The Glad Game > 2011年11月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2011年11月のアーカイブ

2011年11月のアーカイブ

Shure SE425購入

個人的備忘録。愛用のShureのイヤホンが断線したので買い換えました。ShureのE4c-Nからの買い替えでSE425-CL-J。これで4つめ。今のは2年くらい持ったはず。耳にかけるタイプのカナル型イヤホンなので、曲がる部分で断線しやすいらしい。今回はiPadでSupernaturalを観ていた時に、急に人の声だけ聞こえなくなり、効果音だけは聞こえるという恐ろしい断線具合だったので、我が家でも超常現象が起きる前触れかとマジで怖かったです。

 

 円高のせいかイヤホンが安くなっているような気がします。最初に買ったShureは4万円台でした。今回のは同じようなスペックで23,000円ほど。英語を学習し始めたころ、聞きとれないのはイヤホンが悪いせいだ!という恐ろしく間違った思い込みの結果、お高いShureを買ったわけですが、もちろんイヤホンが高級になったくらいでたいした違いはありませんでした。ただ、語尾のshやth, pなどははっきりと息遣いが聞こえるようになったので、細かい息遣いを含めた発音練習には役だったかも。音質がいいというよりは、カナルの密閉具合がいいのだと思います。耳に当てる部分が、フォーム型、スクリュー型、パッド型などバリエーションがあるのが特徴。かなりの密着ぶりで、リスニングをしながら歩道を歩いていても車の音が聞こえません。身に危険が及ぼうが、耳に悪かろうが、一度この”くっきり・はっきり”を体験してしまうと、今更ソ○ーなどのカナル型には変えられません。

 

 只今のリスニング時間は2,422時間。このイヤホンが1000時間は持ちますように・・・。

Living Small

I heard the story of a woman who lives in a 12 × 12 foot house in North Carolina. Her name is Dr. Jackie Benton. She is a 60-year-old physician, whose children have grown up, and who lives in that house without running water and electricity. She paid $7,000 for the house, and $10,000 for the land. By the state’s standards, a 12 × 12 foot house isn’t even a house. It is regarded as a shack, and doesn’t require her to pay property taxes.

 William Powers wrote a book to introduce his experience at the house, and described how we can live more lightly on the earth. He stayed at her house for 40 days, house-sitting while she was traveling. The author just came back from Latin America and Africa after a decade of living as an aid worker. When he came back to his country, he was overwhelmed by the huge impact people in the developed world make on the environment.

 When he was introduced to her 12 x 12 house, he felt the house was too small and threatening. Even so, he gradually came to appreciate the simple life. He noted that life in that house was a way of embracing simplicity, and discovering who he was. What he learnt there was to find a space of harmony, to use responsible consumption, and to appreciate the joy of life. Now, he is living in NY, and has an ordinary life. He didn’t choose to live like a hermit in a 12 x 12 house, but the experience somehow integrated into his current life.

After I listened to this story, I felt like I was buried up to my nose in my own clutter. (That’s a metaphor, in case you might think my house is such a mess!) I have been interested in the simplicity of Zen, but haven’t had a chance to try it. I don’t intend to do such a radical thing as living like Dr. Benton, but this might be an opportunity to clear my mind by giving up what I thought was necessary.

 

To the Best of Our Knowledge で、3.6×3.6メートルの家に住んでいるアメリカ人女性のお話を聞いた。ジャッキー・ベントンさんは60歳の内科医師。子供たちは独立し、大きな家が必要なくなったため、ノースカロライナにわずか3.6×3.6メートルの家を買い、電気も水道もない家で暮らしているそうな。3.6×3.6メートルは日本のサイズだと6帖程度でしょうか。

 紹介されている本を書いたのは、ベントンさんが旅行に行っている間にこの家の留守を預かった男性。長期留守の間に、他人に自宅の面倒をみてもらうっていう感覚が不思議なんですけど、アメリカ人の先生に聞いたところ、長期旅行中に近所の人に鍵を預けてペットの世話をしてもらったり、植物に水やりをしてもらうのは普通にあることのようです。住人が帰ってくる日には、テーブルにちょっとしたオヤツを置いたり、花を飾っておいたりすることもあるとか。

 

 本を書いたWilliam Powersさんは、10年ほどアフリカや南米で援助ワーカーとして働いていた方。アメリカに帰国してから、先進国の暮らしがいかに環境に負担をかけているかを痛感したそうです。それでベントンさんの家で40日間暮らしてみて、シンプルな生活を楽しみ、責任のある消費活動をすることの大切さを感じたようです。そして自分が何者であるかを考えるきっかけになったと。

 

 たくさんのモノに囲まれている時よりも極限までシンプルに暮らすほうが、精神的により豊かになるというのは、カレン・キングストンさんの本でも読んで、しばらくは心がけていたんだけど、油断すると半年ほどで色んなモノが増えている。今回は、収納とか面倒なことは考えずに、生活必需品以外は捨てる覚悟で身辺整理しようと思います。抱えきれないものを処分して身体も心も自由になったら、行きたいところに行ける気がする。

 

 

 

ホーム > アーカイブ > 2011年11月のアーカイブ

カレンダー
« 2011 年 11月 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV632
UV83

ページの上部に戻る