The Glad Game > 2011年7月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2011年7月のアーカイブ

2011年7月のアーカイブ

現在の単語年齢はいくつ?

なぼむしさんに教えてもらった語彙数測定サイト。測定の方法によって語彙数は違うのですが、以前読んだコチラの記事では、英語ネイティブの語彙数は75,000語、その中でアクティブなのは50,000語とありました。いくつか記事をあたってみたところ、アクティブな語彙数が60,000語と書いてあるものもありましたが、だいたい教養ある大人の語彙数は75,000語あたりであると思われます。

 

先ほどのサイトでは、辞書からランダムに選ばれた単語で少なくとも1つの意味を知っているものをチェックしてきます。なんとなく見たことがある・・程度の単語はチェックしてはいけません。2ページほど単語チェックをした後、簡単なバックグラウンド情報を入力すると、派生語を含まない語彙数のレベルが表示されます。入力欄が空欄でも結果を見ることが出来ます。複数回テストする場合は2回目以降は空欄のほうがサーベイする側にとっては良いようです。

 

英語ネイティブ、英語の学習者の両者を含め20万人がこのテストを受けており、統計から現在の自分の単語数がネイティブであれば何歳にあたるのか、SATレベルではどのくらいかをコチラのページのグラフで見ることができます。テストの結果、私の語彙数は20,600語でした。こちらのサイトでは派生語等を含まない語彙サイズが測定されており、英語学習者の平均は2,500から9,000語、英語ネイティブは20,000から35,000語とのことです。

 

グラフをたどってみると、私の語彙サイズはだいたい15歳から16歳にあてはまりました。

 

これは自分の体感レベルとピッタリでした。洋書を読む時に小・中学生向けの本は日本語で読むのと変わらない感覚で読め、大人用のベストセラーも辞書をひかずに読みますが、バックグラウンド知識のない政治・経済、科学系の記事は知らない単語が満載で深く理解するためには辞書を必要とします。

 

ネイティブでも16歳と22歳の単語数には大きな開きがあります。しかも40歳位まで順調に伸び続けています。大学入学準備のための勉強や、大学入学後に大量の資料読み込み、レポート作成をこなすことで、飛躍的に語彙力が伸びたのではないかと思います。

 

V-SATのグラフで見てみると、語彙数20,000語そこそこでは500。800レベルの人とは10,000語の隔たりがあります。

 

どんなものでもある程度読みこなせるようになるまで後10,000語必要なことがわかりました。今のレベルが16歳で、これから大学受験、大学生での授業で語彙を獲得するのと同じくらいであると仮定すると結構な労力です。しかし、語彙はやればやっただけ見返りがあります。たくさん読み、読んだ中から単語を覚えると、次からの読書がどんどんと楽になっていきます。効果を実感出来ると、単調なボキャビルも続けられると思います。

 

このボキャビルテストと解析結果は、多読でどれくらいのレベルのものを読めばいいかを判断するのにも使えそうです。語彙サイズからネイティブ相当の年齢が分かれば、Amazonなどで本の対象年齢が書かれていますので、子供用・ヤングアダルト向けの本を読んでいる、初級〜中級レベルの学習者は参考になるのでは。

 

 

According to a survey of vocabulary size in native English speakers, college graduates have 75,000 passive words, in which 60,000 are actively used. Since acquiring as much vocabulary as possible is one of my goals in learning English, I have been interested in how many words I had learned over these years.

 

My friend, Naomi, introduced me to a website, which enables us to estimate our vocabulary size by counting randomly chosen words from a dictionary. Over 200,000 people, including both native speakers and foreign English learners, have already taken the test, and the estimation was derived using the statistics. Without including word derivatives and phrases, the average word number falls between 20,000-35,000 for native English speakers, and 2,500 – 9,000 for learners of English in this test.

 

I was found to have 20,600 words, which is equivalent to 15- to 16-year-old English native speakers.  The number seems plausible, because I can comfortably read young adult books or bestsellers, but find it difficult to read complicated news articles without a dictionary. When looking back, I was able to read bestsellers when I was a junior high school student, and started to read classics or challenging non-fiction in high school. My reading level in English is almost the same as when I was 15.

 

I’ve been trying to memorize new words from my reading materials using LingQ flashcards for 4 years. As a non-native speaker of English, lack of knowledge of common words such as sleet, tap water and lapel, as well as advanced SAT words, makes my comprehension of the language patchy. Judging from the aforementioned graph, there is a big gap between 16 years old and 22 years old among the English-speaking population. Students must work hard on their SAT preparation and start using more advanced words at the university.

 

Since I’m now a “16-year-old” girl in terms of English vocabulary, I should work hard to become a full-fledged adult. Memorizing new words seemed to be an ordeal, however, the effort surely bears fruit in many ways.

 

This information will help English learners to know their level, and will be an excellent guide when choosing books appropriate for them.

Sherlock

今はまっているドラマその1.BBCのドラマ Sherlock

最初この二人を見た時は”なんか残念な感じの二人やな・・・”と思ってしまったのですが、動いている二人を見たら一目で好きになってしまいました。

 

舞台は現代。お決まりの帽子にパイプもなし。ワトソン医師が日記に記していた事件簿はなんとブログという形に。シャーロックもScience of Deductionという自身のホームページを持ち、スマートフォンを駆使して事件を解決します。確かにコナン・ドイル原作のシャーロック・ホームズが元になっているのですが、原作の持つイメージを保ちつつ、全く新しいタイプのシャーロック・ホームズ像が出来上がっています。

そして俳優さんも素晴らしい。シャーロックの傲岸不遜な態度、番人受けしなさそうなハンサムさ・・・。シャーロック・ホームズが現代に生きていたらこんな感じだったに違いありません。ワトソンは原作と同じくアフガニスタン帰りの軍医。シャーロックと比べると随分コンパクトで年上なのに可愛らしいです。私が原作で読んだ時は、”ワトソン君”と呼ばれていて助手のような扱いかと思っていたのですが、ドラマでは良きパートナーとなっています。

原作を読んだ時は思いもよらなかったのですが、現代において30を過ぎた独身男二人が同居しているとあらぬ疑いをかけられるわけで。。。女家主さんにベッドルームは2ついるのかと聞かれたり、レストランではワトソンがシャーロックのデート相手と間違われたりと、現代ならではといった感じです。

昨年イギリスで90分3本のミニシリーズとして放映され、今秋シリーズ2が放映されるそうです。日本では8月22日〜24日、BSプレミアムで放映されるようです。

Sherlock

There was a time when I buried my nose in a book. The series I was really into was “Sherlock Holmes”, which was translated for Japanese children. I usually borrowed books from a library, but I asked my parents to buy the series because I was obsessed with the stories, and wanted to own the books. Come to think of it, Sherlock Holmes helped to build my lifetime reading habit in my youth.

When I found the BBC drama “Sherlock”, I was fascinated but afraid of breaking my good old image of the story, although the idea of Sherlock Holmes living in a modern era, owning a website and cracking the case using a mobile phone was too irresistible to ignore. What is more, Doctor Watson writing a blog to introduce cases instead of a dossier, was striking enough to convince me to watch the series.

The program went beyond my expectations. The new Sherlock Holmes was younger, taller and better looking than I had imagined and far more attractive than I had anticipated. Even his impertinence makes him enchanting. What makes the drama interesting was their relationships. I had imagined Dr. Watson was a kind of assistant or an observer, but they are more like good partners in the drama. Besides, in these modern times, two single men in their 30s , living as flatmates, sometimes arouses nosy suspicion . It was funny when the landlady asked Dr. Watson if they needed two bedrooms with a knowing attitude or when he was misunderstood as Sherlock’s date at a restaurant. I had never thought about it when I read the original in my childhood.

I was quite satisfied with the new series and can’t wait to watch series two this autumn. Luckily, more than 20 years have passed since I read the series, and I have forgotten the detailed storyline so I can enjoy the stories as a new work. I’m tempted to read the original again, but it might be better to wait until after season2.

 

あまりに好きすぎて力いっぱい感想を書いてLingQの添削に出したところ、A Japanese perspective on English classical literature and its adaption to the small screen.’というタイトルをつけて頂きました。チューターのコメントはこちら。

”You write really well and you’ve used a lot more conjunctions and extended sentences in this article. Not one error in the first paragraph! Be careful with the use of articles, which you do tend to omit. It’s a great little article, Yuko, which made me want to watch the series. You should think about submitting it to ‘Viewshound’ titled ‘A japanese perspective on English classical literature and its adaption to the small screen.’”

 

シリーズ2が本当に楽しみです!


ディスカッション備忘録 Political Correctness

LingQグループディスカッションに参加しました。へれん先生が白人と黒人の間に生まれた子供の肌の色を“Biscuit skinned”と表現したのが面白くて、そこからpolitical correctnessの話になりました。日本で生まれ育つと周りはすべて日本人ということが多いので、他人の肌や髪、目の色を意識する機会はあまりありません。ところが、英語で書かれた小説などを読むと登場人物の特徴が詳細に記述されていることに気づきました。アメリカでは人口の約12%が外国生まれ ということで、見た目のバリエーションも多彩でしょうし、身体的特徴を詳細に述べる必要があるのではないかと思いました。

他に参加者がいなかったので、最近ドラマで見た“blackamoor”という単語について尋ねてみました。黒人女性について説明する時に使われていた単語なのですが、単に古いのか軽蔑的なのかを聞いてみたところ、”シェイクスピア時代の言葉みたいね。アフリカから船に乗せられて連れてこられた奴隷を連想させるし、軽蔑的ね。”ということでした。質問した時は記憶が曖昧だったのですが、へれん先生の答えを聞いて、これはまさにドクター・フーで見たシェイクスピア本人の言葉だったことを思い出しました。単語を聞いただけで言葉が使われたシチュエーションがわかるんなんてすごいな〜。そういえばシェイクスピアのヴェニスの商人に出てくるムーア人のことだったのかも。西洋人にとっては常識か…。日本語で例えるならば、”拙者”と言われて”時代劇のお侍さんみたいね”とパッとわかるような感じなんでしょうか。blackamoorという言葉は、北アフリカのイスラム教の人たちを指す言葉で、昔イベリア半島に攻めていったこともある人々であることを教えてもらいました。

 

質問すると”blakamoor? 知らないわよ。イヒヒッ☆”というふうに笑ってごまかすような先生もいます。単に英語を話せるというだけでなく、ちょっとした質問にもちゃんと答えてくれて、文化的な情報も教えてくれる先生は貴重です。

 

Political Correctness

When talking in English, political correctness in racial issues is one of the most difficult topics. One possible reason for this is almost 98% of the people in Japan are Japanese, and the rest are mostly Chinese and Korean. As our skin, hair, and eye color are almost the same, I am not usually conscious of features. I found it very interesting that in English novels, authors describe physical features in detail. These descriptions are unnecessary in Japanese novels, because we don’t distinguish other people by color. I’ve heard that 12% of the people in America were foreign born, so the information must fit in naturally for people living in diverse cultures.

 

I talked with a British tutor on LingQ the other day. The tutor described a person as “Biscuit skinned”, which I felt funny at first, but it sounded discreet. As I don’t know how to describe skin color without offending people, I thought the topic was best not mentioned in discussions. Luckily, nobody showed up for the group discussion. I asked about words which I guessed were offensive. I’ve heard the word “blackamoor” to mention a dark-skinned person in a drama, but I wasn’t sure whether it was just quaint or rude. She said that the word reminded her of the times of Shakespeare. I learned that the word originally indicated North Africans, who occupied Iberia Island once, but it’s out of date and offensive. I was surprised, because the word came from Shakespeare himself in the drama, and she exactly guessed the person. Lack of cultural background also makes it hard to use words delicately. I need to read as much as I can to understand cultures as well as the language.

 

This is just an aside. I thought there were no politically incorrect words to describe a person in Japan, however, I was wondering why baldness seems the most striking feature when depicting a man. Of all the characteristic parts, baldness always comes first. If I say, “I forgot his name, uhmm, the bald man! ” my friends reply, “Oh, I see! ” It doesn’t matter if he is handsome or tall. I should ask this issue in a ladies-only discussion someday.

Should there be advocate groups for bald, I would be in deep trouble by writing this. I hope there aren’t any.

バーチャル夏休み参加

なぼさんがやっていらっしゃる 100 Wish List のバーチャル夏休みに参加することにしました。早いもので今年で3年目なのですね。第一回目第二回目 の様子を振り返ってみると、毎年ライティングの目標をたてて実行できているようです。去年一昨年のことなのに既に記憶があやふや。ブログに書いてて良かった。

 

今年は8月末に大きな仕事があるのでガンガン量をこなせそうにありませんが、読みっぱなしでほったらかしになっていた洋書3冊の英文読書感想文を課題にしようと思います。読んだ本は、

  1. Bonobo Handshake: A Memoir of Love and Adventure in the Congo
  2. Bossypants
  3. The Hangman’s Daughter

の3冊。出来れば7月8月のライティング語数目標6,000語も達成したいです。

 

普段やっているLingQ での精読、フラッシュカードを利用したボキャビル、通勤中のオーディオブック、海外ドラマ視聴などもぼちぼち続けています。”やった自慢”をしている割には量が少ないので、”勉強した!”報告を見かけても話半分で受け取ってください。 m(_ _)m

 

専門用語の発音

専門用語の発音を学ぶために使っているサイト。khanacademyBiology course.  電子黒板みたいなのがスゴイ。先生の板書風なんだけど、手が画面に映ることもなく、字が浮かび上がってくるのです。

 
 普段の英会話の時は細かい発音の違いはあまり気にならないけど、外来語をカタカナで発音する弊害はかなり大きく、専門用語は正しく発音しないとわかってもらえないことが多いのです。たとえば、コラーゲンはコラジェン、大動脈は日本語読みのアオルタではなくエーオルタとか。”あんまり違わないじゃん、わかってくれよ!”と思うのですが、日本人が思うほど小さな違いではないのかも。

 学部生の時、中国人の院生に実験のお世話になったことがありました。4ヶ月程、週3回配属された研究室に行って研究を見学するのですが、教員にとって学生の相手は面倒くさいらしく、外国人留学生にあてがわれることが多かったです。中国人の女性は穏やかで日常会話程度の日本語は流暢にできる人だったのですが、実験内容のことはほとんど聞き取れませんでした。”餃子の具は何をいれるんですか?”とか、そういう他愛のない日常会話は通じるのですが、実験のこととなると何を言っているのかさっぱりわからない。とりあえず見よう見まねでこっちの試薬を吸い上げてあちらのガラス管に入れ・・といった感じでした。顕微鏡で光る細胞を見せられて、彼女がか細い声でいつも言っていた”キーコゥソメェ”が蛍光染色であるということに気づいたのは3ヶ月ほどたってからのことでした。もしかしたら私のAorta→アオルタも同じようなレベルなのかもしれない・・・。

 khan academyには生物以外にも、数学や化学、経済などたくさんの授業があります。以前見つけた時は、経済から見始めて挫折してしまったので、今度は自分に必要な分野から見ていこうと思います。学校を卒業した後で、こんなにわかりやすい授業に出会うとは思いませんでした。しかも英語での授業なので、わざわざ”この英単語はなんて発音するんだっけ?”と後で調べる必要もありません。ありがたいことです。
 

ホーム > アーカイブ > 2011年7月のアーカイブ

カレンダー
« 2011 年 7月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV610
UV106

ページの上部に戻る