The Glad Game > 生活のアーカイブ

ホーム > アメリカ生活 | 日々の生活 > 生活

生活のアーカイブ

アメリカでの家探し① インド人家主さん

アメリカ生活も残り少なくなってきたので、忘れたくないエピソードを書き留めておこうと思います。

 

まずは家探しの話から。私は3回引っ越しをして、4軒目の家で落ち着きました。最初に住んだ家がとにかくものすごい汚屋敷で、リビングルームは足の踏み場もなく、キッチンのドアには中学生の娘さんのブラジャーがぶら下がっているようなお宅でした(当時の日記はコチラ)。家全体のトイレ臭にも耐えかねて、2ヶ月で退去することにしました。

 

本当はアパートを借りられれば良かったのですが、ここは家賃が高く、1ベッドルームでも2500ドルが相場。治安が悪い場所であれば1800ドル程度でも借りられるのですが、年に何件かは殺人事件があるような場所。命には代えられません。

 

そこでCraigslistでルームシェアを探し始めました。職場から車で30分以内、1000ドル以下で良さそうな物件があれば片っ端からメールしました。この辺はルームシェアも激戦区で、1件あたり200通は問い合わせがあるそうです。従ってルームシェア相手として選んでもらうためには就職先に提出するような履歴書と2名の推薦書が要ります。運良くメールでピックアップして貰えれば電話で話し、部屋見学となるわけです。

 

メールで問い合わせした中に、海辺の素敵な豪邸で女性のみを募集している物件がありました。家賃は1200ドルと予算より少し高めだったのですが、職場からも近く、写真がとても素敵だったのでかなり気に入ってしまいました。運良く家主さんから電話が来て話すことになったのですが、これがかなりのインド訛りだったのです・・・。

 

私はこれまでにYouTubeでインド人訛りの英語を聞いたり、インド訛りナレーターのオーディオブックを3冊聞いたことがあり、「インド訛りでも結構聞き取れるんじゃない?」と思っていましたが、それは大きな勘違いでした。私が聞いていたのは、商業用に綺麗にまとめられた”インド英語”でした。

 

本場のインド訛りは凄かった。。。文章全体としては全く聞き取れません。ところどころ聞き取れる単語を拾って話をまとめると、

  • 家主さんはインド人で25年前からアメリカに住んでいるらしい
  • 投資関係の仕事をしているらしい
  • シンガポール出身と中国出身の女性で共に金融関係の女性2人が住んでいる
  • あと2人の女性の出身地と職業は聞き取り不能
  • 6ベッドルームの豪邸らしい
  • 私の経歴を見て気に入ってくれたらしい
  • 女性のテナント5名と家主さんの6人で住む

ということが分かりました。相手は容赦なく喋りつつけるので冷や汗ものでした。

 

写真の豪邸を見て、こんな素敵なアメリカのお屋敷に住んでみたい・・・と夢を見ていたのですが、家主さんの話を聞いて正気に戻りました。インド人男性1人と女性5人で住むってハーレムみたいじゃない・・・?

 

女性のほうが素行が良い、部屋を綺麗に使ってくれるかもしれない、という単純な理由だったのかもしれませんが、どうしてもハーレムのイメージが思い浮かんでしまいました。

 

それに、こんなにも家主さんのインド英語が聞き取れなければ、何かトラブルがあった時にまともに話し合えるかどうか分かりません。それにとにかく押しが強い。私が住む気がない気持ちを伝えると、「何でだ!」「いいところなのに!」「みんないい人!」と息つく間もなく長所を並べ立てます。こうなると、押されれば押されるほど引きたくなります。

 

「すみません、やっぱり予算以上だったので・・・」と言い訳し、電話を切りました。

 

結局その家には住まなかったのですが、今でも時々あの家に決めていたらどんな感じだったんだろう・・・?と思い出します。金融関係の知り合いがいないので、違う分野の人と仲良くなれるチャンスだったかもしれないし、6人で住むとなるとトラブルも6倍で大変だったかもしれません。200ドル予算越えだったので辞退しましたが、予算以内だったら冒険してみたかもしれない。

 

それにしても家主さんの訛りは凄かったです。25年アメリカにいても直らなかったのか!と感心しました。その後、何人かインド出身の人たちと話すチャンスがあったのですが、あの家主さんほど訛っている人はいなかったので、特殊な例だったのかもしれません。インド人と話すのが初めてだった私には強烈な印象を残しました。

 

【今日の一枚】

19851940949_ab22b42090_z

Oregonにて。アメリカの広い空が好き。

ベビーシッターの値段

来週から家主さんの奥さんが1週間出張に行くとのことで、ベビーシッターを頼まれました。子供は9歳の男の子と5歳の女の子。旦那さんが出勤する6時半に家に入り、子供たちに朝ごはんを用意して、車で5分のところにある小学校に送り届けるというもの。私が毎朝6時20分に家を出るのは知っているだろうに、何故私に頼む・・・?とは思いましたが、本当に困っている様子だったので引き受けることにしました。

 

知り合いのよしみでタダで引き受けたつもりだったのですが、なんとお金を払ってくれるとのこと。しかも時給20ドル+小学校への送迎代20ドル。ということは、6時半〜8時までで合計50ドルということになります。

 

マジで!?

 

50ドルも貰ったら旅館のような素晴らしい朝食を用意しなければいけないのでは・・・と思っていたのですが、朝食はシリアルでいいそうなのです。牛乳注いで子供を送っていくだけで6000円!!

 

出勤前にちょっと知り合いの家の子供の面倒を見るくらい、タダでするものだと思っていたのでびっくり。しかも時給20ドルはこの地域の相場らしいです。

 

ABCニュースにアメリカでのベビーシッターの相場が載っていました。全米で一番高いのがニューヨーク。子供1人なら時給15.34ドル、2人なら16.76ドル。質の高いシッターさんを雇うために時給25ドル出す家庭もあるそうです。ただしデンバーやフロリダなどの地域では時給8〜10ドル。都会ほど高いようです。

 

車で5分の小学校ぐらい、自分たちで歩いていけばいいのに・・と思ってしまいそうですが、アメリカは家に子供たちだけを置いていくのは違法。もちろん小学生だけで歩いて学校に行くのもダメで、小学校では先生が駐車場で車から出てくる子供達をピックアップするそうです。

 

日本では小学生が一人で電車に乗って私立の小学校や塾に行くので、どこに行くにも送迎が必要なアメリカの家庭は大変だと思いました。

 

【今日の一枚】

13913942319_c5d5374664_z

アーティチョークとマリリン・モンロー。

Urgentケア

アメリカのUrgent Careユニットに行く機会がありました。いわゆる救急ではなく、”時間外診療”のようなところ。

 

先週の土曜、横断歩道を渡っていた時に道路の凸凹に足をとられ、ホームベースを目指す勢いで見事に上半身から着地。左手を道路につき、額を擦りむいてしまいました。

 

月曜日まで待って病院に行こうと思っていたのですが、左掌がどんどん腫れてハンバーグのようになってきたため、保険会社に電話し、保険情報を事前にFaxで病院に送信してもらってから、日曜日でも開いていたUrgent Care Unitに行ってみました。

 

4時間ほど滞在する間、待合室で他の人達の様子を観察したところ、ほとんどの人が怪我で来院。中には保険にかかっていない人もいて、”病院のポリシーにより、前金で$200ドル払っていただかないと診察出来ません”と、ハッキリ言われていました。cash up frontという言葉は、映画やドラマでドラッグの売人がよく使う言葉として覚えたフレーズ。 この言葉を病院の受付で聞くとは思っておらず、かなり驚きました。

 

私の保険は治療費1000万以上になってもカバーされるはずなのですが、アメリカでは、保険会社の審査でハネられた部分は自費になるとのこと。今回はレントゲン写真を4枚撮り、額の擦り傷が汚いということで、破傷風の予防接種まで。そして左親指と手首を固定するスプリンターをしてもらいました。確か、レントゲンを撮って読影されると10万円くらいするはず…。破傷風の予防接種は治療じゃないけどカバーされるのか!?日本と違い、診察や検査の単価が高いので、検査をされるたびにドキドキでした。

 

治療費は、日を改めて請求が来るとのこと。全額カバーされるとは思うのですが、一体いくらになるのか恐ろしいです。知人の話では、赤ちゃんを落っことしてしまい、念のため頭のCTを撮影してもらったら、100万円請求が来たとのこと。治療はなく、検査のみで・・。幸い赤ちゃんに怪我はなく、保険も全額おりたそうですが、改めてアメリカでの保険の大切さを実感したのでした。

 

コチラのページによると、州の法律により、Emergencyの場合は支払い能力にかかわらず治療が受けられるとのこと。私が行ったのは、walk-inのUrgent Careだったので前金が必要だったのかもしれません。他の州のUrgent Careのページも調べてみたところ、”Under prompt pay discount program a charge of $98.00 is collected at the time of check-in.” と書いてありました。金額は違いますが、check-in の時に支払うとのことなので、やはり前金のようです。

 

具合が悪い時に、とりあえずお金の心配をせずに受診出来る日本の制度はありがたいと思いました。

 

 

A hospital in the U.S. is the last place a foreigner would want to visit. The system is ambiguous to those who rarely visit, and the cost it might incur is unreasonably high. I wanted to avoid visiting that place if I could, but my palm started to swell after I fell to the ground in a pedestrian crossing last week.

 

I called my health insurance company, and the operator recommended an urgent care hospital in my town. She was kind enough to send my insurance information to the hospital via FAX, and she assured me that there would be no payment required at the hospital.

 

During the 4-hour stay at the urgent care unit, I observed people in the reception area. Most of the people came to the hospital for unexpected injuries, and some of them didn’t have health insurance. According to the hospital policy, they were required to pay $200 before being treated; otherwise, the doctor wouldn’t see them.

 

I was surprised to hear the words “cash, up front” in the conversation, because I had memorized these words spoken by drug dealers in dramas and movies. In Japan, where everybody is supposedly covered by health insurance, even doctors in private offices can’t refuse the patients, even if they don’t have any money. I didn’t expect doctors and gangs to employ the same kind of collecting system in America.

 

【今日の一枚】

Oregonのクレーター・レイク。

気になったCM

マレフィセント上映の前に映画館で流れていたコマーシャルで気になったものがありました。

 

 

思春期の男の子が臭うという洗濯用洗剤のコマーシャル。特に野球のユニフォームが臭う!ということで、スポーツバッグごと、そのまま洗濯機に放り込むお母さん!そしてドヤ顔。

 

バッグの中を開けなくてもよいの?? それだけ洗浄力に優れていると言いたいのでしょうか!?もしやその後の乾燥機もバッグのまま!?絶対生乾きのイヤな臭いがすると思うんですけどね!?

 

謎は深まるばかり…。子どもって信用ならないから、スポーツバッグの中にお財布入ってたり、ボールペンが入ってたりしてガタガタすることもあるんじゃないかな・・・。

 

日本のTVでも思春期の男の子3人+パパが臭うっていうファブリーズのCMがあったけど、日本のママは部屋中ファブリーズスプレーを振りかけていて、アメリカのCMママと比べると非常に繊細だったな・・・と思ったのでした。

 

スポーツバッグを開けなくても洗濯出来る、というのがウリなんだろうけど、日本のママにはこのコンセプトは受け入れられなさそう。

ワインの国際宅急便

来週の一時帰国にむけ、土産としてワインを購入。スーツケースに入れて持って帰る人もいるようだけど、万が一割れた時に計り知れないショックを受けると思うので、国際宅急便で送ることにした。

 

地元のワインショップで、”評判がよく、人気があって国外ではあまり出回ってないカリフォルニアワイン”と適当な要望を伝え、10本選んでもらった。エライ人には80ドル、友達関係には30ドルのもの。楽天で検索したところ、確かに人気があり、手に入りにくいワインのようだった。日本では、80ドルのものは14000円、30ドルのものは5500円程度。

 

残念ながらワインショップから国外発送は出来ないため、クロネコヤマトにお願いしてみた。お店が用意してくれた12本入りケースに10本いれると、サイズ140サイズ(3辺の合計が140cm以下)となり、110ドル+燃料サーチャージ代17%が19ドル、送料約128ドル!!!思っていたより高い!! 一本あたり送料1300円かかることになるので、80ドルのワインは十分元がとれるが、30ドルぐらいだと楽天で買うのとそれほど変わらないかもしれない。

 

それにしても、ワインにまで燃料サーチャージ代がかかるとは…。

 

【今日の一枚】

ソルトレイクシティの夕焼け

ホーム > アメリカ生活 | 日々の生活 > 生活

カレンダー
« 2018 年 11月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Archives
  • 2018 (11)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2018

2018 Reading Challenge

2018 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 5 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV294
UV114

ページの上部に戻る