The Glad Game > 2011年6月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2011年6月のアーカイブ

2011年6月のアーカイブ

ディスカッション備忘録 トム先生

I’ve been using Twitter since May 2009. Two years have passed, but there was no sign of getting tired of it.

I joined a LingQ conversation with four Japanese participants on Sunday. It was a casual conversation, and one of the topics, “communication skills”, moved naturally to Twitter. The tutor valued face-to-face communication rather than Twitter or Facebook. He said that connections via Twitter is a lazy way of communicating with people, and we should meet as many people as we can in person, and hug each other.

I didn’t disagree with him during the discussion, because there wasn’t much time left at that time. After the discussion, I regretted not expressing my ideas about Twitter.

Meeting people in person is certainly a great way to know each other, but the variety of people we can meet is limited to where we live unless we travel all over the world or become a celebrity whom everyone comes to see. On the other hand, we can get to know new people on Twitter regardless of our profession, place or age. I can follow as many as I like, and others follow me if they find something interesting about me. Easy availability of new acquaintances is one of the appealing features of Twitter.

People who don’t use Twitter might say the relationship might be shallow. It is true that for many people who follow thousands of people, the relationship would be shallow as we can’t deal with such a large group of people. Although, as I carefully follow the tweets of the new acquaintance, I come to know what kind of person he/she is. Then, I select people whom I really want to become friends with. Twitter is like panning for alluvial gold in a river. What we value as gold is different from person to person, and it is worth trying to find a new friend from vast scope of shallow relationships.

Twitter just gives us an opportunity to make new friends. Whether or not we have a good relationship depends on the users. I don’t heed advice from those who just criticize without trying what they are criticizing. I understand that the tutor prefers face-to-face conversation to Twitter, but he doesn’t have to call people lazy unless he has experienced the advantages and disadvantages of Twitter.

 

日曜日、トム先生のディスカッションにて。チューターの先生はTwitterやFBなどはコミュニケーションのうちに入らない!という勢いで否定していたのですが、時間がなくて反論できず。残念だったので言いたかったことをまとめてみました。

Twitterを通じて新しい人と知り合い、いろいろな情報を与えてもらって感謝していますが、日曜のディスカッション後、あらためてTwitterでの自分の発言を振り返ると、あまりのお気楽ぶりに心底自分が嫌になってしまいました。英文日記ではTwitterは使い方次第、と書いたものの、使い方を見返したことで自己嫌悪のループに入ってしまった。冷静に振り返ってはいけないものだったのかもしれません(>_<)。とりあえずTwitterからは撤退することにしました。

 

ディスカッション備忘録 レイチェル先生

日曜にレイチェル先生のプライベートレッスン15分を受けました。イギリス在住の先生には是非BBCドラマについて聞く!と意気込んでディスカッションに臨んだものの、先生に日本の喫煙率のことを聞かれ、出鼻をくじかれてしまいました。しかもこのトピック、英検1級試験前に情報を仕入れていたはずなのに、すっかり忘れており、だいたい女性が10%台で全体が20%くらい?と曖昧な回答になってしまいました。ディスカッションが終わってから調べたところ、女性が11.9%、男性が38.9%、全体で21.8%でした。

 

その後、日本の喫煙事情から無理やり医療ドラマ→目的のイギリスドラマの話へ。先生に是非聞いてみたかったのは、イギリスドラマの発音のこと。初めて見たイギリスドラマのMerlinでは、あまり発音は気にならなかったのですが、その後Doctor Who, Torchwoodと現代ドラマを見るようになって、普段オーディオブックやBBCニュースで聞く英語とはだいぶ違うと感じました。エイの発音がアイに発音されていたり、t が脱落していたり‥。Beautifulがビューフルと発音されているのには驚きました。レイチェル先生によると、ちょっとコックニー訛りなのでは?ということでした。BBCドラマばかり見ているのでうつってしまいそうですが、真似をしないように、とのことです。

 

15分枠だったのでトピック2つで精一杯でした。ここのところ悩んでいるのが、もうちょっとスピーキングの数を増やしたほうがいいかどうかということ。2008年からディスカッションに定期的に参加するようになって3年がたちました。当初と比べると、アワアワ・モゴモゴの時期は過ぎましたが、冠詞の抜けや時制の間違いなどマイナーなミスがポロポロあります。そういう凡ミスをなんとかしたい。場数を踏めばもうちょっと良くなるものなのかが悩ましいところです。フィリピン系のオンラインスクールだと、月50レッスンで5000円前後くらいだし、そういうところでガンガン話している人の様子も聞いてみたい。

 

レッスン後、話した内容をまとめてレイチェル先生に添削を提出しました。LingQでは会話をした先生がライティングも受けつけてくれれば会話の復習を英作文にして出すことができるのが良い点ですが、マンツーマンだと15分500ポイント(約5ドル)で他と比べて割高で、毎日受けられないのが残念なところです。

 

レッスン後のフィードバックで、間違えた箇所をタイピングしてくれた他に、ちょっとしたコメントを頂きました。マイナーエラーを無くしたい!と先生に言った覚えはないのですが、細かいエラーは気にしないこと、と書かれていました。エラーは気にせずコミュニケーションを重要視するのであれば毎日でも話したほうがいい気がするし、正確さを増したいのであれば、ディスカッション後に英作文を提出して細かい部分まで反省したほうがいいような気もする。今月はライティング月間だったのでディスカッション+その後の作文というノルマが丁度良かったのですが、今年後半をどうするかをきめなくては。

Your pronunciation was very clear except for the exceptions above. Don’t worry too much about minor errors as I think fluency and communication are far more important. At no point do I have any difficulty understanding you and I think that you are very inspiring.

Discussion summary.

This is a summary of today’s conversation. I also did some research on today’s topic and added what I wanted to sayduring the conversation.

We talked about smoking in Japan. When I was asked about the smoking rate in Japan, I forgot the exact number and answered that the female smoking rate is among 10% to 20%. The correct statistics are 11.9% for women, and 38.9% for men, and the overall average rate is 21.8%. Although, the number of smokers has been decreasing gradually considering the fact that the highest smoking rate was 83.7% in 1966, Japan has the 5th highest smoking rate in the world. One of the reasons for the relatively high smoking rate is that the price for tobacco is cheaper compared with other countries. The price of a packet of tobacco used to be 300 yen (2.5 pound), and increased to 410 yen last year, it is still less than half the price of England’s. Lenient regulation of advertisement might be another reason for the high smoking rate. Several years ago the Japanese government made a new law to require an ID card to purchase tobacco from vending machines to prevent teenagers from smoking, I hope men’s smoking rate will also decline over time.

Then, I asked about pronunciation of BBC dramas. I realized that the pronunciation of heroines in BBC dramas is different from BBC News. Rose Tyler in Dr. Who pronounced ei as ai, and she said beauiful without t sound instead of beautiful. You told me that it was a Londoner’s accent, and it would be better for me not to acquire the accent. English people don’t want their children to have any dialects or accent. (Or did you say the least thing mothers want for their children is dialect or accent? ) It’s still good for me to watch the drama and understand different dialects for my English study.

ディスカッション備忘録  Why are you learning English?

昨夜は2つのLingQグループディスカッションに参加しました。一人目はイギリスのレイチェル先生。長く看護師をされていましたが、現在はCELTAの資格を持ち、語学学校で英語を教えていらっしゃるそうで、海外の医療者に6週間で医療英語を教えるコースも受け持たれているそうです。ディスカッションのテーマは”英語を学ぶ目的”。これはよく取り扱われるトピックなのでわりと話しやすかったです。

英語学習を再開した2006年は、さしたる目的もなく、ただなんとなく始めただけでした。日常生活や仕事で英語を使うチャンスもなく、よくありがちな”映画を字幕なしで見られればいいな”程度のことだったと思います。LingQや多読多聴にはまって、それなりに英語が理解出来るようになると、英語で情報を仕入れたり、海外ドラマを見たりすることで、あまり”勉強”を意識せずに英語に触れられるようになりました。これまで仕事で英語を使うことないし・・と思っていたのも勘違いで、英語の文献や仕様書を読めれば格段に知識が広がることにも気づきました。海外のカンファレンスで発表出来たのも、英語学習をしていたおかげでチャレンジしてみようと思えたから。

 

日本とは違う考え方に触れられたのもよかった。特に女性の生き方、考え方が日本とはだいぶ違うと感じました。最近読んだ Bossypants は、男性中心であったコメディ俳優の世界に飛び込み、成功をおさめただ Tina Fay の自伝ですが、性別に関係なく努力で自分の夢を勝ち取る姿に感動しました。日本にいて日本のメディアだけに囲まれていると、女子力だとか、年齢にふさわしい生き方などの固定観念を常に意識させられて窮屈に感じるので、強くて魅力的な女性のロールモデルについて知ることができたのは大きな収穫です。

 

仕事や生き方の面でも色々と良い影響を与えてくれた英語学習ですが、今一番うれしいのは海外のドラマを見られるようになったこと。日本語字幕を待つよりも、英語で見たほうが選択肢が広がります。結局のところ、好きな俳優さんを見つけて、その人みたさに日本では未発表のドラマや記事を読み漁る。ミーハー心が強いモチベーションになっています…。

 

I have been learning English at LingQ since September 2006. When I started learning English, I didn’t have opportunities to use English in my daily life. Now, I can enjoy English dramas without subtitles, listen to English audiobooks on commute to my work, and speak with LingQ friends from all over the world. I also gave a presentation at an international  conference last year. I wouldn’t have had such an opportunity if I hadn’t studied English. I will be going to France to give another presentation at the end of August this year.

I’m glad that learning English has opened up so many new opportunities, but I am most grateful that I can watch the latest drama episodes on the internet thanks to my hard study. What I’m into now is English dramas such as Merlin, Doctor Who,Torchwood, and Glee. Since the Japanese translated version of these dramas usually takes a year to be published, watching these dramas in English is a strong incentive to learn English.

ディスカッション備忘録 Body language: the significance of gestures or vocalizations

昨日のLingQディスカッション2つめ。スウェーデン在住のマリア先生のグループディスカッションで、参加者はフランス人一人、日本人2人でした。

マリア先生によると、北部に住んでいるスウェーデン人は寡黙だと言われているそうです。あまり言葉を発せず、同意する時は”Yes”というかわりに”シュッ”とストローで息を吸い込むような音を発するんだとか。知らないでお話をしている途中に”シュッ” ”シュッ”と言われたら、ただの気味の悪い人と思ってしまいそう。

 

ジェスチャーは違いますが、日本でも東北の人は寡黙だと言われていることをお話しました。寒すぎるのであまり口を開かないから、というのが理由だと聞いているのですが、本当のところはどうなんでしょう。マリア先生に、北部のスウェーデン人が喋らないのも寒すぎるせいだからじゃないですか?と聞いたらば、そういう説は聞いたことがないけど、そうかもしれないと納得されていました。同意を表すために”シュッ”と息を吸ったら、冷気を吸い込んで余計寒くなる気もする。吸い込むかわりに”ハァ”と息を吐いたほうがいいのではないかとも思うのですが、今度はため息みたいに聞こえてもっと嫌かも。

 

I talked with a person who is British living in Sweden. She told me that the northern Swedish are quiet people. When they agree with something, they make a sucking sound as if they suck through a straw instead of saying yes. I’ve never heard of that, and I would think it’s weird if a Swede made such strange sounds during a conversation.

Interestingly, the gesture is different, but northern Japanese people are also said to be quiet. The reason why they are taciturn is that it’s too cold to open their mouths to speak. In addition, northern Japanese people don’t open their mouths wide while they speak, which makes a unique accent of their own. I don’t understand what the local people say, and there are sometimes Japanese subtitles on TV if the accent is too thick. They also save words. In Japanese, “watashi” means “I” in English. It has three syllables, wa, ta, shi. People in Tohoku say just wa, instead of watashi. Shortening of words help them to save energy in cold weather.

I assumed that northern Swedes save words for the same reason. Although, it would be better to breathe out instead of breathe in because sucking cold air makes us colder. Foreign people will be more confused if Swedes sigh every time they consent.

postcrossingを始めました

TwitterでKeikoさんに教えていただいたpostcrossing を始めてみました。これが予想以上に面白くて、かなりハマってしまいそう。

 

postcrossingは2005年にポルトガルの学生が始めた、ポストカード交換サイトです。無料で登録でき、メンバーは204カ国から229,859人(2011年6月現在)が登録しているようです。しくみは、まずウェブサイトに登録し、自分のprofileを書き込んだら、画面左端にあるSend a postcardを選びます。

そこで説明の下にあるチェックボックスにチェックをいれて、住所をリクエストするとメンバーの中からランダムに1名が選ばれて住所を見ることが出来ます。最初に送ることが出来るポストカードの上限は5人までです。その人のプロフィールページをみると、自然が好きとか、芸術的なものが好み、あなたが住んでいる街のポストカードがいい、などと好みが書いてあるので、好みにあったポストカードをチョイスします。好みは書いてあるものの、たいがい”でもなんでもウェルカム!”と書いてあるので、必ずしも相手のお好みに合わせずとも、自分の好きなポストカードを送ってもOKのようです。

70円切手を貼って、ちょこっと近況などを書いてから、postcrossingから指定されたポストカードのID番号、JP-○○○○というのを必ず書いて投函します。これは、相手にポストカードが届いた時に、”届きました”とpostcrossingのサイトに登録してもらうのに必要な番号です。相手が登録してくれると、自分にもランダムな相手からポストカードが届くようになります。

ふつうの文通サイトと違って、決まった相手と文通を続けるわけではない、というのが面白いところです。ランダムに選ばれた相手に1回だけポストカードを送り、こちらも知らない人からランダムにポストカードを受け取るという仕組み。文通だと一度にたくさんの国の人を相手に出来ませんが、postcrossingならたくさんの国からポストカードを受け取ることができます。

 

ポストカードを出す前に、postcardの写真をアップロードすることが出来ます。これは実際に相手にハガキが届いて、registerしてくれると、相手も見られるようになります。

これらの写真はのちに、postcard wallで、自分が送ったハガキ、受け取ったハガキの画像をコレクションとして見ることが出来るようになります。また、メンバーはお互いにこのwallを見ることができ、自分に届いたわけではないが、気に入った絵葉書のイメージをfavoriteとして登録することも出来ます。

アメリカの方に送ったこのポストカードは、”ちょっと地味かなぁ”と送るのを迷ったのですが、相手が登録してくれた後、3人の見知らぬ方が早速favoriteに登録してくださいました。日本的な地味さがよかったのかも‥。

 

葉書を買うのも楽しみですが、切手も楽しみの一つ。postcrossingを始めてから、久しぶりに切手を購入しました。ベルサイユのばらと日本のアニメの切手です。

 

このサイト、非常に良く出来てます。モルドバ共和国への住所をゲットしたのですが、”モルドバ?南の島だっけ?”と思いながら相手のプロフィールを確認しに行くと、我が家から相手の住所への距離を示した地図と、国名へのリンクがついています。どうやら私はモルドバとモルディブを混同していたようです‥。

Moldovaをクリックすると、Moldovaの情報と、モルドバからのメンバーについてのページに飛びます。Wikiページへのリンクも貼られているので、ポストカードを送る相手のことを思いながらWikiを読んでみると親近感が湧いて読みやすいです。こういうご縁でもなければ、一生モルドバという国について知ろうとすることはなかったでしょう!

 

Mapページでは、自分が送ったポストカードの行き先を見ることが出来ます。どんどん送ってこの地図を賑やかにしていくのも楽しみ。

 

日本からは3000人ほどのメンバーが登録しているようです。実際の住所を書かないといけないので大丈夫かな、と思ったのですが、一度に送ることが出来るポストカードは5枚で、やりとりの数が増えても最大20人までなので、大量無差別ダイレクトメールなどの業者は割りに合わないのではないかと思います。また、こちらから最初の葉書が相手に届いて相手が登録してくれたら、自分の住所にもランダムに葉書が届き始めるという仕組みですので、迷惑な葉書が流通することはないのではないかと。

 

中学、高校の頃、文通が大好きだったので、これでまた海外からの葉書が届く楽しみを味わえるかと思うとワクワクします。サイトの説明に、

The element of surprise of receiving postcards from different places in the world (many of which you probably have never heard of) can turn your mailbox into a box of surprises – and who wouldn’t like that?

とありますが、mailboxがbox of surpriseになる、というコンセプトは素晴らしいと思います。

 

ホーム > アーカイブ > 2011年6月のアーカイブ

カレンダー
« 2011 年 6月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV632
UV83

ページの上部に戻る