The Glad Game > 感じたことのアーカイブ

ホーム > アメリカ生活 | 日々の生活 > 感じたこと

感じたことのアーカイブ

借りパクさんとのお別れ

これまでさんざん私を悩ませてきた“借りパクさん”が、本日で2年間のアメリカ勤務を終え、C国に帰ることになりました。ホッと安堵のため息をつきながら隠していた物品たちを棚に戻すとともに、一抹の寂しさを覚えてしまいました。

 

彼女とはフロアは同じだけれども、元々は関係ない部署でした。それがうちのボスや同僚が同郷ということで仲良くなり、頻繁に出入りするようになったのです。予算の少ない私たちがとことん切り詰めてやっているところに悪びれもなくやって来ては消耗品を取っていく彼女にはほとほと参りました。しかも私が時間をかけて準備したものを無断で使い、「使わないで」「自分のを持参して!」と何回言っても全く改善がありません。「使ったものを今すぐ返して!」と返却させ、険悪な雰囲気になったことも何回かありました。それでも2-3日たつとまた現れてモノを取っていく・・・。その繰り返しでした。 「予算の無い私たちのものを使わないで」「私が時間をかけて準備したものを持って行かないで」と理由を説明しても改善なし。こんなに厚かましい人に出会ったのは初めてでした。

 

「他人の嫌がることをしない」というのは世界共通の常識だと思っていましたが、こんなにも気持ちが通じない人がいるということが驚きでした。しかも借りパクをするのは今回の借りパクさんだけではなかったのです。

 

 

借りパクさんの前任者も借りパクだった?

今回帰国した借りパクWさんの前任者、Dさんも借りパクさんでした。Dさんもうちのボスや同僚と同郷ということで仲良くなり、私たちの部署に出入りするようになりました。彼女の仕事の一部がどうしてもうちの道具や物品を使わないと出来ないということで、しばらく週に何回か私たちの部屋で仕事をしていました。そしてDさんはアメリカでの仕事を終えC国に帰国。彼女が帰国してから気付いたのですが、Dさんが借りていた仕事道具が一式全部消えていたのです・・・。彼女が盗んだという証拠はありません。ですが、帰国前の1ヶ月はDさんしか使っていなかったこと、彼女が仕事をするために必要な道具だけ1式無くなっていたことから、どうしても彼女に疑いの目が向きます。ボスが帰国したDさんにメールで問い合わせたところ「知らない」との返事でした。被害総額は15万円ほど。それ程大きな金額ではありませんが、無くなってしまった道具一式を再度購入して物品が揃うまで1ヶ月仕事が滞りました。

 

 

同僚が経験した借りパク3人組

私はテプラや文房具などを日本から持参したのですが、良い文房具等は目に付くところに置かないほうが良いと同僚に忠告されました。彼が一人で部屋にいた時、同じフロアのC国人3人組が入ってきて、皆の机や引き出しから文房具を取っていこうとしたことがあったそうです。パソコンや財布は盗らないので、“窃盗”という意識はないのかもしれません。私たちの建物は部署ごとに部屋が分かれているのでそれでも借りパク被害は少ないほうらしいのですが、垣根をなくす目的で1フロアぶち抜きにした建物では、頻繁に物品が無くなるそうです・・・。

 

 

借りパクというより窃盗

借りパクどころではない窃盗騒ぎもありました。私たちの部署に1年間所属し、C国に帰国したA氏がアメリカでのデータを持ち出し、母国で自分の仕事として発表していたのです。しかも彼自身の仕事ではなく、共有コンピューターフォルダに入っていた他人の仕事で。もちろんすぐにバレましたが、問い詰められても「部下が自分の名前を使ってやった」などと、あからさまな嘘をついてごまかそうとしていました。他人の成果を丸ごと盗むとはあまりにも大胆すぎて言葉になりません。ボスが皆の仕事をチェックしやすいようにと共有のコンピューターにまとめてデータが入っていたのですが、「まさか仲間の仕事を盗む人などいないだろう」と思っていた側の落ち度もあります。結局A氏にはボスが電話で抗議したものの、公式な処罰などはありませんでした。

 

 

学生さんも借りパクする

アメリカの人も借りパクします。夏の間インターンで来ていたよその部署の学生さんは、物品を切らしたので貸してほしいと1回目は許可を取ったのですが、その後黙って部屋に来ては使いたいものを取っていくようになりました。私の物品も黙って持って行っているようだったので、借りパクして立ち去ろうとしていた現場を押さえた時に“もうこれからは部屋に入ってこないでください”と言ってしまいました。

 

 

注意するのがストレス

貸し借りも1回や2回なら良いのですが、常習的にモノを持って行かれると本当に困ります。しかも“No”と言えない典型的な日本人の私にとって、何回ヤメテ、返して、もうしないで!とハッキリ言っても借りパクを繰り返されるのが本当にストレスでした。私の言い方が弱いのか・・と悩みましたが、Wさんに強く言った時は“プイ”とそっぽを向いて帰ってしまい、その後2-3日口をきかなくなるので、私が怒っているのは伝わっていたと思います。

 

日本でも発言小町を見ると、“借りパクさん”や“クレクレ星人”に悩まされている人たちのスレを見かけるので、海外特有の現象ではないはずなのですが、社会人になってから職場でこれほどまで借りパクに悩まされることはありませんでした。アメリカに来てからもなかなかNo!と言えなかった私にとっては、はっきりダメ出しする練習になりました。

 

 

借りパクWさんと仲直り

Wさんの借りパク現場を目撃するたびに注意し、時には険悪なムードになったこともあったものの、普段はC国の様子を聞いたり、旅行情報を共有したりして普通に会話していました。ただ、楽しくお喋りしていても、「信用出来ない」「やっぱり嫌い」「相手も私のことを怒りんぼと思っているのでは・・」と、心の中でどす黒い思いが渦巻くことがありました。彼女は借りパクだけでなく、手伝ってほしい時は一日何回もやってきて私に助けを請うのに、私が1度だけ彼女に手伝いをお願いしたら“No”とアッサリ断ったこともあります。

 

仕事が絡まずに、ただの話友達であれば上手くやれたのかもしれません。自分の目的を達するためには手段を選ばない彼女の態度に嫌気がさしながらも、自分もそれくらいの意気込みを持たなければ・・と思うこともあります。C国出身の方2人がそれぞれに、“自分は上司に雇用されているから上司の話は聞く。同僚と私は雇用関係ではないので気を遣う必要は無い”と話していたのを聞いたことがあります。借りパクWさんやDさんは、自分の任務を遂行する事だけが目的で、同じフロアというだけで同僚でさえなかった私を気遣う必要性を感じなかったのかもしれません。“自分のことだけではなく、仕事が遅れている人や大変そうにしている人の仕事を手伝う”という感覚を持っていた私は親切心を搾取されたような気分でした。

 

Wさん帰国の日。“あいつはケチで怒りんぼだと思われていたら嫌だ”、“何度もNo!を突きつけて申し訳なかった”という気持ちから、お別れのギフトとしてキティちゃん風呂敷とロクシタンのハンドクリーク2本をプレゼントしました。Wさんが涙ぐみながら、“I’m sorry to have bothered you at work.”と言ったのでしんみりした気持ちになりました。何度注意しても悪びれなく消耗品持ち出しをしていた彼女でしたが、いちおう“迷惑をかけていた”という自覚はあったのね・・と。

 

連絡先は交換したものの、彼女と会うことはもうないかもしれません。最後に悪感情を持たずにお別れできたので良かったです。ちょっとした“知り合い”として表面的なお付き合いだけならたいした摩擦はありませんが、一緒に働くとなると色々と難しいことがあるんだな・・と良い経験になりました。

 

【今日の一枚】

20043686711_c710699f70_z

ロデオ・オフィス。

アメリカで一番良い職業

6月25日のTIMEに、“This Is the Best Job in America”という気になる記事が掲載されていました。

 

成長産業であり、ストレスが最も少なく、年収の中央値がまずまずの値であることなどを考慮して“The best job in America”に選ばれたのはAudiologist。日本語に訳すると“聴覚訓練士”となるようですが、日本では言語聴覚士が最も近い職業なのではないかと思います。

 

記事によると、Audiologistの年収はおよそ$69,720ドル。1ドル120円で換算するとおよそ840万円です。日本ではどうかというと、年収ラボで日本の理学療法士さんの平均年収を調べたところ、平均390万円でした。ただし日本では、高校卒業後に言語聴覚士養成所で3-4年学ぶか、一般の大学を卒業後に2年間専修学校で学んだ後に資格試験を受けるのに対し、アメリカでは聴覚学の博士号を取得する必要があり、その分お給料が高いのかもしれません。アメリカでは医療費自体が高いですしね。

 

Audiologistが成長分野であるというのは、今後2050年までにお年寄りの人口が増えていくこと、若者が大音量のイヤホンで音楽を聴く傾向にあり、聴覚障害が増加すると予想されることなどによるようです。

 

 

今アメリカでベストな職業といえば、IT系の職業ではないかと思っていたので、Audiologistという結果は意外でした。お給料だけからすると、アメリカのソフトウェアエンジニアの平均年収は$90,374ドルでAudiologistよりも上です。さらに、りんごマークの会社では、エンジニアの年収は平均$121,924ドル、会社内カフェテリアの皿洗いバイトでさえ時給15ドル(カリフォルニアの最低賃金は時給9ドル)と聞いていたので、相当景気が良いのではないかと思っていました。今すぐりんごの会社に皿を洗いに行きたいくらいです。

 

IT関係の人が景気よく思えるのは、成功例ばかり目にしているからかもしれません。以前住んでいたアパートには、40代前半でリタイアし、悠々自適な生活を送っている男性がいました。彼は若い頃に会社でプログラム開発をし、お給料以外にも十分に株で儲けたため働く必要がないのだそうです。今の大家さんの旦那さんもバングラデシュからアメリカに大学留学後、エンジニアとして就職し、今では世界的大企業の副社長さんです。この地域はエンジニア不足なので、特に優秀でなくても年収1000万円くらいで雇われていると聞き、羨ましく感じていました。

 

これは隣の芝生は青いというやつなのでしょうか。ただ、日本にいた時は、IT関係の職場といえばブラックで、“IT土方”なる言葉も聞き、あまり良い職業だとは思えませんでした。こちらは職場の文化が全く違うせいか、割と時間の融通もきき、奴隷労働をしているようにはみえません。すぐ解雇される可能性も大きく、日本とは違うデメリットもありそうですが、日本人の私の目から見たThe Best Job in Americaは、IT企業勤めの人だと思いました。

 

【今日の一枚】

ミッドウェー博物館にて

サンディエゴ、ミッドウェー博物館にて。

採血専門、Phlebotomist という職業

アメリカにはPhlebotomist (フレボトミスト) という職種があります。病院やクリニックなどで採血を専門に行う職業です。“採血専門の仕事”という日本にはない概念が興味深かったので、Phlebotomistについて調べてみました。

 

 

Phlebotomistの資格を取るには

日本で採血を行えるのは、国家資格を持った医師か、医師の指示のもとに看護師や臨床検査技師のみ。ところが、アメリカのPhlebotomistは、医療系の学校を卒業する必要はありません。カリフォルニア州のパブリックヘルス部門によると、

 

  • 高校卒業資格を有すること
  • 20時間の基礎クラスを受講すること
  • アドバンスクラスを20時間受講すること
  • 40時間の実技トレーニングを受けること
  • 実際の患者で50例の静脈採血と皮膚穿刺を成功させること
  • トレーニング修了証を受け取ること

 

となっています。

 

こちらのページによると、Phlebotomistになるためのクラスは、コミュニティ・カレッジや、職業訓練校などで受けられるようです。しかも、現在Phlebotomistになるために州の資格を必要とするのは、カリフォルニア、ルイジアナ、ネバダ州のみ。80時間〜200時間の授業と実習を受け、最終試験で70%以上の正答率で合格出来れば、Phlebotomistとして職を得ることが出来るようです。

 

 

Phlebotomistのお給料

2014年のデータでは、現在全米で推定111,950人のPhlebotomistがおり、時給平均が15.33ドル、年収平均は、31,890ドル。1ドル100円で単純計算すると、時給1500円、年収320万円程です。

 

 

高卒の平均年収が約30,000ドルなので、お給料自体はそれほど良くありませんが、2012年から2022年までにPhlebotomistの求人は27%増加すると見込まれているようなので、安定した職業といえるのではないかと思います。

 

 

採血するのに学位は必要ない

採血専門の職を得るために医療系の学校を卒業する必要がない、ということに最初は驚きましたが、採血業務を専門の人たちに委託することで、医療専門職の人たちが高度技能を要する仕事に集中出来るため、非常に効率のよいシステムだと思います。

 

こちらの記事で紹介されているPhlebotomistは、早朝5時から勤務を開始し、1日150人の採血を行うそうです。毎日たくさんの患者さんの採血を行うことで手技が熟達するので、壊滅的に手先が不器用でない限り、病院業務に支障をきたすことはないのではないかと思います。

 

また、業務が静脈採血と皮膚穿刺に限られているので、命にかかわるような合併症を起こす危険性が少ない、というのも難しい資格を必要としない理由ではないでしょうか。

 

 

日本の採血

前述したように、日本で採血を行えるのは、医師か、または医師の指示を受けた看護師や臨床検査技師のみです。大学病院や公立病院などでは、古くからの慣習のもと、“主治医採血”が行われているところもあります。また、看護師さんが入院患者の採血を行う場合でも、朝は点滴交換や経管栄養の準備、食事介助やシフトの引き継ぎなどで非常に忙しい時間帯です。

 

看護師や医師を育てるには時間もお金もかかります。80−200時間程度でPhlebotomistを養成することが出来るのであれば、医師や看護師が本来の専門知識を要する仕事に集中することが出来、人材不足を解消する一助となるのではないかと思いました。

 

Go Metric!

The World Factbook によると、世界でメートル法を用いていないのは、アメリカ、リベリア、ミャンマーの3カ国だけだそうです。

 

アメリカで不便だなと感じるのが、日本と単位が違うこと。例えば、距離はkm ではなくマイルだし、ガソリンや牛乳はリットルではなくガロン。今日は97˚Fもあって暑いねと言われてもピンとこないし、体重が12 lb 減ったのがスゴイことなのかどうかもとっさには分かりません。

 

混乱しているのは個人だけではなく、アメリカだけ違う単位法を用いている事で経済的損失もあります。輸出入の時に商品ラベルの単位を書き換えるコストもかかりますし、アメリカ国内でも科学の単位は国際基準を使っているので科学者も混乱します。NASAから1999年に打ち上げられた火星探査機は、単位系の取り違いミスに気づかず、火星に墜落したと見られています。国際標準のメートル法とEnglish Units (ヤード・ポンド)を使っているチームがいたという単純なミスのために、$125 million ドルもの損失を出してしまいました。

 

このように問題の多いEnglish Unitsですが、1970年代にメートル法に切り替える法案が作られたものの、実際には上手くいかなかったようです。

 

そしてこのたび、アメリカもメートル法に切り替えよう!と本気で提案する大統領候補者が現れました。Go bold! Go Metric! をスローガンに掲げているのは、前ロードアイランド州知事で、民主党から2016年大統領選への出馬を表明したLincoln Chafee氏。

 

ただ、大統領候補者のスローガンの一つとして掲げられるのは非常に微妙・・・。メートル法に切り替えることで、国際社会にも受け入れられ、将来的には経済的にも好ましい結果となる、という主張は分かるのですが、出馬表明の会見としては、もっと大きな国際的ビジョンを掲げてほしい。

 

この動画は会見の一部ですが、えも言われぬ泡沫候補感を醸し出している気がします。アメリカもついにメートル法採用に一歩前進か!とスローガンを見て心躍らせたものの、会見を見たかぎりでは道は険しそうだと思ったのでした。

 

アメリカのビール

近所のスーパーで見かけたお洒落なビール。こういう展示の仕方を見ると、今自分は外国にいるんだな〜、と実感します。

 

IMG_1894

FullSizeRender-2

FullSizeRender

 

これは、SPEAKEASYというサンフランシスコの会社が販売している、「The Usual Suspects」というシリーズ。推理小説みたい。Big Daddy, Prohibition, Metropolis という名前も印象的で良いし、何より容れ物がお洒落。ビールは飲まないのに、この容れ物欲しさに買ってみようかと思った程でした。仕切りもあるし、小物入れとして使えそう。

 

アメリカには2013年の段階でおよそ2800のビール醸造所があり2011年の統計では、一人あたり76.6リットルのビールを消費しているそう。日本は一人あたり43リットル。国別ビール消費量1位はチェコで、一人あたりのビール消費量122リットル、19年間不動の1位らしいです。日本人の3倍!チェコのビールは美味しいに違いない・・。

 

アメリカのスーパーには、多種多様で個性的なパッケージのビールが置いてあります。日本で主流な苦味の強いビールとは違って、味もフルーティで飲みやすいものが多いので、日本に輸入すれば女性にウケると思うのだけれど。日本では全然見かけないのは何か理由があるのかな。

 

 

ホーム > アメリカ生活 | 日々の生活 > 感じたこと

カレンダー
« 2018 年 7月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Archives
  • 2018 (8)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2018

2018 Reading Challenge

2018 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 5 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV140
UV91

ページの上部に戻る