The Glad Game > 2008年10月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2008年10月のアーカイブ

2008年10月のアーカイブ

英語を勉強する理由

最近LinQではイギリス人チューターへれん先生のディスカッションを取っているんですけど、何回か”日本人って本当に英語学習に熱心よね。何でテストを受けたがるのかわからないわ”と言われました。チューターさんの発言としてはいただけないですけど正直な気持ちなんだろうなぁ、という印象です。ぷちショックです。 イギリスでは、語学資格を問われることは全くないし、履歴書に語学資格を書く欄もないとのこと。面接の時に実際に話せればOK!というくらいなので、仕事に必要な資格でもないのに英検やTOEICなどを受ける日本人生徒が多いことにびっくりしているようです。へれん先生は趣味でドイツ語、ロシア語を勉強されているので、この発言はまあ許せるとしても、これを英語しか話せないイギリス人に言われたらムッとするだろうなぁ。 へれん先生に説明するために、「日本における英語学習の重要性」の作文を書いて添削してもらいました。

The importance of learning English in Japan. English learning is booming in Japan. It is said that almost thirteen million people are learning English and five million people take English-related tests every year in our country. I would like to think of consider the importance of learning English in Japan.

It seems that fluency in English makes people’s life lives easier in Japan. The average lifetime earning of college graduates is 130,000,000 yen. People who can speak English well can earn at least more than 1 billion yen more than that of people who don’t speak English. People will be hired in better employment conditions if they have English certificate in addition to their expertism expertise.

Although the most spoken language as a mother tongue is Chinese, English is a lingua franca of the world in modern society. In the globalised, Internet age, it is a big disadvantage for international competition if we do not use English. Japanese economy rely deeply on international trades, we have to use English to compete against other countries. Furthermore, most papers are written in English in academic fields. People write their opinion in English to share information.

Japanese people are keen on acquiring fluency in English for these reasons. We can live comfortably even if we can’t speak English at all. However, learning English is one of the ways to enrich our quality of life in this globalised society.

英語を話せることで生涯収入が1億円違うとか、国際競争に必要とかが本気で英語を勉強する、もっともらしい理由かと思いますが、ただ英語が好きだからとか、海外ドラマを字幕なしで楽しみたいとか、自己研鑽のためとかでもいいと思います。私も英語学習を再開した時はまったく英語を使わなくてもいい環境だったんですけど、英語が読めるようになるとインターネットでの情報量が全く違う!ということに気付きました。英検の勉強をするようになってから、社会情勢とかにも目を向けるようになったことも良かった点の一つかな。英語が流暢に話せたなら、へれん先生の発言にサッと反論することもできますしね。

スピーキング対策 Organ donationその2

Organ donation system in Japan.

Almost a decade has passed since the Organ Transplant Law went into effect in October 1997 in our country. The 76th organ transplant from a brain death patient was transformed this month. More than 12,000 patients are waiting for a transplant in Japan, but only 208 people received organs this year. There are 75 cases of cadeveric donation, and 12 brain death donations this year. There is a gap between supply and demand in organ transplantation. I read an article that we should have opt-out system to increase the number of available organs. I don’t think this opt-out system is has caught in on quickly in our country.

Countries which have opt-out system such as Spain, France, Italy tend to have high cadaveric transplantation rate. However, there is an exception. Greece has fewer donor rates per head of population compared to the some countries which don’t take opt-out system. The US has a high organ donor rate of 26.6 per million. Cadeveric donation rate in Greece is less than quarter of America. Some countries such as America, Ireland have high donation rate in spite of having an opt-in system. This partly reflects the objection rate among the donor’s relatives, or nationality. The refusal rate of relatives is different from country to country. In Portugal, the refusal rate is only 6%, whereas the rate is 40% in UK.

Japanese people fear to let the surgeons to remove their beloved family member’s organs. The fear overwhelmed the benefit of organ donation. Before changing the system, we have to change the old beliefs that we have to take our whole body to heaven. That will need some help from various fields such as religion, politics, and education.

If we take the opt-out system, we are all assumed to be a potential donor unless we had opted out of the scheme. It would take away the individual’s fundamental right to decide. I think the donation of the organs should remain a gift for the society. We can be opted out of the system if we choose, but I think it is a better idea if we can willingly offer our organs after death.

I am sorry to hear that a lot of Japanese people passed away while they had been waiting for the transplant. Some people go to America for the transplant. In America, nearly 30,000 organ transplants are carried out per year. However, many American people are waiting for the transplant operation. It is difficult for Japanese people to go to America to have transplantation, since it costs tremendous amount of money and it will endanger patients’ lives to take airplanes. To help these people, we have to increase the number of people who have donor cards by educational campaign, or by allocating more organ transplant coordinator in every hospital. I think the development of artificial organs or the embryonic-stem-cell technology might help to solve the problem in the future.

参考記事はThe Economistのコチラ

英検スピーチ対策の体験記などを見てみると、エッセイを50本から100本作成して暗記した!という方もおられるんですね。暗記までするとなると調べたり、書いたりする時間がなくなりそうなんですが・・・。とりあえず浅く広くカバーしながらたくさんのキーワードを使って作文を書こうと思ってます。暗記はムリっぽいです。自分の言葉でたくさん書きとめていけば、いろんなトピックに対して対応できるようになると思っています。本番形式の2分にはこだわらず、出せるだけのアイデアを書こうと思ってますが、何かオススメの対策があったらアドバイスくださいませ。

スピーキング対策 Organ donationその1

英検1級2次対策の手始めに、LingQでHelenさんのディスカッションを受けてきました。ちょうど国内76例目の脳死移植があったのと、先週号のThe Economistで臓器移植のtopicがあったので、先生とイギリスと日本での臓器移植事情についてお話しました。イギリスでは年間3000例くらいの臓器移植(生体間も含めて)あるようです。日本と同じようにドナーとして意思表示をして家族が同意をする制度なのですが、「自分が死んだら、体は一番近い親族である夫のpropertyになる」という先生の発言にビックリしました。

私の中ではご遺体をpropertyと表現するのにすごい違和感があります。なんとなくですけど、遺体に傷をつけるということに心理的な抵抗感があって、なかなかドナーになるという踏ん切りがつかないです。以前はイギリスでも”五体満足じゃないと天国に行けない”という考え方が主流だったそうなんですけど、第一次大戦の時には五体満足でない兵士の遺体が多かったので、Vicarなどの聖職者が”五体満足でなくても天国に行ける”というふうな考えを世間に広めたということです。日本でも一般的な考え方を改めればドナー数も増えるのでしょうか?

イランは世界で唯一臓器提供に対して公式に金銭的保障が行われている国であり、世界一生体移植のドナー数の割合(100万人につき23人)が多い国です。イランではこの制度の制定以来11年で腎移植患者の待機がいなくなったそうです。保障方法は二つ。政府からの1200ドルと一年間の無料健康保険。またはレシピエントから2300~4500ドルを受け取るか。(原則としてイラン人以外は制度を利用できないそうです)。  英検対策のために始めたキーワード集めですが、どのトピックも奥が深くてただの試験対策でサラッと終わらせてしまうのはもったいないです。今は切羽詰っているので浅く広くトピックをカバーしようと思ってますけど、落ち着いたら一つ一つの話題をじっくりおさらいしてみようと思います。

英検仲間

英検スピーチ対策ですが、とりあえず過去問でも見てみようかとネットサーフィンをしたんですけど、なかなかまとまった過去問集が見つからなかったんですよね。あるのは英検1級受験者の体験記の中に1つか2つ。困っていたら、今日LinQ英検グループ仲間のキャプテンKさんが2001年から2007年までの過去問集をメールで送ってくれました。頼んでないのになんで困ってるってわかったんだろう!以心伝心?感激でした!

キャプテンKさん、なぼむしさんは、為になるサイトとか学習法をみつけてはブログやディスカッションで惜しげもなくみんなに情報を教えて下さいます。今のところ私はちゃっかり情報を頂いちゃっているので申し訳ないかぎり・・・。でも本当に大助かりです。 英検ディスカッショングループに参加した当初はスピーチの練習をするのが目的だと思ってましたけど、そのほかにも情報を共有したり、励ましあったり、元気の出ないときにやる気を頂いたり・・・。仲間ってありがたいです。私も少しでもいい情報とかトピックを集めて皆さんのお役にたてるようがんばりたいです。 それにしても。2001年から2007年まで過去問Topicが170題!当分楽しめそうです。

気が早いけれど

昨日は皆様に暖かいコメントをいただき、本当にありがとうございました。すっかり気が動転していたんだけど少し落ち着きました。”作文8点”妄想にとり憑かれてたのですが、皆様の励ましのお陰で、やや前向きの物事が考えられるようになりました。”まだ自己採点の段階で気が早い”とか、”落ちていたときのショックは計り知れない”とかいろいろ考えたんですけど、そういう自己防衛本能的考えは捨てて二次対策にむけて情報収集をしようと思います。  まずは環境、ヘルスケア、教育、宇宙開発などそれぞれの大テーマの中で流行りのトピックは何か、キーワードは何かをまとめていく予定です。ある程度集まってから作文を書き始めようかな。

ホーム > アーカイブ > 2008年10月のアーカイブ

カレンダー
« 2008 年 10月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Archives
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV482
UV122

ページの上部に戻る