The Glad Game > 2014年7月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2014年7月のアーカイブ

2014年7月のアーカイブ

【映画】Begin Again/はじまりのうた

2014年7月公開のマーク・ラファロ、キーラ・ナイトレイ主演 Begin Again を観にいってきました。

 

【あらすじ】

シンガーソングライターのグレタ(キーラ・ナイトレイ)と、音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)は、お互い人生で最悪の日に出会った。グレタは5年間付き合い、音楽活動でもパートナーであったデイブ(アダム・レヴィーン)に浮気され、NYからイギリスに帰国しようとしていた。ダンは音楽プロデュース活動が成功せず、自分が設立した音楽レーベルから解雇された日だった。

 

夜遅く、クラブで偶然グレタのギター弾き語りを耳にし、すっかり魅了されたダンは、殆どの客が彼女の歌声に興味を示さなかったにもかかわらず、彼女のプロデュースを申し出る。ところが、ダンは音楽レーベルを首になったばかりで、デモテープを制作する金もない。

 

そこでダンは、NYの各地で路上演奏したものを録音するというアイデアを思いつく。バンドのメンバーとして音楽学校の学生や、売れないセッション・ミュージシャンをかき集め、ゲリラライブに繰り出す。そこで収録された音楽は、NYの生活音や通りの音など、彼らの音楽に独特の雰囲気を与えたのだった。

 

【感想】

好みは別れると思うけど、私はとても気に入りました。マーク・ラファロの表情が良かったです。かつては大物ミュージシャンをプロデュースし、賞を獲得するほどの敏腕音楽プロデューサーだった彼も、今ではとことん落ちぶれ、情けない姿を晒しています。それでも、マーク・ラファロ演じるダンは精力的で魅力的。胸毛ハラ毛もっさりの中年男がこれほど魅力的に見えるとは驚きでした。

 

グレタの元カレは、売れっ子ミュージシャンという設定なのですが、やけにMaroon5のアダムに似てる・・・歌声までアダムにそっくり・・と思っていたら本人でした!留守電に入っていたグレタの歌メッセージを聞いた時と、ライブハウスでグレタが作曲した歌を彼女に捧げた時の表情が切なかったです。

 

作品中、マーク・ラファロの息子さんも出演していたそうです。途中、小学生くらいの悪ガキグループが路上ライブのコーラスとして参加するのですが、その中にいたのかもしれません。

 

Onceのディレクターによる作品とのこと。私は映画ではなく、ミュージカル版のOnceだけ見たのですが、主人公の男女の距離感の絶妙さはOnceに通じるものがありました。ダンとグレタはお互いに惹かれ合い、心が通じあっていると思う瞬間もあるものの、そう簡単にはくっつかないのがこの映画の良さではないかと思いました。

 

当初グレタ役は、スカーレット・ヨハンソンの予定だったとのことですが、キーラ・ナイトレイのほうが適役だと思いました。スカーレット・ヨハンソンだったらグレタ役のイメージが強すぎたのではないかと思います。最初はキーラが細すぎてまるで枝!と驚いたものの、あの歯並びの悪い独特の表情がチャーミングでした。

 

日本公開日は2015年2月7日!!

 

【オーディオブック】In Cold Blood

In Cold Blood

時間:14時間27分

発音:アメリカ英語。

速度:150語/分前後。

オススメ度:4.5 out of 5

 

【あらすじ】

カポーティのノンフィクション・ノベル。1959年カンザス州で、一家4人の惨殺死体が発見される。

殺された4人には何の落ち度もなく、刑務所を出所した2人の若者の無計画な犯行によるものだった。作者のカポーティは、犯人の一人、ペリー・スミスの生い立ちに強い関心を持ち、事件の詳細を明らかにしていく。

 

【感想】
オーディオブックの最初の2時間ほど、無残に殺された16歳の女の子、ナンシーの生前の様子が詳細に語られている。病気がちだった母親にかわって一家を切り盛りし、学校や近所でも評判の優等生だったナンシー。そんな彼女が、行きずりの強盗2人に縛り上げられ、頭部を撃たれて死ななければならない理由など全くない。

 

犯人は憎まれてしかるべきなのだが、カポーティの取材により、ペリー・スミスの生い立ちを知るにつれ、彼を責める気持ちが揺らいでくる。幼いころに虐待を受け、家族からの愛情を得られなかったペリー。社会への怒りが、たまたま居合わせたクラッタ−一家へと向いてしまった・・と、ペリーを憐れむ気持ちさえ生じたのは、カポーティのペリーに対する思い入れのせいだろうか。

 

同じように恵まれない家庭で育ったカポーティとペリー。カポーティは、後にこの事件に関して「同じ家で生まれた。一方は裏口から、もう一方は表玄関から出た。」と語っている。ペリーに同情しながらも、作品を仕上げるために死刑執行を望んだ作者の心情を考えると、「In Cold Blood」というタイトルが非常に重く感じられた。

 

この後、カポーティがこの事件を取材する様子を描いた映画、Capote も見る予定。

 

YL: 8 (概算)

語数:121,562語 (Scholastic調べ)

 


In Cold Blood: A True Account of a Multiple Murder and its Consequences (Penguin Modern Classics)


冷血 (新潮文庫)

 

【今日の一枚】

マクラウド滝。

 

第6回 ヴァーチャル夏休みに参加します

今年も第6回ヴァーチャル夏休み企画に参加します!

 

ヴァーチャル夏休みとは、

自分で自分に「夏休みの宿題(=課題)」を設定し、それを宣言、その進捗を報告しながら、参加者の方どうし交流、励まし合い勉強をする

という試みです。

 

子供の頃の夏休みの宿題は全く楽しみではありませんでしたが、大人になってから自分で課題を設定するのは楽しいものです。普段忙しさにかまけて疎かになっていた分野を補強する良い機会だと思います。

 

今年の私の課題は、「自分の仕事で将来使う英語プレゼンテーションの内容を暗記すること」です。

 

これまでにも英語でプレゼンテーションをする機会が定期的にあったのですが、自分が話す英語と理想のプレゼンテーションの間には大きな開きがありました。普段生活する上での英会話は問題ないのですが、改まった場でのプレゼンテーションを1週間程度で仕上げるには練習時間が足りていませんでした。特に専門用語を使ったり、日常会話で使わない長い構文を使った文章などを含んだスライドを紹介する時は、大きなプレッシャーを感じていました。

 

スライドを準備する時は、十分な時間をかけてPowerPoint資料と原稿を作るので、自分のスピーキング能力を考慮せずに、めいいっぱい言葉を詰め込むのですが、いざそれを話そうとすると、凝った言い回しがなかなか口から出てこないのです。特にイントロダクション部分は、これまでの経緯などを広く紹介するので、使われる語彙も広範囲になります。結局発表前になって、文章を削ったり単純化したりして、言い淀むことなく話せるレベルに落としていたわけです。

 

毎回プレゼン内容は違いますが、コアとなるイントロダクション部分は今後も使い回しが可能なので、スライド1枚単位で暗記をし、今後のプレゼンに備えようかと思います。前からやろうと思っていたものの、後回しになっていたので、ヴァーチャル夏休みが良いきっかけとなりそうです。

 

去年は、自分の仕事についての文章を暗記する、という課題を設定しました。初対面で自己紹介をする時に暗記したことが役立っています。自分がストレスなく話せていると感じている日常会話も、気付かないうちにいつも同じ言い回しや単純な短文をand や so で繋いでしまいがちです。だからこそストレスなく話していると感じるのでしょうが、英語ネイティブが使う語彙、言い回し、スピードと比較すると、どれをとっても劣っていると感じます。時々ブラッシュアップのために、予め作った文章の塊を暗記し、会話のレベルも上げる必要があると感じています。

 

8月31日までに暗記範囲を出来るだけ広げられるよう頑張ります。

 

【今日の一枚】

オレゴンのシカ。

【オーディオブック】 Doctor Sleep: A Novel

Doctor Sleep: A Novel

時間:18時間35分

発音:アメリカ英語。

速度:150語/分前後。

オススメ度:4 out of 5

 

【あらすじ】

The Shiningの続編。オーバールックホテルが焼け落ちた後、新天地での生活が始まった。しかし、大人になったダニーはトラウマのため、父親のようにアルコール中毒になってしまう。

 

何年もの放浪生活の後、ニューハンプシャー州でバスを降りたダンは、アルコールを止め、町のホスピスで働くようになる。長年のアルコール中毒のため彼の”シャイニング”能力は弱まっていたものの、ホスピスで死を間近にした患者を”安らかに眠りにつかせる”能力を持っていたことから、”ドクタースリープ”というニックネームを得る。

 

アブラ・ストーンは、生後すぐにサイキックパワーを発現し、一度も会ったことのないダンとテレパシー的に繋がっていた。彼女の能力は、成長するに従って強くなり、ある夜、True Knotというグループが、少年をなぶり殺す”夢”を見る。

 

アブラの存在を察知したTrue Knotのリーダー、Rose the Hatは、アブラの”shining” を吸収するため、彼女を生け捕りにする計画を立てる。

 

アブラと精神的に連絡を取っていたダンは、子供たちのShiningを餌に生き続けるTrue Knowのメンバーを葬るべく、Overlookホテル跡に彼らをおびき寄せたのだった。

 

【感想】

The Shiningの続編。今回の主人公は大人になったダニーと13歳の少女アブラ。オーバールックホテルで子供だったダニーを助けたディックのように、今度はダニーが”Shining”を持ったアブラを導き助けるというお話。

 

”Shining”の能力を持った子供たちを狙うTrue Knot という吸血鬼のような人々が出てきます。Overlookホテルとは一見何の関係もなさそうだったのですが、最後のほうで1作目と話が繋がるところが素晴らしかった。ダンとアブラの関係が分かるところや、何故ダンがニューハンプシャー州のバス停で急に思い立って腰を落ち着けることにしたのか、その謎が徐々に明かされるところが感動的で良かったです。

 

一作目は、徐々に狂っていく父親の不気味な怖さがありましたが、続編では精神的に追い詰められる怖さはありませんでした。前半に217号の浴室幽霊がチョロっと出てくるものの、ホラーというよりはファンタジー系。

 

作中に、ローズというマジシャンのような帽子を斜めに被ったモンスターの美女が出てくるのですが、オーディオブックを聞いている途中、表紙の大きく書かれたタイトルの後ろに、うっすらと彼女の姿が描かれている事に気づいて心底ビックリしました。気味が悪いけど、よく出来た表紙だと思います。

 

Stephen Kingの小説は、ホラーでなければ読みやすくて好きです。

 

YL: 8 (概算)

語数:16万語(概算)


Doctor Sleep

 

【今日の一枚】

ボストン、Old South Church。同性婚合法化10周年とのことで、教会や図書館などにも七色の旗が掲げられていました。

 

Urgentケア

アメリカのUrgent Careユニットに行く機会がありました。いわゆる救急ではなく、”時間外診療”のようなところ。

 

先週の土曜、横断歩道を渡っていた時に道路の凸凹に足をとられ、ホームベースを目指す勢いで見事に上半身から着地。左手を道路につき、額を擦りむいてしまいました。

 

月曜日まで待って病院に行こうと思っていたのですが、左掌がどんどん腫れてハンバーグのようになってきたため、保険会社に電話し、保険情報を事前にFaxで病院に送信してもらってから、日曜日でも開いていたUrgent Care Unitに行ってみました。

 

4時間ほど滞在する間、待合室で他の人達の様子を観察したところ、ほとんどの人が怪我で来院。中には保険にかかっていない人もいて、”病院のポリシーにより、前金で$200ドル払っていただかないと診察出来ません”と、ハッキリ言われていました。cash up frontという言葉は、映画やドラマでドラッグの売人がよく使う言葉として覚えたフレーズ。 この言葉を病院の受付で聞くとは思っておらず、かなり驚きました。

 

私の保険は治療費1000万以上になってもカバーされるはずなのですが、アメリカでは、保険会社の審査でハネられた部分は自費になるとのこと。今回はレントゲン写真を4枚撮り、額の擦り傷が汚いということで、破傷風の予防接種まで。そして左親指と手首を固定するスプリンターをしてもらいました。確か、レントゲンを撮って読影されると10万円くらいするはず…。破傷風の予防接種は治療じゃないけどカバーされるのか!?日本と違い、診察や検査の単価が高いので、検査をされるたびにドキドキでした。

 

治療費は、日を改めて請求が来るとのこと。全額カバーされるとは思うのですが、一体いくらになるのか恐ろしいです。知人の話では、赤ちゃんを落っことしてしまい、念のため頭のCTを撮影してもらったら、100万円請求が来たとのこと。治療はなく、検査のみで・・。幸い赤ちゃんに怪我はなく、保険も全額おりたそうですが、改めてアメリカでの保険の大切さを実感したのでした。

 

コチラのページによると、州の法律により、Emergencyの場合は支払い能力にかかわらず治療が受けられるとのこと。私が行ったのは、walk-inのUrgent Careだったので前金が必要だったのかもしれません。他の州のUrgent Careのページも調べてみたところ、”Under prompt pay discount program a charge of $98.00 is collected at the time of check-in.” と書いてありました。金額は違いますが、check-in の時に支払うとのことなので、やはり前金のようです。

 

具合が悪い時に、とりあえずお金の心配をせずに受診出来る日本の制度はありがたいと思いました。

 

 

A hospital in the U.S. is the last place a foreigner would want to visit. The system is ambiguous to those who rarely visit, and the cost it might incur is unreasonably high. I wanted to avoid visiting that place if I could, but my palm started to swell after I fell to the ground in a pedestrian crossing last week.

 

I called my health insurance company, and the operator recommended an urgent care hospital in my town. She was kind enough to send my insurance information to the hospital via FAX, and she assured me that there would be no payment required at the hospital.

 

During the 4-hour stay at the urgent care unit, I observed people in the reception area. Most of the people came to the hospital for unexpected injuries, and some of them didn’t have health insurance. According to the hospital policy, they were required to pay $200 before being treated; otherwise, the doctor wouldn’t see them.

 

I was surprised to hear the words “cash, up front” in the conversation, because I had memorized these words spoken by drug dealers in dramas and movies. In Japan, where everybody is supposedly covered by health insurance, even doctors in private offices can’t refuse the patients, even if they don’t have any money. I didn’t expect doctors and gangs to employ the same kind of collecting system in America.

 

【今日の一枚】

Oregonのクレーター・レイク。

ホーム > アーカイブ > 2014年7月のアーカイブ

カレンダー
« 2014 年 7月 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV236
UV68

ページの上部に戻る