The Glad Game > 生活のアーカイブ

ホーム > アメリカ生活 | 日々の生活 > 生活

生活のアーカイブ

AT&T iPhoneのSIMロック解除

帰国するにあたり、AT&Tで契約したiPhoneのSIMロックを解除しました。契約時、2年経ったら簡単にSIMロックを解除出来るよ!と店員さんに聞いていたのですが、私の場合、登録情報が不完全だったために全然簡単ではなかったです!

 

SIMロック解除は、Customer Device Unlock Portalというページで出来ます。ここで、電話番号、IMEI番号(*#06#にかけると表示されます)、名前、メールアドレス、ソーシャルセキュリティナンバー(SSN)の末尾4桁を登録します。submitボタンを押すと、程なくしてSIMロック解除の申請が許可されたかどうかメールでお知らせが来るのですが、「登録情報がマッチしない」ため、申請が却下されてしまいました・・・。

 

iPhoneを契約した時はまだSSNが無かったので、現在持っているSSNの末尾4桁を入力しても情報が合うはずもありません。ウェブページのチャットを試したものの、4回ともチャットの途中でチャットが落ちてしまい、話を進めることが出来ませんでした。

 

カスタマーサービスに電話すると、SSNカードを持って店舗に行き、そこで新たなSSNの末尾4桁を登録してもらうようにとのこと。早速店舗を訪れてみましたが、「カスタマーサービスに電話して」「新規購入の時しか登録出来ない。カスタマーサービスに電話して」と、カスタマーサービスと店舗でたらい回しでどうしようもありません。困り果てていたら、2件目の店員さんが、「SSNを持っていない人の場合、1111と登録しているかも」という情報を教えてくれました。

 

そこで、SSNの末尾4桁を「1111」で申請してみたところ、無事に申請が受理されました!これって、カスタマーサービスの人が知っておくべき情報だと思うんですけどね!

 

申請受理後、iTunesでiPhoneを復元して、SIMロック解除完了でした。

 

そして翌日、AT&Tの契約解除のためにカスタマーサービスに電話です。なぜ契約を終了するのか、アメリカに再び戻ってくるまで回線をキープしたらどうか、などと引き留められましたが、「帰国するので要らない」とお断りし、帰国日に契約を終了するようお願いしました。ここでもSSNの末尾4桁を聞かれましたが、「1111」でOKでした。

 

アメリカの店員さんは、”知らないけれども適当な事を言う” 事が多いような気がします。悪気はなさそうなんだけど、正しい情報を持っている人に当たるまで振り回されます・・・。ちゃんと調べてから対応してくれるとよいと思うのだけれども。

 

帰国前は色々と電話で応対しないといけない事が多く、最後の修行です!

 

【今日の一枚】

Octopus

網で出来たタコのオブジェ

 

車の売却

アメリカでの生活も残り2週間になったので、車の査定に行ってきました。本当は個人売買が一番高く売れるのですが、直接の知り合いでないとトラブルに見舞われた時に対応出来ないので中古車販売会社に行くことにしました。幸いなことに、自宅から10分ほどの所に日系の中古車販売会社があるのです。

 

アメリカで車を売る際には、Kelley Blue Bookというサイトで車の年式と走行距離を入力し、大体の目安金額を調べます。2013年のTOYOTA車、走行距離42,000マイルで8000ドル〜9000ドルとの予想でした。私の場合、目立った事故歴は無いのですが、フリーウェイを走行中、前を走っていたトラックが巻き上げた小石がフロントガラスに当たり、2−3ミリほどガラス表面が欠けていました。走行には全く問題ないのですが、査定となるとどうなのか。この小さなヒビのせいで査定が6000ドルとかになったらどうしよう・・・とドキドキでした。

 

業者に売るとかなり買い叩かれるよ!と皆さんに忠告されたものの、最初の査定額は9500ドルでした。Blue Bookの予想よりも良いとは意外!目立った傷や、小さな擦り傷もなく内装も綺麗ということで良い評価だったのですが、走行距離6万キロでタイヤ交換が必要なため、400ドルを引いて最終額は9100ドルとなりました。8000ドルくらいかも、と予想していたので、その場で売却契約をしました。フロントガラスの傷については一言もなし。査定に20分もかけていたので見落とすはずもないし、こちらから敢えて指摘することもないだろうと思い、特に何も言いませんでした。

 

業者さんとの取引の場合、車のRegistrationを確認、Titleを渡して所定の箇所にサインするだけです。スモッグチェックやDMVへの書類提出なども業者さんがしてくれます。

 

個人売買なら10万円くらい高く売れたはず。でも、車を売る予定なんですよね〜という話をすると、日本人の皆さんが必ずする話があるのです。

 

ある日本人の男性がアメリカを去ることになり、車の個人売買の広告を出しました。すると間もなくアジア系の男性からコンタクトがあり、実際に車を見た後で車を買う約束をしました。金額と売却日も決めて別れたのですが、当日になると「気が変わった。買わない。」と言って現れなかったそうなのです。売り手の日本人は慌てました。帰国まであと2−3日。今から新しい買い手を探しても帰国までに車が売れるかどうかわかりません。すると、どこからか話を聞いたアジア系の男性が現れ、相当値切られたそうなのです。もう一度広告を出す前ですし、前のアジア系の買い手と同国人で、仲間のような感じです。最初から約束をすっぽかして慌てさせ、安く買い叩く計画だったのかもしれない・・・とは思っても後の祭り。どうしても車を処分しなければならないため、新たな買い手の言い値で車を売ってしまった・・・という話です。

 

日本人の元同僚二人、日本人の友達、通りがかりに世間話をした日本人、美容師さんから同じ話を聞きました。皆の話は過去に1回だけあった事なのか、それとも似たような被害にあった人が複数人いたのかは分かりませんが、日本人の間で都市伝説のように語り継がれています。ここまでくると、あの国の人と取引したいと思う人はいないでしょう。特に帰国前などで後日交渉が出来ないならば尚更です。直接の知人ならば、騙される事はないと思いますが、知人の知人となると信用出来るかどうか分かりません。

 

日本人向けに広告を出せば大丈夫だよ!とも言われたのですが、この話を聞いた後では知らない人と取引するのが恐ろしくなってしまいました。日本人だって正直な人ばかりとは限りませんしね。

 

日本であれば、2013年製で走行距離64000km、ヴィッツクラスの中古車が100万円で売れることはまずないでしょうからありがたいことです。アメリカでは、だいたい20年モノで走行距離30万kmくらいまでの車なら売れるそうです。私の車もあと15年くらい乗り継がれていくのかもしれません。どこに行くにも一緒だった愛着のある車なので、大事にしてくれる人に乗ってもらえるといいな・・・。

 

【今日の一枚】

23647951479_9d0e62eef0_z

ジェンガのような高層ビル。

 

 

中華料理で祝うサンクスギビング

先日購入した“642 Things to Write About”のトピックから、“これまでに経験した中で最悪だったサンクスギビングの料理”を。

 

今年は中華料理で祝うサンクスギビングでした。私以外のゲスト7人は中国人で、七面鳥とターキー以外は中華料理でした。七面鳥は10kg、ハムは5kg用意したとのことで、かなりのボリュームです。マッシュポテトも、アメリカ風にどーん!と出すのではなく、型押しで菊の形にしてありました。

 

私は中華料理が大好きなのですが、私が好きなのは、日本人向けにアレンジされた中華料理です。アメリカにある、中国人向けのレストランに行くと、麻婆豆腐などただ辛いだけで、「思っていたのと違う!」とガッカリしてしまうこともあります。アメリカには「パンダエクスプレス」という、中華のチェーン店もあるのですが、こちらはアメリカ人向けに甘〜く味付けしてあります。さらには惜しみなく化学調味料を使ってあり、なかなか強烈な味がするのです。食べた後は自分から化学の匂いがするほど。アメリカ人の中には、中華料理を食べると舌が痺れる、頭が痛くなると感じる人がいるようですが、もしかすると化学調味料に違和感を感じているのではないかと疑っています。

 

アメリカでは、自分好みの“丁度よい”と思える中華料理に出会える機会があまりなかったので、中国系の家庭にお邪魔して、美味しい家庭料理をご馳走してもらうのはありがたい事です。ただ、今回あまりにも“ホンモノ”すぎて驚いたのが、「鳥の足」。鳥のモモではなく、足。足首から下の部分です!四本の指に爪までちゃんと付いています。ゲストの一人が手土産として、自宅で調理したものをジップロックに入れて持参しました。透明ビニール袋にギュウギュウに詰められた足・足・足!圧巻でした。

 

Chicken Foot

 

中華ソースにつけ込んであるようで、茶色味がかっていますが、鳥肌がしっかりみえます。少し曲がった爪がグロテスクです。いくら何でもこれは食べられないわ・・と思っていたのですが、中国の方達の間では、鳥の足が一番人気でした。

 

ほとんど食べるところなど無いようにみえますが、どうやって食べるかというと、まず足の甲あたりの肉をついばみます。そして足の指を一本一本外し、ガリガリと噛むのです。残るのは爪のみ・・・というか、指の骨まで食べるのに爪は残すんだ?というのが不思議でした。

 

美味しいから是非に!と勧められたので、試しに1本食べてみました。足の甲あたりを囓ってみると、コラーゲンの食感がします。身が少ししかないので味はよく分かりませんでした。爪以外全部食べるほどの根性はなく、甲部分の身を食べてからそっと足を「殻入れ」に入れました。不味くはないけれど、是非にと食べたいわけではない感じ。中華料理が日本に入ってくる過程で鳥の足が淘汰されたのは、日本人の好みに合わなかったからかもしれません。

 

もう一品初めて食べた中華料理は「ブタの耳」。ほぼ軟骨でコリコリしていました。火を通して軟骨を柔らかくするのではなく、コリコリ感を敢えて残してある感じ・・・。こちらは中華ソースが染みこんで味は良かったので、2-3個食べられました。でも一生に一回の経験で十分です。

 

“642 Things To Write About” のトピックに“最悪だったサンクスギビングの料理”があったので、ゲテモノ料理ばかり紹介してしまいましたが、チャーハンや野菜炒め、麵など、お馴染みの中華料理もあって、こちらはとても美味しかったです。鳥の足とブタ耳を食べるのには勇気がいりましたが、おかげで思い出深いサンクスギビングになりました。

 

 

This topic is on page 1 in the book, “642 Things To Write About”. What perfect timing, because I just had the worst Thanksgiving dish I’ve ever had!

 

I like Chinese food generally, but the Chinese food I eat is modified for foreigners. For example, I love ma-po tofu the most. What I love about ma-po tofu is the perfect combination of miso, green onion and ground beef. I was rather disappointed when I ordered ma-po tofu from an authentic Chinese restaurant. They didn’t use miso or green onions; they had tofu, ground beef, and tons of hot peppers. I could breathe fire after the first bite. That was not what I had expected, but I had to admit that the dish was authentic Chinese ma-po tofu.

 

My boss invited me for Thanksgiving dinner this year. He and his wife were originally from China, and all the guests except me were Chinese. They had traditional turkey and ham, but other than that, all the other dishes were Chinese.

 

One of the guests brought chicken feet in a plastic bag. When I see a chicken leg in supermarkets, their feet are cut off. But on that day, what he brought was chicken feet cut off at the ankle. It had four toes with crooked toenails; I could see goose bumps on their skin. These feet were soaked in sauce until they turned brown, but they seemed to be raw and lively.

 

The chicken feet turned out to be the most popular dish that day. Everyone recommended that I try them. They genuinely believed that it was the most delicious food on the table. They nibbled the foot first, separated each toe, and then crunched them. All that was left was toenails.

 

I bit the foot; it was sinewy and there was not much to eat. I couldn’t help but imagine that this foot had roamed around the earth until several days before. I put down the remaining foot silently, hoping that nobody pointed out I left the most delicious part.

 

I didn’t enjoy the foot very much, but it was an interesting experience. They don’t serve chicken feet at Panda Express; this is real Chinese.

 

I also tried sliced pig ear that night. It was mostly cartilage. The texture was unique, and the Chinese sauce was tasty.

 

I have to emphasize that there were also fried rice, sautéed vegetables, and bean sprout tofu salad. All of them were good, and I enjoyed these home-cooked dishes.

 

The chicken feet were definitely the worst Thanksgiving dish I had ever had, but also, it became the most memorable Thanksgiving dinner. For that, I was thankful for the chicken feet and the unique experience I had that night.

 

アメリカでの家探し③ 距離感近すぎなルームシェア物件

アメリカでの家探し①インド人の家主さんアメリカでの家探し②家具付き物件のはずが・・の続きで、2013年の出来事です。

 

部屋探し迷走中の私を見かねて、中国出身の上司がルームシェア物件を紹介してくれました。職場近くの3ベッドルーム/2バスルームのルームシェアで、家賃は800ドル/月。このあたりの相場からすると格安です。

 

 

メールで見学を申し込んだところ早速お返事があり、仕事帰りに見学に行ってきました。アパートは昭和50年くらいに建てられたような古い建物で、ルームシェア物件には2人の中国人男性と中国人女性1人が住んでいました。カップルや親戚というわけではなく全くの他人です。今回3人目の男性が転居するにあたり、新しい住人を探しているとのことでした。

 

 

部屋を案内してくれた男性ですが、すごい経歴の方で、5歳の時に両親とともに中国からアメリカへ移住、ハー○ード大学の理系学部を卒業後、コンピューター技術関係のスタートアップに携わっているとのことでした。意識高い系の人が好んで話題にしそうな人が目の前にいる・・・と若干緊張してしまいましたが、本人はただの愛想なしさんでした。

 

 

オンボロアパートで台所用具などは共有、モノがごちゃごちゃとあって適度に散らかっているのがアジア的で不思議と落ち着きます。男女でルームシェアなんだ、と驚きましたが、800ドルなら文句は言えません。ところが、案内してくれた男性と話していたところへ新しい男性が見学に来て、私を一瞥することもなく、私と案内役の男性の間にグイっと割り込み、中国語で話し始めたのです。二人の話している内容は全く分からず。こうなると私の出る幕はありません。がんがんアピールして是非私に!と思える物件でもなかったので、“ではさようなら”と挨拶してアパートを後にしました。上司からの紹介だったので、オープンな物件ではなかったのでは?と思ったものの、新しく来た人の積極的すぎる態度には対抗できそうにもありませんでした。

 

 

1対1で話している時は英語でも、もう一人中国語話者がやって来ると中国語になる、という例は数多く経験しました。私の職場も最初はアメリカ人、フランス人、ドイツ人、日本人、中国人などがいましたが、最後の一年は中国人2人と私1人となり、私がいくら抗議しても中国語での会話となりました。さらに同じフロアに中国人のみ9人の部署があり、そこから頻繁に仲間がやって来るので、言葉も匂いもここは中国か!という環境です。「分からないので英語で話してください」と頼んでも、「あなたの悪口は言ってないから大丈夫」、「自分たちは中国語で話し合うのが一番。英語だと細かい話が出来ない」などと言って取り合ってくれません。これまでに2回、そうとう強く抗議した後だけ1週間ほど英語オンリーになりましたが、長続きはしませんでした。

 

 

今回のアパートの件は残念でしたが、その後、中国人同士のルームシェアについて聞く機会があり、“やっぱり私には向かなかったかも”と思いました。私の中国人同僚も渡米当初は単身だったので、数人の中国人男女でルームシェアをしていたのですが、全員分の料理を当番制で作ったり、週末は皆でドライブに行ったりと相当関係が密接だったのです。男性もいるルームシェアで、毎回一人が全員分の晩ご飯を作る、というのは驚きでした。美味しいか美味しくないかは別に拘らないそうです。仲が良くて楽しそうな反面、車の貸し借りのトラブルで相当揉めたりと大変そうな事もありました。他人との距離感が近すぎるのが苦手な自分にとっては、理想的なルームシェアではなかったと思います。

 

 

中国語に囲まれる・・・という状況は、仕事で無ければそれ程気になりませんし、一人一人と話すととてもフレンドリーです。同じフロアで、9人全員が中国出身という部署のボスが時々昼食を奢ると誘ってくれるので私もついて行きます。当然会話は中国語。私はグループ会話にはついていけないので、左右に座った人に英語で話しかけてお相手してもらっています。なぜ私を誘ってくれるのか謎ですが、一度年齢の話題が出た時にボスが50代と聞いて、「35歳くらいかと思ってました!」とビックリしたら喜んでいたのでそのおかげかもしれません。皆が中国語でワイワイ喋る中、一人混じってご飯を食べるのも何だかな・・・とは思ったものの、嫌ならわざわざ誘うはずもないし、誰も気にしていないので段々慣れてきました。お互い気を遣わない関係というのは、こちらが気にしなければラクでいいのかもしれません。

 

【今日の一枚】

Lodge room

理想のお部屋。オレゴンのロッジに宿泊した時に撮った写真です。赤い壁ってどうなのよ・・と思いましたが、夜になって暖色系の間接照明で照らされると素敵な雰囲気になりました。いつか自分の寝室の壁を落ち着いた赤に塗りたいです。

アメリカでの家探し② 家具付き物件のはずが・・・

アメリカのルームシェアやアパートには、家具付きの物件が結構あります。学生や、その街に永住するつもりのない人にとっては便利なシステムです。アメリカでは日本のように信頼できる大手の引っ越し業者がなく、自分でトラックを借りて引っ越ししなければならないので大変です。個人で営業している安い引っ越し屋さんはありますが、時間通りに来ない、すっぽかされた、追加料金を払わなければ預かった荷物を返さないと脅された・・・などのトラブルもあり、出来れば避けたいところです。

 

イケアに行けば安い組み立て家具やマットレスが手に入るものの、引っ越しや帰国の時に処分しなければならないことを考えるとやはり大変です。私は日本からスーツケースだけで渡米したため、家具付きのルームシェア物件を探していました。

 

前回インド人家主さんの豪邸を辞退した後、今度は郊外にあるアパートのシェアを見学しました。ところが、広告では家具付きのお部屋のはずが、実際に見学に行ってみると家具が無かったのです。

 

家主さんの話によると、退去した人が全て持って行ってしまったのだとか・・・。元々部屋に付いていた家具ですので、盗難ということになりますが、元ルームメイトと連絡もつかず、どこに行ってしまったかも分からないので家具が戻ってくる見込みはないとのことでした。

 

引っ越しの時に他人の持ち物まで持って行ってしまう人がいるということに驚きましたが、ネットでroommate theft, room share stolen などで検索すると、同じような被害に遭われたかたの体験談がたくさん出てきました。世の中には恐ろしいことをする人たちがいる・・・ということを実感した出来事でした。

 

どうしてルームシェアするのに履歴書や2名の推薦書が要るのだろうと思っていたのですが、収入面だけではなく、信用できそうな人を選ぶというのも重要なポイントなのかもしれません。

 

【今日の一枚】

18482644183_2ed3f82600_z

足下が可愛い。

ホーム > アメリカ生活 | 日々の生活 > 生活

カレンダー
« 2017 年 12月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Archives
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV512
UV132

ページの上部に戻る