The Glad Game > 2006年9月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2006年9月のアーカイブ

2006年9月のアーカイブ

Keep the Aspidistra Flying

George OrwellのKeep the Aspidistra Flying. 1930年代のロンドンが描かれています。

主人公のGordon Comstockは the money worldに反発して広告会社での仕事を捨て、古書店の店員として働いている。詩人としてMiceという詩集を出版しているが、ちっとも売れないし新作の執筆も遅々として進まない。 Aspidistraは当時のmiddle classの人々が窓辺に飾る観葉植物で、Gordonにとってはthe money worldの象徴です。

お金がないのは、Gordonが選んだ生き方だからしょうがないけど、金がないと食後のお茶も飲めないし、風呂にも入れないし、デートもままならない。 主人公の貧乏ぶりには胃が痛くなる思いでした。

最後には彼女と新しい家庭のために信念を曲げ、広告会社に復帰し新居にAspidistraを飾るGordon。物語はHappy endのようですが、お金と生き方について考えさせられる作品でした。
Aspidistra.jpg Penguin Clasiccs 84,383語

合計131万9905語

ELDEST

多読24冊目はクリストファー・パオリーニのELDEST。人間、ドラゴン、エルフ、ドワーフの壮大なファンタジーです。

主人公のEragonと彼のドラゴンSaphiraの会話が姉弟のようで楽しいです。
1巻の「Eragon」に引き続いて主人公Eragonの冒険と、今回は従兄弟のRoranの受難も織り交ぜながら話が進んでいきます。そして最終章ではEragon出生の秘密と、彼の兄弟との決別が明らかに!

668ページ、語数205,000語に及ぶ大作ですが、最後まで飽きずに読めました。またまた多読3原則に反してわからない単語を途中でたくさん調べてしまった・・・ 今回はさすがにわからない単語も多かったので、調べたほうが楽しく読めました。

しかし重かった!
なんと1.1kg。私はいろんな所に持ち歩いて読むので、Eldestをかばんに携帯していた3週間は筋肉痛が起きました。今のところ1日1万語のいいペースです。大笑い 現在の総語数123万5522語。

ホーム > アーカイブ > 2006年9月のアーカイブ

カレンダー
« 2006 年 9月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Archives
  • 2017 (3)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV357
UV65

ページの上部に戻る