The Glad Game > 2015年1月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2015年1月のアーカイブ

2015年1月のアーカイブ

アメリカ人の平均的なリーディングスピードは?

アメリカの文房具会社Staplesが提供しているリーディングスピードチェックサイトを試してみました。英文を読んだ後に3つの質問があるので、スキミングをせずに読む必要があります。

 

ereader test
Source: Staples eReader Department

結果は、307語/分、質問は3問とも正解でした。リーディングスピードは平均的な大人とほぼ同じのようです。

Reading SpeedScreen Shot 2015-01-31 at 9.10.46 PM

こちらのサイトに各学年のリーディングスピードが掲載されていました。

3rd Grade students 150
4th Grade Students 170
8th Grade Students 250
11th Grade Students 350
Average Adults 300
Low Scoring College Students 340
Average College Students 450
High Scoring College Students 800
Mid Level Executives 340
High Level Executives 575
College Professors 680
High School Dropouts 240

 

 

こちらのサイトによると、

小学校3年生で150語/分

中学2年生で250語/分

高校二年生で350語/分

普通の大人300語/分

成績の低い大学生340語/分

平均的な大学生450語/分

普通レベルのエクゼクティブ340語/分

ハイレベルのエクゼクティブ575語/分

大学教授680語/分

とのことです。

 

平均的な大学生450語/分、ハイレベルのエクゼクティブ575語/分ということは、仕事が出来る人ほど処理能力が高いということでしょうか。

 

以前読んだ松本道弘先生の速読の英語という本に、

日本の大学新入生は100wpmで理解度も60%以下。150−200wpmという音読の速さを越えられないため、日本人学習者が非常に厚い壁にぶつかる

 

とありました。100語/分以下は、アメリカの小学校3年生以下ということになります。オーディオブックの読み上げスピードは150語/分前後のものが多いので、リーディングスピードとして少なくとも小学校3年生レベルには達していたいものです。

 

 

多読初期の頃は100語/分前後だったので、毎日読むことで徐々にリーディングスピードは上がってきたものの、300語/分は越えられる気がしません。1日1冊本を読むという方の体験談を読んだところ、”速読はしないけど、段落ごとの一塊で目に入ってくる”と書かれていました。確かに私も日本語の小説なら1視野で数行読んでいる気がします。英語でも同じ事が出来たらいいのだけど…。

【オーディオブック】Firefight( Reckoners, Book 2)

Firefight: Reckoners, Book 2

時間:11時間39分

発音:アメリカ英語。

速度:150-160語/分前後。

評価:3.5 out of 5.

Firefight

 

【あらすじ】

スティールハート駆逐後、レッコナー達はかつてのマンハッタンの跡地、Babylonに目を向ける。そこはリゲリアと呼ばれるハイ・エピックにより支配され、人々は惨めな生活を送っていた。

 

【感想】ネタバレあり

Reckonersシリーズ2作目。1作目、Steelheartの感想

 

1作目のSteelheartが良かっただけに、期待が大きすぎたのかも。作品の前半はとにかく戦闘シーンが多く、あまり物語が進まなかったのでもう諦めようかと思いました。

 

リゲリアを追いながらも、前回敵側のスパイであったことが判明したメーガンとコンタクトをとり続けるDavid。後半Firefightの謎が明かされるにつれ、徐々に面白くなってきました。エピックであるメーガンは、能力を使いつつも良心を保ちつつけることが出来るのか。

 

また、今回は”カラミティ”が実在するエピックであることが明らかになります。カラミティが何故エピック達を作ったのか、彼は何者かという謎が気になりました。これは次巻に持ち越しかな。

 

作品の前半を読んでいた時は、もう続きは読まない!と思ったものの後半で盛り返し、やはり続きが読みたくなりました。

 

YL:8 (概算)

語数:105,000語(概算)

 


Firefight: A Reckoners Novel

 

【今日の一枚】

Southern Gerenuk

Southern Gerenuk. ジェレヌク。首が長く、遠目に見ると地面から首が生えているようでした。

【映画】Big Eyes (2014) /ビッグ・アイズ

Spoiler Alert!

 

Big Eyes is based on the true story of an American artist, Margaret Keane and her husband, Walter Keane.

 

Margaret’s large-eyed, waif child paintings were popular in the 1950s and 1960s, however, it was her husband who took credit for the paintings.

 

Margaret divorced her first husband in the 1950s and moved to San Francisco with her daughter. It was a difficult time for a divorced mother to support a family, and when her ex-husband threatened to take custody of their daughter, her recently-met boyfriend, Walter Keane, offered to marry her.

 

Although she kept painting her large-eyed children for a long time, nobody seemed to notice her talent. One day, Walter came up with an idea, and he hung her paintings at a local bar. When people started to notice Margaret’s paintings, he lied that they were his, in spite of having his own career as a realtor.

 

It started as a small lie, but he seemed to enjoy the fame. He said to his wife that nobody wanted to buy the woman’s paintings, and she naively believed him, convincing herself that she should keep the secret for her family.

 

Walter was an amateur painter, but he knew how to sell. Soon, he opened his own gallery in San Francisco, and people swarmed to buy posters and postcards of the large-eyed children. They bought a stately house in Woodside (it was where I once lived!), and enjoyed their success. Walter often appeared on TV shows and talked about his “artistry” in public. He was so good at talking that he almost seemed like a con man. Of course, that was exactly what he was, but nobody knew the truth except Margaret at that time.

 

As for Margaret, she suffered from the consequences. Even though she poured herself into the paintings, she couldn’t reveal the true nature of the paintings. She even had to lie about it to her daughter, who was the inspiration of the paintings.

 

When Margaret had had enough of her husband, he threatened that nobody would believe her. She left her husband with her daughter, and moved to Hawaii to start a new life. She kept sending him her new paintings as she had promised, but it was the Jehovah’s Witnesses that changed her mind. She decided to announce the truth to the public via a radio program.

 

Following Walter’s denial, she decided to take the matter to court. When the judge ordered them to paint in front of the jurors, Walter excused himself from painting, saying that he had a sore shoulder. Margaret successfully painted the large-eyed girl, and won the case.

 

Walter kept denying the truth, and died penniless in his old age. Margaret has continued painting the iconic large-eyed children into her late 80s, enjoying her life with her third husband in north California now.

 

A peculiar fate brought them together. They were a perfect couple in a way—a talented wife, but with low self-esteem, and a mythomaniac husband with great selling skills. They complimented each other in a certain sense, however odd it was. Walter was a squalid guy, but his morbid interest in fame seemed to be augmented by Margaret’s talent. At the same time, if not for Walter, her paintings would have remained anonymous.

 

What matters the most is that Margaret is happy now. I felt sorry for Walter nonetheless. He could have had a less exciting, but peaceful life with an ordinary woman. But maybe he preferred a glorious life based on a lie. It was a pity that we couldn’t hear his side of the story, but even if we could have, he wouldn’t have told the truth.

 

Amy Adams was well cast for the role. Her beautiful large eyes projected her heart through them, which was one of the themes of this movie. Christoph Waltz, who portrayed Walter Keane, was the heart of the story. He was a silver-tongued born liar, with a remarkably persuasive motor mouth. No words can describe how irritatingly well he played his part.

 

【感想】

ウォルター役のクリストフ・ヴァルツの演技が良かった!イラっとくる口のうまさ、嘘に嘘を重ねながらもそれがバレないと思っている滑稽さ。役者さん本人に苛立ちをおぼえてしまうほどでした。しかもこの方、アメリカ人にしか見えなかったけどオーストリア出身の俳優さん。ドイツ語、英語、フランス語に堪能だそうで・・・。英語に堪能とかいうレベルじゃなくて、口の上手いアメリカ人よりも数百倍話が上手いんじゃないかと思いました。びっくり。

 

マーガレット役のエイミー・アダムスも可憐で良かったです。Big Eyesというタイトルに相応しい大きな目、ピンと上を向いた可愛らしいお鼻。とても40歳には思えません…。アメリカの女性は強いと思っていましたが、1950年代、1960年代は女性が独立して暮らしていくには厳しい時代だったのだなぁ、ということが分かりました。

 

日本でも2015年1月23日から公開中。

 

霧かスモッグか

朝から深い霧が出て、視界が真っ白だった木曜日。出勤してきた同僚に何気なく、”It’s foggy, isn’t it?” と話しかけたところ、思いもかけない返答が。それは霧ではなく公害だと言うのです。

 

彼は中国出身で、昨年アメリカに転勤してきたばかり。「絶対公害。匂いで分かる」と言います。彼にとって、空が白い=スモッグなのでしょう。

 

「サンフランシスコにはよく霧が出るけど、あれは空が白くても公害じゃなくて霧だよね」と、説得を試みたものの、公害だと言い切る彼の主張は変わりませんでした。

 

彼が渡米してきたばかりの頃、「アメリカでは日本車がたくさん走っている。それに比べ中国車は一台も見かけない!」と信じられない様子で私に話しかけてきた事があります。「中国車を買う」という発想自体がなかった私にとって、とても印象深い言葉でした。

 

同じような年齢でも、育った環境が違うと世界の見方が変わるものなのだなぁ、と実感した出来事でした。

 

Foggy Day

 

It was foggy this morning. Visibility was poor, and I had to turn on the lights on my way to work.

 

“It’s foggy, isn’t it?” I said to my colleague when he arrived. It was just an ordinary greeting to which I didn’t expect an answer other than “Yes, it is.”

 

Surprisingly, my colleague gave a reply that I had not expected. He said that it was air pollution; he smelled it in the air.

 

I would never have come up with that idea, but I understood why he believed so. He was from China, where a white sky means photochemical smog. I explained to him that fog was typical in the San Francisco bay area, but he disagreed.

 

He asked me if we had air pollution in Japan. We had an air pollution problem in the past, maybe 40 to 50 years ago, but not anymore. I’ve never experienced urban smog in my life, but I’m not sure if he was convinced.

 

Perspectives could be influenced by each person’s experience. I know this as information, but every time I encounter differences based on our upbringings, it amazes me. I appreciate that I can experience different perspectives and learn new things first hand.

 

【今日の一枚】

曇天

曇天

【ドキュメンタリー】Free the Nipple

アメリカの35の州において、女性が公共の場で上半身裸になることは禁じられており、違反した場合には最大3年間の禁錮刑と2500ドルの罰金が課せられるそうです。1992年に女性が公共の場でトップレスになる権利が認められたNYでも、実際には上半身裸になった女性が今でも逮捕されているとか。

 

男性には公共の場でトップレスになる自由が認められているのに、女性にはその権利が認められていないのはおかしい、と乳首の平等を求めて活動している女性たちがいます。Free the Nippleは、彼女たちの活動を記録したドキュメンタリードラマ。

 

Fight for nipple equality! というスローガンを初めて聞いた時は、何かの冗談かと思っていました。私自身、公共の場で上半身裸になれない事に対する不満などなかったので、一体なんのために戦っているんだろうと・・・。

 

ドキュメンタリーを見てみると、ただ単に女性も外で裸になりたい!というだけでなく、アメリカの行き過ぎたセンサーシップに疑問の声をあげているようです。

 

見始めた時は、「何もそんな事のために戦わなくても・・」と思っていたのですが、若い女性たちが信念のために声を上げ、どんどん活動の場を広げていく様子は興味深かったです。アメリカの女の子たちらしい友情物語もあり、ドラマとしても楽しめました。

 

出演しているのは女優さんたちらしいのですが、皆さんの脱ぎっぷりも素晴らしい。私は常々、アメリカの若い女性って裸になることに対して抵抗がないのかな?という疑問を抱いているのですが、実際のところはどうなんでしょうね。夏になると、脇の開きすぎたタンクトップから横チチが見えてる女性がいるんですよね…。

 

主義主張があるって素晴らしいなと思えた作品でした。

 

ホーム > アーカイブ > 2015年1月のアーカイブ

カレンダー
« 2015 年 1月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV235
UV68

ページの上部に戻る