The Glad Game > 2012年3月3日のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2012年3月3日のアーカイブ

2012年3月3日のアーカイブ

【オーディオブック】The Way of Shadows (The Night Angel Trilogy)

The Way of Shadows

時間:20時間39分

発音:アメリカ英語 

速度:132分(平均)かなりゆっくり!

オススメ度:★★★★☆ ファンタジー好きなら。

 

11歳のAzothは、ギルドと呼ばれる子供たちのスラム街で暮らしていた。貧困、年上の仲間からの暴力により、年端もいかぬ子供たちが虫けらのように扱われ死んでいく世界。Azothはスラム生活から抜け出すため、町で一番の殺し屋であるDurzoに弟子入りを志願する。Durzoが提示した条件は、ギルドの少年ボスを殺すことだった。Durzoの弟子となったAzothは、Kylar Sternとして新しいidentityを与えられ、assassinとしての訓練が始まった。

 

 暗殺者もの。普通に剣や体術、変装などの訓練もありますが、”タレント”という特殊な魔法能力がないと、Wet boy というプロ中のプロの暗殺者にはなれません。師匠のDurzoの正体は1巻では詳しく明かされませんが、何やら伝説の暗殺者らしい。ド貧乏で孤児の少年が魔法や剣術でのし上がっていく・・というと、どうしてもThe Name of the Wind: The Kingkiller Chronicle: Day One と比べてしまいます。主人公のかっこ良さは、ダントツでThe Name of the Wind のほうが良かったかな。

 Goodreadsのオススメ本として紹介されていて、表紙がいい感じだったので購入してみました。朗読はかなりゆっくりめ。最初に音声を聞いた時は、間違ってスピード1/2ボタンを押してしまったかと確認してしまったくらい。普通のAudiobookは160語/分以上なので、130語/分前後だと間延びしているようでした。かといって語彙は子供向けではないので、ある程度本は読めるがリスニングに自信がない人にはいいかも。

 

 The Way of ShadowsはThe Night Angel Trilogyという3部作の第一巻です。最初10時間程は世界観や人物像の説明等でごちゃごちゃしてましたが、残り半分でやっと面白くなってきた感じ。3部作なのに、なぜか1巻しかAudibleには置いてありません。2,3巻はAmazonかiTunesで30ドル近く出して買うしかなさそう。続きが気になったので、iTunesで2巻目のAudiobookも購入しました。

 

ホーム > アーカイブ > 2012年3月3日のアーカイブ

カレンダー
« 1970 年 1月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Archives
  • 2021 (7)
  • 2020 (18)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る