The Glad Game > 2012年1月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2012年1月のアーカイブ

2012年1月のアーカイブ

Korean Tortuous Beautifying Routines

I almost forgot to tell you that I traveled to Korea at the end of 2010. My mother is a huge Korean drama fan. She watches 2 Korean drama episodes every day, and visiting Korea, especially where the drama was shot, had been listed in her wish list for many years. I’m not big on Korean dramas, in fact, quite the contrary, I hate their simple love and hate storylines. People weep hokily, and yell at each other too often in one episode. I was afraid if I went to Korea, I would come to realize how wonderful they really were, and would end up studying Korean instead of English.

  To my relief, that didn’t happen. However, Korean Kimchi was really scrumptious. Korean people pickle various vegetables with cayenne, and eat them 3 times a day. Korean women had fairly smooth skins, presumably due to increased perspiration from ingesting spices and condiments.

 

 There was another secret for the Korean beauty. South Korea is famous for its esthetic salons, especially body scrubbing. My mother and I tried one of these salons at night. It wasn’t what I expected though. I thought that an esthetic salon was a comfy place, but I was wrong. A group of Japanese women were ushered to extremely hot saunas, which reminded me of perdition. The 10 minutes felt like an eternity… Because the warden-like Korean lady had shut the door tight and didn’t allow us to bust out, we gasped for air. We had to be put through several more saunas, and then ushered to a cold room next to the bathroom. There were several massage chairs separated by dingy curtains, and robust Korean ladies aged 50-60, wearing only lacy black bras and underwear, were washing naked people with a scrub brush. It was like they were washing misshaped, unsalable potatoes in the river, furious that their effort to sell the crop was dashed by some misfortune. There was no privacy, no dignity left as a human. I didn’t want to continue, however, it was an assembly-line operation, and dropping out of the assembly wasn’t an option that was given to us sacks of potatoes. So, I endured, believing that was a tribulation only given to a beautiful woman.

 

 After what felt like an eternity, my old skin was completely removed, and I was released with a red-scraped new skin, as if I had cast off the old skin like a snake.

 

 Being a beautiful woman is tough. (Of course, I’m exaggerating!)  It was a whole new experience, but I’m not sure I want to visit Korea again…

 年末年始に韓国に行って来ました。韓国に行ったが最後、韓国ドラマにハマって英語の代わりに韓国語を勉強し始めてしまうのではないか・・と恐れていましたが、そのようなこともなく。

韓国式エステは強烈でした。日本のエステだと、綺麗なお姉さんがヤワヤワと体を触ってくれるんだけど、韓国式エステは、黒いレースのブラとパンツを来た60歳くらいのたくましいオバサンが、まるで川で芋の子を洗うが如く、客を次々とやっつけていくという恐ろしい場所でした。

 

 新しい経験をした・・という意味では良かったが、とりあえず韓国はもういい…。


 

北朝鮮との国境近くから見た夕日。

 

ドラマ廃人への道

前々から気になっていたんだけど。東急ハンズで実物を見たらガマン出来なくなってお買い上げ。約7,000円也。かさばるわ、重いわで大変だったんだけど、すぐに使いたかったので配達せずに抱えて持って帰ってきました。

じゃーん!

寝たままでiPadが使える、エジソンの”ほんとe スタンド/W、クランプ式”です。ネーミングは残念な感じなのですが、ベッドに取り付けることで、iPadを手で持つことなく使えるという優れもの。

”どんだけラクしたいのッ!”と、心の声がチラリを脳裏をよぎりましたが、まぁ気にせずに。

 

これでiPadを支えながらドラマを見ると、手が痺れてくる・・という悩みが解消されるはず。全く筋力を使わずにすむので、廃用症候群になる恐れも。

 

時々iPadが顔面に落ちてきて痛い目にあうことがあります。角度の調整が今後の課題。

 

 

A Message from Lincoln?

  Life is full of surprises, especially if you are a Postcrossing member. I’ve been enjoying exchanging postcards with strangers for about 7 months, and one of the weirdest things happened this week.

 

  I’ve been watching History videos on Khan Academy for a while. I started out with the French Revolution, and then proceeded to American history. I watched “Jamestown to the Civil War” and “Lincoln’s Assassination” this week. I learned that Lincoln played an important role in the Civil War, but he couldn’t make it to the end of the war. What is more, this week’s book club chapter addressed “Presidents Day”, by chance. We read that Presidents Day was enacted to honor the birthdays of Washington and Lincoln. How timely it was to stumble upon Lincoln twice in one week!

 

So, you could imagine how spooked I was when I found a postcard that depicts Lincoln in my mailbox later on that week. The gaunt, monochrome Lincoln really freaked me out! The American lady who sent me the postcard explained that she chose that particular card because he is important. The chance of receiving the Lincoln postcard in that timeframe would be astronomically small considering the fact that according to the Postcrossing statistics, 335,374 postcards are travelling at this exact moment, and most of them are scenic ones.

 

I can’t help but think that this was Lincoln’s doing. He must have had something to get through to me, otherwise, he wouldn’t have bothered to visit my mailbox all the way beyond time and space. I tried hard to decipher the message, but to no avail, so instead, I decided to read a book about him. It might be like the “Jesus on a Tortilla” thing, but why not make the most of the opportunity? Life is full of fun and surprises when we are open to new possibilities. 

 

This is the postcard… Isn’t he a little bit spooky? 

Postcrossing にまつわる不思議な偶然。先月からKhan Academy で、歴史のビデオを見始めたのですが、先週ちょうど南北戦争、リンカーンの暗殺についてのレッスンでした。そしてその週のBook Clubでは、偶然にもBill BrysonのエッセイでPresident Dayというアメリカの休日についてのチャプターでした。これは、ジョージ・ワシントンとリンカーンの誕生月である2月の第三月曜日をPresident Dayと定めて歴代の大統領の功績を祝うというもの。
 
 さらに同じ週に私のもとに届いたのが、なんとリンカーンの肖像画ポストカード!Postcrossingを通じて、アメリカの女性が送ってくれたものでした。1週間に3度リンカーンに遭遇するなんて、こんな偶然ってあり!?とポストに入っていたリンカーンを発見した時は信じられない気持ちを通り越して、不気味に感じたほどでした。もちろん、送り主のアメリカ人の方は、私がちょうど南北戦争あたりを勉強していたことは知りませんので、全くの偶然です。Postcrossingの統計データによると、今この瞬間にも335,374のポストカードがPostcrossingを通じて流通しているそうです。そのうちほとんどが風景画であることを考慮すると、このタイミングで私の元にリンカーンのハガキが届くというのは、天文学的に小さい確率なのではないでしょうか。
 
 何か運命のようなものを勝手に感じてしまったので、今年はリンカーンについての本を3冊ほど読んでみることにしました。きっかけは偶然だけど、リンカーンが与えてくれたチャンス(?)を利用しない手はないでしょう。この話をLingQのじりさ先生にしたら、ちょうどKilling Lincolnという本を読んでいるところでした。第4の偶然。とりあえず、子供向けのPenguinシリーズで簡単な自伝を読んでから、普通の自伝、リンカーンの暗殺を扱った本、と進んでいきたいと思います。余裕があれば南北戦争の本まで。

Every Postcard Has a Story to Tell

  今年はPostcrossingでやり取りしたポストカードで、特に思い出深いものについて英作文にして添削にだそうかと思っています。半年で90枚程送り、同じくらいの数のポストカードを受け取りました。たまに、”Happy Postcrossing”とだけ書かれた残念なポストカードもあるけれども、だいたい送り主の日常のこと、住んでいる町のこと、趣味、読んでいる本など、興味深いことが書かれています。今まで興味を持っていなかったこと、知らなかったことを折角教えてもらったのだから、この素晴らしい経験を誰かと共有したい。

 

 選んでくれたポストカードの図柄も実に様々で面白いです。Profile欄には、景色や世界遺産が好きだけど何でもいい、と書いておきました。そのほうが、思いがけない”出会い”があるかもしれないから。そうしてランダムにもらったハガキを見ているうちに気づいたのが、自分は地平線が見える景色が好きだということ。日本は国土の7割以上が山や丘で、うちの地域でも地平線を見ることは出来ません。今まで気づかなかったけど、地平線のみえる景色のポストカードを貰うと、とりわけ嬉しいことに気づいたのです。

 

 ポスクロでやり取りしたハガキをブログに書くことで、また知らない誰かとこの素晴らしい体験を共有できたらいいなと思います。ライティングトピックも増えるので一石二鳥!

 

 My new writing plan this year is to write about Postcrossing. Every postcard has a story to tell. Ever since I started Postcrossing, and exchanging postcards from all over the world, I’ve sent 90 postcards and received as many postcards as I sent. Some senders only wrote “Happy Postcrossing” which is boring and seems heartless, but most of the people write about their lives, hobbies, favorite books and songs, and so many interesting things.

 

   Also, the picture they picked out for me made me realize what kind of things I really liked. I’ve never realized that I like scenery that stretches as far as the horizon before I received some postcards with the horizon on them. As Japan is a small country, where three-quarters of the land is mountainous or hilly, I don’t see the horizon where I live. That’s why I like postcards which show the horizon.

 

  Sharing these experiences on my blog would be nice, and also give me a lot of opportunities to write. I hope there is something interesting to write every day this year. 

 

 

 

 

こちらはフランス旅行の時に車窓から見た景色。

 
 

2012年の目標

 12月初旬には決めていた2012年の英語の目標。それは単語!

 

 これまでも、LingQ のフラッシュカード25枚を1セットとして、毎日1回は単語をチェックしていました。25単語の例文を音読しながら2回確認するのにかかる時間は7分。昨年はフラッシュカードを410回したので、だいたい48時間を単語学習に費やしたことになります。LingQのstat を確認すると、フラッシュカードで覚えた単語は1090個。例年通りの結果でした。

 今年は1日2回チェックを目標にしたいと思います。去年の7月に、語彙レベルチェックサイトで語彙数を調べた結果、20600語で、ネイティブの15歳程度の語彙力でした。22歳のネイティブは24420語とのことですので、最低でもあと4000〜5000語は語彙を増やしたい。かといって、ボキャビル本を毎日1時間やりこむなどという方法は取りたくないので、単語は従来どおり、自分が読んだ記事や本の中から収集し、LingQフラッシュカードの確認回数を増やすことで対応したいと思っています。ボキャビル本で一気に語彙を増やす方法のほうが効率が良いと書かれていることが多いですが、自分の場合は、読んだものの中からピックアップしたものでないと定着が悪い。単語テストのように、短期記憶を試されているわけではないので、自分にあったやり方で確実に語彙を増やしていきたいです。

 

 リスニング目標は、オーディオブックとドラマを中心に600時間。多読は年100万語のペースに戻したい。ライティングは36000語かけたらいいかな。スピーキングは、昨年どおり週2−3回のペースで続行しようと思います。

 2006年に、10年で英語をマスターしようと決意してから6年。そろそろゴールの具体的な姿を想像しなくては。

 

 今年は、運用できるレベルの単語や言い回しを1つでも多く増やすことを重点課題として頑張ります。

 

ホーム > アーカイブ > 2012年1月のアーカイブ

カレンダー
« 2012 年 1月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Archives
  • 2017 (3)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV687
UV138

ページの上部に戻る