The Glad Game > 【オーディオブック】Armada

ホーム > サイエンスフィクション > 【オーディオブック】Armada

【オーディオブック】Armada

Armada (2015)

Written by: Ernest Cline

Narrated by: Wil Wheaton

時間:11時間58分

発音:アメリカ英語

速度:160語/分前後

評価:3 out of 5

Screen Shot 2015-08-24 at 8.57.43 PM

 

 

【あらすじ】

ザック・ライトマンはSFやテレビゲームに夢中な高校三年生。エイリアン襲撃から地球を守るオンラインシミュレーターゲーム「Armada」にハマり、全世界の参加者の中で第六位という高得点を保持していた。

 

ある日彼は現実世界で空飛ぶ宇宙船を目撃する。奇妙なことに、それはビデオゲーム「Armada」に出てくるエイリアンの宇宙船と同じものだった。

 

 

【感想】ネタバレあり

Ready Player One /ゲームウォーズ がとても面白かったので、作者の二作目をとても心待ちにしていたのですが、正直なところ微妙な作品でした。

 

ビデオゲームやSF好きな作者らしく、今回もアタリゲームの歴史やThorのムジョルニアなどの小ネタが散りばめられていて楽しいのですが、あまりSFを読まない私でさえもプロットが”ありがち”だと感じてしまうのです。前作Ready Player Oneとエンダーのゲームを混ぜたような印象を受けました。

 

1984年に公開された映画「スターファイター」と似ているというGoodreads読者評の指摘もありました。私はその作品を見ていませんが、確かにコンセプトが似ています。

 

WIREDのGeek’s Guide to the Galaxy podcastで作者インタビューを聞いたところ、軍がビデオゲームを使って実際に訓練をしようと計画していたことに着想を得たそうです。「ドローンを使う」という点がポイントだったようですが、それにしてもストーリーに新鮮味がなく単調でした。

 

さらには地球防衛軍ジェネラルのキャラクターがイマイチなのです。彼は地球防衛の最後の砦ですが、地球に残した妻子を思う父親でもあります。それはわかるのですが、ヒーローとしては軽々しいし、父親としても中途半端な感じがしました。軍隊のトップならもう少し威厳のあるキャラでも良かったのでは。

 

ところどころワクワクする部分もあったものの、全体としては期待外れ・・・。前作が面白かっただけに期待しすぎたかな。

 

前作に引き続き、朗読のウィル・ウィトンは非常に良かったです。いかにも“西海岸の若者”的な軽妙な語り口が作品の雰囲気とマッチしていました。てっきりナレーターは若者かと思っていたら43歳。しかもスタンド・バイ・ミーのゴードン役の子だったのですね。私の中ではずっと少年のままだったので驚きました。

 

YL:8(概算)

語数:100,000(概算)


Armada: A Novel

 

【今日の一枚】

フィッシャーマンズワーフ

フィッシャーマンズワーフ。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yukomillennium.com/wp-trackback.php?p=5639
トラックバックの送信元リスト
【オーディオブック】Armada - The Glad Game より

ホーム > サイエンスフィクション > 【オーディオブック】Armada