The Glad Game > 2017年6月25日のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2017年6月25日のアーカイブ

2017年6月25日のアーカイブ

【オーディオブック】Option B (2017)

Option B (2017)

時間:6時間14分

発音:アメリカ英語

評価:4 out of 5

Option B

 

 

フェイスブックCOOであるシェリル・サンドバーグ氏の2冊めの著書。

 

2015年5月、休暇で訪れていたメキシコで彼女の夫は急死しました。一人ジムでワークアウトしている最中に倒れて亡くなっており、いつまでたっても戻ってこないことに気づいたシェリルがトレッドミルマシーンの傍らで頭から血を流していた夫を発見したそうです。まだ47歳でした。

 

解剖の結果は心臓死で、突然の不整脈により失神し、倒れて頭を打って亡くなったようです。まったく前駆症状もなく健康そのものだったそうで、突然夫を亡くしたシェリルの悲しみは特に深かったのではないかと思います。

 

自身の喪失感、悲しみも大きかったのですが、彼女が一番心配したのはまだ幼かった二人の子どもたちへの影響でした。夫の亡き後、二度と純粋な喜びを感じることはないのではないかと。シェリルが友人である心理学者とともに、深い悲しみの淵からどうやって人々は立ち直ることができるのかをリサーチし、当時の日記を振り返りながらまとめた内容になっています。

 

私たちは経験上、どんなに悲しいことがあっても時間が心の傷を癒やしてくれることを知っています。でも悲しみの最中にいる人にはいくら”そのうち大丈夫になるよ”と声をかけても悲しみが和らぐわけではありません。あまりにも悲痛なシェリルの心の中を読んでいるうちに、”時間が解決してくれる”と思いながらもやはり胸が痛みました。

 

そしてこんなことを思ってしまうのはいけないと思いつつもやはり考えてしまったのは、シェリルのように経済的に恵まれていない女性たちの場合はさらに大変だろうということでした。愛する人を亡くしたという経験の辛さは人と比べるものではないけれど、資産10億ドルのシェリルと来月からの家賃も払えなくなるシングルマザーでは夫の死の重みが違うのではないかと。だからといって、シェリルに「経済的に恵まれているから良かった」というのはお門違いだとは分かっているのですが・・。

 

基本的には苦しみの底から立ち直る過程が書かれているのですが、他にも興味深かったのがシェリルさんの家庭の様子です。ノーベル平和賞受賞者であるマララさんを自宅に招いて子供たちと夕食の席で語ったり、イーロン・マスクからスペースXのイベントに招待されたりと、素晴らしい子育て環境が垣間見えました。まだ小学校低学年の娘さんとともに女性のリーダーシップセミナーに参加されており、シェリルさんのようなお母さんを持った子供たちが羨ましかったです。

 

あまりにも悲しすぎて読めなかった!と言われていた多読仲間さん達もいらっしゃいましたが、困難を乗り越えた人々の事例が多数語られており、前向きな内容でした。やさしい言葉で綴られた回想録なので読みやすかったです。

 

YL: 7くらい

語数: 74,400語(概算)

 

 


Option B: Facing Adversity, Building Resilience, and Finding Joy

ホーム > アーカイブ > 2017年6月25日のアーカイブ

カレンダー
« 1970 年 1月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Archives
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2019

2019 Reading Challenge

2019 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 1 book toward her goal of 60 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る