The Glad Game > 2008年11月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2008年11月のアーカイブ

2008年11月のアーカイブ

英検1級2次試験備忘録

英検1級2次試験を終えて帰ってきました。ブログに応援メッセージをいただきありがとうございました。今朝携帯からメッセージを見て元気をもらいました。忘れないうちにとりあえず覚えているところだけ試験の様子を書いておきたいと思います。
 
 1級の待合室に集まった受験者は20名ほどでした。3グループにわかれて廊下で順番を待ちました。前の人の会話が聞こえないかな~、と思って耳をそばだててみましたが聞こえませんでした
 私が受けた教室の試験官は笑顔全開の若い女性と40台くらいの日本人男性でした。とにかくこのアメリカ人女性の雰囲気が良くてリラックスできました。感謝!そして日本人男性も”できる人!”という雰囲気を漂わせている方で、うちの田舎あたりではお目にかかることのないような素敵な男性でした
 
 英検HPにあったように、まず自己紹介を求められました。「どこどこから新幹線できました。9年間~で働いたあと、この4月から大学院で勉強しています。専攻は~です。」と答えたところ、「余暇は何をしていますか?」と聞かれました。「この1ヶ月間は英検の準備のため一生懸命勉強していました。」と答えたところ失笑?しているようでした。
 
 緑の紙を裏返すと5つトピックがありましたが、あてにしていた環境問題も、健康・技術分野もなかった気がします。パッと目に入ったのが、”テレビは今の女性の本当に姿を反映しているか?”というような題と”大学の授業料は無料であるべきか?”でした。どちらも今まで語ったことのない話題だったけど大学の授業料を選択しました。5つのトピックを何度も見直したので1分間でスピーチ構成をする時間はなく見切り発車となってしまいました!スピーチの内容は・・・
・イントロ・・・大学の授業料は無料であるべきである。大学に行きたいのに金銭面であきらめざるをえない人がいる。全ての人に高等教育をうける機会を与えるべきである。
・理由1:私は大学を卒業したあとに大学院進学を考えたが、年間授業料が50万円するのでいったん働いて貯金をすることにした。もし授業料がただならもっとたくさんの人が大学院まで進学することができる。
・理由2:アメリカではもっとたくさんの人がいったん社会に出た後に大学院で勉強すると聞いている。これは奨学金がでたりしてサポートがでるためである。日本の奨学金は不十分なので大学の授業料は無料とするべき。
・結論:大学の授業料は無料にすべき。全ての人に平等に教育を受ける機会を与えるべき。才能がある人がすべて・・・ムニャムニャで終わりでした。
 
 予想以上に早口でしゃべってしまい時間を余らせてしまったのですが、どうしても結論の最後がまとまらず文章の途中で”That’s all”と言ってしまいました。多分20秒くらい余った感じ
 
 質問は”財源はどうするか?”、”財源を確保するために税金を上げるのか?”、”私立の医学部は1億かかるというが、それも無料にするのか?” ”もし授業料がただならあなたはどこの大学に行きたかったですか?” ”日本での奨学金の制度はどんな感じですか?”でした。とりあえずどの質問内容も聞き取ることができたのでなんとか答えられたと思う・・・。

 これまでのスピーチシュミレーションはどこかへぶっとんでしまい、ウワーっとしゃべってしまったので発音とか、細かい文法間違いとか気にする余裕は全くナシでした。時間も余らせちゃったし・・・。
 ただ、すごく心配していた”二分間まったくのしどろもどろで過ごす”という最悪の自体は免れたのでそれだけでホッとしています。とりあえず今夜はもうトピックリストを見ながら唸らないですむのでうれしいです
 明日からの取り組みとか、試験の感想はもうちょっと落ち着いてから考えることにします!

いよいよ英検1級二次試験に出発

明日の試験のため午後に出発します。初めての新幹線・・・。そういえばスピーチの前に”どうやって来たのか”って聞かれるんだっけ、と思いつき慌てて新幹線という単語を調べました。bullet train・・・弾丸列車!? 覚えやすくていいけどね 念のためじゅりー先生に”Shinkansen”で通じるか尋ねてみたところダメでした。先生が持っている日本の旅行本にも bullet train と書いてあるそうです。変な名前!
 
 昨夜は定例メンバー4人でonlineのEiken discussionを受けました。自主練習の時はいつもイントロだけで時間オーバーのため、今回はとにかく手短に!を目標に意見を発表したところ、40秒余らせてしまいました。試験は明日なのに~。
 自分のスピーチの出来はさておき、このeikenディスカッションではメンバーがお互いにスピーチについて質問しあうので質疑応答のいい練習になります。人のスピーチを聞きながら質問を考えるので聞くのも必死です。そして明日の二次試験にむけて皆さんからエールをもらい元気がでました。

 じゅりー先生からイメージトレーニングのアドバイスを頂きました。とってもいい方法だなと思ったので紹介させてください。
 試験会場に入ってから試験を終えるまで出来るだけ詳しく頭の中でシュミレーションすること。笑顔で挨拶、床を見ないで試験官の目をみながら話す、大きな声ではっきりと話す、トピックの中に環境問題があったら即決して他のトピックはみない・・・など試験の順番に従って詳しく。当日の自分の一挙手一投足をイメージしながら”うまくいった!”場面のみを思い浮かべること。これを何度も何度も繰り返すことで、試験本番でも慌てず自分の思ったとおりに行動できるそうです。このイメージトレーニングを繰り返すことで闇雲に不安に陥ることは避けられそうです。

 プレッシャーを感じると全くしゃべれないので、今回は様子見ぐらいの気楽な気持ちで受けられたらいいな~。大学受験のように落ちたら1年間浪人する心配もないし とにかく2次試験を受けるチャンスをいただけたことに感謝してがんばってきます!

英検1級二次試験まであと3日!

2次試験まであと3日! 今朝は、じゅりー先生との1 on 1 discussionで本番スタイルのスピーチ練習をしました。実際やってみると自主練習の時よりもさらに時間が足りず、イントロだけで2分しゃべってしまいました。考えをまとめるのに夢中になって完全に時間の感覚を失ってしまいました。
 
 これまでずっとエッセイ原稿を書くスタイルで準備してきましたが、本番では2分間で200wordsは到底ムリ!ということがわかりました。じゅりー先生と相談して、イントロで2センテンス、理由1、2でそれぞれ4センテンス、結論で2センテンス以上、時間がくるまで、が妥当だろうということになりました。本番ではセンテンスを数えるのに足の指を使いなさいと言われましたが、これはジョークなのかアドバイスなのか判断しかねるんですけど。
 
 今までライティングではイントロの終わり文句は”I have two reasons for this.” とすることが多かったのですが、もし本番で二つ理由が思いつかない場合は、
・ I am basing my opinion ・・・
・The reason I believe this ・・・
・I feel this way because ・・・
などを使ってBody partにつなげていくという方法も教えていただきました。本番ではかなり焦るだろうから1分間ではトピックを選ぶだけで精一杯、という可能性がおおいにありそうです。沈黙のまま時間だけが過ぎる・・・という最悪の事態は避けたいので、段落構成がムリな場合の逃げ道も教えてもらってちょっと気が楽になりました。
 
 ライティングの書き方がわからず悩んでいた時は、イントロでまずトピックに対する自分の意見、現状と問題点、理由2つ、結論でまとめ(言い直し)と解決案、という定型を知ってかなり楽になりました。まだスピーチの経験が足りないので書くようには話せませんが、スピーチも自分の型が決まれば少しは楽になるかも。

 時間がないので残り3日はオーディオブックで情報を仕入れつつ、スピーチ練習のほうはリストをみながらイントロ部分だけを作っていく予定です。

Audibleセール中 英検1級スピーチに役立ちそうなオーディオブック

今月でAudibleに入会して2年でした。なんと記念にAudibleから10ドルのクレジットをもらいました!思わぬギフトに大喜び小躍りしながらAudibleを訪問しましたよ~。 しかも現在Audibleでは一週間限定の1000タイトル半額セール中。会員にはBuy4, Get$10もやっているのでもうダウンロードするしかない!という感じです。
 
 この2年間で54タイトルダウンロードしていました。我ながら結構聴いたな~。
もちろん英検2次対策にもオーディオブックを活用しています。社会人はなかなか勉強時間がとれないのでオーディオブックがあると本当に助かります。もちろん2次試験の情報収集にもオーディオブックを活用中です。
 
 スピーチのお手本としてはIntelligence Squared Debateシリーズが良かったです。これはイギリスで行われている公開討論会で毎回エネルギー問題や政治問題について賛成・反対にわかれてそれぞれ3~4人ずつ9分間のスピーチを行うというものです。時事問題の語彙や発音を知るために聞き始めたんですが、演説のうまい人のスピーチを聴くことでイメージトレーニングにもなりました。賛成派、反対派の意見を数人ずつ聞けるので自分の意見をまとめる助けにもなります。
 
 そして今日見つけたのがPocket Issueシリーズ。こちらも時事問題について約1時間半で一通りの知識が得られるようにコンパクトにまとまっています。まとめて7タイトルお買い上げ。もらった10ドルよりも高い買い物してる・・・。Audibleの思うつぼですね。でも英検トピックにぴったりなんです。どうかこの7タイトルが本番で役に立ちますように!

英検1級二次スピーキング対策 原子力発電

英検1級2次試験まであと1週間となりました。この1週間は、しっかりとした構成のスピーチを書くこと、トピックに関する情報集めをしていました。この方法だとスピーチ構成に慣れるという点ではいいけれど、週に数本しかエッセイを書けないので試験前には適さなかったかも。残り1週間は過去問リストをみて思いつく限りのことをノートに書いていくつもりです。試験前の焦っていない状態でゆっくりエッセイの準備をすればよかったなぁ、とつくづく反省!

Could nuclear energy be our salvation?

The demand for energy has been increasing, and we have to cut the carbon emissions at the same time. It is said that nuclear energy is cheap, green energy and it could be an alternative for fossil fuels. Japan relies on 30% of it’s energy for nuclear energy for 30% of its total energy. However, there are many problems as we continue to use the nuclear energy. I don’t think nuclear energy could be our salvation.

First, nuclear energy is said considered to be cheap compared to fossil fuels. However, it costs much the costs are enormous to construct the building, atomic reactor, and process the nuclear wastes. To produce nuclear power in and of itself seems to be cheap, but we should consider the whole process.

Second, it will take billions of years for uranium until it decays to decay into harmless substances. We have to take care of them semi-permanently. We owe debt have an obligation to the future generations for this.

Nuclear energy is a useful way to reduce carbon emissions in a way, but it has huge drawbacks. We have to seek for another renewable energy such as solar energy, windmills in order to meet the demand for clean energy and for our safety.

今日のテーマは原子力発電について。うちの近く、多分50kmくらいのところに原発があります。普段は全く存在を意識していないのですが、万が一事故があったら、とか放射能が漏れたら・・・と考えると怖いです。フランスは電力の80%を原子力発電でまかなっているそうです。日本もどんどん原子力発電を増やす方向なのでしょうか?
二酸化炭素の排出量を減らすためには原発を推進するのが良いようにも思えますが、nuclear wastesの管理や老朽化施設の処理などの手間を考えると、太陽光や水力、風力発電などの開発にお金を割り当てたほうがいいのかなぁ、というのが私の意見です。それに9.11テロのとき、もしペンタゴンではなく原発がターゲットだったとしたら・・・。ありえない話ではないですよね!

ホーム > アーカイブ > 2008年11月のアーカイブ

カレンダー
« 2008 年 11月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2019

2019 Reading Challenge

2019 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 1 book toward her goal of 60 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る