The Glad Game > 映画のアーカイブ

ホーム > 映画

映画のアーカイブ

【映画】Tenet テネット 

Tenet (2020)

 

9月21日(月)グランドシネマサンシャインIMAXで鑑賞。夜の回なら人が少ないかなと思いきや、祝日のせいか500席近くほぼ満員でした。

 

【ネタバレあらすじ】

数百年後の未来。ある女性科学者がエントロピーを逆行させ時間を巻き戻す装置を発明した。未来人は地球温暖化による気候変動によって危機的な状況をむかえており、エントロピー逆行装置を使い、過去の人類ごと消滅させようと考えた。

 

エントロピー逆行アルゴリズムを悪用されることを恐れた科学者は、装置を9つの部品に分解し、過去(私達=観客にとっての現在)の世界に隠し自殺した。

 

未来人は過去のコンタクトとしてロシア出身の武器商人、Satorを選び、未来から情報、資金と過去と未来を行き来出来る装置を提供した。Satorは各地の核施設に隠されているアルゴリズムを全て集め、組み立ててから未来人が発見できる場所に埋める手立てとなっていた。残るアルゴリズムはあと1つ、キエフのオペラ劇場にあった。

 

CIAエージェントとして、身元が割れたスパイ救出とプルトニウム奪取作戦に参加した主人公はキエフオペラ劇場での作戦に失敗し、敵のロシア人に捕らえられてしまう。拷問の末服毒自殺を図ったが、目覚めた時、彼はテストに合格し世界を破滅から救うミッションのためにリクルートされたと告げられる。

 

【ネタバレ感想】

Multiple Realityのお話で大変好み。一回見ただけでは全てを把握するのは難しく、2回めで伏線を理解しながら全体像をなんとなく掴む感じ。しかも見れば見るほど深読みしたくなる。

 

主人公には名前さえない。The Protagonistと呼ばれるのみで、他の登場人物達にも過去がない。ただしそれは、Character development の問題ではなく、open ended debate で観客が様々な可能性を考える仕組みなのではないかと思った。

 

1回目の視聴では、逆行と順行の仕組みに慣れず、ストーリーについていくのが精一杯。最後に分かるのは、キエフのオペラハウスで主人公を助けたSWATはニールであったこと、エンディングでは皆が助かったのではなく、ニールはまたこれから戦闘に戻り、プロタゴニストのために鍵を開け、プロタゴニストに向けられた銃弾を受け死んでしまうという事実、そしてニールはプロタゴニストとは長く親しい友人関係にあったこと。ニールにとっては長い友情の終わりで、プロタゴニストにとってはこれからニールとの出会いが始まるのだ、というのが切なかった・・・というのが鑑賞直後の感想。

 

そして帰り道に歩きながらずっと考えていたのはNeilとプロタゴニストの関係性。未来のプロタゴニストがNeilを勧誘したとしても、Neilがプロタゴニストを信頼、尊敬している様子は仕事上のパートナー以上、まるで親戚のおじさんと接するような嬉しさ、親しみが滲み出ていたのではないかと。Katの息子、Maxが実は将来のNeilなのでは?と考えたらいてもたってもいられず、翌朝2回めの鑑賞。

 

2回目を鑑賞して考えたNeil=Max説のポイント。

1つめ。まずはムンバイで主人公とNeilが初めて会ったシーン。Neilはイギリス諜報機関からの派遣のような雰囲気だが、初対面にも関わらず、プロタゴニストがダイエットコークを好むこと、仕事中は酒を飲まないことを知っていた。奇妙に思ったプロタゴニストが、ダイエットコークじゃなくて炭酸水が好みだ、とカマをかけると”No, you don’t.” と。以前から仕事のパートナーであれば知り得た情報かもしれないけれども、それにしても親しげだし嬉しそうだ。そして自分にはウォッカ・トニックを。昼間から仕事中にウォッカを飲むなんてロシア人とのハーフ(父がSatorと仮定)だからか?というのは考えすぎ?

 

2つめ。末期膵臓がんのSatorが死ぬとアルゴリズムが発動し世界が滅亡する仕組みとなっており、Satorが自殺を考えているのではないかとわかった時。Satorが一番幸せな時間に逆行し、そこで自殺すると推理したチームは、それが過去のどの時点かを考えるのだが、Neilがちょっと考えてすぐに、ベトナムの海で休暇を過ごしていた14日だ、あの時Satorはボートを離れたのでその時だと。この場面を観て、これはベトナムでバカンスを過ごした家族(妻のKat、息子Max、使用人たち)しか知り得ない情報だったのではないかと思った。

 

最後、プロタゴニストがKatとMaxの下校を見守るシーン。Max達を映しながら、爆弾が爆発しなかったという独白はNeilのもの。これが主人公のセリフではなかったのも意図的なのではないかなと。

 

ここからはNeil=Max説どうなのよ?と思ってネット上で調べた情報。

 

Neil役のロバート・パティンソンの髪は本来濃い茶色。この役柄に合わせて金髪に染めたらしい。これは母Katと子役Maxの金髪に寄せるためなのではないかと書かれていた。

 

さらには、MaxはMaxmilienの略で、この名前をひっくり返して後ろから読むとNeil となると・・・。ただの偶然にしては凝っている気がする。

 

これでもう私の中ではNeil=Max説確定。これを踏まえて3回目を鑑賞。

 

Maxはポンペイに溶岩を見に行くと言っていたが、ポンペイにはSator Squareがある。これはSator, Arepo, Tenet, Opera, Rotas と作中で重要な役割を果たす石版なのだが、Herculaneumの遺跡見学でこの石版を見たのでは。自分の名字Sator、父親のセキュリティ会社の名前Rotas、そして将来関わることになるTenet。この時は何も思わないかもしれないけれど、将来Tenetという組織にリクルートされ、Arepoという贋作画家が母を騙したこと、Operaハウスで9つめのアルゴリズム奪還作戦があり、後にTenet創始者となるプロタゴニストが参加していたことなど後から関連付けられるかもしれない。

 

最後、アルゴリズムを3人で分けてお別れ、のシーンでNeilが主人公に

Neil: Not going back to London to check on Kat, are you?

Protagonist: No?! It’s far too dangerous.

Neil: Even from afar?

Protagonist: Even from afar!

というところ。これはMax=Neilだったとしたら、プロタゴニストがKatの安否を確認しにいき、今後折りに触れMaxの成長過程に関わってきたのを知っているからこその会話ではないか。

 

Max=Neil説だとさらに悲しいシーンは、9つのアルゴリズムを爆心地に埋め、ベトナムの船上にいるSatorがプロタゴニストと会話するシーン。Satorは、自分の最大の罪はもうすぐ終わるこの世界に、息子を送り出してしまったことだと言う。そして部下に主人公の頭を撃てと命じるわけだけれども、主人公を助けるために銃弾を受け死んだのはNeil。Satorは自分の息子を殺す命令を出し、その銃声を聞いたことになる。息子殺しこそ最大の罪なのでは。

 

Neilがプロタゴニストよりも前にこのミッションに関わっていたのがバレた時、”この戦いが終わり、自分たちがまだ生きていたら自分のライフストーリーを教える”と言っていたのに語られることなくNeilが亡くなってしまったのが残念極まりない。Neilの視点から語られた物語も観たかった。

 

2回め以降、Neil=Maxと考えながらNeilの表情や仕草を中心に見ると、見るたびに新たな気付きがあって何回でも見たくなる作品だった。Neil=Maxになるには、20年くらい時代を逆行して戻ってこなければならないのではないかとか、ミッション最後で死ぬと分かっていて送り出すだろうか、とか色々な疑問もあるのだけれど、答えが供給されないからこそ、時々思い出して長く印象に残る作品になるのかもしれない。

 

 

 

 

【映画】ドクター・ストレンジ(2016)

Doctor Strange (2016)

doctor strange

【あらすじ】

神の手を失った天才外科医が、魔術の力で甦る―
彼の生きる道は―医術か、魔術か

上から目線の天才外科医ドクター・ストレンジ。突然の交通事故により、神の手を失った彼を甦らせたのは─魔術。指導者エンシェント・ワンのもと、過酷な修行をかさね人智を超えた力を手にしたストレンジだったが、世界を破滅へと導く闇の魔術の存在を知ったとき、彼は壮絶な魔術の戦いに巻きこまれてゆく。しかし、“人を決して傷つけない”医者としての信念が、敵であってもその命を奪うことをためらわせる。彼は、いかにして闇の魔術に立ち向かい、人々の命を救うのか?ドクター・ストレンジにしかできない、常識も次元も超えた戦いが始まる。(公式サイトより)

 

【感想】

来年の日本公開が待ちきれず、旅先のドイツ、デュッセルドルフで観てきました。作品に特にただし書きがなければ英語音声+ドイツ語字幕に違いないと思い込んで映画館に行ったのですが、予告編のジャック・リーチャーがドイツ語で喋っているのを聞いて不安な気持ちに・・・。そして悪い予感は的中し、ドクター・ストレンジもドイツ語吹き替えでした(涙)。あとで調べて知ったのですが、ドイツでは特に断りがなければ外国作品はドイツ語吹き替えのほうが一般的なようです。観に行く前に調べろよ!とつっこまれそうですが、ドイツ語吹き替えとわかっていてもやっぱり観に行った気がします。

 

夕方17時台の回、3D のメガネつきで10ユーロ、約1200円は安いです。日本では2000円以上、アメリカでも夜の3Dは1800円くらいしたはず。画面が大きく、席もゆったりでなかなか快適でした。

 

作品中で理解できたドイツ語の文章が2つ・・というおそろしい状況ながら、面白かったです!!! 映像が素晴らしく、これぞ3Dの醍醐味!とワクワクしました。視点が変わる時に自分の身体もグラリと傾いてしまい、画面の中に取り込まれるような不思議な感覚でした。

 

そして主演のベネディクト・カンバーバッチの顔力がスゴイかった。変な顔のハンサムというか、本当にハンサムなのか・・・?と時々不思議に思うのですが、あの顔力は劇画向きというか、Marvelヒーローに最適でした。

 

ところどころにギャグがあるらしく、地元の人々は大笑いしてましたが、私は全くわからず・・・。久々にこんなに分からない思いを味わいました。日本公開時にまた観に行く予定です。

 

 【映画レビュー】 Magic Mike XXL(2015)

Magic Mike XXL(2015)

出演:チャニング・テイタム、ジョー・マンガニエロ、マット・ボマー

 

【あらすじ】

前作から3年後。マイク(チャニング・テイタム)はストリッパーを辞め、念願だったカスタムメイドの家具屋を開業していた。そこへかつてのストリッパー仲間からダラス(マシュー・マコノヒー)の訃報を知らせる連絡が届く。通夜の会場を訪れたマイクは、仲間たちとの最後のパフォーマンスのため、マートルビーチで行われるストリッパーコンベンションに赴くことになった。

 

【感想】ネタバレです。Spoiler Alert

公開日前日の6月30日、1作目のMagic Mikeと続編であるMagic Mike XXLの2作品を15ドルで上映する、Magic Mike double feature を鑑賞しました。

 

 

マジックマイクの続編が2015年7月に公開されると知ってから、これを観ずには死ねない!と思いつめていました。万が一にも公開前に不慮の事故などで死んだ場合、アメリカの映画館に化けて出てでも観る覚悟でいたくらい楽しみにしていた作品です。生きて公開日を迎えられて良かった!公開日が近づくにつれ、日に日に膨らんでいく期待・・・。こんなに楽しみな作品があるなんて幸せです。映画館の予告編でマジックマイクXXLが流れると女性の悲鳴が上がっていたので、胸をときめかせて公開を待っていたのは私だけではなかったはず。

 

 

前作のマジックマイクはメランコリックな作品でしたが、今回はロードムービーでコメディ寄り。作品の印象をたとえるならば、「30代の男子高校生たちが、合宿しながらストリッパー大会を目指す」といった感じです。期待していたほどダンスシーンはありませんでしたが、いい年をした男たちが学生のようにキャッキャしているのが本当に楽しそうで(ただしイケメンに限る)、なんてことない日常のシーンを見るだけでホワ〜ンと幸せな気分でした。

 

 

冒頭でダラスが亡くなったと連絡が来るのですが、それはマイクをおびき出す口実でした。前作でタンパからマイアミに移った後、ダラスはマカオに海外進出します。リッチー(ジョー・マンガニエロ)、ケン(マット・ボマー)、ターザン、ティトー、トビアスたちは、ストリッパーとしてのキャリアの幕引きとして、サウスカロライナ州マートルビーチで行われるストリッパーコンベンションに出演することを思いつきます。そこでかつての仲間であるマイクを誘ったというわけです。

 

 

今回非常に良かったと思えたのは、マット・ボマーやジョー・マンガニエロなどのサイドキャラが際立っていたことです。前作ではアレックス・ペティファー演じるダメな若者アダムに焦点が当てられていた分、その他のキャラの描き方はそれなりでした。マットやジョーなどあんなにハンサムで素敵な役者が揃っているのに、カメラが彼らの前を素通りしていく事をもどかしく感じていました。今回はアダムがいない分、それぞれのキャラクターの魅力が十分に描かれていたように思います。

 

 

そして特に良かったのがマットの歌!歌いながら踊るラストのシーンではあまりのセクシーぶりに息をするのを忘れるほどでした。ホワイトカラーのニール・キャフリーを彷彿とさせる帽子の演出も良かったです。スピリチュアル・ストリッパーで、レベル3レイキヒーラーというちょっと変わった役どころも、堅い雰囲気のマットには合っていたと思います。

 

 

ジョー・マンガニエロもすごく良かった。195cmの鍛え上げられた肉体はまさにGreek God。そんな彼がコミカルな役を演じるのが非常に可愛いのです。コンビニエンスストアの無愛想な女性店員を笑顔にするという“ミッション”のため、即興でバックストリート・ボーイズの曲に合わせて踊るシーンなど、かっこいいやら可笑しいやらで最高のシーンでした。このシーンで描かれた“女性を笑顔にする”というのは、この作品のテーマでもあると思います。

 

 

マジックマイクなので、基本的にまったりしているし、起承転結のあるストーリーではありません。もっと皆で踊るシーンがあったら良かったのに・・など多少の物足りなさはありましたが、今回は個々の俳優さんたちの見せ場を堪能させてもらいました。「撮影は学生時代のスポーツ合宿のようで楽しかった」とインタビューにあったように、チャニングやマットは演技じゃなくて素で笑っているんじゃないかというシーンもありました。撮影中の良い雰囲気がそのまま伝わっている作品なのではないかと思います。

 

 

彼女の付き添いで観た男性や、1作目に思い入れのない人にとってはただのロードムービーで面白くない映画かもしれません。ただ、私にとってはイケメンの腹筋を拝むという以上に、演じている彼らの楽しさが伝わってきて幸せな気持ちになれる作品でした!

 

 

日本公開は2015年10月のようです。

 

【映画】Big Eyes (2014) /ビッグ・アイズ

Spoiler Alert!

 

Big Eyes is based on the true story of an American artist, Margaret Keane and her husband, Walter Keane.

 

Margaret’s large-eyed, waif child paintings were popular in the 1950s and 1960s, however, it was her husband who took credit for the paintings.

 

Margaret divorced her first husband in the 1950s and moved to San Francisco with her daughter. It was a difficult time for a divorced mother to support a family, and when her ex-husband threatened to take custody of their daughter, her recently-met boyfriend, Walter Keane, offered to marry her.

 

Although she kept painting her large-eyed children for a long time, nobody seemed to notice her talent. One day, Walter came up with an idea, and he hung her paintings at a local bar. When people started to notice Margaret’s paintings, he lied that they were his, in spite of having his own career as a realtor.

 

It started as a small lie, but he seemed to enjoy the fame. He said to his wife that nobody wanted to buy the woman’s paintings, and she naively believed him, convincing herself that she should keep the secret for her family.

 

Walter was an amateur painter, but he knew how to sell. Soon, he opened his own gallery in San Francisco, and people swarmed to buy posters and postcards of the large-eyed children. They bought a stately house in Woodside (it was where I once lived!), and enjoyed their success. Walter often appeared on TV shows and talked about his “artistry” in public. He was so good at talking that he almost seemed like a con man. Of course, that was exactly what he was, but nobody knew the truth except Margaret at that time.

 

As for Margaret, she suffered from the consequences. Even though she poured herself into the paintings, she couldn’t reveal the true nature of the paintings. She even had to lie about it to her daughter, who was the inspiration of the paintings.

 

When Margaret had had enough of her husband, he threatened that nobody would believe her. She left her husband with her daughter, and moved to Hawaii to start a new life. She kept sending him her new paintings as she had promised, but it was the Jehovah’s Witnesses that changed her mind. She decided to announce the truth to the public via a radio program.

 

Following Walter’s denial, she decided to take the matter to court. When the judge ordered them to paint in front of the jurors, Walter excused himself from painting, saying that he had a sore shoulder. Margaret successfully painted the large-eyed girl, and won the case.

 

Walter kept denying the truth, and died penniless in his old age. Margaret has continued painting the iconic large-eyed children into her late 80s, enjoying her life with her third husband in north California now.

 

A peculiar fate brought them together. They were a perfect couple in a way—a talented wife, but with low self-esteem, and a mythomaniac husband with great selling skills. They complimented each other in a certain sense, however odd it was. Walter was a squalid guy, but his morbid interest in fame seemed to be augmented by Margaret’s talent. At the same time, if not for Walter, her paintings would have remained anonymous.

 

What matters the most is that Margaret is happy now. I felt sorry for Walter nonetheless. He could have had a less exciting, but peaceful life with an ordinary woman. But maybe he preferred a glorious life based on a lie. It was a pity that we couldn’t hear his side of the story, but even if we could have, he wouldn’t have told the truth.

 

Amy Adams was well cast for the role. Her beautiful large eyes projected her heart through them, which was one of the themes of this movie. Christoph Waltz, who portrayed Walter Keane, was the heart of the story. He was a silver-tongued born liar, with a remarkably persuasive motor mouth. No words can describe how irritatingly well he played his part.

 

【感想】

ウォルター役のクリストフ・ヴァルツの演技が良かった!イラっとくる口のうまさ、嘘に嘘を重ねながらもそれがバレないと思っている滑稽さ。役者さん本人に苛立ちをおぼえてしまうほどでした。しかもこの方、アメリカ人にしか見えなかったけどオーストリア出身の俳優さん。ドイツ語、英語、フランス語に堪能だそうで・・・。英語に堪能とかいうレベルじゃなくて、口の上手いアメリカ人よりも数百倍話が上手いんじゃないかと思いました。びっくり。

 

マーガレット役のエイミー・アダムスも可憐で良かったです。Big Eyesというタイトルに相応しい大きな目、ピンと上を向いた可愛らしいお鼻。とても40歳には思えません…。アメリカの女性は強いと思っていましたが、1950年代、1960年代は女性が独立して暮らしていくには厳しい時代だったのだなぁ、ということが分かりました。

 

日本でも2015年1月23日から公開中。

 

【映画】Blackhat (2015)

Blackhat (2015)

主演:クリス・ヘムズワース、ヴィオラ・デイビス、Wei Tang

評価:2 out of 10

 

【あらすじ】

中国とアメリカで同時にサイバーテロが発生し、中国の政府機関とFBIで共同捜査を行うことになった。中国政府から派遣されたChenは、MIT時代のルームメイトで天才ハッカーであるニック・ハサウェイ(クリス・ヘムズワース)の力を借りるため、彼を刑務所から釈放させ、サイバーテロを仕掛けた犯人の追跡を開始する。

 

 

【感想】ネタバレあり。Spoiler Alert!

映画を鑑賞する前、この作品の最大の突っ込みどころはクリヘムが「MIT出身の天才ハッカー」という点だと思っていました。実際は、どこから突っ込み始めればいいのか分からないほど何から何までグダグダ・・・。こんな作品に付き合わされたクリヘムが気の毒でした。

 

サイバーテロに立ち向かうため、中国とアメリカが協力することになり、MITでルームメイトだった男二人が再会する、というプロット自体は面白いと思うのです。中国に帰国して政府のエリートとなったチェンと、銀行をハッキングした罪で刑務所に収監されていたハサウェイの国を越えた友情モノにすればスッキリしたはず。

 

ところが物語の中心となるのは、ハサウェイと、チェンについてきた妹Lienなのです。この妹、一応コンピューターネットワークのエキスパートらしいのですが、それにしても存在意義が不明。兄のほうがハサウェイと同級生で、問題となったコンピュータープログラムを一緒に開発したという過去もある。おまけにかなりのイケメンだし。でも何故かヒロインである中国人の女優さんにスポットが当たりすぎていて、なんでこの場面でこの女優さんを映すの?というシーンが多々あり、物語の流れを妨げるほどでした。しかも演技が下手。”金は積むからこの子の出番を増やして”という裏取引でもあったんじゃないかと思ってしまいました。さらにこの女優さん、ラブシーンでも着衣のままだったのが解せません・・・。

 

鑑賞後、監督はマイケル・マンという著名な方であることを知りましたが、本当にこの監督さんが撮影したんだろうか?というくらい映像が美しくなかった。アクションシーンなど、お父さんが撮った運動会ビデオみたいな揺れ方でした。

 

Rotten Tomatoesでも31%というなかなかの低スコアです。一体どうしてこんな作品が出来上がってしまったのか…。

 

Screen Shot 2015-01-19 at 9.14.24 PM

 

ホーム > 映画

カレンダー
« 2020 年 11月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Archives
  • 2020 (16)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る