The Glad Game > ノンフィクションのアーカイブ

ホーム > Audiobooks | 英語学習 > ノンフィクション

ノンフィクションのアーカイブ

【オーディオブック】Elon Musk: Tesla, SpaceX, and the Quest for a Fantastic Future

Elon Musk: Tesla, SpaceX, and the Quest for a Fantastic Future(2015)

時間:13時間23分

発音:アメリカ英語、イーロン氏の部分は南アフリカ訛り?

速度:160語/分前後。落ち着いた男性の声で発音明瞭なので聞き取りやすい。

評価:5 out of 5

Screen Shot 2015-05-26 at 7.18.23 PM
 
 
テスラ・モーターズ、スペースXのCEOであり、PayPalの前身であるX.com社を設立した起業家、イーロン・マスク氏の人物像について、著者のアシュリー・バンス氏が本人へのインタビューと、関係者への取材をもとにまとめた本。
 
 
傑出した人物を描いたノン・フィクション本は時にエピック・ファンタジー本よりも面白いことがあると思うのですが、まさにこの本がそう。1971年、南アフリカ生まれで、米国で起業家として成功しているイーロン・マスク氏の生い立ちや立身出世物語を、現在進行形で知ることが出来るという点が実に興味深い。
 
 
テスラは1台800 万円〜1200 万円という超高級電気自動車を販売する会社。さらに、スペース X は、「火星に人類を送る」というミッションを掲げ、2012年には民間会社で初めてとなる、国際宇宙ステーションへのドッキングにも成功しています。しかも、ほとんどのパーツを安い素材で自社開発し、従来のロケットよりもかなり安い値段での打ち上げを実現させました。どちらも自分には関わりのない世界ですが、多くの批評家達が実現不可能と予言したプロジェクトを達成する過程には、他人ごとながらもワクワクしました。
 
 
イーロン氏は、大学卒業後の 1995 年、弟とともにレストランやショップの情報と地図情報を統合させたオンラインビジネスを立ち上げ、のちにこの会社を売却したことで 3 億ドル以上の現金を手にします。この資金を元手として、のちにComfinity社との合併でPaypalとなるX.com 社を創設。そこでの権力争いによりCEOの座を追われた後、Paypal社売却により得た資金をつぎ込んで、テスラ・モーターズとスペース X を立ち上げたのです。どちらも実現不可能と言われ、投資した財産を回収できなくなる可能性もあるリスクが大きすぎる起業でした。
 
 
マスク氏のリスクを恐れない性質は、彼の祖父母から由来しているように思えます。マスク氏のカナダ出身の祖父母は、カナダ政府の規制に不満を抱き、幼い子供達を連れて南アフリカへと移住します。カナダでは、自家用飛行機を操縦し、遠出を楽しんでいたようなのですが、移住の際にこの飛行機を解体し、箱詰めして南アフリカに持ち込みます。一家は移住先で組み立てたこの飛行機で、国内や遠くはオーストラリアまで旅に出かけたのでした。
 
 
自家用飛行機とはいっても、1950−60年代の飛行機はラジオはおろか、まともな計器類さえ無い時代。航空地図もなく、普通の道路地図を用いて飛行していたようです。さらに、飛行が長距離に及ぶため、飛行免許を持っていないマスク氏のお祖母さんも、旦那さんと交代で操縦していたようです。お祖母さんの話によると、何回も死にかけたのだとか。実際にイーロン氏のお爺さんは、飛行機事故により首の骨を折って亡くなっています。まさに命がけの冒険。それに比べると、全財産を賭けて起業するリスクは“命を取られるわけではない”と、許容範囲だと思えてしまいそうです。
 
 
マスク氏の子供時代のエピソードもユニークです。子供時代の彼は大変な読書家で、1日10時間本を読むことも稀ではなかったそうです。小学校3−4年生の時に学校の図書館の本を読み尽くしてしまった後は、ブリタニカ百科事典を読み始め、フォト記憶があるために多くの事実を記憶していたそうです。

 

また、10歳でコンピューターを与えられ、12歳の時には雑誌にソフトウェアのコードを発表しています。学校ではいじめられていたようですが、子供時代のエピソードから、すでに並外れた能力と集中力の高さが伺えます。

 

17歳でひとりカナダに移住してからも、自分の人生を自分で切り拓く様子が凄いです。新聞を読んで面白そうな事をしている大人をピックアップし、直接電話をかけて面会アポをとるなど、行動力が素晴らしいのです。実際、銀行役員と面会したことで、大学時代に銀行でのインターンのチャンスも手に入れています。

 

カナダからアメリカの大学に編入後も、友達と大きなフラットハウスを借り、週末に入場料5ドルで500人規模のパーティをすることで生活費をまかなっていたようです。

 

 

マスク氏の専攻は物理で、最初の起業と次のペイパルはプログラミングの経験を活かしたものなのですが、電気自動車とロケットに関しては素人です。それでも自力で勉強し、エンジニア達とディスカッションすることで、数年後にはその分野のエキスパートになっていたそうです。

 

シリコンバレーのスタートアップCEOというと、華やかで金回りの良いセレブを思い浮かべますが、全てのスタートアップが成功するわけではありません。現在は人通りの多い地域にお洒落な店舗を持つテスラ・モーターズも、何度か倒産の危機に陥っています。また、何百万ドルもの私財をつぎ込んだスペースXも、最初の3回の打ち上げが失敗に終わり、全てを失う可能性に直面しました。

 

マスク氏が他の投資家と違うところは、長期ビジョンを持っているところです。見込みのありそうなスタートアップに投資し、短期で儲けを出そうとする人々は、テスラを既存の自動車業界大会社に買収してもらおうとします。何年かかっても革新的な電気自動車を開発出来なかった旧体制の大会社に組み込まれてしまっては、“自動車の未来を変える”という長期ビジョンを達成することは出来ません。彼は、テスラ・モーターズが長らく利益を出せなかった時も、ロケット打ち上げが成功せず、資金が底をついた時も、最後まで諦めずに最善を尽くしたことで、結果的に両社を救うことが出来たのでした。

 

この本を読むと、マスク氏の並々ならぬ情熱が伝染します。誰もが達成不可能と言ったプロジェクトを成功させるには、その仕事に没頭すること、目標に対して厳しい達成期限を設けることが大事だと感じました。テスラやスペースXでの仕事は、何百人ものエキスパートたちが不眠不休で成し得た仕事であり、マスク氏だけの成果ではありません。ただ、マスク氏がいなければ、「火星に人を送るためにロケットを開発する」というSFのプロットのような話が動き出し、数々の困難を乗り越えて成功をおさめることは無かっただろうと思います。荒唐無稽と思えるようなことでも、この人なら出来るかもしれない・・・と思えた本でした。

 

スケールの大きな話で、物語のように楽しめます。成功のエッセンスを箇条書きにしたようなお手軽自己啓発書などより、彼の生き方から何を感じるか、というのが大事だと思いました。

 

YL:8(概算)

語数:120,000語(概算)


Elon Musk: Tesla, SpaceX, and the Quest for a Fantastic Future
ブルームバーグビジネスが作成したイーロン・マスク氏のビデオも興味深いです。How I became the real “Iron Man”、どうやってホンモノのアイロンマンになったか、というタイトルがついていますが、実際に映画でアイロンマンを演じたロバート・ダウニーJrは、マスク氏と会い、役作りのヒントを得たというエピソードが本に載っていました。また、映画でトニー・スタークの自宅作業場にはテスラの車がディスプレイされていたそうです。アイロンマンの映画を見たけど気付かなかった!

Elon Musk: How I Became The Real ‘Iron Man’

 

2015年5月1日、日本の安部首相がテスラを訪問し、イーロン・マスク氏が運転するテスラモデルSに試乗したようです。安部首相の反応がアッサリなのが残念〜。

【オーディオブック】Tune In Tokyo: The Gaijin Diaries

Tune In Tokyo: The Gaijin Diaries

時間:8時間22分

発音:アメリカ英語。

速度:160-170語/分前後。

オススメ度:4.5 out of 5.

Screen Shot 2015-03-13 at 9.28.29 PM

 

アメリカ、ノースカロライナ州出身の著者が日本の英会話学校で2年間教えていた時の回想録。英会話学校の講師というと、いつもネクタイ姿で礼儀正しいイメージですが、この本では英会話学校の裏側や、アメリカ人講師の本音が語られています。日本礼賛エッセイや旅行記のようなものを期待していた人にはガッカリかもしれませんが、短期間とはいえ大手英会話学校に通っていた身としては、”外人”英会話講師の本音を知ることが出来る興味深い本でした。

 

筆者を悩ませた日本人のおとなしすぎる授業態度は聞いていていたたまれなくなりました・・・。黙れと言われてもしゃべり続けるアメリカ人と違って、日本人のグループレッスンでは個別に指名しないと返事さえ返ってきません。How are you?とクラスに話しかけても一言も返ってこず、見つめられるのみ・・・。このエピソードを聞いている時は、「本当にスミマセン・・・」と今さら筆者に謝りたい気分になりました。

 

生徒の中には大人しすぎる人ばかりではなく、変わった生徒もいます。例えば外人講師お目当ての若い女性。付き合っていた講師に振られ、新任講師である筆者を狙う様子が描かれます。派手に露出した洋服で授業に現れ、休み時間にも付きまとうなど、噂には聞くけど本当にこんな人がいたとは・・・。筆者はゲイなので、女子生徒のお色気攻撃にも陥落しませんでしたが、中にはアメリカ人からみればどうみたってキモい類の男なのに、日本に来た途端女の子にモテモテで、日本には女の子と遊ぶために来た!と仲間内で公言していた講師もいたそうです。

 

日本にいる”ネイティブ講師”の質って実のところどうなのよ!?と前から怪しく思っていたのですが、この本には最低レベルの講師が登場します。指定された日に来日せず、数週間後に現れたと思えば酔っ払って暴れ、路上で酔いつぶれていたところをお巡りさんに保護されたという講師。さすがにこの人は素行が悪すぎて授業開始前に”返品”されたようですが。いちおうアメリカで面接を行ってはいるものの、高卒でも”英語を話すアメリカ人”というだけで、二重否定も理解していないような人でも簡単に採用されていたようです。中にはちゃんとした人もいるのですが、素行の悪い講師のおかげで英会話講師としてのプライドはだいぶ傷つけられたようです。

 

その他にも日本のエロ本やBL漫画についての感想や、生徒からおもてなしを受けた話など、面白いエピソード満載の楽しい本でした。著者がゲイということもあり、びっくりするほどあけすけな表現もありますが、若者のブログのような軽い感じで読みやすかったです。日本滞在記としては異色でアメリカ人にとっては参考にはならないと思いますが、英語を学んでいる日本人生徒にとっては興味深い本だと思います。この本を読んだ後は、英会話グループレッスンで沈黙して講師を困らせるような事はしなくなる・・・のではないでしょうか。

Tune In Tokyo:The Gaijin Diaries

YL:7 (概算)

語数:72,000語(概算)

 

 Book Review: Tune In Tokyo: The Gaijin Diaries

I listened to an audiobook, “Tune in Tokyo,” written by an American guy from North Carolina who stayed in Japan for two years to teach English. When things didn’t work out well for him in the U.S., he decided to come to Japan, because he thought that speaking American English was an asset, not a liability. He was an aspiring writer, but actually, he had to work as a waiter and a part-time English teacher at the Berlitz English school in the U.S.

 

He was assigned to Yokohama NOVA School, one of the biggest English school chains in Japan. Most of his students were extremely low-level adult students so that he tended to drop articles and prepositions to make his sentences extra simple. When he talked about the past, he actually looked over his shoulder, and when he talked about the future, he looked into the far distance. When he talked about music, he cupped his ear with his hand. As he gave seven classes a day, he couldn’t stop gesturing even when he talked with native English speakers.

 

Being able to speak American English is an asset in Japan as he had mentioned; however, it isn’t enough to be an English teacher. The author witnessed his American colleague teaching incorrect grammar to students. Moreover, there was a disturbing episode that revealed the shady quality of the English “teacher.”

 

Ron from Philadelphia was supposed to have arrived before his teaching job was started. He was late by several weeks without any excuses, and when he arrived, he was completely drunk. It isn’t illegal to be drunk in public in Japan. One day, a policemen escorted him to his apartment because he was stoned on the road. The author described that it was as if someone took off a drunk who was sipping alcohol from a brown paper bag on the road, and sent him to Japan without explaining anything to him. Of course this wasn’t true; Ron applied for the job, and the HR person in Boston had interviewed him. Eventually, Ron was shipped off to America before he began to work. Good riddance!

 

This book gave us interesting insights into an English teacher’s life in Japan.The author expressed frustration about being forced to be polite and encouraging all the time, and not having meaningful conversations with students. Japanese students were too passive in their classrooms; they didn’t utter a word unless they were addressed individually. That made him crazy. I felt sorry for him; I know what English classrooms are like. We are just trying to be polite by listening quietly; we are supposed to listen in the classroom.

 

I thoroughly enjoyed this book, and I definitely recommend this book to my fellow English learners. It was interesting to know what English teachers really had in their minds under the façade of politeness in classrooms; this book will change our attitudes the next time we attend English conversation classes.

 

【今日の一枚】

LAで見かけた落書き

LAで見かけた落書き。

【オーディオブック】Call the Midwife: A Memoir of Birth, Joy, and Hard Times

Call the Midwife: A Memoir of Birth, Joy, and Hard Times

Written by: Jennifer Worth

Narrated by: Nicola Barber

時間:12時間2分

発音:イギリス英語。会話部分はコックニー訛り。

速度:160語/分前後。

オススメ度:5 out of 5.

 

【あらすじ】1950年台、ロンドンイーストエンドで助産師をしていた作者の回想録。

 

【感想】

感動した。涙も鼻水も止まらなかったほど。赤ちゃんが産まれる喜びだけではなく、1950年台の女性たちの生き様を描いたところが良い。スペインからイギリスに嫁ぎ、殆ど英語を話せないまま25人の子供を産んだ女性の幸せな家庭生活の心温まるエピソードもあれば、あまりにも惨めで不幸な生涯をおくった女性たちもいる。

 

特に心に残ったエピソードがある。赤ちゃんの誕生をどこからか聞きつけて必ず母子の健康を訊ねるみすぼらしい老婆の過去のエピソードには胸が詰まる思いだった。夫が3ヶ月から10歳までの子供5人を残し病死してしまった彼女は、10歳の長女に子供を任せ縫製工場で働いていた。ある日就業中の事故で腕に大怪我をし、働けなくなった彼女の生活は破綻する。貧乏のどん底に突き落とされ、乳児を亡くしてしても葬式代さえ出せず、赤ちゃんを箱に入れて川に流すシーンには50年以上前の事だと分かっていても涙が出た。

 

その後ワークハウスというチャリティ施設に入所したものの、家族は離れ離れに収容される。一度ワークハウスに入ってしまうと一家離散し、家族とは二度と会えなくなるという。ワークハウスは困窮した人々で寝る場所もないほど溢れかえっており、横になるスペースのない人々が、床に背中合わせで座った姿勢で支えあって寝ていたそうだ。

 

一家で餓死するよりは・・と苦渋の決断で入居しても、あまりにも酷い環境のため、子供たちは1人また1人と亡くなっていく。子供が全員亡くなった事を後に知らされるだけで葬式にも出られなかったのはあまりにも悲しく、彼女が精神を病んでしまったのも理解出来る。

 

50年以上昔の事ではあるが、自分たちの祖母が若かった時代だということを考えればそれ程昔の事ではない。社会が弱者を抱える余裕のなかった時代、戦争や病気で夫や父親を亡くした女性たちがどれほど大変な思いをしたのか知ることが出来て良かったと思う。

 

3部作だが、一冊ずつ完結しているので、この1冊だけ読んでも十分楽しめた。イギリスでドラマシリーズ化されているようなので機会があれば是非観たい。

 

YL: 7.5

語数:100,000語(概算)

 


Call the Midwife: A True Story of the East End in the 1950s

 

【今日の一枚】

アリゾナ化石の森国立公園の景色。

【オーディオブック】Stiff: The Curious Lives of Human Cadavers

Stiff: The Curious Lives of Human Cadavers

時間:7時間59分

発音:アメリカ英語。声があまり良くない。

速度:170語/分前後。

オススメ度:5 out of 5. 死体のことを楽しく学べる。

 

【あらすじ】

死体について知り得る事の全て、と言っていいのではないかと思えるほど、あらゆる角度から死体について語られている本。

 

【感想】
死体はこれまで、ギロチンのテスト台になったり、スペースシャトルに乗り宇宙に送り出されたり、車の衝突事故テストに使われるなどして、生きている人間の役に立ってきた。この本は、死体と科学の発展の関係について真面目に紹介しつつも、あまり重くなりすぎず、時には冗談を交えながら、死体の”有効活用”ぶりを伝えている。ここまで死体の話が面白くていいのか!?と、多少の後ろめたさを感じつつも、心から楽しんで読んでしまった。

 

どの章も面白かったのだが、その中でも特に印象深かったエピソードを幾つか紹介しておく。

 

犯罪科学捜査のため、死体の腐敗具合を研究している大学グループのエピソード。犯人が死体を隠す際のあらゆる場面を想定し、死体を車のトランクに入れた状態を再現したり、庭に放置して腐敗具合を観察したりするそうだ。その光景、匂いを想像するだけで口の中に苦いものがこみあげてきそうになった。さらにその科学者の方は、遺体からサンプルを取る時、誤ってハエを吸い込んでしまい喉で羽ばたかれたそうだ。世の中には想像を絶する辛い仕事がある事を知った。

 

フランスにおいて、ギロチンで断首された頭を観察した人の話も生々しい。切断された頭はコロンと転がったあと、目をパチパチして半開きまで瞼を閉じる。そこでその人の名前を大声で呼ぶと、意識のある様子でゆっくりと目を開いてこちらをみた。また目を閉じたので大声で呼ぶと、二回目もゆっくり目をあけ見つめてきたが、3回めには反応が無くなったそうだ。脳への血流が途絶えた後、組織に残っている酸素で僅かなからも活動があるのだろう。

 

地雷撤去の時にどんな履物が安全かという実験では、死体20体を天井から吊り下げ、いろいろな種類の靴を履かせて地雷を踏ませる。そして足の吹き飛び具合から靴の安全性を調べるそうだ。いくら死んでいるとはいえ、地雷で吹き飛ばされるのは恐ろしい。

 

飛行機墜落事故現場の死体を調べる専門家は、死体の損傷具合から爆発物が仕掛けられていなかったかを調べている。万が一飛行機が墜落した時の事のために、どこらへんに座っていたほうが安全か、という質問に対しては、墜落の仕方のよって違うので一概には言えないということだった。「それでも、あなたならどこに座るか」と食い下がった著者に対して、「ファーストクラス」と言った専門家の答えが面白かった。専門家を以ってしても墜落時に安全な席を予想出来ないならば、万が一落ちた時の安全性より快適さを追求したほうが良さそうだ。

 

人体に関する用語や犯罪科学用語などが使われているものの、一般人向けに分かりやすく説明されており、読みやすい本だった。グロいのが苦手でなければお勧め。

邦訳は「死体はみんな生きている」。

YL:8

語数:80,531語


Stiff: The Curious Lives of Human Cadavers


死体はみんな生きている

 

【今日の一枚】

アリゾナ州で見かけたカラス。

【オーディオブック】Liberty’s Torch

Liberty’s Torch: The Great Adventure to Build the Statue of Liberty

時間:9時間7分

発音:アメリカ英語。

速度:150語/分前後。

オススメ度: 4 out of 5  NY観光の予習に良さそう

 

自由の女神を制作したフランス人彫刻家、フレデリック・オーガスト・バータルディの伝記。若い頃、使節団のカメラマンとしてエジプトを旅したバータルディはピラミッドやスフィンクスに触発され、スエズ運河に巨大な女性像を建立することを思いついた。エジプトの為政者に受け入れられなかったため、その案は日の目を見ることはなかったが、後にアメリカへと旅した際、アメリカ独立100周年にアメリカとフランスの友好の証として”Liberty’s Torch”を贈ることを思いつく。

 

台座からトーチまでの高さ46.05メートルの巨大な女神像を建立するために、巨額の資金を必要とした。フランスやアメリカの有力者に働き掛け寄付を募るがそれでも足りず、フランスやNYの一般市民からも多額の寄付金が集められた。

 

「自由の女神」は今でこそアメリカの象徴のように思われるが、建設当初はそれ程歓迎されていなかったらしい。アメリカとフランスの国家プロジェクトかと思っていたが、実際はアイデアから資金集め、制作までバータルディが担っていた。女神像の建設はフランスで行い、台座の作成や組み立てはアメリカ側の責任で行われたのだが、アメリカ政府としては全く資金は提供していない。日本版のウィキペディアを読むと、作者であるバータルディの貢献度についてはあまり触れられておらず、まるで請負仕事のように感じられるが、この一大プロジェクトが実は個人の発案であることが驚きだった。

 

アメリカの象徴ともいえる女神像について、その成り立ちや当時の社会状況などとともに知ることが出来る良書。前半、バータルディの生い立ちと共にフランスの歴史も語られるため、本題に入るまでがちょっと退屈だったかも。

 


Liberty’s Torch: The Great Adventure to Build the Statue of Liberty

 

YL: 8

語数:96,000語 (概算)

 

【今日の一枚】

ワイオミング州グランドティトン国立公園、 Schwabacher Roadにて

ホーム > Audiobooks | 英語学習 > ノンフィクション

カレンダー
« 2017 年 11月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV763
UV211

ページの上部に戻る