The Glad Game > 2015年3月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2015年3月のアーカイブ

2015年3月のアーカイブ

【オーディオブック】The Girl with All the Gifts

The Girl with All the Gifts (2014)

時間:13時間4分

発音:イギリス英語

速度:160-170語/分前後。

オススメ度:5 out of 5

Screen Shot 2015-03-29 at 8.13.01 AM

 

 

【あらすじ】
10歳のメラニーは一見ごく普通の小学生のように思えるが、特別な女の子。彼女は軍の施設に収容されており、学校へは手錠口輪を嵌められ、全身を車いすに固定された状態で送り届けられる。しかも彼女は思い出す限り誰にも触れられたことがない。クラスメート達も同様に拘束されており、施設ではそれぞれ独房に収容されている。そしてDr.コールドウェルの研究室に呼び出された子供たちは二度と戻ってこないのだ。一体この施設は何なのか。何故子供たちはこのような酷い扱いを受けているのか。メラニーと大人たちの視点からこの世界の謎が語られていく。

 

【感想】
Audibleのお勧めだったので聞いてみました。ソンビアポカリプスものはあまり好きではないのですが、思いの外感動的で5つ星評価でした。ホラーに分類されていますが怖いシーンはありません。

 

ここからネタバレです。

 

ゾンビアポカリプスより20年後のイギリス。ゾンビというと、Grrrrと唸って人に噛み付く姿が思い起こされますが、その中に知性と理性を残した子供のゾンビ達が発見されます。メラニー達は、ゾンビ化を引き起こすカビ菌に対して部分的な免疫を持った”high functioning”なゾンビであり、軍の施設ではこのような子供ゾンビ達を集め、彼らを研究していたのでした。

 

メラニーが特に慕っている日替わり担任の先生、ミス・ジャスティニューとメラニーとの関係が感動的でした。ジャスティニュー先生は、解剖する際の参考にするために子供たちの心理面を観察し、科学者に報告するサイコロジストなのですが、クラスを担当するうちに普通の子供たちをほとんど変わらない子供ゾンビ達に情が移ってしまいます。人間の心を残したゾンビは”モンスター”であり、解剖して研究するべき対象なのか、それとも”病気に罹った子供たち”なのか。科学のため、人類のためという大義名分を掲げ、倫理感に欠ける行動を繰り返す大人達の姿から、科学と倫理のバランスについて考えさせられた本でした。

 

作者のM.R.Careyはコンスタンティンの原作者であり、現在のX-MenとUltimate Fantastic Fourのライターでもあるようです。コンスタンティンの設定とは全く違うものの、この作者が作り出す独特の世界観が好きです。

 

YL:8 (概算)

語数:125,000語(概算)

 


The Girl with All the Gifts

 

Book Review: The Girl with All the Gifts

Plot:

 

Melanie is escorted to class every morning. Sergeant Parks holds his gun pointed at her while two of his agents strap her into the wheelchair. They gag her, although she has no intention of biting them. When she jokes that she won’t bite, they don’t laugh. In all her life, she has never been touched by anyone. All she remembers in her ten short years is that she has been locked up in a cell along with other children. They go to school in wheelchairs with their limbs strapped, they are fed worms once a week, and they take antiseptic showers on Sundays. They have no knowledge of the outside world. After a dissident group attacked the facility, Melanie came to know what happened to the world twenty years ago.

 

My thoughts: Spoiler Alert!!!

 

This is a Sci-Fi novel by M.R. Carey which depicts a dystopian future. As the book title shows, Melanie is a girl with many gifts: she is smart, thoughtful, and kind, except for the fact that she is a zombie. Most of humanity was wiped out by a fungus infection that caused the zombie apocalypse twenty years ago. The British government set up a military base outside of London, and scientists have been conducting research to save humankind.

 

Most of the zombies act on instinct; they crave human flesh; typical behavior as we see in zombie movies. But some years later, a new species emerged; some of the children can think and talk, even after they are turned into zombies. These children are called, “high-functioning zombies.” Scientists believe that these children have a partial immunity to the deadly fungus, and that they are the key to finding a cure for the zombie infection.

 

Melanie loves her teacher, Miss Justineau, even though she is a developmental psychologist who is observing the children in her class. Miss Justineau reports to a scientist, Caroline Caldwell, who vivisects high-functioning zombie children for research. Dr. Caldwell’s behavior made me think about the balance between science and ethics. These children are already technically dead, but they can think and feel like ordinary children. They behave like zombies when they smell humans, but they can contain their hunger if necessary. They don’t know that they are already dead; they are pure and innocent. Dr. Caldwell and Sergeant Parks think these children are monsters, and they don’t hesitate to cut them open for the greater good. People can be very cruel when they don’t regard these children as the same species. I felt sympathy for these children, because I believe that they are not monsters; they are sick children to be saved.

 

I’m not fond of zombie apocalyptic stories, but this book was special in good ways. I liked how Melanie and Miss Justineau developed mutual trust. I’m glad that I didn’t dismiss this book because it is all about zombies. This book is a great addition to the zombie literature, and I hope a lot of people read this book without prejudice against the genre.

 

 

【オーディオブック】Ready Player One/ゲームウォーズ

Ready Player One(2011)/ゲームウォーズ(上) (SB文庫)

時間:15時間46分

発音:アメリカ英語。

速度:140-160語/分前後。

オススメ度:5 out of 5

Screen Shot 2015-03-28 at 10.18.44 AM

 

 

【あらすじ】
2044年、世界は荒廃し、人々は現実逃避するように仮想世界OASISにバーチャル・ユートピアを見出していた。家族も親しい友人もいなかったOASISの創始者ハリデーは、全ての遺産をOASIS内に隠された”イースターエッグ”発見者に譲るというメッセージを遺し病死した。謎を解く鍵はハリデーの愛した1980年代。OASIS内の高校に通う18歳のウェイドは、5年間動きがなかったイースターエッグ探しの1つめのヒントを見つけ出したことで、一躍トップに躍り出る。

 

【感想】

楽しい本でした!フィクションの世界に浸る醍醐味を味わえる作品。ワクワクしながら読みました。

 

1972年生まれのハリデーは、80年代ポップカルチャーの熱烈なファンであり、イースターエッグを見つけるためには、80年代のオタク知識が必須。ライバルは”ガンター”と呼ばれるオタクプレーヤーだけでなく、シクサーという大企業の雇われ戦士たち。巨額の資金と各分野の専門家を含む数千人のチームで汚い手段を使ってでもイースターエッグを入手しようとするシクサーが勝利した暁には、オープンソースであるOASISがただの企業の儲け道具になってしまう恐れがあるのです。

 

熾烈な争いを繰り広げるパーシバルやエイチ、アーテミス、ダイトー、ショートーは実世界では一度も会った事がないにも拘らず、ライバルとして競っていくうちに強固な絆で結ばれます。バーチャル世界で生まれた友情はホンモノか、一度も会うことなく恋に落ちてしまうことはあり得るのか、などというテーマも興味深かったです。

 

それにしてもプレーヤー達の知識の深さには驚かされました。徹底的に細部にまでこだわり、時にはストーカーまがいの執念で好きなものの情報を追い求めて行くオタク達の素晴らしいこと!何でもその道を究めるって大事だと思いました。

 

私は80年代のアメリカドラマ文化やビデオゲームなどにはそれほど詳しくないのですが、それでも十分楽しめました。日本の特撮モノやアニメなどもふんだんに扱われており、メインキャラに日本人が2人いるのも良かったです。後半はかなり日本の特撮モノが出てきます。RPG好きの人、80年代ポップ・カルチャーが好きな人は特に楽しめるのではないでしょうか。

 

スピルバーグ監督による映画化も決定したようです。アベンジャーズなどを手がけた脚本家と、原作者のアーネスト・クラインが脚本を執筆するとのことで非常に楽しみ。

 

YL:8 (概算)

語数:135,000語(概算)

 


Ready Player One

ゲームウォーズ(上) (SB文庫)

ゲームウォーズ(下) (SB文庫)

 

Book Review: Ready, Player, One

Plot:

This is a Sci-Fi novel by Ernest Cline.

 

In 2044, most people are forced to live in misery; natural resources are exhausted, and the economy has collapsed. Most of humanity seeks refuge in a virtual reality system, called OASIS through which people can choose their own avatars regardless of their colors, genders, or appearances. They can do whatever they want: go to school, make a living, explore the virtual galaxy in their own spaceships.

 

Wade Watts is one of the hapless teenagers who devotes himself to the virtual world. One day, the world receives a message from James Halliday, the creator of Oasis. The billionaire has died without an heir, and his testament states that he would leave his entire fortune and Oasis to the one who finds an “Easter egg”, hidden somewhere in the vast Oasis world. From then on, crazed people search everywhere to no avail; the virtual world is too enormous to explore thoroughly. In addition, all the clues are based on pop culture trivia from the 1980s that the late Halliday loved.

 

After five years of fruitless searching, people begin to think it is a hoax. Then, Wade makes the first breakthrough to solve the three riddles. Suddenly, the whole world starts to watch Wade’s every move. The only way to survive is to win the game.

 

My thoughts:

This book was awesome! I really enjoyed reading it. If I were well-versed in 1980s pop culture, it would have been even more interesting!

 

All the main characters were super cool geeks! To solve Halliday’s riddles, they needed to be familiar with every movie he watched, every song he loved, and all the computer games, arcade games, Japanese anime, and everything! I admired their devotion to detail.

 

Also, this book presented a very interesting theme: is it possible to love a person whom you meet in a virtual reality without seeing them in actual life? People in a virtual reality can choose what they look like; you can select a gorgeous blonde avatar with big boobs even if, in real life, you are an acne-mottled, fat nerd. I believe that we can fake our appearances online, but we can’t pretend to be someone we are not and do things that we would not really do. If we come to know the person well, it is possible that we could love their true nature, not their avatar.

 

As I wrote earlier, I really enjoyed this book. It made me feel like I was living in the virtual reality world with all the main characters. I really hope that an Oasis-like system will be developed in my lifetime-hopefully, without the collapsing economy.

 

アメリカ生活3年目とこれからの事

引っ越し代をケチってスーツケース2つと手荷物で、合計60kgの死にそうに重い荷物を持って渡米した日からちょうど2年が経ちました。空港に降り立ってタクシーを待っている間に、前にいたアジア系のおば様が道路に痰を吐いたのを目撃し、今自分は外国にいるんだ・・ということを強く感じたのを覚えています。

 

到着してすぐ、空港からタクシーに乗ってそのままTOYOTAに行って新車を買いました。日本にいる間にディーラーさんのウェブサイトにメールし、実物を見ずに購入。そのまま乗ってシェアハウスに行くつもりだったのが、カーナビ無しでフリーウェイに乗るのが怖くて、結局トヨタの人に家まで送ってもらったのでした。翌日納車に来てもらって、トヨタの人を助手席に乗せて運転練習…。今まで一度も海外で運転したことがない人が、いきなり1人で都市部のフリーウェイを運転するのは無謀だということを実感しました。

 

シェアハウスの手配も日本にいる間に掲示板で探してメールでやり取りをしていたので、実際に現地に行って、家があるのを確認した時はホッとしました。その後、猛烈な汚屋敷ぶりに辟易して3ヶ月で退去することになるのですが・・・。

 

今思えば色々と準備したつもりが、全く計画になっていなかった事が分かります。逆に、あまり考えていなかったからこそ海外に行けたのかも。用意周到に準備していたとしても、外国にいれば思わぬ事態に遭遇するものだし、トラブルに遭うたびに経験値が上がっていくのではないかと思います。

 

色々と考えた結果、後1年で日本に帰国しようと思います。母も私も一人っ子なので、私が海外にいると日本に残っている母の面倒を見る人がいません。まだ61歳なのでもうしばらく大丈夫・・と思っていたのですが、昨年10月にこれまでの脳天気な考えを改めるきっかけとなる出来事が起こりました。

 

母が一週間ほど持続する右下腹痛を訴え、近所の消化器クリニックに行ったところ、”憩室炎”と診断され内服抗生剤の処方を受けました。だんだん具合が悪くなるので、土曜日にSkypeで会話した時に、”虫垂炎なんじゃないの?”という会話をし、月曜日になったら大きな病院を受診する事になっていました。その後、母と連絡が取れなくなり、月曜日の朝、母が行きそうな市内の大きな病院の受付に国際電話をかけたところ、「ICUにお繋ぎします」との声が・・・。

 

母は、虫垂炎の穿孔による腹膜炎で緊急手術を受けていました。よっぽどの事がなければ土日夜間には病院に行ってはいけない、と思っていたことと、”憩室炎”の診断で内服薬を貰ったから後2−3日様子を見ようと考えたことが仇になりました。

 

ICUの看護師さんに繋がるまでの2−3分の間、もし母が危篤状態で、このまま会話することなくお別れになったとしたら後悔するだろうか・・・と考えました。海外に行くことを決めた時点で、親の死に目にあえない可能性は十分にあるという事を理解していたつもりでも、いざその時になって全く動揺しないということはあり得ません。今回は緊急手術により回復しましたが、母は慢性疾患を抱えているため、ちょっとした病気が引き金で容態が急変する可能性もあります。

 

海外に出た時点で、親の急変に立ち会えない可能性がある事は十分理解していたつもりでしたが、やはり一人っ子である以上、自分は親の近く、せめて日本国内にいるべきだと思いました。

 

今の仕事がもう少しで一段落するので、もう一つのプロジェクトにも関わりたいと思っていたのですが、そのプロジェクトが終わるまでではなく、帰国時期を決めて出来たところまでやり、後は後任に引き継ぐという形でお願いしたいと考えています。

 

残り一年、思い出深い年にしたいです。

 

【今日の一枚】

Golden Gate Bridge

 

ゴールデンゲートブリッジ。

 

【洋書】Alex/その女アレックス


Alex

その女アレックス (文春文庫)

 

【あらすじ】

おまえが死ぬのを見たい――男はそう言って女を監禁した。檻に幽閉され、衰弱した女は死を目前に脱出を図るが……。
ここまでは序章にすぎない。孤独な女の壮絶な秘密が明かされるや、物語は大逆転を繰り返し、慟哭と驚愕へと突進する。

(アマゾンより抜粋)

 

【感想】
日本で大層な評判となっているだけあって、すごく面白かったです!!!肝が座った女性が主人公の話が大好き。何を言ってもネタバレになるので大っぴらに語れないのが残念ですが…。

 

どんでん返しを期待して読んだ人のなかには、ガッカリしたという感想もチラホラ見かけたのですが、この本の良さはどんでん返しにあるのではなく、犯人と一緒に事件を追っていく事が出来るということだと思うのです。アレックスが仕掛けた一連の事件に対して警察がどう反応するのか、自らが審判を待っているかのようにドキドキしました。truthよりもjusticeというセリフには激しく納得です。

 

一作目のIreneを読まなくても十分楽しめるとは思いますが、1作目を読んでいたほうが、主人公Camilleが負ったトラウマの深さが分かるので良いと思います。画家であるお母さんへの思い入れの強さも分かりますし。

 

Camille率いる捜査陣も相変わらず個性的。今回主要メンバーに加わったArmandのドケチぶりには参りました。読んでいるこちらが恥ずかしくなるほどの倹約ぶり。このご時世にホームレスでもないのにシケモクを集める人がいるとは・・・。それらのドケチエピソードの数々があったからこそ、芸術への傾倒ぶりがますます際立ったのだと思いました。

 

 

なぜかオーディオブック版はデンマーク語しかなかったので、Kindle版で読みました。内容とは関係ないのだけれど、この作品、やたらとセミコロンが多いのです。セミコロンの使い方を思う存分確認出来た本でした。

YL:7.5

語数:99,000語(概算)

 

Book Review: Alex

 

Plot:

 

“I’m going to watch you die, you filthy whore,” the man said. An attractive young woman was snatched off a street in Paris; she was confined in an undersized cage in an abandoned warehouse. Commandant Camille Verhoeven and his team had no clues about finding the woman until a series of brutal murders presumably committed by a mysterious woman started.

 

My Thoughts: Spoiler Alert!! ネタバレ感想

 

I knew that Alex by Pierre Lemaitre received critical acclaim internationally and I enjoyed its prequel, Irene, but this book was beyond my expectations. The book starts with an abduction of a beautiful woman; however, readers soon realize that the woman, Alex, is not a mere victim. She had a reason to be punished by the perpetrator. But what was the reason?

 

Following Alex’s narrow escape from the cage, she goes on a killing spree; it looks completely random, and the motive is not revealed until the very end. Alex is a serial killer; but her loneliness and the determination to kill  felt so sad that I sympathized with her. I couldn’t help but hope that she would never get caught.

 

Commandant Camille Verhoeven and his team is another reason that makes this book unique; Commandant Camille, a man with a diminutive stature of only four feet eleven inches, was traumatized by a tragedy that fell upon his family a few years earlier. This abduction case was a harsh reminder of what happened to his wife, Irene. His second in command, Louis, shares the guilt with Camille, and their relationship seems to have changed since the tragic event. Armand, one of the detectives, is capable of finding anything, but he is a cadger; he is embarrassingly stingy, but his dedication to art is remarkable. He skimps on everything but art.

 

The ending is brilliant. I couldn’t agree more when one of the characters said, “As far as we’re concerned, what’s important is not truth, it’s justice.” This ending was what I hoped for, albeit a sad one. This book was dark, sad, and disturbing, absolutely the kind I like the most. I’m really looking forward to the third book in this series, Camille, coming out in May.

 

【今日の一枚】

16642031978_c0691f9a00_z

Grackle/オオクロムクドリモドキ?

ベビーシッターの値段

来週から家主さんの奥さんが1週間出張に行くとのことで、ベビーシッターを頼まれました。子供は9歳の男の子と5歳の女の子。旦那さんが出勤する6時半に家に入り、子供たちに朝ごはんを用意して、車で5分のところにある小学校に送り届けるというもの。私が毎朝6時20分に家を出るのは知っているだろうに、何故私に頼む・・・?とは思いましたが、本当に困っている様子だったので引き受けることにしました。

 

知り合いのよしみでタダで引き受けたつもりだったのですが、なんとお金を払ってくれるとのこと。しかも時給20ドル+小学校への送迎代20ドル。ということは、6時半〜8時までで合計50ドルということになります。

 

マジで!?

 

50ドルも貰ったら旅館のような素晴らしい朝食を用意しなければいけないのでは・・・と思っていたのですが、朝食はシリアルでいいそうなのです。牛乳注いで子供を送っていくだけで6000円!!

 

出勤前にちょっと知り合いの家の子供の面倒を見るくらい、タダでするものだと思っていたのでびっくり。しかも時給20ドルはこの地域の相場らしいです。

 

ABCニュースにアメリカでのベビーシッターの相場が載っていました。全米で一番高いのがニューヨーク。子供1人なら時給15.34ドル、2人なら16.76ドル。質の高いシッターさんを雇うために時給25ドル出す家庭もあるそうです。ただしデンバーやフロリダなどの地域では時給8〜10ドル。都会ほど高いようです。

 

車で5分の小学校ぐらい、自分たちで歩いていけばいいのに・・と思ってしまいそうですが、アメリカは家に子供たちだけを置いていくのは違法。もちろん小学生だけで歩いて学校に行くのもダメで、小学校では先生が駐車場で車から出てくる子供達をピックアップするそうです。

 

日本では小学生が一人で電車に乗って私立の小学校や塾に行くので、どこに行くにも送迎が必要なアメリカの家庭は大変だと思いました。

 

【今日の一枚】

13913942319_c5d5374664_z

アーティチョークとマリリン・モンロー。

ホーム > アーカイブ > 2015年3月のアーカイブ

カレンダー
« 2015 年 3月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV232
UV68

ページの上部に戻る