The Glad Game > Postcrossingのアーカイブ

ホーム > 英語学習 > Postcrossing

Postcrossingのアーカイブ

ブラジルからの葉書

Postcrossingを始めて18日目。請求書とダイレクトメールのみだった私のメールボックスに初めてのポストカードが届きました!

 

送り主はブラジルの男性。彼が住む街にあるカトリック教会のポストカードでした。初めてのポストカードというだけでもうれしいのに、メッセージを読んでさらに感動。ポストカードの写真の説明の後に、

Please remember we pray for the Tsunami victims. I’m sure you’ll recover.

と書かれていました。心遣いに思わず涙ぐんでしまいました。

 

そしてモルドバに送ったポストカードを受け取ったという報告メッセージもきていました。彼女にとって私のポストカードが初めてだったということで、ものすごく喜んでくれました。その喜びのメッセージを見て、自分が送ったポストカードが見知らぬ人を幸せにしたということを実感して、もう一度うれしくなりました。

 

Postcrossing is a free website which enables members to exchange postcards at random. A Portuguese student who loves exchanging postcards originally created the website in 2005, and it now has 229,859 members from 204 countries.

The rule is simple, but brilliant. After registering at the site, we first request an address, and it gives us a randomly-selected address. We go to the receiver’s profile page, read their introduction and preferences, then send a postcard with a message. When the designated person receives the letter, it contains an ID number of the postcard transaction instead of the sender’s address. The receiver has to register the ID number at the website with a thank-you note. After the first postcard is sent, someone sends a postcard to us and the cycle goes on.

The system is unique because it isn’t like traditional letter correspondence. We don’t exchange letters with a particular person. We write someone, but the person doesn’t write back. Instead, another person sends a postcard to me. The one-way postcard exchanging enables us to enjoy diversity, and gives us a possibility to correspond with as many as 204 countries.

As the system restricts the number of transactions to 5 at a time when we register, and the postcard needs approval and registration from the receiver, we don’t have to worry about someone distributing mass direct mails. As the restriction is lifted to 20 transactions at a time after several exchanges, a keen mail-lover doesn’t have to worry about the limitation.

The founder wrote, “The element of surprise of receiving postcards from different places in the world (many of which you probably have never heard of) can turn your mailbox into a box of surprises – and who wouldn’t like that?” I can’t agree with him more. I used to have penpals from Tanzania and Malaysia when I was a teenager. I recall the excitement I felt when I found some mail in the mailbox. Checking the mailbox as soon as I came home from school was my favorite routine at that time.

I requested my first 5 addresses, and think of the receivers living in distant countries. I would never think of Moldova if I had not had a chance to write to a person who loves nature, and lives in a suburb of Chişinău, Moldova. I actually didn’t know where it was.

18 days have passed, and I received my first postcard from Brazil. It depicted a Roman Catholic Church near where the sender lives. After some explanation about the church, he wrote, “Please remember we pray for the Tsunami victims. I’m sure you’ll recover.” I was taken by surprise, because I was elated by the first postcard already, and didn’t expect such affectionate and kind words! I felt close to tears. What is more, I received an excited thank-you message from the Moldovan woman, saying mine was her first postcard, and I had made her day.This isn’t the first time that I have felt very glad to have learned English, but now I feel more grateful than ever.

I’m pretty sure that postcrossing will be one of my lifelong hobbies, and I hope I can share the exciting experience with other people.

 

postcrossingを始めました

TwitterでKeikoさんに教えていただいたpostcrossing を始めてみました。これが予想以上に面白くて、かなりハマってしまいそう。

 

postcrossingは2005年にポルトガルの学生が始めた、ポストカード交換サイトです。無料で登録でき、メンバーは204カ国から229,859人(2011年6月現在)が登録しているようです。しくみは、まずウェブサイトに登録し、自分のprofileを書き込んだら、画面左端にあるSend a postcardを選びます。

そこで説明の下にあるチェックボックスにチェックをいれて、住所をリクエストするとメンバーの中からランダムに1名が選ばれて住所を見ることが出来ます。最初に送ることが出来るポストカードの上限は5人までです。その人のプロフィールページをみると、自然が好きとか、芸術的なものが好み、あなたが住んでいる街のポストカードがいい、などと好みが書いてあるので、好みにあったポストカードをチョイスします。好みは書いてあるものの、たいがい”でもなんでもウェルカム!”と書いてあるので、必ずしも相手のお好みに合わせずとも、自分の好きなポストカードを送ってもOKのようです。

70円切手を貼って、ちょこっと近況などを書いてから、postcrossingから指定されたポストカードのID番号、JP-○○○○というのを必ず書いて投函します。これは、相手にポストカードが届いた時に、”届きました”とpostcrossingのサイトに登録してもらうのに必要な番号です。相手が登録してくれると、自分にもランダムな相手からポストカードが届くようになります。

ふつうの文通サイトと違って、決まった相手と文通を続けるわけではない、というのが面白いところです。ランダムに選ばれた相手に1回だけポストカードを送り、こちらも知らない人からランダムにポストカードを受け取るという仕組み。文通だと一度にたくさんの国の人を相手に出来ませんが、postcrossingならたくさんの国からポストカードを受け取ることができます。

 

ポストカードを出す前に、postcardの写真をアップロードすることが出来ます。これは実際に相手にハガキが届いて、registerしてくれると、相手も見られるようになります。

これらの写真はのちに、postcard wallで、自分が送ったハガキ、受け取ったハガキの画像をコレクションとして見ることが出来るようになります。また、メンバーはお互いにこのwallを見ることができ、自分に届いたわけではないが、気に入った絵葉書のイメージをfavoriteとして登録することも出来ます。

アメリカの方に送ったこのポストカードは、”ちょっと地味かなぁ”と送るのを迷ったのですが、相手が登録してくれた後、3人の見知らぬ方が早速favoriteに登録してくださいました。日本的な地味さがよかったのかも‥。

 

葉書を買うのも楽しみですが、切手も楽しみの一つ。postcrossingを始めてから、久しぶりに切手を購入しました。ベルサイユのばらと日本のアニメの切手です。

 

このサイト、非常に良く出来てます。モルドバ共和国への住所をゲットしたのですが、”モルドバ?南の島だっけ?”と思いながら相手のプロフィールを確認しに行くと、我が家から相手の住所への距離を示した地図と、国名へのリンクがついています。どうやら私はモルドバとモルディブを混同していたようです‥。

Moldovaをクリックすると、Moldovaの情報と、モルドバからのメンバーについてのページに飛びます。Wikiページへのリンクも貼られているので、ポストカードを送る相手のことを思いながらWikiを読んでみると親近感が湧いて読みやすいです。こういうご縁でもなければ、一生モルドバという国について知ろうとすることはなかったでしょう!

 

Mapページでは、自分が送ったポストカードの行き先を見ることが出来ます。どんどん送ってこの地図を賑やかにしていくのも楽しみ。

 

日本からは3000人ほどのメンバーが登録しているようです。実際の住所を書かないといけないので大丈夫かな、と思ったのですが、一度に送ることが出来るポストカードは5枚で、やりとりの数が増えても最大20人までなので、大量無差別ダイレクトメールなどの業者は割りに合わないのではないかと思います。また、こちらから最初の葉書が相手に届いて相手が登録してくれたら、自分の住所にもランダムに葉書が届き始めるという仕組みですので、迷惑な葉書が流通することはないのではないかと。

 

中学、高校の頃、文通が大好きだったので、これでまた海外からの葉書が届く楽しみを味わえるかと思うとワクワクします。サイトの説明に、

The element of surprise of receiving postcards from different places in the world (many of which you probably have never heard of) can turn your mailbox into a box of surprises – and who wouldn’t like that?

とありますが、mailboxがbox of surpriseになる、というコンセプトは素晴らしいと思います。

 

ホーム > 英語学習 > Postcrossing

カレンダー
« 2020 年 7月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Archives
  • 2020 (10)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る