The Glad Game > 中華料理で祝うサンクスギビング

ホーム > 生活 > 中華料理で祝うサンクスギビング

中華料理で祝うサンクスギビング

先日購入した“642 Things to Write About”のトピックから、“これまでに経験した中で最悪だったサンクスギビングの料理”を。

 

今年は中華料理で祝うサンクスギビングでした。私以外のゲスト7人は中国人で、七面鳥とターキー以外は中華料理でした。七面鳥は10kg、ハムは5kg用意したとのことで、かなりのボリュームです。マッシュポテトも、アメリカ風にどーん!と出すのではなく、型押しで菊の形にしてありました。

 

私は中華料理が大好きなのですが、私が好きなのは、日本人向けにアレンジされた中華料理です。アメリカにある、中国人向けのレストランに行くと、麻婆豆腐などただ辛いだけで、「思っていたのと違う!」とガッカリしてしまうこともあります。アメリカには「パンダエクスプレス」という、中華のチェーン店もあるのですが、こちらはアメリカ人向けに甘〜く味付けしてあります。さらには惜しみなく化学調味料を使ってあり、なかなか強烈な味がするのです。食べた後は自分から化学の匂いがするほど。アメリカ人の中には、中華料理を食べると舌が痺れる、頭が痛くなると感じる人がいるようですが、もしかすると化学調味料に違和感を感じているのではないかと疑っています。

 

アメリカでは、自分好みの“丁度よい”と思える中華料理に出会える機会があまりなかったので、中国系の家庭にお邪魔して、美味しい家庭料理をご馳走してもらうのはありがたい事です。ただ、今回あまりにも“ホンモノ”すぎて驚いたのが、「鳥の足」。鳥のモモではなく、足。足首から下の部分です!四本の指に爪までちゃんと付いています。ゲストの一人が手土産として、自宅で調理したものをジップロックに入れて持参しました。透明ビニール袋にギュウギュウに詰められた足・足・足!圧巻でした。

 

Chicken Foot

 

中華ソースにつけ込んであるようで、茶色味がかっていますが、鳥肌がしっかりみえます。少し曲がった爪がグロテスクです。いくら何でもこれは食べられないわ・・と思っていたのですが、中国の方達の間では、鳥の足が一番人気でした。

 

ほとんど食べるところなど無いようにみえますが、どうやって食べるかというと、まず足の甲あたりの肉をついばみます。そして足の指を一本一本外し、ガリガリと噛むのです。残るのは爪のみ・・・というか、指の骨まで食べるのに爪は残すんだ?というのが不思議でした。

 

美味しいから是非に!と勧められたので、試しに1本食べてみました。足の甲あたりを囓ってみると、コラーゲンの食感がします。身が少ししかないので味はよく分かりませんでした。爪以外全部食べるほどの根性はなく、甲部分の身を食べてからそっと足を「殻入れ」に入れました。不味くはないけれど、是非にと食べたいわけではない感じ。中華料理が日本に入ってくる過程で鳥の足が淘汰されたのは、日本人の好みに合わなかったからかもしれません。

 

もう一品初めて食べた中華料理は「ブタの耳」。ほぼ軟骨でコリコリしていました。火を通して軟骨を柔らかくするのではなく、コリコリ感を敢えて残してある感じ・・・。こちらは中華ソースが染みこんで味は良かったので、2-3個食べられました。でも一生に一回の経験で十分です。

 

“642 Things To Write About” のトピックに“最悪だったサンクスギビングの料理”があったので、ゲテモノ料理ばかり紹介してしまいましたが、チャーハンや野菜炒め、麵など、お馴染みの中華料理もあって、こちらはとても美味しかったです。鳥の足とブタ耳を食べるのには勇気がいりましたが、おかげで思い出深いサンクスギビングになりました。

 

 

This topic is on page 1 in the book, “642 Things To Write About”. What perfect timing, because I just had the worst Thanksgiving dish I’ve ever had!

 

I like Chinese food generally, but the Chinese food I eat is modified for foreigners. For example, I love ma-po tofu the most. What I love about ma-po tofu is the perfect combination of miso, green onion and ground beef. I was rather disappointed when I ordered ma-po tofu from an authentic Chinese restaurant. They didn’t use miso or green onions; they had tofu, ground beef, and tons of hot peppers. I could breathe fire after the first bite. That was not what I had expected, but I had to admit that the dish was authentic Chinese ma-po tofu.

 

My boss invited me for Thanksgiving dinner this year. He and his wife were originally from China, and all the guests except me were Chinese. They had traditional turkey and ham, but other than that, all the other dishes were Chinese.

 

One of the guests brought chicken feet in a plastic bag. When I see a chicken leg in supermarkets, their feet are cut off. But on that day, what he brought was chicken feet cut off at the ankle. It had four toes with crooked toenails; I could see goose bumps on their skin. These feet were soaked in sauce until they turned brown, but they seemed to be raw and lively.

 

The chicken feet turned out to be the most popular dish that day. Everyone recommended that I try them. They genuinely believed that it was the most delicious food on the table. They nibbled the foot first, separated each toe, and then crunched them. All that was left was toenails.

 

I bit the foot; it was sinewy and there was not much to eat. I couldn’t help but imagine that this foot had roamed around the earth until several days before. I put down the remaining foot silently, hoping that nobody pointed out I left the most delicious part.

 

I didn’t enjoy the foot very much, but it was an interesting experience. They don’t serve chicken feet at Panda Express; this is real Chinese.

 

I also tried sliced pig ear that night. It was mostly cartilage. The texture was unique, and the Chinese sauce was tasty.

 

I have to emphasize that there were also fried rice, sautéed vegetables, and bean sprout tofu salad. All of them were good, and I enjoyed these home-cooked dishes.

 

The chicken feet were definitely the worst Thanksgiving dish I had ever had, but also, it became the most memorable Thanksgiving dinner. For that, I was thankful for the chicken feet and the unique experience I had that night.

 

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yukomillennium.com/wp-trackback.php?p=5703
トラックバックの送信元リスト
中華料理で祝うサンクスギビング - The Glad Game より

ホーム > 生活 > 中華料理で祝うサンクスギビング