The Glad Game > TTBOOKへのメール

ホーム > Podcast > TTBOOKへのメール

TTBOOKへのメール

  お気に入りのインターネットラジオ番組 “To The Best of Our Knowledge”、通称TTBOOKにメールを出してみました。ウィスコンシン公共ラジオの番組で、本の著者を招いてインタビューを行う番組です。週2回配信で、毎回テーマにそって3−4人の著者がインタビューされています。面白そうな本を選ぶ際の参考になるし、本を読まなくても、作者が本のエッセンスを語ってくれるので、色々な分野の面白い話が聞けます。ここのインタビュアーで、ジム・フレミングさんという方がいらっしゃるのですが、とっても素敵なのです。声もいいし、話し方もよい。難しい問題を嫌味なく聞き出す様子も好き。英語学習友にも勧めたいのですが、スクリプトがなかったのがネックでした。

 

 ところが番組HPを見てみると、いつの間にやらスクリプトが。全エピソードではないのですが、スクリプトがあれるものだけでも、MP3とともにLingQに取り込めば、お気に入りエピソード集を作ることが出来そうです。公共ラジオだし、他の人とシェア出来るかもしれないと思い、コピーライトの文章を探してみたのですが、どこにも書かれていない。勝手にシェアするわけにもいかないので、番組あてにメールを書いて、LingQにスクリプトとMP3を貼り付けて友達とシェアしたい旨を伝えました。番組へのちょっとした感想と、いつもとっても楽しみにしているということも。誰あてにすればよいかわからなかったので、とりあえず番組エディターさんへ出してみました。断られたり、無視されたりしたら嫌だなー、とは思ったものの、とりあえず訊ねるだけなら害はないかと。

 

 そうしたらなんと、数日後、大好きなジム・フレミングさんからお返事が来ました!結局、LingQで他人とシェアすることは出来ないとのことだったのですが、番組を楽しんでくれていて嬉しい、とメッセージがありました。うわーーーん、大感動!大好き、楽しみにしている、というメッセージが伝わったことがうれしい。今の時代、インターネットでなんでも無料で聞けることを当たり前と思ってしまいがちなのですが、素晴らしい番組を提供してくれていることに感謝の気持ちを述べる機会を持てて良かったです。

 

 I sent an email to a radio program called “To The Best of Our Knowledge”, an internet radio program produced by Wisconsin Public Radio, to see if it was OK to share their scripts on LingQ. I happened to find this program when I was searching for a podcast for my English study in 2008, and I became a huge fan of this program. In this program, the host invites several book authors to discuss their books. It helped me a lot to find good books to read, and their intellectual conversations inspired me to learn about various topics related to the books. Besides, I love the interviewer’s voice, the way he talks, and how he asks difficult questions without offending the author.

 

 I recommended this program to my fellow English learners before, but the contents seemed difficult for ESL students to understand without transcripts. Then, I realized that some of the new episodes have transcripts on the website. I thought it would be helpful to other people if we could share their transcripts and MP3 recordings on LingQ. As I couldn’t find a copyright statement on the website, I decided to ask for permission by email. I was hesitant to send an email for fear of being ignored or rejected, but even if the reply would be disappointing, I could still use the downloaded materials without violating copyright infringement if I used them for personal use only. I wrote about how I came to know their program, how much I appreciated it, and how helpful it was not only for my English study but also for my life along with the permission request. I didn’t know who to send my email to, so I addressed the email to the editor of the program.

 

 Several days later, I received a reply from the program. To my astonishment, it was from Mr. Jim Fleming, the host of the program whom I admire so much! Although, I couldn’t get permission to use the transcripts and MP3s on LingQ, the email made my day. He wrote that they are glad to know that I am listening to their program and enjoying it so much. I am soooo excited that he wrote me back, and felt extremely happy that I had a good opportunity to tell them about my appreciation of the program.

コメント:2

マリ 2012/07/05

Yukoさん、こんばんは。

TTBOOK、確かYukoさんに以前教えてもらって面白そうなテーマがたくさん!と感動したものの
当時は英語が早すぎてちんぷんかんぷんでした(笑 今ならもう少し聞けるようになってるかな?(だと良いなあ)
スクリプトが出来たなら早速りんくにインポートしてみようと思います!

英語でいろいろ情報を仕入れてその感想を英語で発信できるって本当にすごいですね。
今回のYukoさんのように思いを伝えられるってすごいなあと改めて実感しました。
私も頑張らなくては・・・!いろいろ><

yuko 2012/07/14

マリさんへ。TTBOOKのスクリプト、インタビューを一語一句うつしたものではないのですが、リスニングの助けにはなると思います。面白い本が沢山紹介されるので、本好きなマリさんにはいいかも。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yukomillennium.com/wp-trackback.php?p=3573
トラックバックの送信元リスト
TTBOOKへのメール - The Glad Game より

ホーム > Podcast > TTBOOKへのメール