The Glad Game > リスニングのアーカイブ

ホーム > 英語学習 > リスニング

リスニングのアーカイブ

ドラマのスクリプトで単語帳作成するメリット

字幕なしでドラマを観るようになったのが2009年頃、映画は2013年からです。

そういえばこれまでにどれくらい字幕なしでドラマや映画を見たのか気になって数えてみました。

 

 

結果はドラマが1411エピソード。映画は156本でした。

 

そんなに見た憶えがないのですが、結構見ていますね・・・。そのうち、LingQにスクリプトをインポートして勉強したものが約200本でした。

 

 

視聴した全ての作品のスクリプトチェックが出来れば理想なのですが、見たい作品はどんどん出てくるし、全てのスクリプトが揃っているわけではないので、全作品チェックは現実的ではありません。それでも、LingQにインポートしたものはフラッシュカードも作って復習もしたので、調べた分は身についていると思います。

 

 

数年間ドラマや映画のスクリプトを教材にして単語を集めた結果、視聴した全ての作品のスクリプトをチェック出来なくても、集めた単語を丁寧に復習することで、他の作品にも応用が利くことに気づきました。 これまで約5000時間リスニングしました(そのうち4000時間はオーディオブック、ドラマ視聴は×0.5で計算)が、単にリスニング時間を増やした効果ではなく、ドラマなどから集めた単語カードの復習の効果が大きいのではないかと思っています。

 

ドラマや映画から単語カードを作成するメリットを挙げてみます。

 

 1.未知の単語やフレーズを効率的に復習出来る

スクリプトチェックをするのは特に気に入った作品で、少なくとも5回は見ています。お気に入りの映画で数十回見ているものもありますが、そこまでしたいと思える作品の数は多くありません。そこで、新しい単語やフレーズだけを効率的に勉強するために便利なのが自作のフラッシュカードです。

 

単語カードを作成し、セリフを例文としておけば、単語カードのみ何回でも繰り返し復習することが可能になります。お気に入りの作品を数回視聴し、その後その作品を見ることはなくなっても、単語カードにしておけば、分からなかった単語やフレーズをいつでも復習出来るようになります。その作品を丸ごと覚えるのは大変ですが、新出単語やフレーズなら覚えることが出来ます。

 

 2.場面とともに記憶に残る

単語の例文がセリフなので、その単語が使われた状況が場面とともに記憶に残りやすいです。例えば、「riled up」 という単語。初めてこの単語をホワイトカラーで聞いた時は、聞き取れなかった上、意味も分かりませんでした。その後スクリプトチェックをして単語カードを作成し、何回かドラマを視聴して単語を復習することで使われ方を理解することが出来ました。その後、riled up という単語がTrue Bloodで出てきた時、すんなりと聞き取ることが出来ました。単語とそれが使われたシーンがセットになっているので、しばらくたって他のドラマで遭遇した時の認識率が高いです。

 

 

3.取りこぼしがない

スクリプトチェックをせずに、楽しみのために視聴している作品のほうが多いのですが、その場合は1エピソードから記憶に残る表現は1-3個です。“You’ve been made!””I could use a drink.” など、初めて聞いたフレーズを作品の内容を追いながら最後まで覚えているのは大変です。字幕を出しながら見てその都度メモするのも良いかもしれませんが、目からの情報に頼ってしまい、あまりリスニングの訓練にはなりません。その点、スクリプトチェックをすれば、視聴しているときには気づかなかったphrasal verbsに気づくこともありますし、新出単語だけではなく、自分では使えそうにない単語まで全て拾うことが出来ます。

 

 

まとめ

とにかく数をこなすために見まくった!というだけでも多少の効果はありそうですが、ワケも分からずただ視聴していた初期の頃よりも、系統だってドラマ内の言い回しを集め出してからのほうが、聞き取れる範囲が広がりました。地道な作業ですが、続けることで視界が開けてくると思います。

海外旅行するのに英語はいらない・・・のか?

前回一時帰国した際、「今どきスマホもあるし、海外旅行するのに英語なんて要らないよね!」という話題が出ました。「ですよね〜w」と、その時は適当に話を合わせたのだけど、思い出しました! 海外旅行中に英語が出来ずに困ったエピソードを…。

 

「1ヶ月くらいイギリスに語学研修に行けば英語が話せるようになる」と本気で信じていたバカな大学生だった私は、春休みに大学生協が提供していたホームステイプログラムに参加しました。午前中は語学学校に行き、午後はフリーというカリキュラム。語学学校でのレベルテストは中級。同じ頃に入学した日本人達はほぼ皆さん中級でした。ただし、9ヶ月間通っているという日本人の方も同じクラス。”来たばかりの私達と、9ヶ月いる人が同じクラスっておかしくない?”と気づいたけれど後の祭り。1ヶ月くらいではどうにもなりませんでした。では半年頑張ればどうにかなったのかというと、9ヶ月の人も2年いた人も似たり寄ったりのレベルだったので、何年国外で勉強しようが、出来ない人は出来ないままなのだという非情な現実を思い知らされました。

 

ただ、言葉が話せなくても「行けばなんとかなる」というのは正しい。チケット一枚買うのでさえ、「ワン・チケット、プリーズ」と小さな声で言うのがやっとだった私でも、午後は毎日地下鉄でロンドンまで出かけては観光していました。

 

ホームステイプログラムも終盤にさしかかったある日のこと。私はロンドンでの観光を終え、Northern Lineの終点にあるホームステイ先へと向かう列車内にいました。すると、列車走行中に突然アナウンスが入り、まもなく最寄り駅に停車したのです。停車するなり、血相を変えて列車から降りる人々。何が何やら分からないまま、私もとりあえず皆さんに倣って列車を降りました。その後もホームにアナウンスが入るのですが、何と言っているのか全く聞き取れません。当時の私の英語力は、「Mind the gap」などの短い定型文が聞き取れる程度で、長文となるとチンプンカンプンでした。

 

そのままホームで待っていれば列車が再び発車するのか、故障なのか、テロなのか。全く分かりません。右往左往する人をつかまえて聞いたのですが、綺麗な列車のアナウンスさえ聞き取れない私が、普通の人が話す興奮したセンテンスを聞き取れるはずもなく…。

 

やがて人々が一斉にホームを出てバス停に向かったので、私もワケもわからずついて行きました。複雑な路線図と時間通りに来ないバスを乗り継いで駅の終点まで辿りつけたのが奇跡のようでした。

 

何か大きな事件だったらニュースで放送されるに違いないと思い、その日はずっとニュースをチェックしていたのですが、地下鉄での騒動については触れられませんでした。あの時何が起こったのか、今でも謎のままです。列車が停車するなり、皆慌てて外に出て行ったので、何か良くない事だったのではないかと思うのですが・・・。

 

「生きて帰って来れたんだから良かったじゃない!」と言われればそれまでなのですが、あれがもし本当にオオゴトだったなら、無事ではいられなかったかもしれないと思いました。

 

たしかに、英語が出来なかった時にも何回か単独で海外旅行に行きましたが、それ程困ることはありませんでした。フレンドリーに話しかけてくれる人がいても、思っていることが満足に言えなくて残念だなぁと思ったくらい。でも英語が出来なくて心底困るシチュエーションというのは、命にかかわるかもしれない重大な局面で起こるんだな・・・と実感しました。

 

そんな大変な事は滅多に起こらないし、一生遭遇しないかもしれません。でも周りで重大な何かが起こっていそうな中、ワケが分からないというのはとても不安な事です。英語圏に行くならば、多少の聞き取り能力は必要だと感じた出来事でした。

 

【今日の一枚】

思い出の地、ロンドン!

リスニング4000時間雑感:映画を字幕なしで

リスニング4000時間経過の感想、その2。(その1はコチラ)。英語学習の目標の1つ、映画や海外ドラマを字幕なしで観ること。達成した、というと恐れ多いものの、字幕なしで観ることのできる映画がかなり増えてきた印象。

 

昨年渡米してから、映画館で観た字幕なし映画44本の中で、聞き取れない部分が多くて字幕があったほうがよかったなと思ったのは、12 Years A Slave と、ダラスバイヤーズクラブ。どちらも南部訛りのキャラクターが出てくる映画で、特に南部奴隷の話す英語は非常に聞き取りづらかった。残り42本は、特に字幕なしでも不満を感じなかった。

 

全ての作品を100%細部まで全部理解出来るレベルにならないと、”字幕なしで映画を観ることが出来ます”と言えないかというと、そうでもないと思う。アメコミ作品や、淡々と進行する静かな作品などは100%分かる作品が多いし、100%は聞き取れなかった映画やドラマでも、1文聞き取れないセリフがいくつかある、というレベルなら、十分作品を楽しめるのではないかと思う。英語学習初期の頃は、1作品の中で聞き取れたフレーズが数個あるかないか、というレベルだったので、分かる/分からないの比率が逆転したのは大変良いことだと思う。

 

映画やドラマの英語の理解には、スクリプト学習が役に立った。字幕を流しながら映画を2-3回観るくらいでは、新規単語やフレーズはなかなか定着しないし、英語学習も映画鑑賞も、どちらも中途半端になってしまう。映画やドラマを1回見て、気に入った作品で脚本がダウンロード出来るものがあれば、脚本をじっくり読み、知らない単語やフレーズを調べつつ拾い上げる。それらの新出語彙を繰り返し覚える作業をしつつ、またその作品を見て、覚えた語彙や言い回しの確認をするといった感じ。観た作品全てでこの作業をするのは大変なので、特に気に入って、何度見てもいいと思える作品で。私の場合は、ドラマLOSTや、スーパーナチュラル、Sherlockなどの脚本を使って、100本以上スクリプトで勉強してみた。

 

そうすると、他のドラマや映画でも、同じ単語やフレーズの言い回しがあって、全ての作品を勉強しなくても、”こんな状況の時はこう言う”というパターンがわかってくる。例えば質問に対して、NoやNothing と言うところを、Zip!やNada! と答えたり。これは初めて出会った時は意味がわからなかったが、一度調べると他の作品で出てきた時には聞いただけで意味がわかるようになる。スーパーナチュラルでは、若い男性同士の話し方を繰り返し聞くことで、普通の会話に慣れる効果があったのではないかと思う。

 

リスニング2000〜2500時間あたりで、字幕なしでも9割がた聞き取れる映画が出始め、スクリプトチェックをすることで、徐々に精度が上がってきたのではないかと思う。それでも、全ての作品を100%理解出来る日がくることはないと思っている。南部訛り、女子高生の会話、ヤクの売人が話す英語・・・など、苦手なものもたくさんあるし、口語表現など一生覚え続けてもまだ追いつかないのではないかと。それでも新しい表現を覚えるたびに、それ以降の作品の理解度があがる楽しみがあるので、これからも勉強を続けていくのだろうなと思っている。

 

【今日の一枚】湖にかかった虹が山の木々を染めたところ。

リスニング4000時間雑感:脳の翻訳機能

英語学習を始めたころ、リスニング方法について色々調べていた時に、学習サイトで気になる一文に出会った。一語一句は思い出せないが、”普通の人の会話やオーディオブックなどは、高速で英語→日本語に訳さないといけません”といった趣旨だったと思う。”リスニングは高速で日本語に訳しながら聞く”、というのが文字通り頭の中で日本語に訳していくという意味なのか、経験が浅かったころは全く意味が分からなくて悩んだ。実際、英語→日本語→英語と高速で流す教材CDもあって、本屋さんの英語コーナーでよく流されていたし。”日本語を介さずに英語を聞く”という事が本当に可能なのか、にも非常に興味があった。

 

今、4000時間ほどリスニングしてみて、オーディオブックや映画をリスニングする時に、”英語→日本語に訳しながら”聞いているかを注意深く振り返ってみたところ、全く日本語は介していないことに気づいた。強いて言えば、頭の中でイメージ化されているんだけど、それも普段は全く気にならず、日本語と同じ感覚で理解していると思う。

 

現在好んで聞いているファンタジーやノンフィクション系のオーディオブックでは、知らない単語は1ページに2-3個以内。その単語を初見で分からなくても、少し聞いているうちに何のことかはわかってくるので、知らない単語に出会っても、そこから先が聞こえなくなるという事はなくなった。例えば、主人公が持っている武器が、”シメター”と聞こえたとする。最初はシメターが何のことかは分からないが、物語を聴き進めていくと、刃が少しカーブした軽めの剣であることが分かる。耳から判断した綴りがScimetorで、Googleで確認すると、Scimitar。こんな感じで、気になる単語は後からググればだいたい意味があっている。

 

日本語で読めるレベルの本であれば、オーディオブックで聞いても分かる。ディクテーションすると、綴りが怪しい部分はあるが、冠詞なども含めて一語一語聞き取っている。聞き取れなくて飛ばしてしまう部分もない。が、オーディオブックを日本語に訳して英語の先生に提出すると満点をもらえるかというと、それは別の問題だと思う。

 

”日本語を介さずに英語を理解する”ということを考えていた時、英語学習者仲間にも意見を聞いてみた。オーディオブックリスニングをされている方は、”イメージ化して聞いていると思う”という意見だった。一番しっくりきた意見は、”脳には翻訳機能がある”というものだった。英語の学習を進めることで、自分では意識せずに脳の翻訳機能が働く、ということだろうか。では、この”脳の翻訳機能”を使うためには何が必要なのかを考えてみた。

 

リスニング初期のころ、7つの習慣や、ライラの冒険:黄金の羅針盤の理解度は80%程度だった。分からない単語があると、そこで耳がストップしてしまう。英語の音のリンキングに慣れていないので、音がつながっているところが理解しにくい、というのが問題だった。その後、ボキャビルと、スクリプト付き音源で文字と音を一致させ、多聴多読をすることで、オーディオブックなどの正しく発音されるものは、スピードが早くても、ストレスなく理解出来るようになった。

・聞いて分かる既知単語の割合を増やすこと

・ストレスなく読める本のレベルを上げていくこと

・文字と音を一致させること

 

が、”脳の翻訳機能”を使うために大事なのではないかと思う。オーディオブックを聞けたところだけ繋ぎ合わせて聞いているような場合は、聞いて理解出来る単語の数を増やしたり、ストレスなく読めるレベルの本を読むと、リスニングの理解度が上がるのではないかと思う。

 

今回リスニング4000時間目で感じたことは、

1. 日本語で聞けるレベルのものはストレスなく英語でも聞くことが出来る。

2. 映画やドラマの聞き取り度は登場人物による

ということ。

 

長くなったので、映画やドラマに字幕なしで挑戦することについて、また今度書きたいと思います。

 

これまでのリスニング記録は、リスニング800時間リスニング1000時間リスニング2000時間リスニング2000時間その2リスニング2500時間リスニング2600時間。リスニング時間は、オーディオブックやpodcastなどは聞いた時間×1,ドラマや映画などの映像付きのものは時間×0.5で加算し、海外生活での会話のやり取りやセミナー参加分などは加算していません。学習記録を他人と比較することは、意味がないとは思いますが、リスニング1000時間や2000時間で検索してこられる方が多いので、何かの参考にはなるのではないかと思い、記録に残しています。

 

【今日の一枚】アンテロープキャニオンにて。

ドラマのDictation

7月から毎週日曜夜に受けている発音レッスン。Mastering the American Accent もほぼ一通り学んだので、ドラマやニュースなど、実際の素材を使って練習してみよう!ということになりました。そこで思い出したのが、以前集めていたドラマディクテーション素材。何度聞いてもなかなか聞き取れない部分を先生がディクテーションしてくれるというので30秒ほどのmp3ファイルにして送ってみました。

FF1-2 Olivia and a resident (リンク先は音が出ます)

 

ドラマFlash Forwardの1シーンです。女性パートが難しい・・・と思っていたのですが、アメリカ人の先生は普通にディクテーションして、スクリプトを送ってくれました…。

 

ベビーシッターが無断欠席した部分の少し手前、シャドーイング困難です (ヽ’ω`)…。ドラマを観ている時は、一語一句は分からなくても意味は分かるんですよね。だからといってそのまま放っておけば、これ以上聞きとり能力&発語能力が上がることはない。もう少しドラマ素材でのディクテーションを増やそうと思いました。

 

万が一、答えが気になった方のためにスクリプトを貼っておきます。

 

Mommy.

 

And I’m going to find Debbie and she’s going to help take care of you.

 

Hey.  Charlie.  What are you doing here?

 

Hey.  A little incident at school, and the babysitter’s gone AWOL.  What do we got?

 

Oh,  admits are leveling off, which is good because we’re running out of hallways to put beds in.

 

And how about that truck driver?  Did you get him excavated?

 

Yea, and his stats are holding.  Also, Mr. Simco, father of the MDA boy, he’s been asking for you.

 

Ah, yea, I got to try to get there.  It’s just all I can do to get out of the OR at the moment.

 

What about Scrillio?  He’s hurt.

 

Intensive care.

ホーム > 英語学習 > リスニング

カレンダー
« 2017 年 4月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives
  • 2017 (3)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV267
UV110

ページの上部に戻る