The Glad Game > 404 エラー

ホーム > 洋書 > The Clan of the Cave Bear

The Clan of the Cave Bear

多読103冊目。The Clan of the Cave Bear. 年末にLingQディスカッションでご一緒したNaokosさんに勧められ購入。久々に読み応えがある本でした。約22万語!

旧石器時代、突然の地震で両親を亡くしたクロマニヨン人の少女エイラがネアンデルタール人のグループに拾われ、彼らとの違いに悩みながらも成長していく物語です。

旧石器時代のことなんぞ、これまで考えたこともなかったけど、私の祖先は明治時代、鎌倉時代とどんどん遡って旧石器時代にもいたわけで、自分の直接の先祖がどういう生活をしていたのかということに思いを馳せながら読むと感慨深かったです。

この物語は1980年代に第1作が出版され、現在第5作まで上梓されているのですが、まだ完結されていないようです。続きが気になって5作目まで大人買いしてしまいました!シリーズものにハマると多読が一気に進むので楽しみです♪

The clan of the cave bear YL8くらい? 223,443語

コメント:4

hana20042524 2009/03/03

SECRET: 0
PASS:

yukoxoxo2000 2009/03/04

SECRET: 0
PASS:

gijya 2009/03/04

SECRET: 0
PASS:
yuko

yukoxoxo2000 2009/03/04

SECRET: 0
PASS:

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yukomillennium.com/wp-trackback.php?p=531
トラックバックの送信元リスト
The Clan of the Cave Bear - The Glad Game より

ホーム > 洋書 > The Clan of the Cave Bear