The Glad Game > 2009年11月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2009年11月のアーカイブ

2009年11月のアーカイブ

チューター探し

毎週楽しみにしている日曜夜のLingQディスカッション。先週はチューターさん病欠。結局そのまましばらくLingQを休業されるとのことでまたまたチューターさん探しをすることに。
”めんどくせーーー!”と正直思わんでもないけど、しょうがない、探さねばね。だってディスカッションが楽しみなんだもの。

 他のオンラインスクールはどうかわからないけれど、LingQはチューターさんが辞められたり、ディスカッションのキャンセルがあった場合、代替はありません。そのかわり、自分たちでディスカッションを組んでチューターさんにホストを頼んだり、こういう風にしたいと要望をだしたりと割と自由がきくのがいいところ。そして交渉事も英語の練習になるし・・と前向きに考えてみる。

 今回は日曜夜の時間帯に個人レッスン枠を設けていたぺいじ先生にディスカッションのホストを頼んでみました。前日に30分の1対1ディスカッションを申し込んで要望を伝えたところ、はじめてのグループディスカッションにもかかわらず、快諾してくださいました。ただし、来月12月には大学を卒業するので来月以降はLingQをお休みされてしまうそう・・・。とりあえず、3回分のグループディスカッションを確保。

 ディスカッションによっては、せっかく4人メンバーが集まってもお互いの話が通じずにチューター→生徒×4人分という会話形態になってしまうこともしばしば。その点今の日曜メンバーだと生徒間でも自由に会話できるのがいい。ぺいじ先生の後もなんとかチューターさんを探す方向で、諦めずにがんばってみよう。 

 LingQサポートから、”先週のキャンセル分の500ポイントをアカウントに返します”と昨日メールが来たんだけど、なんと5000ポイント返戻されていました。でもどう考えたって5000ポイント返される理由がない・・。そしてたまりにたまったポイント26000点・・・。黙っておこうか正直に言おうかちょっと迷ったけど小心者なので”You credited 5,000 instead of 500 points, didn’t you? ” とだけ書いてメールを送ってみました。計算間違いだった!Thank you! とのことでやっぱり4500ポイントさっぴかれました。なんか複雑~。
 正直者に福が来ますように!

Kindle

An international version of Kindle was released in October. I pre-ordered it as soon as I had heard the news. I had been waiting for the Kindle for a long time. 

When I started to read English books several years ago, I searched e-book devices. There were some Japanese e-book reader devices, but there were not so many e-books available at that time. Kindle seemed the best device, though it wasn’t available in Japan. 

There are several merits to having a Kindle. The advantage which I appreciate the most is price and portability. New books are expensive and heavy in hardcover versions. The e-book versions are much cheaper and the portability is exceptionally good. Although Kindle itself costs 25,000 yen, it will save money for keen readers when they buy many books via Kindle. 

In addition to that, downloading books via 3G network is convenient for people who live in rural areas. There are not so many English books available in Kagoshima City. I had to order them by internet, but postage was wasteful. Besides, every time I order books online, the packing boxes and delivery damages the environment. I felt guilty about that. Now I can choose many books via Kindle and I don’t have to worry about postage and the environment. 

The disadvantage of Kindle is that it only sells English books now. An article said Amazon will try to sell Japanese books for Kindle in the future, although there are some difficulties to overcome. Japanese has many Chinese characters which is more difficult for computers to process. Also, there are more than 2,000 publishers compared to America which has five or six major publishers to work with. It is tiresome for e-book publishers to negotiate with so many companies to collect a lot of content. 

The Japanese e-book market has increased in sales by 31% last year. Most of the profits were made by cell phone users. If Kindle succeeds in making Japanese contents, the Japanese e-book market will be more lively. I hope I can read both English books and Japanese books on my Kindle in the near future.

LingQディスカッション Time Management

日曜夜のLingQディスカッションはタイムマネジメントとマルチタスクについて。毎週とっても楽しみにしているディスカッションなんだけど、今回はチューター急病にてキャンセル (T_T) あまりにも残念なのでチューター抜き、日本人生徒3名でディスカッションを敢行しました。薄情だったかしら・・・。

 社会人になってから英語を勉強するからには、タイムマネジメントがしっかりしていないと到底時間がとれません。いつもディスカッションをご一緒させていただいているお二人は激務のお仕事や3人のお子さんの世話をしながら英語でも成果を出されている方たちなので、是非一度時間管理についてお話を伺ってみたかったのです。

 お話を聞いてみて感じたのは、みなさんあんまり勉強らしい勉強はしてないのに英語が上手だなぁということ。失礼な感想なんだけど。通勤や家事のお供にリスニングとか。学生じゃないので、机に座って二時間とかは無理ですもの。いかに効率よくするかが秘訣なんだろうな~。

 今まで読んだタイムマネジメントに関する本の中で一番のお気に入りは Randy PauschのThe Last Lecture か Time Managementに出てきた You don’t find time for important things; you make time. という言葉。

 ”忙しい”という言葉には自己暗示的効果がある気がする。その一言で”あれもこれも出来ないけどしょうがない”って思えしまうから不思議。ありあまるほど自由時間がある人なんていないし、何か人生で意味のあることがしたいのであれば時間は捻出しなければ。

 自分へカツをいれるために、Pausch教授のこの言葉を手帳に書いて時々見ています。要は”四の五の言わずにやれ!!”ということなんだろうか、と拡大解釈しちゃってるけど。 

 チューター抜きだったけど、いつまでも話していられる~!というくらい話しました。訂正されないほうがかえって自由に話せたのかもしれない。こういうのもたまにはいいかな。来週はチューターさんが復帰されますように~。

リスニング1500時間

おおざっぱな私としては奇跡的に続いている、学習時間記録。この度リスニング時間が1500時間を超えました~。 すごい、すごーい!! と自画自賛です。でもご褒美は先月iPhoneを買っちゃったのでナシです (・_・)

 リスニングを開始したのは2006年9月だったので、約3年で1500時間です。最初の100時間まではVOAのSpecial English などのゆっくり素材を30回繰り返し、スクリプトを確認しながら聞きました。この方法が功を奏したのか、100時間を超えた時点でヤングアダルト向けのオーディオブックが聞けるようになりました。

 リスニングがある程度軌道に乗ってくると、いつでもどこでも耳さえ空いていれば英語学習が出来るので 、英語学習の早いうちにリスニングに力を入れるのは非常に効果的だと思います。

 最初のうちは、Audibleのサイトでたくさんのサンプル音声を聞いて、ヤングアダルト向けを中心に聞き取れそうなものを注意深く選んでいましたが、最近は大人向けのベストセラー小説でも大丈夫です。

 1500時間のリスニングで気づいたことをいくつか。当たり前のようですが、ある程度のスピードをもって黙読できない本は聞いても分からないということ。わからない単語に意識が集中してしまうと、そこで集中力が途切れて後の文章が聞けなくなってしまうということです。

 この点を克服するために、私の場合多読が役に立ちました。多読では、分からない単語は飛ばして文脈から判断するので、 リスニングの時にいちいち単語でひっかからないですみます。自分がすんなりとオーディオブック学習に移行できたのは、リスニングを始める前に100万語多読をしていたからかな、と思います。

 オーディオブックリスニングで良い点は、テスト英語のリスニングがとても短く感じられること!英検では3分間ほどのリスニング問題がありますが、全く苦になりません。(リテンション力も必要なので全問正解できるかどうかは別として!)

 自分が英語学習を始めたとき、1000時間リスニングしたら一体どういう状態になるのか興味津々でした。500時間よりも1000時間、1000時間よりも1500時間と、段々聞き取りやすくなってきたのは確かです! 

英検2次試験から1年

早いもので、昨年11月に英検1級二次試験を受けてから1年。去年の今頃は人生最大級のテンパり具合だったことを思い出します・・・。うーん、あんな思いは二度としたくないなぁと思いつつ、あの頑張りが懐かしかったりして。

 二次試験前の二週間くらいは特に時間がなくて切羽詰まっていたので、週に3回仕事が終わった後、23時、1時、5時とオンラインスクールのレッスンを受けていました。睡眠時間を削ってでも・・というよりは、準備不足が心配で眠れなかったのです。
 
 明日試験を受ける知り合いはいませんが、試験を受ける皆さんが落ち着いて普段の成果を出せるよう願っています!

ホーム > アーカイブ > 2009年11月のアーカイブ

カレンダー
« 2009 年 11月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Archives
  • 2017 (3)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV190
UV39

ページの上部に戻る