The Glad Game > LingQ スピーキング

ホーム > LingQ > LingQ スピーキング

LingQ スピーキング

そういえば5月に書いたLingQの紹介記事が途中だったことを思い出したので、今回はスピーキングを紹介しようと思います。

まずはLingQチューターの選び方について。

1.レッスンのプルダウンメニューにあるスピーキングページを選びます。

2.予約できるチューターというページが開きます。日時順に予約できるレッスンが並んでいます。

3.顔写真の上にカーソルを重ねて、チューターの母国語とカンバセーション開催回数、ライティング添削の回数を確認します。多数セッションを重ねていらっしゃるチューターさんは、以前からのLingQチューターであり会話の進め方も慣れていらっしゃいます。

母国語が英語でない方も英語のチューターとして登録されており、そういう方達の英語レベルはまちまちなので、母国語が英語と書かれている方を選ぶのが無難だと思います。また、顔写真をクリックするとプロフィール画面にジャンプするので、チューターの自己紹介も選択の基準になります。

4.チューターを選んだらスケジュールを確認します。最初の設定で、タイムゾーンをAsia/Tokyo GMT+9にしてあれば、書かれている時間帯は日本時間です。都合のいい時間帯にチェックを入れてからサインアップボタンを押します。何枠でも連続で選ぶことが出来ます。

5.グループカンバセーションに参加したい場合は、設定されているディスカッション名をクリックします。

6.すでにトピックが決まっている場合はここに書かれています。黄緑色のコマは参加できる人数で最大4名です。

チューターを選ぶめやす

私はスピーキング、ライティングともに提供してくれる人を選んでいます。スピーキングで話す→話した内容をライティングにして添削、という流れにすることで、スピーキングの際にさらっと流してしまったあやふやなところがはっきりするし、正しい言い回しを意識することが出来ます。また逆に、先にライティングを書く→添削→わからなかったところをマンツーマンディスカッションで聞く、ということもできます。

1 on 1 とグループディスカッション

マンツーマンは詳しく話したいことがある時に利用しています。チューターさんと個人的に話したい時や、質問事項がたくさんある時は1対1が便利です。また、新しいチューターさんが加入されたらとりあえず1対1で試してみて、話しやすそうならグループディスカッションを設定してくれるようお願いしています。
グループディスカッションは、英語仲間と誘いあわせてもいいし、一人でサインアップして知らない人と同席するのも面白いです。LingQは世界中から英語学習者が集まっているので、毎週同じ枠に参加していると、そのうち他国の人とお友達になれることがあります。英語が聞き取りにくいかも、というおそれはあるものの、世界各国の英語学習者と話すのは楽しいです。聞き取りの練習にもなりますし。
グループディスカッションは参加する人が少ないのですが、毎週同じ枠に入っていると、誰かがサインアップしているところにだんだん集まってくる傾向があるようです。グループディスカッションに参加することで、たくさんの日本人LingQ学習者さんたちとも仲良くなりました。

英語のみのディスカッションに参加する勇気がない時は

ありそん先生やエドワード先生は日本語が話せるようです。もちろん英語でのディスカッションが前提ですが、”もうどうにもなりません!”という時は日本語もわかってくれる先生のほうが安心かもしれません。また、日本人で英語が堪能な方も英語レッスンを提供されています。
WestEnderさんが初心者の日本人英語学習者のために1 on 1 lessonを設けてくださっているので、最初から英語のみのレッスンに抵抗がある時はWestEnderさんのレッスンを受けてみられるといいと思います。

LingQのスピーキングは15分で約500円ほどです。グループの場合も値段は同じで、時間が参加人数×15分になります。流行りのフィリピン系オンライン英会話と比べると割高かもしれませんが、チューターはアメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスなど各国の先生がいらっしゃいますし、何より自由が利くのが魅力です。こちらの希望を伝えることでフレキシブルに対応してくださるし、ライティングとスピーキングを同じ先生に担当してもらえるというのも利点です。

グループディスカッションは時間がもったいない、と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、英語は話せなくてもがんがん自己主張してくる外国人とディスカッションする練習をすることは大事なことですし、外国人相手だと説明の仕方も工夫しないと上手く伝わらないので実践的な英会話の練習になります。日本にいるとなかなか英語を話す機会がありませんが、LingQのスピーキングを利用することで英会話の経験を積むことができるのでオススメです。

コメント:6

あきやん 2010/06/29

yukoさんはほんとうに説明の文章がうまいわぁ~と感心しました

私はもっぱら1-on-1。2歳になったばっかりの末っ子がいるのでなかなか予約した時間に1時間座りっぱなしができません。
15分だけで、思いっきりしゃべって終われるというのは今の私にはとってもありがたい。
英語サークルで自分が教える時に疑問に思ったことをネイティブに確認できるのがとても便利です。

グループディスカッションは、外国の人が入ってくるとがぜんおもしろくなりますよね。
日本人同士だと、話の展開がだいたい予想がつくけど、外国の人だと、ええっ、そう言うか!?という展開になったり。
ほんと、グループディスカッションもっと盛り上がったらいいのにね。(今の私が言うのもなんだが…)
二年後、末っ子が幼稚園に入ったら私のLingQ学習スタイルもまたちょっと変るかな~。

yukomillennium 2010/06/30

あきやんさんへ。あんまり褒めると木に登っちゃうよ。
1 on 1 は思いっきり喋れるから満足度も高いですよね。グループディスカッションはメンバーさんの発言によって思わぬ収穫もあって楽しいし。

今日ジリサに聞いたら、最近外国人学習者でスピーキングに参加する人が少ないんですって。もっとグループディスカッションが賑わってほしいなぁ。
グループディスカッション枠があったら出来る限り参加するようにしてみようと思います。だんだん人が集まってくることを願って。

あきやんさんと最初に知り合ったきっかけも、LingQのグループディスカッションでしたもんね。上級者の人と一緒だと緊張するなぁ〜と思っていたけど、結果的にいいことづくめだったたと思ってます。刺激を受けるし、手近な見本になりますしね。

エミコフ 2010/06/30

素晴らしい。このブログを公式ヘルプにしてもいいんじゃない。

実際に話してみなければわからないとは言っても、ある程度ターゲットを絞ったほうが良いので今回のようなアドバイスは入会して間もない方々にはとっても役立つと思います。
1 on 1、グループディスカッションはそれぞれ良いところがあるので、時間の都合や目的に合わせて選べることは良いことですよね。

私はまだまだLingQの総合的な学習サイトである利点を活かしきれていないので、もっと活用していきたいと思います。

yukomillennium 2010/06/30

エミコフさんが褒めると何か裏があるんじゃないかとビクビクしてしまうわ。

最近のLingQはチューター多すぎで、新しく入会した人は選びがたいかもと思いました。それに初めて当たった人がイマイチだったらLingQ全体の印象が悪くなるしね。
あれこれ試せて自分なりの使い方が工夫できるところが気に入っているので、サイトのとっつきにくさがネックになっているのだったら、既存LingQメンバーが何かお手伝いできたらいいなと思ってます。

chacha 2010/06/30

前のエントリーでLingQについて質問したchachaです。
ううう。感涙です!(いや真面目に!) 
この図解を使った説明とアドバイス、初心者の私にはどれだけ助かるか…。
エミコフさんの言う通り、公式ヘルプに載せて欲しいぐらいです。集客に繋がると思います(笑)

グループディスカッションについてもよく分からなかったのですが
仕組みや1on1との違いも教えていただいてありがとうございます。
1on1にしか興味がなかったのですが、グループディスカッションにも俄然興味が沸いて来ました。

正直言うと、週末にLingQに入会して操作方法や学習の進め方などが分からず、
ヘルプ、フォーラムを見たり、ググったりして丸1日費やしてもよく分からなかったんです(もうぐったりでした)。
でもYukoさんのブログを発見してほとんどの疑問がすぐに解決されました。
今は単語管理や気になったニュースをインポートして楽しんでます(というわけで無料会員→Basicにしました!)

LingQはすばらしいシステムだと思うのですが、全てが日本語で説明されているわけではないので
英語に慣れてない人間はとっかかりの部分で良さに気付かず辞めちゃうことが多い気がしたので、
こういう分かりやすい日本語解説は私も含めLingQ初心者にはとっても有益だと思います。

ありがとうございました。

yukomillennium 2010/06/30

chachaさんへ。Forumの質問、たくさんありすぎて目的の答えを見つけるのが大変ですよね。既存のメンバーに聞くのが一番はやいと思います。

チューターについての善し悪しをブログに書くのは気が引けるのであまり書いていなかったのですが、最初に選ぶならじりさ先生、へれん先生、dooo(エド)先生、steveさん、ありそん先生あたりがオススメです。

chachaさんのおっしゃるように、サイトのとっかかりの部分でわからなくなってLingQを活用できずに去っていく人が多いのはもったいないですよね。日本語でやり方を教えてもらえれば、そんなに難しいことではないと思うので、私も出来る限りお手伝いが出来ればと思います。慣れたころにグループディスカッションでご一緒できたらいいですね。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:1

この記事のトラックバック URL
http://yukomillennium.com/wp-trackback.php?p=2038
トラックバックの送信元リスト
LingQ スピーキング - The Glad Game より
trackback - Kumi Ebina /海老名久美 より 2010/06/30

LingQ スピーキング http://ff.im/-mVi9Q

ホーム > LingQ > LingQ スピーキング