The Glad Game > 2010年6月29日のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2010年6月29日のアーカイブ

2010年6月29日のアーカイブ

LingQ スピーキング

そういえば5月に書いたLingQの紹介記事が途中だったことを思い出したので、今回はスピーキングを紹介しようと思います。

まずはLingQチューターの選び方について。

1.レッスンのプルダウンメニューにあるスピーキングページを選びます。

2.予約できるチューターというページが開きます。日時順に予約できるレッスンが並んでいます。

3.顔写真の上にカーソルを重ねて、チューターの母国語とカンバセーション開催回数、ライティング添削の回数を確認します。多数セッションを重ねていらっしゃるチューターさんは、以前からのLingQチューターであり会話の進め方も慣れていらっしゃいます。

母国語が英語でない方も英語のチューターとして登録されており、そういう方達の英語レベルはまちまちなので、母国語が英語と書かれている方を選ぶのが無難だと思います。また、顔写真をクリックするとプロフィール画面にジャンプするので、チューターの自己紹介も選択の基準になります。

4.チューターを選んだらスケジュールを確認します。最初の設定で、タイムゾーンをAsia/Tokyo GMT+9にしてあれば、書かれている時間帯は日本時間です。都合のいい時間帯にチェックを入れてからサインアップボタンを押します。何枠でも連続で選ぶことが出来ます。

5.グループカンバセーションに参加したい場合は、設定されているディスカッション名をクリックします。

6.すでにトピックが決まっている場合はここに書かれています。黄緑色のコマは参加できる人数で最大4名です。

チューターを選ぶめやす

私はスピーキング、ライティングともに提供してくれる人を選んでいます。スピーキングで話す→話した内容をライティングにして添削、という流れにすることで、スピーキングの際にさらっと流してしまったあやふやなところがはっきりするし、正しい言い回しを意識することが出来ます。また逆に、先にライティングを書く→添削→わからなかったところをマンツーマンディスカッションで聞く、ということもできます。

1 on 1 とグループディスカッション

マンツーマンは詳しく話したいことがある時に利用しています。チューターさんと個人的に話したい時や、質問事項がたくさんある時は1対1が便利です。また、新しいチューターさんが加入されたらとりあえず1対1で試してみて、話しやすそうならグループディスカッションを設定してくれるようお願いしています。
グループディスカッションは、英語仲間と誘いあわせてもいいし、一人でサインアップして知らない人と同席するのも面白いです。LingQは世界中から英語学習者が集まっているので、毎週同じ枠に参加していると、そのうち他国の人とお友達になれることがあります。英語が聞き取りにくいかも、というおそれはあるものの、世界各国の英語学習者と話すのは楽しいです。聞き取りの練習にもなりますし。
グループディスカッションは参加する人が少ないのですが、毎週同じ枠に入っていると、誰かがサインアップしているところにだんだん集まってくる傾向があるようです。グループディスカッションに参加することで、たくさんの日本人LingQ学習者さんたちとも仲良くなりました。

英語のみのディスカッションに参加する勇気がない時は

ありそん先生やエドワード先生は日本語が話せるようです。もちろん英語でのディスカッションが前提ですが、”もうどうにもなりません!”という時は日本語もわかってくれる先生のほうが安心かもしれません。また、日本人で英語が堪能な方も英語レッスンを提供されています。
WestEnderさんが初心者の日本人英語学習者のために1 on 1 lessonを設けてくださっているので、最初から英語のみのレッスンに抵抗がある時はWestEnderさんのレッスンを受けてみられるといいと思います。

LingQのスピーキングは15分で約500円ほどです。グループの場合も値段は同じで、時間が参加人数×15分になります。流行りのフィリピン系オンライン英会話と比べると割高かもしれませんが、チューターはアメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスなど各国の先生がいらっしゃいますし、何より自由が利くのが魅力です。こちらの希望を伝えることでフレキシブルに対応してくださるし、ライティングとスピーキングを同じ先生に担当してもらえるというのも利点です。

グループディスカッションは時間がもったいない、と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、英語は話せなくてもがんがん自己主張してくる外国人とディスカッションする練習をすることは大事なことですし、外国人相手だと説明の仕方も工夫しないと上手く伝わらないので実践的な英会話の練習になります。日本にいるとなかなか英語を話す機会がありませんが、LingQのスピーキングを利用することで英会話の経験を積むことができるのでオススメです。

ホーム > アーカイブ > 2010年6月29日のアーカイブ

カレンダー
« 1970 年 1月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Archives
  • 2019 (6)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2019

2019 Reading Challenge

2019 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 1 book toward her goal of 60 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る