The Glad Game > 2015年2月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2015年2月のアーカイブ

2015年2月のアーカイブ

【オーディオブック】Theft of Swords: Riyria Revelations, #1

Theft of Swords: Riyria Revelations, Volume 1 (2009)

時間:22時間37分

発音:イギリス英語。

速度:130語/分前後。

評価:5 out of 5.

Screen Shot 2015-03-01 at 9.19.30 AM

 

【あらすじ】

メレンガー王国の都、メドフォード城下で恐れられる盗賊集団・リィリア。影のように捉えがたきロイスと剣の名手ハドリアンの二人を中心に、どんなものも盗み、不可能に近い脱出を果たしてきた。そんな彼らに突然、高額報酬の依頼が舞い込む。仕事は王宮の礼拝堂から一本の剣を盗みだすだけのはずだったが……!?(Amazonより)

 

 

【感想】

お気に入りのシリーズ。悪名高き2人組の盗賊、ロイスとヘイドリアンの冒険譚。お約束通りのストーリー展開ではあるんだけれども、そのお約束通りを楽しく読ませてくれた。バディもの大好き!

 

ナレーションはイギリス英語。明瞭な発音で聞き取りやすいのも好感度が高い。

 

作者によると、最初は小さく始め、徐々に大きな謎や陰謀が明らかになっていくという仕組みらしい。6作が2作ずつまとまった3冊組。王宮から剣を盗み出すという小さな案件から始まった2人の冒険が、やがて国と教会の対立、エルフの侵略などと絡んでどのように展開していくのか楽しみ。

 

王都の二人組 (盗賊ロイス&ハドリアン) というタイトルで邦訳が出ている。表紙のイラストを見るとラノベ的扱いか。洋書版の表紙は誰が買っても良い雰囲気だけど、日本版は書店で見たら絶対買わない類の本。オーディオブックで出会えて良かった!

 

 

Book Review: Theft of Swords (The Riyria Revelations #1-#2)

 

Plot:

An infamous skilled thief, Royce Melborn, and his partner in crime, Hadrian Blackwater, are known as Riyria in Kingdoms of Avryn. When they set out to steal a sword from Melengar castle, they are framed for killing the King.

 

This book is the first book in the Riyria Revelations series written by Michael J. Sullivan. This high fantasy novel is one of my favorites, but I almost gave up on this book at first; it starts really slow, and I had to wade through a Shakespearean-like quaint part before it really got started.

 

Royce and Hadrian are the antipodes: Royce is a reticent and agile guy who grew up on the streets. Hadrian is chatty, and proficient in ancient swordplay. They successfully stole countless valuables, but they are not evil. As I read, I came to like them very much; the way they conduct misdeeds is elegant, and they help people with their skills. I was fascinated by their illustrious adventures.

 

All in all, this book is a must read for people who enjoy high fantasy books.

 

The author said that he intended to start small and end big. This book starts with the conspiracy in a kingdom, but it unravels the mystery of political parties in Avryn, the world of elves, and gods along with the story of Riyria.

 

This book is the beginning of a grandiose story, and I can’t wait to know more about their world.

 

YL: 7.5

語数:200,000語(概算)

Theft of Swords (Riyria Revelations)

 


王都の二人組 (盗賊ロイス&ハドリアン)

 

【今日の一枚】

ワイオミングの景色

ワイオミングの景色。

アメリカのビール

近所のスーパーで見かけたお洒落なビール。こういう展示の仕方を見ると、今自分は外国にいるんだな〜、と実感します。

 

IMG_1894

FullSizeRender-2

FullSizeRender

 

これは、SPEAKEASYというサンフランシスコの会社が販売している、「The Usual Suspects」というシリーズ。推理小説みたい。Big Daddy, Prohibition, Metropolis という名前も印象的で良いし、何より容れ物がお洒落。ビールは飲まないのに、この容れ物欲しさに買ってみようかと思った程でした。仕切りもあるし、小物入れとして使えそう。

 

アメリカには2013年の段階でおよそ2800のビール醸造所があり2011年の統計では、一人あたり76.6リットルのビールを消費しているそう。日本は一人あたり43リットル。国別ビール消費量1位はチェコで、一人あたりのビール消費量122リットル、19年間不動の1位らしいです。日本人の3倍!チェコのビールは美味しいに違いない・・。

 

アメリカのスーパーには、多種多様で個性的なパッケージのビールが置いてあります。日本で主流な苦味の強いビールとは違って、味もフルーティで飲みやすいものが多いので、日本に輸入すれば女性にウケると思うのだけれど。日本では全然見かけないのは何か理由があるのかな。

 

 

多聴多読今年の目標

来年の1月で多聴多読を始めて10年になるので、きりよく500冊を目指そうかと考えているところ。現時点で426冊、4000万語くらい。今年1年だけ年100冊ペースで読めば達成可能なはず。

 

心地よく読めるペースは年50冊なので100冊は無理!と思っていたのだけれど、来年の1月までに500冊を目指したい・・と心のなかで思った時点から、明らかにオーディオブックを聞くペースが上がってきた。もしかしたらいけるかもしれない。

 

500冊という目標にしたのは、10年500冊、というのがキリが良い、というのもあるけれど、多聴多読という割にはそれほど読んでいないかも、と思ったのがきっかけ。でも洋書多読をしていなければ、和書でも500冊読む事はなかったかもしれない。そう考えると、英語学習がきっかけで本を読むようになって本当に良かったと思う。

 

ということで、今年は年100冊を目指します。

 

【今日の一枚】
16169305672_c4b28cb66a_z
サンディエゴ動物園のシロクマ。「見てんじゃねえぞ」と言っている気がします。

【オーディオブック】The Girl on the Train: A Novel

The Girl on the Train: A Novel(2014)

時間:10時間59分

発音:イギリス英語

速度:150語/分前後。

評価:1 out of 5

Screen Shot 2015-02-24 at 8.04.26 PM

 

【あらすじ】

レイチェルは通勤電車の沿線沿いに住むカップルをジェイソンとジェスと名付け、毎朝車窓から観察していた。夫の浮気により家庭崩壊したレイチェルは、彼らに理想の夫婦像を重ねていた。ところがある日、レイチェルはジェスが庭先で見知らぬ男とキスをしているのを目撃する。程なくして、行方不明となっているメーガン・ヒップウェルという名の女性がジェスであり、彼女の夫(ジェイソン)が容疑者として疑われている事をテレビで知る。レイチェルは、失踪前日に彼女とキスをしていた第三の男がいたことを警察に伝えるとともに、自らメーガンの足取りをたどる決心をする。

 

【感想】
ベストセラーリスト入りしていたので読んでみたのだが、面白くなさすぎて泣きそうだった。何しろ主人公レイチェル、失踪したメーガン、レイチェルの夫を奪った女の3人とも不平不満が多すぎる!酒に溺れて嘘を付いたり別れた夫に追いすがったり、セラピストに依存したりと不愉快な行動ばかりで嫌気がさしてしまった。実生活でこういう人達がいたら、全力で距離を置きたいと思うはず。いくらフィクションでも彼女らの愚痴を聞くのはツラすぎた。

 

ゴーンガールが引き合いに出されているようだが、共通しているのは、妻が失踪し、夫が容疑者であるという部分だけ。ゴーンガールにはスリルがあったけれども、この本には全く魅力を感じなかった。

 

私にとって最大のミステリーは、この本が何故ベストセラーなのかという点でした…。

 

Book Review: The Girl on the Train

 

Spoiler Alert!

Rachel fantasizes about a couple whom she sees from the commuter train every day. She has named them Jason and Jess. In her eyes, they seem like a perfect couple, as she sees them having breakfast on their roof terrace every morning.

 

Her life is in shambles: her ex-husband Tom cheated on her and the home-wrecker lives in the house where Rachel and he used to live together. She can’t let go of her anger and indulges herself in alcohol. The couple living alongside the railroad is the dream she could have had otherwise.

 

One day, Rachel saw Jess kissing another man in the garden. Soon after that, she realized that Jess, who was Megan Hipwell, was reported to be missing. The police suspected her husband, Scott, but Rachel knew that the other man was involved. Rachel tries to piece together what happened the night Megan disappeared.

 

This book was the debut novel of Paula Hawkins. The synopsis was promising; what goes on in the houses you pass by every day? Besides, this book was compared to Gone Girl, one of my favorite mystery books. But this book was a huge disappointment.

 

I could not bear the incessant whining from the main characters. Yes, Ana was a home-wrecker. But Rachel showing up at her ex’s house uninvited and drunk, sneaking in, stealing the baby, and running out of the house? It’s insane and unforgivable. Calling the ex repeatedly, and begging, “I need to talk,” 2 years after the divorce? Get over it, and get a life!

 

Megan was a nuisance, too. She was lonely and mentally unstable. She had lost her loved ones, and she was traumatized. I could understand that, but she was needy, and sought help from others. She pressed her psychiatrist to enter into an inappropriate relationship, and when he refused, she bit his lip with all her might. And when he said he couldn’t see her anymore, she begged to talk to him as a friend, and told him all her problems. Shouldn’t she face up to her weakness, instead of relying so much on others?

 

Ana couldn’t be less likable. She was triumphant over stealing Rachel’s husband. There was no remorse or shame. I was sure that what Tom did to Rachel, he would do to Ana for other women.

 

Why is everyone in this book so pathetic? I couldn’t sympathize with any of them. I try to keep away from whiny people in real life, so I should avoid them in books, too. Maybe this book was meant for those who are empathetic and like to listen to stories of misery. In any case, it was not to my liking, so I will give it 1 stars out of 5.

 

YL: 7 (概算)

語数:80,000語(概算)

 

The Girl on the Train: A Novel

【オーディオブック】The Hitchhiker’s Guide to the Galaxy

The Hitchhiker’s Guide to the Galaxy

時間:5時間51分

発音:イギリス英語。スティーブン・フライ朗読。

速度:140-160語/分前後。

評価:5 out of 5

Screen Shot 2015-02-15 at 6.00.33 PM

 

【あらすじ】
銀河バイパス建設のため、ある日突然地球が取り壊されてしまう。15年間秘密裏に地球で活動していた宇宙人の友人、フォード・プリフェクトに助けられたイギリス人、アーサー・デントは、彼とともに銀河系ヒッチハイクの旅に出る。
 
 

【感想】
バカバカしくて面白かった!銀河系ヒッチハイクのお供は”The Hitchhiker’s Guide to the Galaxy”という電子本とタオル。銀河系ガイドブックの表紙には、”Don’t Panic”と書いてある。何が起こるか分からない宇宙でのヒッチハイクに出かける者にとって、”パニクるな”というのは尤も至極な助言だろう。
 
 

タオルの独創的な使い方にも感心した。暖を取る、体を清潔にする、という以外にも濡らして戦いに挑むという使い方があったとは。本当に宇宙では何が起こるか分からない。
 
 

留まるところを知らない奇想天外な発想に辟易して途中で本を置いてしまう人もいるようだが、この本は各方面に多大な影響を与えているらしい。例えば作中に出てくるBabel Fishという魚。耳にこの黄色い魚を挿せばたちどころに他言語を翻訳してくれるという生き物なのだが、Babel Fishという機械翻訳ソフトがあるらしい。他にも、Pan-Galactic Gargle Blastersという名の飲み物も各種レシピがあるし、Deep Thoughtという人間とチェスの対戦をするコンピューターもあった。さらにはGoogle計算機に”The Answer to the Ultimate Question of Life, The Universe, and Everything”というこの作品のテーマである究極の質問をすると答えが導き出される。Geekたちの想像力を大いに刺激する1冊だったのではないだろうか。
 
 

私はStephen Fry朗読のオーディオブック版を聞いた。淡々としたナレーションの中に何かが起こりそうな雰囲気を忍ばせているところが良い。シニカルなイギリス風ユーモアが各所に散りばめられているところ、そしてそのユーモアが相方の宇宙人には全く通じていない所も微笑ましい。
 
 

次々と起こるトンデモナイ出来事に振り回されつつも、Stephen Fryの飄々としたナレーションで読み上げられるユーモアに笑いっぱなしだった。
 

 

Book Review:  The Hitchhiker’s Guide to the Galaxy

 

On the day of the demolition of the Earth, Arthur Dent was picked up from the planet by his friend, Ford Prefect, an alien researcher working incognito on the revised version of “The Hitchhiker’s Guide to the Galaxy”.

 

The author of this highly acclaimed book put the words, “Don’t Panic” on the cover, which must be an important piece of advice for those who are brave enough to try hitchhiking in the universe. This guidebook also explains, “A towel is about the most massively useful thing an interstellar hitchhiker can have. You can wrap it around you for warmth or wet it for use in hand-to-hand combat.” Now I understand the reason why “Don’t Panic” should be on the cover; anything can happen in the galaxy.

 

Arthur Dent and Ford Prefect, a peculiar pair, escaped the earth, were thrown out of a spaceship, and were picked up by another spaceship against astronomical odds. They then stumbled upon the answer to Life, the Universe and Everything. The plot is rather simple, but I like the way the author, Douglas Adams, put the words together; they are sarcastic and funny. His writing style, along with complete nonsense, set the tone of the story, and somehow made sense. I was awestruck by the answer to the ultimate question, and I found it profound beyond human wisdom.

 

Some readers might feel this story is pure hokum and put the book down, but this book exerted a tremendous impact not only on writers, but also on geeks. “Babel fish” that translates foreign languages became real software, Babel Fish. Pan-Galactic Gargle Blasters is a popular cocktail menu item, and the name Deep Thought, a computer programmed to calculate the answer to the ultimate question, was adopted as a chess computer. Also, when we put the ultimate question to Google Calc, it taps out the answer written in this book.

 

I really love this book, and definitely recommend it to anyone who enjoys Sci-Fi and humor. This is a rare chance to experience hitchhiking in the galaxy, and I wouldn’t miss it for anything.

 

YL: 7 (概算)

語数:55000語(概算)

 


The Hitchhiker’s Guide to the Galaxy

銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)

【今日の一枚】

Starfish

Starfish。

ホーム > アーカイブ > 2015年2月のアーカイブ

カレンダー
« 2015 年 2月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV632
UV83

ページの上部に戻る