The Glad Game > 2010年4月17日のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2010年4月17日のアーカイブ

2010年4月17日のアーカイブ

LingQの学習時間記録機能 3000時間までの記録

私はLingQで英語学習を開始してからこれまでの学習時間を記録しています。LingQにはリーディング語数、保存した単語数、覚えた単語数、リスニング時間、ライティング語数、ディスカッション参加時間を計測してグラフ化してくれる便利なツールがあります。


プルダウンメニューから、今日、昨日、1週間前、2週間、1ヶ月間、3ヶ月、半年、昨年1年間、全期間を選んで学習時間を表示させることが出来るので、勉強量を把握するのに役立ちます。またグラフのバランスを見ることで、偏りがないかどうかをチェック出来ます。


項目の隣に+マークがついているのは、自分で手入力ができる項目です。LingQ以外での英語学習活動を手入力することが出来ます。私はリスニングは全部集計していますが、リーディングはLingQで精読した分のみです。多読は手書きでノートにまとめています。ライティングはLingQで添削に出した時点で自動入力されますが、他のサービスを使って添削したものは手入力しています。

既知の単語数やLingQ保存単語数についてはLingQのシステムで自動入力されるので、手入力で追加することはできません。これはアクティビティスコアというものを計測するためです。
Activity Score = Created LingQs+Learned LingQs+Words of Writing+(# of Events*60)

アクティビティスコアはLingQ独自の指数で、LingQでのアクティブ度を表す指標のようなものです。全英語学習者のランキングがでて、上位の学習者にはポイントが付与されます。

また、他の学習者の学習状況も見ることが出来るので、頑張っている人をみると励みになります。

学習時間の計測は面倒なのですが、何にどれくらいの時間を割いているかというのは、行き詰まった時に今後の作戦を練るために大事なことだと思います。だいたい1年間にどれくらい英語に時間を割くつもりなのかを考えておくと、なかなか実力が伸びないと感じたとき、ただ単に英語に接する時間が少ないからなのか、時間はかけているのに効率が悪いのかを知る目安になるからです。またリスニングやライティングの具体的な数値目標設定を設けることで、偏りなく系統立てて学習を進めることができます。

私が英検1級に合格した時点で、学習開始から2年11ヶ月の学習時間は2030時間でした。中学校から大学2年までの英語学習時間を1000時間と見積もると約3000時間となり、英語学習本に書かれていた”英検1級までに3000時間”という目安にぴったりでとても驚きました。この数字は別に統計を取ったわけではなさそうですが、英語をマスターするために何年か集中的に勉強しなければならないわけですから、なにか目安となるmilestoneがあったほうが励みになるのではないかと思いました。

あまりにも壮大すぎて言うのが憚られるのですが、10000時間英語に触れたらどうなるだろう…と考えています。Malcom GladwellのOutliersを読んでThe 10,000 Hour Ruleにとても興味を持ちました。大人の時間は貴重なので、ただの英語学習に10000時間も費やすつもりはありません。英語でしか得られない情報をたくさん吸収し、学んだことを活かしつつ語学以上のものを学べたら、と思っています!

関連記事 英検1級取得までにかかった時間

ホーム > アーカイブ > 2010年4月17日のアーカイブ

カレンダー
« 1970 年 1月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Archives
  • 2018 (8)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2018

2018 Reading Challenge

2018 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 5 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV185
UV129

ページの上部に戻る