The Glad Game > 2011年8月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2011年8月のアーカイブ

2011年8月のアーカイブ

ディスカッション備忘録:ロシアの大学院生さんと

昨日参加したLingQのグループディスカッションは、偶然にもロシアの社会人大学院生の方とでした。さらに偶然にも、彼も来週国際学会に参加するとのことで、分野は違いますがお互いの研究の紹介などをしました。発表前に英語ネイティブではない人と英語ディスカッションしたいと思っていたので、とてもよい機会でした。

 

 流暢な英語を話す方で、物理の世界では英語が共通語なので、共同研究をしたり学会でディスカッションするためには英語が必須とのこと。大学院で特別に英語の授業があるわけではないので、自力で勉強しているとのことでした。昨日のディスカッションでは、研究内容の他に、日本、ロシア、アメリカの奨学金について紹介したり、世界的な不景気のために研究予算がカットされていること、NASAのスペースシャトルの終了について話し合いました。話題があちこちに飛ぶにもかかわらず、きちんと意見を言えることに感心しました。

 

 グループディスカッションで英語が上手な方とお話する機会がある時は、どうやって英語を勉強しているか聞いているのですが、海外の英語学習者は、とにかくたくさん読んで、聞いて、その中から単語を覚えるというシンプルな学習法の方が多い印象です。昨日お話したロシアの方も、研究関連の内容について多量に英語記事を読んで勉強しているとのことでした。

 

 LingQでは海外の英語学習者とグループディスカッションでご一緒する機会がありますが、話題豊富な方と話すのはやはり楽しいです。自分も幅広いトピックに対応し、話していて楽しいと思われる人でありたいものです。

 

フィッシング詐欺Tweet

うっかりフィッシング詐欺Tweetリンクにひっかかってしまいました。相互フォローしているものの、一度もやり取りをしたことのない方から、”LOL.. you’re in this picture”というメッセージとともに、リンク付きのダイレクトメールが来ました。日本人の英語学習者の方なのですが、Tweetは全部英語でします、とプロフィールに書かれていたので、英語Tweetであることを不審に思いませんでした。何か私に警告しているのかな?とリンクを踏んだところ、Twitterのログイン画面そっくりのWebページへ。この時点で、このログイン画面が偽物だとは気づきませんでした。

ログインしたところ、Stalk Trakというヘンなアプリに接続してしまい、誰が私をStalkしているかというリストが出たのですが、これらのUserは見知らぬ外国の方ばかり。Stalk Trakでググッてみたところ、Tech 24Hoursという英語サイトに、これはスパムであり、入力したユーザーネームとパスワード情報を取得し、勝手にパスワードを変更してアカウントを乗っ取るアプリだと説明がありました。

気づいてすぐにパスワードを変更、一度ログアウトしてもう一度パスワードを変更しました。アプリ連携もチェックしてStalk Trakとの連携がないかもチェック。この作業が遅れると、スパムアプリの作成者のほうが先にパスワードを変更してしまい、相互フォローしている人へダイレクトメールをばらまいて被害を広げてしまうという仕組みのようです。すぐにパスワードを変更したためか、幸い私のアカウントは大丈夫でした。

念のため、ダイレクトメールを送ってきた方にスパムtweetが来ました、とメッセージを送ったところ、その方は送っていないということで、やはりアカウントを乗っ取られて知らぬ間にスパムDMを送られていたようでした。

 

Tweetに付記されているリンクの先がTwitterのログイン画面に繋がったら、それは偽物のログイン画面であることを疑うべきでした。パスワードを2度変えたので大丈夫とは思ったのですが、やはり気持ち悪いのでユーザー名も変更し、yukofukurouとしました。さらに悪いことに、ブログのユーザー名とパスワードも同じだったので、こちらも変更する羽目に…。残念ですが仕方ありません。

名前についてですが、夜フクロウというTwitterクライアントを使っており、Tweetの下にyorufukurouと表記されるのですが、これが私の実名とそっくりで、実名が出てる!と空目してかなり驚いたことが何度がありました。それでいっそのことyukofukurouとミックスすることにしました。安易ですが他に何も思いつきません。自分に好きな名前をつける絶好のチャンスだと思うのですが‥。

 

ということで、”LOL.. you’re in this picture”というDMが来たら要注意です。この写真に写っているよ、などといくらかバリエーションがあるようですので気をつけてください。

自伝を読んで得られたこと

時々自己啓発系の本を読みたい!というビッグウェーブがやってきて、その手の本をしこたま買い込むんだけど、積ん読本がたまるいっぽう。だいたい似たようなことが書かれているので飽きてきてしまうのです。それでも本屋で見かけると買ってしまう懲りない私。読まずにブックオフに持っていくのはもったいないので、お風呂で少しずつ読んでいましたが、もう自己啓発系はハウツー本の類を新たに買うのはやめようと思います。Self-helpものは、励ましの言葉やライフハック的なことがギュッとまとまっていて一見お得なんだけど、自分の場合は結局、サラっと表面だけを撫でてそれで満足してしまうからです。

この手の本を読んで誰かに何が必要かを教えてもらうより、自伝を読んで自ら必要なものを読み取るほうがよいと思うようになりました。英語のAudiobookで、ウォルト・ディズニー、オバマ大統領、サラ・ペイリン、ヒラリー・クリントン、ティナ・フェイなどの自伝を聞いて感じたのは、何かを成し遂げた人は自分を信じて前向きに考えているということ。自分の問題点は”low self-esteem” 、自己評価が低いことではないかと、自伝を読みながら気づきました。他人の人生をたどりながら、自分と比較することで問題点を洗い出してくれるところが自伝の良いところです。読む人によって受け取り方が違うのも面白い。もしかしたら同じ本を読んでも、人それぞれにまったく違う感想を持つのではないかと思います。

I once believed that by reading self-help books, I would be fully motivated and become successful. After peppering me with motivational words for several months, I realized that mere words got me nowhere. Besides, too many encouraging words made me tolerant to those stimulus books.

Reading autobiographies offers me an opportunity to follow authors’ footsteps, allows me to put myself in someone else’s shoes. They don’t tell us what to do directly, but the fact that we learn something useful from their words makes our reading experience more precious than reading how-to books.

It was sometime after reading several autobiographies that I realized that low self-esteem was my biggest problem. I covered a wide variety of people such as Sarah Palin, Hillary Clinton, Tina Fey, Walt disney, Barack Obama, and John Barrowman, all of whom seemed full of confidence. I am not certain as to whether their confidence led them to success or they seem confident because they are successful. By following their positive thinking, I realized I should stop thinking I could have done better. My parents kept telling me I could be better to encourage hard work, but must have forgotten to instill a strong self-worth in me. I always feel incomplete, believing I should do more to improve the result, and never satisfied.

Now , as an adult, I must stop blaming others, and try to fix this problem. This will be the last time that I think I can be better. I will change my attitude, embrace the changes I’ve made, and accept what I am now.

 

ドイツからのポストカード

単焦点レンズを買った

Nikon D90用に 35mm f/1.8Gという単焦点レンズを買いました。今月末からの旅行に持っていこうと思って。

さっそく我が家のペキニーズ義兄弟で試写。

 

母の老人Phoneで撮った、普段のたぁぼうはこんな感じ。

 

単焦点レンズ。ガラステーブルの下からご飯を狙うたぁぼう。意地汚いポーズなのになんだかとっても美しい。

 

 

次男犬のび太も、まるで新品みたい。

 

もっと早く買っておけば良かった!

 

 
 

Stephen Fry朗読のハリーポッターオーディオブック

  職場でつけっぱなしになっていたFoxのBonesシリーズ4を観ていたら、どこかで聞いたことのある声が…。見たことのない俳優さんだけど、この声は絶対に聞いたことがある…。としばらく聞いていたら、ハリーポッターオーディオブックの朗読をされていたStephen Fryさんでした!

 

 ハリーポッターは本もオーディオブックも映画も見たけれど、オーディオブック版が一番好きです。アメリカ版のJim Dale、イギリス版のStephen Fryがあり、Jim Dale版のほうが安いのですが、絶対Stephen Fryのほうがいい。Jim Daleのほうは本がアメリカ版というだけで読んでいるJim Daleはイギリス英語です。1本だけ間違ってJim Dale版を買ってしまいましたが、まぁ、普通の朗読者という感じ。1本聞きましたが、どうしてもStephen Fryで揃えたかったので買い直しました。Stephen Fryのほうが声に深みがあり、表現力も豊かで断然聞きやすいのです。

 

 オーディオブックのナレーターは基本的には全員上手なのですが、その中でも声の良し悪しや表現力の差があります。イギリス英語が苦手!という方もいらっしゃると思いますが、標準的な発音で読まれたイギリス英語は癖がなくてかえって聞きやすいと思います。

 

 私にとってハリポタが初めてのオーディオブックで、正直なところ本を読んでも分からない単語が多かったです。ところがStephen Fryの朗読を聞くと、感情の込め方で単語の意味が分かるのです。特に感情やキャラクターの表情を表す単語。grimace や flinchなど、当時は知らない単語でしたが、朗読により顔をしかめたり、身じろいだりする様子がありありと脳裏に浮かぶという体験を初めてしました。どんどんと読み上げられていくスピードに合わせて高速に脳内で日本語変換をするのは不可能なので、聞いた言葉をイメージとして訳さずに理解していく、といういい訓練になったと思います。

 

 声のイメージからスマートなおじ様を想像していましたが、Bonesで見かけたStephen Fryは外人にいがちな、体幹部肥満で足だけ細いふつうのオジさんでした…。Bonesのレギュラーというわけではないようなので、たまたま見かけたテレビで初めて演じている姿を見ることができてうれしかったです。Audiobookにハマったのも、最初に聞いたオーディオブックが彼の朗読だったおかげだと思います。その後100本以上のオーディオブックを聞きましたが、本の面白さだけでなく、声や発音によってもオーディオブックの好き嫌いは大きく左右されています。お気に入りのナレーターさんを見つけて、声でオーディオブックを選ぶのも楽しみの一つです。

 

 I heard a familiar voice at my work place today. Bone series 4 was being broadcasted on the TV in the dining room. I’ve never seen the program before, but one of the character’s voices sounded vaguely familiar to me. As I watched it, I realized that he was the Harry Potter audiobook narrator, Stephen Fry!

 

 I love the Harry Potter audiobooks, and I have listened to all of them. It was the first audiobook I ever heard, and the amount of time I listened to his voice could be more than 150 hours. I was surprised by his stocky figure, because I had imagined him as a smart middle-aged man judging by his voice.

 

 Most of the audiobook narrators are excellent readers, but few have both acting talent and a magical voice. I read the Harry Potter books and watched the movies, but the audiobook version read by Stephen Fry was definitely the best of all. His reading helped me to create my own Harry Potter world in my head. My English comprehension wasn’t good enough to read the book when I started listening to the audiobooks. I didn’t know words such as “grimace”, “cling to dear life”, “flinch”, but his narration was so lively that it stretched my imagination. I gained a lot of new vocabulary without looking it up in a dictionary. It was a wonderful experience, and I became a huge fan of audiobook.

 

 I was lucky to have spotted him by chance today as he wasn’t a regular character of the drama. Although his appearance didn’t match my imagination, I was still glad to watch him acting at last.

ホーム > アーカイブ > 2011年8月のアーカイブ

カレンダー
« 2011 年 8月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Archives
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2019

2019 Reading Challenge

2019 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 1 book toward her goal of 60 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る