録サイトは見た目が美しいのが良いのだけれど、人気が出ないとサービス停止になる可能性も。どれも一長一短で、今までは組み合わせて使っていたのだけど、サービス停止になった時にデータを出力出来るとは限らないし、バックアップとして確実に手元に残しておけるとしたらエクセルが一番無難かなと。

 

2006年から色々な方法で記録をとってみて感じたのは、やった/やらないが一目で分かって、ライティング語数やリスニング時間などが簡単に集計出来るもの、そして日頃常に目にとまる位置にあるものが一番良いようです。

 

【今日の一枚】

モニュメントバレーにて。

ヴァーチャル夏休み報告

少し期間を過ぎてしまったけど、第5回ヴァーチャル夏休み報告です。今年の目標は、

1. LingQ で Interesting Things of the Day を20記事読む。

2.自分の仕事について分かりやすく説明する英文を作成し暗唱する。

 

でした。どちらも目標達成しました。子供の頃のように、夏休みの最後にならないと取りかかれないという悪癖は直ってはいませんが、短期間の達成目標を決めて学習に取り組む事は効果的だと感じました。

 

2006年8月最後に入会したLingQも今月で7年目となりました。入会した当初は、2〜3年で英語をマスターして学習を卒業するつもりでした。そんな事を考えていた事自体、英語学習の何たるかをまーったく理解していなかったといえるでしょう。ラッキーな事に、2008年秋に英検1級まで取得することが出来ましたが、英語の勉強自体は一生続けていかなくてはと思っています。最初に考えていたような、問題集を解いたり英語関係の試験を受ける、という形での”勉強”ではなく、英語の本や雑誌を読んだりTVドラマや映画をみたりしながら、機会があれば英語を使ってコミュニケーションを取る・・というユルい形で続けていこうと思っています。問題集系の英語学習をやらなくなった、という点では英語学習を卒業した、と言えるかもしれませんが、知らない単語や使ったことのない表現がある限り、どんどん新しい事を吸収し、表現の幅を広げていきたいです。

 

<今日の一枚>

コミック・コン会場で見つけた置物。ゾンビが本物の人間サイズなのです。廊下に置いたらいいかも!と本気で欲しかったのですが、持ち家じゃないと無理ですよね…。こういう物を作れる人のクリエイティビティを尊敬します。

ホーム > 英語学習 > 学習記録

カレンダー
« 2021 年 4月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Archives
  • 2021 (7)
  • 2020 (18)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る