The Glad Game > 2008年7月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2008年7月のアーカイブ

2008年7月のアーカイブ

英検1級単語とThe Economist その1

次回英検の語彙対策のため現在試行錯誤しているところです。迷った末に英検学習をされている方のブログをみて評判の良さそうだったプラス単熟語1級を購入。463Pとけっこうな厚み。しらみつぶしに覚えていくとしたら数年かかりそう・・・。とりあえず巻末の単語とフレーズリスト1672個の中で確実に意味のわかる単語をチェックしたところ530/1672個でした。”文で覚える”というコンセプトの本だけれども、あと1000個あまりをこの本からのみ覚えるのは大変!

ちょうどThe Economistも一緒に買ってきたので、辞書をひきつつ読解力と語彙を同時に獲得できないか試してみることにします。この方法で10月の英検に間に合うかどうかは・・・不明。まぁ1ヶ月くらいやってみて、8月下旬にもう一度プラ単リストで獲得語彙数が増えているかチェックしてみることにしましょう。

音読ブッククラブ

毎週定例のLinQ音読ブッククラブで作文の宿題がでました。現在定例メンバー4人でJim StovallのThe Ultimate Giftを順番に音読しています。先週のディスカッションで「家族」についての章を読んだ後、「ページ数が少ないしもっとエピソードがあってもいいのに」と生意気な感想を述べてしまったせいか、各自がこのチャプターに挿入するエピソードを考えて作文する宿題がでてしまいました! 物語を書くのって苦手。1週間か~な~り苦しみました。この本は語彙も易しくシンプルな文体で書かれているのですが、いざ自分で書いてみると難しかった・・・ 作者に心の中で平謝りしました!多読では読めば読むほど読みやすくなったと感じたのでもっともっと書く練習をしないと上手くならないですね。

2人の男性メンバーさんの作文は、句動詞が駆使されていて、最後にサプライズもあり素晴らしいストーリーでした! 同じ題材で作文を書いて見せ合うという経験は初めだったのでいい勉強になりました。人と比べて自分の作文はどうかと考えるきっかけになりました。私の作文はシンプルすぎてなんだか子供っぽかったなぁ。

This was the most difficult homework I’ve ever had. I’m not the creative person! To write an episode for Jason, I could think about what is the most important factor for a family. Here is my story.

The following day, one of the boys fell from the ladder and blooded bloodied his knee. His name was Mark. He was six years old and was new to the house. While Jason were was taking care of his wound, Mark kept weeping. “I want my Mom and Dad come to meto come!” Jason cursed Mark’s parents for leaving their boy to at the orphanage. “Why did his parents leave him? Where did they go?” 
Nathan answered his question. “His parents were killed in a traffic accident. There were no relatives who wanted to look after him. All the children here have problems with their family. Some parents give up their children because of the divorce, others are too young to raise children. There are children who are left behind by their mother in front of an orphanage.” 
Jason felt terribly sorry for Mark and other children. As Jason bandaging the wound, other boys came to see Mark. When Jason finished with the wound, one of the boys said, “Come on Mark, I found something interesting in the woods! ” Mark hesitated to go, but in the end, he laughed through his tears.
Nathan said, “When children come to this house, they are in despair after departing from their family. They have to find a new identity here. Senior boys understand thisby from their own experience, and try to soothe the new boys by acting as a friend or a brother. They are all seeking roles as a family member. They become a true family through the process.”
Jason never thought about his family before. He realized how lucky he was to have his own family. However, everyone in his family seemed to live by their own selfish rules. There were was no sympathy nor affection to for each other. The orphans here didn’t have their own family relationship they were supposed to have, but they trytried to make a family of their own by showing affection to the others. Jason realized that some efforts are required to make the family united.

多読500万語

多読2年7ヶ月目で500万語に到達しました。前回400万語から8ヶ月でした。

今回読んだ本は、

・The Kite Runner YL7.5 106,895語
・The Falcon’s Malteser YL5.5 44,968語
・Public Enemy Number Two YL4.6 44,000語
・Kitchen Table Talk YL4 12,000語
・I am Legend YL? 59,000語
・Three of Diamonds YL5 55,640語
・Eye of the Needle YL7.5 半分まで6万語
・Map of Bones YL7.5 130,893語
・The old man and the sea YL7.0 27,315語
・Tunnels  YL6?  120,000語
・Oops and Goofs YL4 9600語
・Deltoraシリーズ1~8 YL5.5 210,949語
・Book of Shadows  YL4 44,209語

この中で一番おもしろかったのは、The Kite Runner。感動のあまり英語で感想文を書いたほど!断然おもしろくなかったのはI am legend. こんなにおもしろくないのに映画化されたのが不思議。

久しぶりに読書スピードを測ってみたら、100万語の時にはYL5の本で150語/分だったのが、今回220語/分でした。やはりたくさん読めば読むほど読みやすくなっていると思います。

さて、今後英語力アップのため多読をどう生かそうか・・・と色々考えてみたのですが、楽しい多読に英語の資格試験などの”お勉強”を持ち込むのはもったいないなぁ、というのが結論です。多読は多読としてこのまま好きなようにやっていこうと思います。全然勉強らしくはないけど、好きなように本を読むだけで確実に英語の全体的な基礎力がアップしたと思うから。
ただ、多読500万語に対して精読10万語とバランスが悪かったな・・・とちょっと反省。10月の英検まで何か英語雑誌を精読して政治・経済に関するボキャブラリーと読解力を身につけようと思います。もちろん多読はこれまで通り好き放題に読みますよ~♪

今後の目標、英検1級受験

英語学習も3年目、当初目標に掲げていた英検1級にむけての準備を始めることにしました。まずは「英語資格3冠王へ」「発信型英語スーパーレベルライティング」「英語で意見を論理的に述べる」等、以前買ったまま積読状態だった本を紐解くところから。
なんとなくTOEIC950点とってから英検の勉強を始めようと思ってたんだけど、このままだとどんどん先延ばしになるし、自信がついてから受けようと思ってたら一生受けられないかも。

とりあえず語彙は分かる問題が殆どなかった・・・LinQのJulie先生に相談したら、金曜夜にボキャビルのディスカッションを設けて下さいました!まだ手探りの段階だけど、まずは10月に受験することを目標に・・・

I have decided to take the Practical English Proficiency test, grade one, this year. There are two reasons for this.

First, when I started to study English in 2006, I had a vague hope that I could get the grade one someday. The title seemed to be a symbol of proficiency in English.

Second, many Japanese learners in LinQ who challenged the grade one or pre-grade one seemed to improve a lot through the process. 

When I started to study English, I had to improve my general foundation in English. I didn’t think it was a good idea to use the workbook for the test in my study. Besides, I didn’t want to take the test until I was fully prepared and felt confident. I noticedrealized that the time will never come if I wait until I become confident. The next test is to be held in October. I am going to take the test whether I will be am confident or not.

ホーム > アーカイブ > 2008年7月のアーカイブ

カレンダー
« 2008 年 7月 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV593
UV181

ページの上部に戻る