The Glad Game > 2015年7月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2015年7月のアーカイブ

2015年7月のアーカイブ

映画やドラマで英語学習その2:LingQを用いたスクリプト学習

映画やドラマで英語学習その1からの続きです。

 

私がスクリプト学習に利用したのはLingQ(りんく)という英語学習サイトです。LingQはカナダの英語学習サイトで、月々10ドルから利用できます。もちろんLingQを用いなくてもスクリプトチェックは出来ますので、こんな方法もある、という参考程度に読んでいただければと思います。LingQの紹介記事はこちらです。

 

素材にしたいスクリプトを用意する

まずは学習素材にしたいスクリプトを用意します。今回はWhite Collarのスクリプトを例として使います。

Screen Shot 2015-07-30 at 4.11.53 PM

 

スクリプトをLingQにインポートする

 

LingQにログインし、先ほどのスクリプトをコピペします。

 

Screen_Shot_2015-07-30_at_8_20_45_AM

 

こちらはLingQのホーム場面を開いたところです。画面右上にあるタスクから、プルダウンメニューで「レッスンのインポート」を選びます。

 

こちらがインポート画面です。コースというのは、今後同じテーマの学習素材をインポートする時、記事をまとめて格納するフォルダのようなものです。作品タイトルごとにしても良いですが、あまりにもタイトルが増えると大変なので、「Drama」として全てのドラマスクリプトを集めても良いかと思います。

 

Screen_Shot_2015-07-30_at_8_21_36_AM

 

Type the Titleというところにタイトルをつけます。後々順番が分かりやすいように、White Collar Season2-7 Prisoner’s Dilemma と作品タイトルを入れます。

Type the lesson text here…という部分にコピーしたスクリプトの本文をペーストします。

Screen_Shot_2015-07-30_at_8_21_36_AM copy

 

本文をコピペしたところです。ページ最後に「保存」または「保存してアイテムを開く」という青いボタンが2つ出てきます。インポートだけですぐに学習しない場合は「保存」を、そのまま続けて学習する場合は「保存してアイテムを開く」ボタンを押します。

Screen Shot 2015-07-30 at 8.22.41 AM

 

一度にインポート出来るのは2000ワードまでです。インポートする素材が2000ワード以上の場合、2000ワードずつに分かれてインポートされ、タイトルにNo.1, No.2…と順番がつきます。

Screen Shot 2015-07-30 at 8.23.00 AM

 

インポート後の設定

 

インポート後の画面です。画面左側にスクリプト、右側に未知単語が表示されています。Blue Word 22というのは、これまで自分がLingQに登録していない単語の数です。初めてLingQを利用した場合、全ての単語に青マーカーがつきます。黄色文字のすべてのLingQ1というのは、以前LingQに新出単語として登録したものの、まだ覚えていない単語の数です。これらの青マーカー、黄色マーカーについては後で詳しく説明します。

 

Screen Shot 2015-07-30 at 8.23.46 AM

 

画面上部中ほど、歯車のマークをクリックし、Manual Modeにチェックを入れます。Auto Modeにすると、新出単語の意味を調べた後、画面が自然に次の青マーカー単語に移ってしまうので、丁寧に読み込む場合には不便な機能です。Manual Modeでは自分が画面をスクロールしない限り、勝手にスクロールされることはありません。

 

Screen_Shot_2015-07-30_at_8_24_11_AM

 

 

スクリプトを読む

実際にスクリプトを読んでみましょう。

 

LingQ学習画面では、単語に点線、青マーカー、黄色マーカーがつきます。下記の画像では、perspective に点線がついています。これは、過去に自分が学習した他の素材で新出単語として意味を調べて登録し、その後「既知単語」になるまで、フラッシュカードで復習した単語です。

Screen_Shot_2015-07-30_at_8_26_38_AM

 

点線がついたperspectiveをクリックすると、以前登録した単語カードが出てきます。カードには、perspectiveの意味と例文が掲載されています。「We have two different perspectives.」というのは、以前別の英語記事でperspectiveを初めて見たときに登録した例文です。

 

Screen Shot 2015-07-30 at 8.27.01 AM

 

黄色マーカーは、以前別の記事で新出単語を登録したものの、まだその単語を覚えていないという意味のマーカーです。初めてLingQを使った時には黄色マーカーはありません。

 

Screen Shot 2015-07-30 at 8.27.17 AM

 

黄色マーカーのvalorをクリックしてみます。すると、以前の例文は「award for valor in combat」、今回のWhite Collarでは「FBI medal of valor」です。前回の例文と併せて確認することで、単語のイメージが定着しやすくなります。

 

Screen Shot 2015-07-30 at 8.27.28 AM

 

覚える必要のない単語をチェックする

 

LingQ上で初めて出現する単語には青マーカーがついています。ただし、本当に必要な新出単語や、すでに知っている単語、覚える必要のない人名やマイナーな地名なども混じっていますので、その場合は青マーカーを外す作業をします。

Screen Shot 2015-07-30 at 8.27.47 AM

 

青マーカーのBancroft’s をクリックすると、「バンクロフトさん」というグーグル翻訳が出てきますが、これは覚えてもしょうがない単語なので、右下の「この単語を無視する」をクリックして青マーカーを消します。右上の「この単語を知っている」をクリックすると、その単語は「既知単語」としてLingQ上の統計に計上されます。LingQでの活動を続けていくうちに、自分がどのくらいの英単語を知っているか、ある程度の目安になります。

 

Screen Shot 2015-07-30 at 8.27.58 AM

 

新出単語を登録する

 

スクリプトを読んで覚えたい新出単語に出会った場合、その青マーカーをクリックします。

 

Screen_Shot_2015-07-30_at_8_28_23_AM

 

すると、いくつか日本語の意味が出てきます。これは、LingQの日本人英語学習者が、evadingの意味を調べて登録したもので、右側にある回数はそれぞれの意味で登録した人の数を表しています。他の学習者が登録した意味で問題なければ、気に入った意味をクリックし、自分の好みにあう意味がなければ、その下の「検索」を押します。ブラウザのポップアップ機能禁止にしてあると辞書ページが開かないのでポップアップ機能はオンにしておいてください。

 

Screen Shot 2015-07-30 at 8.28.30 AM

 

今回は一番上にある意味で特に問題なさそうなので、他の学習者さんが登録されたものをクリックします。

 

すると単語カードが出現します。フレーズには、その新出単語の前後を含むフレーズが自動的に抽出されています。完全な文章であればそのままでOKですが、文章が途中で途切れている場合などは自分で訂正します。

 

Screen Shot 2015-07-30 at 8.28.51 AM

 

単語にドラマタグを付ける

 

新しい単語の下に、「タグをつける」という項目があります。単語のフラッシュカードで復習する際、ドラマから拾い上げた単語のみ集めたい場合、dramaとタグ付けしておくと便利です。

Screen Shot 2015-07-30 at 8.29.31 AM

 

 

フレーズを登録する

 

フレーズには青マーカーがつきませんので、自分で読みながら探す必要があります。例えば下記の文章で「called in」というフレーズを初めて見たとします。文脈で意味は分かっても、自分で使いこなせない場合はLingQに登録します。

 

Screen Shot 2015-07-30 at 8.32.25 AM

スクリプト上で「called in」にポインターを合わせてドラッグすると青マーカーがつき、単語カードが出現します。Called in を調べた他の学習者さんがいなければ日本語の意味は出てきませんので、「検索」をクリックして自分で意味を調べます。

 

 

単語カードの右にある「View Dictionary」で使用する辞書を設定することが出来ます。「辞書の設定をクリックします」

 

Screen_Shot_2015-07-31_at_11_28_09_AM

 

複数の辞書から選ぶことが出来ます。ブラウザのポップアップ機能禁止にしてあると辞書ページが開きませんのでポップアップ機能をオンにしておいてください。英英辞書やUrban Dictionaryなども選べるので便利です。

 

Screen Shot 2015-07-31 at 11.33.45 AM

 

選んだ辞書は今後View Dictionaryボタンから参照出来るようになります。よく使う辞書はこちらに登録しておくと便利です。

 

Screen Shot 2015-07-31 at 11.35.46 AM

 

 

辞書でCalled inの意味を調べたら、LingQの単語カードに意味を書き込み、ドラマタグを付けます。自動的に保存されるので、Saveボタンはありません。単語カードの登録を終えたら、画面左半分のスクリプトに戻り、次の単語を登録する・・・という作業の繰り返しです。

 

Screen Shot 2015-07-30 at 8.34.07 AM

 

最後までスクリプトに目を通し、画面の一番下までスクロールすると、I know all remaining blue wordsというボタンがあります。文章を全て読み、これ以上登録する単語がなければこのボタンを押します。

Screen_Shot_2015-07-30_at_8_34_55_AM

 

リーディング回数が1となり、このスクリプトの総語数が自動的に計上されます。

 

今回登録した青マーカー単語が、次回以降LingQに登場した場合、その単語は黄色マーカーの印がついています。その黄色マーカー単語をチェックすると、今回登録した例文を見ることが出来るという仕組みです。新たによりしっくりくる例文が見つかった場合は書き換えてもいいですし、いろいろな例文と比べて単語のイメージを膨らませると定着しやすくなります。

 

 

まとめ

字幕なしで作品を視聴する→LingQにインポートして読み、単語カードを作成する→覚えるまで数日かけて単語カードを復習する→ドラマを見直し、全ての音が聞き取れるまで見返す・・・というサイクルです。LingQは最初のうちは取っつきにくいサイトですが、使っていくうちにだんだんやり方が分かってきます。スクリプトを読みながら、知らない単語の意味を調べ、知っている単語は「この単語を知っている」または「この単語を無視する」と選択していきます。

 

スクリプトを読んで単語やフレーズを登録することで、オリジナルの単語カードが出来ることと、次に記事を読むときに過去に自分が登録したカードが参照出来るというのが非常に便利なので愛用しています。

 

長くなったので、次の記事で今回作成したLingQ単語カードの活用法を紹介したいと思います。

 

映画やドラマで英語学習その1

洋画やドラマを使った英語学習で大事なのは、ただ1−2回字幕付きで見るだけではなく、スクリプトを読み、知らない単語をチェックし、完全に分かるようになるまで繰り返し見ることだと思います。ちょうどTwitterで過去記事の「4000時間リスニング」を紹介していただいたので、映画やドラマを使った私の英語学習法について書いてみようと思います。

 

 

洋画やドラマで英語学習をお勧めする理由

 

1.楽しんで学習出来る

一番のお勧め理由はなんといっても、好きな作品を素材にすると英語学習が苦痛ではなくなる!ということでしょう。繰り返し見ても良いと思える作品を見つけたら、スクリプトを読み込んで未知単語や表現を覚え、文字と音が一致するまで繰り返し視聴します。嫌々とやるようでは効果半減ですので、何十回でも食い入るように見ることの出来る、お気に入り作品を見つけましょう。

 

2.オリジナルの教材が出来る 

スクリプトの読み込みでリーディング、繰り返しの視聴でリスニング、未知単語を集めてボキャビルと、好きな作品を使ったオリジナルの教材が出来上がります。特に私のお気に入りは単語カードです。例文がセリフなので、単語カードを見るたびにその場面を思い浮かべることが出来ます。現在までにドラマや映画から1700個ちょっと単語カードを作りました。今さら市販の単語本を使って1000個以上の単語を覚える根性はありませんが、好きな作品のセリフを集めた自作の単語帳なら飽きずに何度も見返すことが出来ます。

 

3. 一般の人が話す英語に近い

TOEICや英検、英語学習系のPodcastでは、非常に聞き取りやすい綺麗な英語が話されています。ドラマや映画では、架空の世界とはいえ誰かの日常のひとこまを切り取ったものが多く、一般的な人々が話す英語に近いと感じます。4大ネットワークで放送されているドラマや古い映画では、比較的「くっきりはっきりと」話すキャラが多い気がするのですが、それでも教材用の英語と比べるとかなりくだけた話し方です。英語学習者用に編集されたリスニング素材で基礎を築くのも良いですが、ある程度慣れてきたら普通の人が話すレベルに近い映画やドラマで耳を鍛えることも必要だと思います。

 

 

教材探しのポイント

 

1.大好きな作品を選ぶこと

これにつきます。最低数回は見てもよいなと思えるものを選びます。シットコムをお勧めしている学習サイトが多いのですが、自分の好みで選んだ方が続きやすいです。私はフレンズで挫折しました。いくら皆さんのお勧めでも好みが合わないと見続けることは出来ません。私の選択基準は「好みのイケメンが出ること」。そうでなければ数十回も見られません!

 

2.台本があるもの 

ネット上に台本が公開されているものが多いので、作品名+scriptまたはtranscriptで当該作品の台本があるかを探します。出来ればト書きもあるほうが良いです。公式に台本が公開されているものもありますし、ファンが書き起こしているものもあります。

 

ただセリフを羅列しただけのスクリプトは読むのが大変なので、せめて誰が発したセリフか分かるものがよいでしょう。

 

出来合いの映画教材を使うのであれば、「名作映画完全音声セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ」という商品があり、プラダを着た悪魔 英国王のスピーチなどの作品が販売されています。

 

3. 標準的な英語を話しているもの

イギリス英語でもアメリカ英語でも何でも良いのですが、はじめのうちは、自分が話すときのお手本となる綺麗な発音のものが良いと思います。あまりにもコックニー訛りが強いもの、スラングばかりのものは、ある程度英語に慣れて自分で使っても良いものかどうかの判断が出来るようになってからのほうが良いです。

 

私が好きなドラマの一つにTrue Bloodという作品があるのですが、この作品の舞台はアメリカ南部ルイジアナです。登場人物の大部分が南部訛りですし、いわゆる“エボニクス”というアフリカンアメリカン独特の言葉が多いです。“Where are you?”のかわりに“Where you at?”というような表現が出てきます。まじめにスクリプトに取り組むうち、ついこのような表現が口からとび出してしまうとも限りません。地域や育ち方でだいぶ英語の雰囲気も違いますので、自分にとって無難な作品を選ぶこともポイントの一つとなるかと思います。

 

  1. 全てのエピソードが揃っていなくても良い

張り切ってシーズン1のパイロットから全てスクリプトチェックをしたい衝動に駆られますが、よほどの人気シリーズではないかぎり、全てのエピソードが網羅されている事はありません。すごく気に入っている作品があるけれど、スクリプトが数本しかない・・という場合や、ただセリフが羅列しているだけのわかりにくいスクリプトしかなかった場合は、ちゃんとしたスクリプトがあるエピソードだけを使い、他の作品に取り組んだ方がよいです。

 

洋画やドラマを使った英語学習に取り組めるレベル

 

全くの初心者向きではないと思います。せめてなんとかスクリプトが読めるレベルでないと、いくら作品に対する愛があっても非効率的すぎます。スクリプトに目を通してみて、ほぼ全ての単語を辞書で調べなければならないような場合は、遠回りに思えても、基本的な単語を2000-3000個覚え、中学レベルの文法を1冊読むなど、オーソドックスな英語学習法を済ませるか、または洋画やドラマを用いた学習と基礎的な学習を平行したほうが良いです。

 

まとめ

というわけで、映画やドラマを使った英語学習は、スクリプトが読める中級者以上で、好きな作品がある人にお勧めしたい方法です。ただ漠然と見るだけではなく、“スクリプトを使う”というところが大事なのです。長くなったので、具体的な方法については次回の記事に続きます。

 

 

第7回ヴァーチャル夏休みに参加

ちょっと遅れてしまいましたが、今年も100 Wish Listの第7回ヴァーチャル夏休みに参加することにしました。

 

ヴァーチャル夏休みとは、

自分で自分に「夏休みの宿題(=目標)」を設定し、それを宣言。その進捗を報告しながら、参加者同士励まし合って勉強をします。

 

学校に通う子供たちのように夏休みの宿題がない大人が、自分で「夏休みの課題」を設定し、進捗状況を報告しあいながら勉強をするという企画です。

 

日頃は洋書のリーディングやオーディオブックリスニング、映画やドラマで英語に触れているものの、お勉強らしいことはしていないので、ヴァ夏がよいきっかけになるのではないかと。

 

今回選んだのはこの本。


Art of Styling Sentences

 

より良い英文ライティングのために、文章構造の基礎を解説している本です。具体的に20個の例文を使い、2つの文章を繋げたり、主語を書き換えて明確な文章を書く練習をします。150ページほどの薄い本ですが、練習問題がふんだんにあるので、しっかり取り組まねばなりません。

 

初心者向けではなく、ある程度の英文を書ける人が、さらにわかりやすい文章を書くための本です。コロン、セミコロンの使い分けや、文章が単調にならないための書き換えなどを学ぶようです。

 

4月に購入したのですが、少し手強かったので手つかずになっていました。8月いっぱいで完成させるよう頑張ります。

 

 

 

【オーディオブック】Jurassic Park: A Novel 

Jurassic Park: A Novel (1990)

 

時間:15時間9分

発音:アメリカ英語

速度:140-150語/分前後。

評価:4 out of 5

Screen Shot 2015-07-25 at 5.49.37 PM

 

 

【あらすじ】

霧につつまれたコスタリカの孤島で、極秘のうちに建設が進められているアミューズメント・パーク―それが〈ジュラシック・パーク〉、バイオテクノロジーで現代によみがえった恐竜たちがのし歩く、驚異のワンダーランドだ。オープンをひかえ、視察のための顧問団が島に向かって出発した。だがその前途には、人類がいまだかつて体験したことのない恐怖が待ちかまえていた。スピルバーグ大型映画化の夢の恐竜サスペンス。(Amazonより)

 

【感想】

ジュラシック・パーク発表25周年の記念オーディオブック。今夏、映画『ジュラシック・パーク』シリーズ第4作『ジュラシック・ワールド』が公開されるため、復習を兼ねて原作を読みました。

 

昔見た映画版よりも地味ですが、かなり丁寧に科学的なバックグラウンドが描写されています。投資家にも詳細を公表することなく、秘密裏に恐竜再生プロジェクトを進める必要があったため、なかなか投資家が集まらず、金と忍耐のある日本人投資家により支えられていたことを知りました。

 

いくら対策を施しても、自然を完璧にコントロールすることは出来ません。恐竜が施設外に逃げ出さぬよう、様々な対策を練っていても、悪意のある人間1人により制御不可能な状態になってしまいます。待遇に不満のあるシステム・エンジニアが、ライバル社から年俸の10倍にあたる報奨金を約束され、恐竜の胎児を盗むためにコンピューター制御システムをシャットダウンさせたというブラックな大人の事情も、昔映画を見た時には気づかなかった設定でした。

 

リアルな恐竜の迫力に圧倒された映画版と、物語を裏打ちする科学情報を知ることが出来る原作、どちらもそれぞれの良さがあります。この夏公開のジュラシックワールドは、第一作目ジュラシックパークのリブートという感じでしたが、琥珀の中に閉じ込められた蚊から血液を採取して・・という技術部分はあまり詳しく説明されなかったので、原作を復習しておくと映画を観る楽しみが増すのではないかと思います。

 

YL:7.5

語数:124,820語(SSS調べ)

 


Jurassic Park: A Novel


ジュラシック・パーク〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)

 

Magic Mike XXLで覚えた単語3つ

アメリカの映画館で字幕なしの映画を見るとき、だいたい1作品につき2-3個、知らない単語を耳で拾って帰宅後に意味を確認しています。先日Magic Mike XXLを観て覚えた単語は3つ。「Glass slipper」「Wake」「Molly」です。

 

以下、マジックマイクXXLのネタバレがあります。

 

 

1つめGlass slipper。これは、ジョー・マンガニエロ演じるビッグ・ディック・リッチーが、運命の相手を探している時に発したセリフ。

 

“ガラスのスリッパって何だ?”

 

と映画を観ながら疑問に思ったのですが、話の流れから“運命の相手を象徴するもの”“彼のサイズと関係している・・・”ということは分かりました。

 

内容はかなり下品なのですが、ストリッパーであるリッチーは、“ビッグ・ディック”というニックネームがつくだけあって、男性部分がかなり大きいのです。そのため、良い仲になった女性が怖がって、させてもらえないことを悩んでいます。ストリッパー仲間からは、大きいことは「祝福でもあり呪いでもある」と慰められるのですが、その時にリッチーが「グラス・スリッパー」を探しているというセリフが出てきました。

 

結局彼の“Glass slipper”となったのは、アンディ・マクダウェル演じる50代後半のバツイチ奥様。リッチーのビックディックを“every inch”まで受け入れたとの報告を受け、仲間たち皆で祝福したのでした。

 

で、映画を見終えてから“Glass slipper”を調べてみると、なんとシンデレラのガラスの靴!日本語のガラスの“靴”のイメージでGlass shoesだと思っていました。シンデレラのストーリーを知っていれば、ガラスの靴が運命の女性を探す事を意味しているのはすぐに分かるはずですし、日本語であれば、シンデレラのガラスの靴という単語を知らないはずがありません。9年間まじめに英語を勉強してきて、こんな簡単な単語を見逃していた事がショックでした!

 

 

2つめは“Wake”という単語。昔のボスが亡くなったという電話連絡を受けた後、スーツを着てモーテルに向かい、受け付けで“Wake”のために来たことを告げます。

 

この状況から“wake”が通夜であることが予測出来たのですが、“wake”という見慣れた単語に通夜という意味があることを初めて知りました。

 

 

3つめは“Molly”。女性の名前のようですが、ドラッグ「エクスタシー」の別名でした。バンに乗って長距離ドライブしているときに、ミントが入っているような小さい缶に入った白い錠剤を皆で回したのです。長距離ドライブで舐める小さい錠剤といえば普通ミント。ただし、その“Molly”を摂取すると“一時間以内に使い物にならなくなるらしい”こと、運転手はMollyを辞退したこと、後に“Molly”による気分の落ち込みがやってきたこと、などから“Molly”はミントではなく、クスリではないかと推測しました。

 

Urban dictionaryで確認するとエクスタシーでした!皆でドライブするときドラッグするの!?

 

 

 

ガラスの靴も通夜も、使う頻度はそれほど無いにしろ、知っていて当然の単語です。英語を勉強し始めてから9年間、これらの単語に出会わなかったのが不思議なくらい。生きていくのに最低限必要な生活用語はそれほど多くありませんが、日常会話レベルの単語は分野が多岐にわたるので手強いです。

 

Molly=エクスタシーは知らなくてもしょうがないかな・・・。でも実際にMollyをどうぞ、と1粒渡されてミントかなんかだと思いこんで食べてしまうということはあり得るかも?

 

映画は自分の生活範囲以外の誰かの“日常”を見せてくれるところが面白いです。自分のなかの“日常生活レベルの単語”は知っているつもりでも、誰か他の人の“日常”となるとまったく違う。映画やドラマを観ると、ボキャビルに終わりがないことを実感します。

 

 

 

ホーム > アーカイブ > 2015年7月のアーカイブ

カレンダー
« 2015 年 7月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV779
UV218

ページの上部に戻る