The Glad Game > 2010年4月3日のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2010年4月3日のアーカイブ

2010年4月3日のアーカイブ

LingQs of the Day

ちょっとのつもりで書き始めた私のLingQ活用法の紹介ですが、書いているうちにあれも、これもとどんどん書きたいことが出てきました。せっかくなので思いつく分を全部書いていこうと思います。

今日はLingQs of the Dayシステムについてです。これ、ホントに便利なの。愛していると言っても過言ではないくらい、私のボキャビルに欠かせないアイテムです。

LingQには、LingQs of the Dayという優れモノのシステムがあります。これはSpaced Repetition System(SRS)というらしいのですが、自分が保存した単語がこのSRSのアルゴリズムに従ってメールで届くのです。

例えば、今日単語を5つ登録したとします。するとこの5つの単語は明日、1週間後、そしてすっかり忘れた頃に自分宛にメールで届きます。このメールに目を通すことで、単語の定着率が上がるという仕組みです。

これは私に届いたLingQs of the Dayメールの画像です。単語と意味のリストの他、フラッシュカードへのlinkがあります。単語をいくつ届けるかは、設定ページで選ぶことが出来ます。

私は出来るだけ毎日LingQs of the Dayが届くよう、毎日少しだけでもいいので単語を保存することにしています。もう一つ工夫していることは、お昼休みにLingQs of the Dayメールを見てそこに並んでいる単語と最近覚えた単語で英作文を作ることです。単語はランダムなので、意味のある例文を作るのは難しいのですが、与えられた単語を出来るだけ使って、楽しみながら文章を作っています。

例えば、先程の画像に出てきた単語で作った英作文は、
“You’re an albatross around my neck!”, he shouted angrily. Infuriated, she started plucking his hair one by one. He felt sick and regurgitated the shearwater he had eaten at breakfast.

何なのコレ…というようなシチュエーションの英文が出来上がりましたが、たくさんの単語を使って文章を作るのが目的なので…。たまに奇跡的に普通の英文が出来上がりますが、いろんな記事から保存した単語たちのランダムな組み合わせなので、いったいどういう文章になるのか、毎回英作文を作るのが楽しみなのです。

英作文を書いたらLingQs of the Dayメールを自分宛に返信という形にして、時間が出来たときに文法間違いなどがないかチェックしています。iPhoneから返信しているので、いつもちょこっとした英文しか書かないのですが、単語をみて使い道を考えることで記憶に残りやすいようです。

英単語をみて意味がわかっても、実際文章を作ろうとすると、自然な使い方なのかとか、コロケーションはどうなのかが気になります。使えるレベルの単語なのかチェックする意味でも、保存したLingQ単語を使っての英作文作成は単語の定着率を上げるいい方法だと思います。

ホーム > アーカイブ > 2010年4月3日のアーカイブ

カレンダー
« 1970 年 1月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Archives
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV1689
UV239

ページの上部に戻る