The Glad Game > ノンフィクションのアーカイブ

ホーム > Audiobooks | 英語学習 > ノンフィクション

ノンフィクションのアーカイブ

【オーディオブック】Born a Crime: Stories from a South African Childhood(2016)

Born a Crime (2016)

Screen Shot 2017-03-06 at 21.50.04

 

時間:8時間50分

発音:南アフリカアクセント?

評価:5 out of 5

 

2015年9月からアメリカのテレビ番組「The Daily Show」のホストを務めているトレバー・ノアの自伝なのですが、めっちゃ面白かったです!人気番組のホストにしては若いなと思っていたのですが、まだ33歳だったんですね。しかも南アフリカで生まれ育ち、2011年にアメリカに移住したのだとか。異国で笑いを取る、というのは外国人にとって最も難しいことだと思うのですが、それをスマートにこなしているのは素晴らしいです。

 

トレバーが生まれたのは1980年。トレバーは南アフリカ出身で黒人の母と、ドイツ系スイス人である白人の父のもとに生まれました。アパルトヘイト政策下の南アフリカでは、白人と有色人種の結婚は禁じられていたため、トレバーの存在自体が”罪”だったのです。トレバーの両親は正式に結婚はしておらず、トレバーが公の場で”お父さん”と呼ぶことはなかったそうです。

 

ではなぜ、トレバーの母パトリシアは禁じられていた白人との子供を持つことにしたのでしょうか。このパトリシアさん、かなり先進的というか、ぶっ飛んだ性格で、当時の黒人女性にしては珍しく英語を話し、秘書の仕事をしていたそうです。そこで20歳近く年上で独身だったトレバーのお父さんに、「あなたの子供がほしい。あなたは一切面倒見なくてもいいから」と声をかけ、トレバーをもうけたそうです。

 

当時の南アフリカは、白人、有色人種、黒人と階級が分かれており、黒人にはまともな教育も行わず、生涯奴隷扱いで肉体労働者として働かされていました。トレバーの子供時代の話を聞くと、あまりにも世界が違いすぎて、「いったいいつの話!?」と戸惑ってしまったのですが、まだ30年ほど前の話なのです。ネルソン・マンデラが開放された頃は特に覇権争いが激しく、通学路に生きたままガソリンをかけられて殺された焼死体が転がっていたそうです・・・。

 

それほど年も変わらないのに生まれ育った環境が違いすぎて、衝撃的な内容でした。とはいっても、シリアスな内容ではなく、トレバーのお母さんの強烈エピソードの数々がとても面白かったです。同じ時代を生きているのに自分とは全く別の子供時代がある・・・ということを実感できた一冊でした。

 

YL:7.5くらい

語数:94,240語 (http://www.readinglength.comより)

 


Born a Crime: Stories from a South African Childhood
 

 

【オーディオブック】Adnan’s Story: The Search for Truth and Justice After Serial (2016)

Adnan’s Story (2016)

時間:14時間31分

発音:アメリカ英語。作者による朗読。早いです。

評価:4.5 out of 5

Adnan's Story

 

【あらすじ】

1999年、アメリカ・ボルチモアで女子高生の他殺死体が発見され、元恋人だった同級生のアドナンが逮捕された。彼は無実を主張したが、「アドナンが死体を埋めるのを手伝った」というドラッグ・ディーラーの男の供述と、携帯電話の電波から特定された当日の位置情報により犯人と断定され、終身刑の判決を受けた。アドナンは2016年現在も服役している。

 

アドナンとその支持者達はずっと彼の無実を訴え続けていたが、地方都市で起きた1件の殺人事件が世間に注目される事はなかった。事態が一転したのは、アドナンの親友の姉で後に弁護士になったラビアがメディアに訴えかけたことがきっかけだった。ラビアは当時ボルチモア地元紙の記者であり、後にThis American Lifeのプロデューサーとなっていた、Sarah Koenigにメールを書き、メディアで取り上げてもらうよう頼んだのだ。サラ達は数ヶ月にも及ぶ独自の調査を行い、ドキュメンタリーポッドキャストを作成、This American Lifeのスピンオフとして「Serial」を発表した。

 

2014年10月〜12月まで12話にわたり放送されたSerialは異例の成功をおさめ、アメリカ放送業界の最高栄誉とされるピーボディ賞を受賞した。これにより事件は世界的な注目を集め、事件に興味を持ったエキスパート達により新たな発見や矛盾点が発掘されることになる。

 

【感想】ネタバレあり

2014年秋に放送され、世界的な話題となったPodcast、Serialの詳細な裏話とその後。ポッドキャストは1億回ダウンロードされたほど人気だったようです。Podcastのほうはシーズン1−2までしか聞いていなかったのですが大丈夫でした。Adnan’s Storyで全てが詳細に語られています。それにしても面白かった・・・。他人の不幸を「面白い」と感じる事に後ろめたさを感じるものの、こんな不幸の積み重ねや理不尽さがあってよいのだろうか!?と、アドナンの身に起こった出来事を夢中になって読みました。

 

「アドナンが死体を埋めるのを手伝った」と供述したドラッグディーラーの男は、アドナンの親しい女友達のボーイフレンドで、アドナンは当日この男に車を貸していました。更にアドナンは携帯電話を車の中置いたまま学校へ行っていたのです。被害者のヘイが殺された時間は学校にいたとするアドナンと、「アドナンと死体を埋めた」と供述するジェイのどちらかが嘘をついていることになります。

 

ジェイ以外にも怪しい人物が2人います。1人は被害者ヘイの当時の彼氏。ヘイが殺され遺棄された時間帯に、店舗で働いていたというアリバイがあったためシロとされたのですが、ラビア達の後の調査により、彼はいつもとは違う店舗で働いており、勤務証明に使われたIDは彼のものではなかったこと、時間外に働いていたとされるが、通常支払われるはずの時間外手当が払われていなかった事などにより、アリバイの曖昧さが明らかになっています。

 

もう一人はヘイの遺体を発見した男。ヘイは人通りのない公園の、道路からは全く見えない木立の中に埋められていました。発見者の男はストリーキングなどの性犯罪で逮捕歴がある男なのですが、車で通勤中に尿意を催し、道端に車を止めて森の中に入り、偶然ヘイの遺体を発見したというのです。発見されたのは”偶然発見”出来るだろうかというほど込み入った人通りのない場所でした。

 

アドナンが犯人だ!と疑った警察は、これらの重要人物の捜査を十分に行わず、ジェイの証言のみでアドナンを逮捕します。その後は事実にそぐわない証拠を隠蔽し、ジェイの証言を時系列に合うように変えさせ、アドナンを犯人に仕立て上げていったのです。

 

アドナンの不幸はそれだけでは終わりません。当時彼を弁護したのは犯罪弁護で有名な女性弁護士。ところが彼女は糖尿病合併症や多発性硬化症を発症したばかりで、アドナンの弁護を出来るような状態ではありませんでした。彼女はなんと、アドナンを放課後に図書館で見かけたというアリバイ証人を法廷に呼んでいなかったのです。ヘイが殺された時間にアドナンが学校にいたという証言は強力なアリバイになるはずです。その証人を呼ばなかったという致命的な判断ミスをしただけではなく、彼女はアドナンの両親がパキスタンからの移民であり、アドナンがムスリムであった、という点を強調してしまうのです。

 

アドナンの両親はパキスタン人ですが、アドナンはアメリカ生まれの普通の高校生です。厳しいムスリムであった両親から隠れて大麻を吸い、ムスリムではない女の子とデートをしていました。それが、弁護士が彼をムスリムだと強調することによって、ムスリムの名誉のために韓国系アメリカ人の元彼女を殺したのではないかというステレオタイプ的な印象を持たせてしまいました。

 

Adan’s Storyを読んで、いったん犯人と決めつけられてしまうと、事実を捻じ曲げてまで犯人に仕立て上げられてしまう・・という恐ろしさを知りました。犯罪者として収監されてしまうと、いくら塀の中から無実を叫んでも、その叫びが届くことは非常に稀なのです。

 

冤罪が出来上がっていく過程や、アメリカの法システム、アメリカで移民2世として生きる高校生たちの苦悩など、興味深く読みました。作者はAdnanの支援者なので、絶対彼は無実である、というバイアスはかかっていると思います。アドナンは現在も服役中ですが、作者らの熱心な活動により、2016年6月に裁判のやり直しが決定したそうです。現在の判決がひっくり返されるかどうかは分かりませんが、全てがいい加減だった16年前の裁判をやり直す機会を与えられた事は大きな進歩だと思います。

 

 

Adnan’s Story: The Case That Inspired the Podcast Phenomenon Serial

YL: 8〜

語数:128,960語(readinglength.comより)

【オーディオブック】The View from the Cheap Seats

The View from the Cheap Seats (2016)

時間:15時間29分

発音:イギリス英語 (作者による朗読)、ゆっくりめ

評価:4 out of 5

The View from the Cheap Seats

 

Coraline (コララインとボタンの魔女 )、The Graveyard Bookなどの著者として知られるニール・ゲイマンのエッセイ集です。過去の受賞スピーチや本の前書き、雑誌に寄稿したエッセイなど60本以上がまとめられています。オーディオブックは作者による朗読。落ち着いた声でゆっくり語られるのでとても聞きやすかったです。

 

特に素晴らしかったのが、作者の読書に対する考え。彼はフィクションを「読書へのGateway drugである」と語っています。物語の次の展開が知りたい!という強い気持ちが読むことの楽しさに繋がるのだと。子供たちが好ましくない本を読んでいるからといって、教養のためにと面白くない古典文学を押し付けると読書自体がつまらないものになってしまいます。自分の好きな本をどんどん読むことで読書の楽しさに目覚め、新しい語彙や考えを吸収し、さらなる読書につながる・・・。フィクションは読書へのGateway drugである、というのは上手い表現だなと思いました。中毒性もありますしね・・・。

 

60本程のエッセイ全てが面白かったわけではありません。中には作者の友人のために書いた本の前書きなど、自分にとって全く興味のない話もありました。ニール・ゲイマンが読書愛を語る部分や、作者としての目標の持ち方、中国で欧米のSFが解禁された話、スティーブン・キングについて、等の章が面白かったです。オーディオブックではなく本で買って、興味のない部分は飛ばす、という読み方でも良かったかな。本好きな方にはお勧めです。

 

The View from the Cheap Seats by Neil Gaiman

 

I love reading and listening to books; however, I don’t have enough words to express my love for them. That was why I picked The View from the Cheap Seats by Neil Gaiman. This book is a collection of essays on various topics: his love for reading, impressive people he has met, speeches he has given at award ceremonies.

 

When I read fiction books, I feel guilty for spending my time fretting over what doesn’t actually happen. Instead, I think I should probably read textbooks or academic papers to improve my working skills. In defence of the guilty pleasure of reading fiction books, Neil Gaiman explained that fiction is a gateway drug to reading. He wrote that the drive to know what happens next leads us to learn new words and thoughts. Once we learn that reading is pleasurable, we are on the road to reading everything.

 

I couldn’t agree more. If I had chosen only work-related books, I would never have read as many books as I have so far. Young Adult and Fantasy books were gateway drugs to reading for me; I acquired new words and expressions through these books. Eventually, reading skills helped me to understand the world more.

 

This book also gave me the idea that it would be nice if I could put words on paper to express myself better. I’m not a writer nor have I ever aspired to be one, but the natural way he conveyed his thoughts, life, and passions made me feel like I had interacted with him through this book. It was a great reading experience.

 

To be honest, not all the essays in this book were interesting. Among sixty or so pieces, there were some topics in which I had no interest, but some of the words struck my heart. I would recommend this book to my fellow book lovers; they will appreciate his love for reading too.

 

 

2012年 University of the ArtsでのCommencementスピーチもおさめられています。

 


The View from the Cheap Seats: Selected Nonfiction

YL: 8くらい

語数:168,640語(leadinglength.comより)

【オーディオブック】Red: A History of the Redhead

Red: A History of the Redhead (2015)

 

時間:6時間36分

発音:イギリス英語。作者による朗読。

速度:160語/分前後。

評価:4.5 out of 5

Screen Shot 2015-07-06 at 9.27.17 AM

 

赤毛の筆者が、これまでの経験とリサーチを元に、赤毛に関する科学、歴史、文化などをまとめた一冊。

 

赤色の髪の毛を持つ人々の割合は全世界で2%程度。MC1R遺伝子の突然変異によるものだそうです。劣性遺伝のため、両親から受け継いだ遺伝子のどちらにもMC1R遺伝子の変異がなければ赤毛になりません。2本の遺伝子のうち1本でも正常なMC1R遺伝子があれば赤毛にはならないため、家族の中で一人だけ赤毛が存在することもあり得ます。筆者も家族の中で赤毛は一人だけ。筆者のお母さんは彼女の赤毛の原因を、「妊娠中にたくさんトマトジュースを飲んだ」、「赤毛の牛乳配達屋さんがいたわね・・」などと冗談めかして話していたそうです。

 

 

赤毛の歴史は、約50,000万年前にまで遡ります。Molecular clockと呼ばれる手法により、人類がアフリカから中央アジアに移動する間に、最初の赤毛が出現したと推定されています。崩壊した洞穴で発見された状態の良いネアンデルタール人一家の遺体から、この一家のうちの2人が、色白の肌と赤毛の遺伝子を持っていたことが明らかになっています。

 

日本では殆ど赤毛を見かけることがなかったため、外国のテレビや映画で見る鮮やかなオレンジ色やコッパー色の赤毛をただ単純に「綺麗だな」と羨ましく思っていました。ところが、英語圏の映画やドラマを見るにつけ、赤毛に対する「偏見」や、「ステレオタイプ」のようなものを感じるようになりました。

 

赤毛に関するステレオタイプの一つ。それは、悪女が赤毛の女として描かれることが多いということです。例えば、アダムの最初の妻であり、夫に従順であることを拒んでエデンを去ったリリスは、赤い髪の女性として描かれています。また、アメコミ映画X-Menで悪役として活躍するミスティークは、人間の姿の時は金髪なのに、ミュータントとして悪事を働く時は、赤毛となるのです。

 

私はX-Menシリーズを全部見ていたにもかかわらず、ミスティークの赤毛の意味について考えたことがありませんでした。確かに赤毛の女性からすると、悪の限りを尽くすミュータントに変身すると赤毛になるという設定は、何か偏見のようなものを感じてしまうかもしれません。

 

また、赤毛の女性は情熱的で、床上手という迷信もあるようで、自分がそのようなイメージを求めていないにもかかわらず、性的な目で見られてしまうという弊害もあるようです。確かにポルノのサイトには「Redhead」というジャンルもあるようですし、ドラマでも赤毛の女性好きを公言するキャラクターを目にすることもあります。

 

 

女性だけではなく、男性の赤毛に対する偏見も紹介されています。世界的に赤毛の人口は2%程度ですが、スコットランドでは13%、アイルランドでは10%赤毛の人がいるそうです。ジャガイモ飢饉でアメリカに移住したアイルランド移民の地位は低く、“アイルランド、赤毛、社会的地位が低い”という偏見は今でも残っているようです。アメリカの黒人が、「私の主人は私のことをまるでアイリッシュのように扱う」と苦情を述べた記録も残っているようで、当時アイルランド移民の地位がいかに低かったかが窺えます。

 

また、赤毛をCarrot(にんじん)と呼ぶのは失礼な事のようで、ある一定以上の社会的ステータスがあると、CarrotではなくAuburn hairと呼ばれる、というのも初めて知りました。

 

 

MC1R遺伝子は見た目だけではなく、髪の毛の状態や免疫などにも影響をもたらしています。赤毛と色素の薄い肌の利点は、ビタミンDを作りやすいということです。これは赤道直下から北へ移動する際、弱い太陽光でも十分皮膚からビタミンDを生成出来るという点で有利だったと思われます。

 

赤い髪は色味だけではなく、髪の毛の成分にも違いがあります。赤毛は他の髪色と比べるとイオウ成分が2倍あり、S-S結合が多いため、パーマがかかりにくいそうです。

 

赤毛の人は、メラノーマやパーキンソン病、子宮内膜症に罹患しやすいということが分かっています。また、赤毛の人は痛みに敏感なのだそうで、子供の頃の歯科治療にトラウマを抱えている人も多いようです。

 

赤毛は綺麗で羨ましいと単純な憧れがありましたが、その珍しさと目立ちやすさゆえに、その個人を特徴付けてしまうという弊害があるということを知りました。実際に自分が赤毛だったとしたら、そのせいで怒りっぽくてベッドでは情熱的に違いないと思われたら腹立たしく感じると思います。

 

赤毛に関する事はこの1冊で十分ではないかと思えるほど1冊丸ごと赤毛の情報が満載でした。今後、テレビやドラマで赤毛の悪女や粗野な赤毛アイリッシュを見かけたら、その根底にある意味について思いを巡らせるきっかけになりそうです。

 

YL:8(概算)

語数:60,000語(概算)

 


Red: A History of the Redhead

 

【今日の一枚】

トカゲちゃん

トカゲちゃんたち。

【オーディオブック】Elon Musk: Tesla, SpaceX, and the Quest for a Fantastic Future

Elon Musk: Tesla, SpaceX, and the Quest for a Fantastic Future(2015)

時間:13時間23分

発音:アメリカ英語、イーロン氏の部分は南アフリカ訛り?

速度:160語/分前後。落ち着いた男性の声で発音明瞭なので聞き取りやすい。

評価:5 out of 5

Screen Shot 2015-05-26 at 7.18.23 PM
 
 
テスラ・モーターズ、スペースXのCEOであり、PayPalの前身であるX.com社を設立した起業家、イーロン・マスク氏の人物像について、著者のアシュリー・バンス氏が本人へのインタビューと、関係者への取材をもとにまとめた本。
 
 
傑出した人物を描いたノン・フィクション本は時にエピック・ファンタジー本よりも面白いことがあると思うのですが、まさにこの本がそう。1971年、南アフリカ生まれで、米国で起業家として成功しているイーロン・マスク氏の生い立ちや立身出世物語を、現在進行形で知ることが出来るという点が実に興味深い。
 
 
テスラは1台800 万円〜1200 万円という超高級電気自動車を販売する会社。さらに、スペース X は、「火星に人類を送る」というミッションを掲げ、2012年には民間会社で初めてとなる、国際宇宙ステーションへのドッキングにも成功しています。しかも、ほとんどのパーツを安い素材で自社開発し、従来のロケットよりもかなり安い値段での打ち上げを実現させました。どちらも自分には関わりのない世界ですが、多くの批評家達が実現不可能と予言したプロジェクトを達成する過程には、他人ごとながらもワクワクしました。
 
 
イーロン氏は、大学卒業後の 1995 年、弟とともにレストランやショップの情報と地図情報を統合させたオンラインビジネスを立ち上げ、のちにこの会社を売却したことで 3 億ドル以上の現金を手にします。この資金を元手として、のちにComfinity社との合併でPaypalとなるX.com 社を創設。そこでの権力争いによりCEOの座を追われた後、Paypal社売却により得た資金をつぎ込んで、テスラ・モーターズとスペース X を立ち上げたのです。どちらも実現不可能と言われ、投資した財産を回収できなくなる可能性もあるリスクが大きすぎる起業でした。
 
 
マスク氏のリスクを恐れない性質は、彼の祖父母から由来しているように思えます。マスク氏のカナダ出身の祖父母は、カナダ政府の規制に不満を抱き、幼い子供達を連れて南アフリカへと移住します。カナダでは、自家用飛行機を操縦し、遠出を楽しんでいたようなのですが、移住の際にこの飛行機を解体し、箱詰めして南アフリカに持ち込みます。一家は移住先で組み立てたこの飛行機で、国内や遠くはオーストラリアまで旅に出かけたのでした。
 
 
自家用飛行機とはいっても、1950−60年代の飛行機はラジオはおろか、まともな計器類さえ無い時代。航空地図もなく、普通の道路地図を用いて飛行していたようです。さらに、飛行が長距離に及ぶため、飛行免許を持っていないマスク氏のお祖母さんも、旦那さんと交代で操縦していたようです。お祖母さんの話によると、何回も死にかけたのだとか。実際にイーロン氏のお爺さんは、飛行機事故により首の骨を折って亡くなっています。まさに命がけの冒険。それに比べると、全財産を賭けて起業するリスクは“命を取られるわけではない”と、許容範囲だと思えてしまいそうです。
 
 
マスク氏の子供時代のエピソードもユニークです。子供時代の彼は大変な読書家で、1日10時間本を読むことも稀ではなかったそうです。小学校3−4年生の時に学校の図書館の本を読み尽くしてしまった後は、ブリタニカ百科事典を読み始め、フォト記憶があるために多くの事実を記憶していたそうです。

 

また、10歳でコンピューターを与えられ、12歳の時には雑誌にソフトウェアのコードを発表しています。学校ではいじめられていたようですが、子供時代のエピソードから、すでに並外れた能力と集中力の高さが伺えます。

 

17歳でひとりカナダに移住してからも、自分の人生を自分で切り拓く様子が凄いです。新聞を読んで面白そうな事をしている大人をピックアップし、直接電話をかけて面会アポをとるなど、行動力が素晴らしいのです。実際、銀行役員と面会したことで、大学時代に銀行でのインターンのチャンスも手に入れています。

 

カナダからアメリカの大学に編入後も、友達と大きなフラットハウスを借り、週末に入場料5ドルで500人規模のパーティをすることで生活費をまかなっていたようです。

 

 

マスク氏の専攻は物理で、最初の起業と次のペイパルはプログラミングの経験を活かしたものなのですが、電気自動車とロケットに関しては素人です。それでも自力で勉強し、エンジニア達とディスカッションすることで、数年後にはその分野のエキスパートになっていたそうです。

 

シリコンバレーのスタートアップCEOというと、華やかで金回りの良いセレブを思い浮かべますが、全てのスタートアップが成功するわけではありません。現在は人通りの多い地域にお洒落な店舗を持つテスラ・モーターズも、何度か倒産の危機に陥っています。また、何百万ドルもの私財をつぎ込んだスペースXも、最初の3回の打ち上げが失敗に終わり、全てを失う可能性に直面しました。

 

マスク氏が他の投資家と違うところは、長期ビジョンを持っているところです。見込みのありそうなスタートアップに投資し、短期で儲けを出そうとする人々は、テスラを既存の自動車業界大会社に買収してもらおうとします。何年かかっても革新的な電気自動車を開発出来なかった旧体制の大会社に組み込まれてしまっては、“自動車の未来を変える”という長期ビジョンを達成することは出来ません。彼は、テスラ・モーターズが長らく利益を出せなかった時も、ロケット打ち上げが成功せず、資金が底をついた時も、最後まで諦めずに最善を尽くしたことで、結果的に両社を救うことが出来たのでした。

 

この本を読むと、マスク氏の並々ならぬ情熱が伝染します。誰もが達成不可能と言ったプロジェクトを成功させるには、その仕事に没頭すること、目標に対して厳しい達成期限を設けることが大事だと感じました。テスラやスペースXでの仕事は、何百人ものエキスパートたちが不眠不休で成し得た仕事であり、マスク氏だけの成果ではありません。ただ、マスク氏がいなければ、「火星に人を送るためにロケットを開発する」というSFのプロットのような話が動き出し、数々の困難を乗り越えて成功をおさめることは無かっただろうと思います。荒唐無稽と思えるようなことでも、この人なら出来るかもしれない・・・と思えた本でした。

 

スケールの大きな話で、物語のように楽しめます。成功のエッセンスを箇条書きにしたようなお手軽自己啓発書などより、彼の生き方から何を感じるか、というのが大事だと思いました。

 

YL:8(概算)

語数:120,000語(概算)


Elon Musk: Tesla, SpaceX, and the Quest for a Fantastic Future
ブルームバーグビジネスが作成したイーロン・マスク氏のビデオも興味深いです。How I became the real “Iron Man”、どうやってホンモノのアイロンマンになったか、というタイトルがついていますが、実際に映画でアイロンマンを演じたロバート・ダウニーJrは、マスク氏と会い、役作りのヒントを得たというエピソードが本に載っていました。また、映画でトニー・スタークの自宅作業場にはテスラの車がディスプレイされていたそうです。アイロンマンの映画を見たけど気付かなかった!

Elon Musk: How I Became The Real ‘Iron Man’

 

2015年5月1日、日本の安部首相がテスラを訪問し、イーロン・マスク氏が運転するテスラモデルSに試乗したようです。安部首相の反応がアッサリなのが残念〜。

ホーム > Audiobooks | 英語学習 > ノンフィクション

カレンダー
« 2017 年 5月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Archives
  • 2017 (3)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV360
UV65

ページの上部に戻る