The Glad Game > アフリカ旅行記 ツアーDay2 Lambert’s Bayへ

ホーム > アフリカ旅行 > アフリカ旅行記 ツアーDay2 Lambert’s Bayへ

アフリカ旅行記 ツアーDay2 Lambert’s Bayへ

8時にLady Hamilton ホテルを出発。まずはCape Town市内の大型ショッピングセンターで1時間ほど買物タイム。各自5Lの水と蚊除けスプレー等を買うよう指示される。出来るだけDeet成分の高いスプレーを買おうと思ったが、スプレーに成分表示はなく、店員さんオススメ、Peaceful Sleepという名前のものを購入。南アフリカではマラリアの心配はないようだが、Etoshaで必要となるらしい。

 

買い物を済ませ、海岸沿いを北上する。途中、BushmanことSan族の運営する!Khwa ttu culture センターへ。San族はもともと南アフリカに住んでいたが、後から来たオランダ人などによりナミビアに追いやられてしまったそうだ。その後も迫害が続いたが、今は南アフリカへ再移住したとのこと。彼らは文字を持たず、親から子へ代々歴史を語り継いで来たとの事で、San族の女性が昔から伝わる鷹と鶏の話をしてくれた。

 

 

San族の間で代々伝わる薬草を見学し、乾燥させた葉をお茶にしたものを飲ませてもらう。漢方のような感じかな、と思っていたら、これまでに経験したことのない恐ろしい苦味だった。皆さん飲み干した後にすごく健康になった、と口々に言っていたので、良薬は口に苦しという考えは各国共通なのだろう。

 

Lambert’s Bayに到着後、40ランドを支払いBird’s Islandへ。何百羽もの鳥が生息しており、飛び立つ様子が圧巻だった。ここにはペンギンはおらず鳥を眺めるのみ。

Bird’s Island

 

AEDA294D-72D4-4149-A065-BED41F9D248C

 

Lambert’s Bayの宿はSir Lambert’s Guest House。窓枠にフリルなどが飾られており、ホテルというより親戚の叔母さんの家、という感じ。部屋には無料の手作りシェリー酒が置いてあったのだが、これを5杯ずつ飲んだというドイツ人2人は翌日腹を下していた。

 

夕食は海辺にあるシーフードレストラン。海辺、というか浜辺でバーベキューだった。1人250ランドと高めだが、次々と焼かれる魚やリゾット、スープなどが食べ放題。良い感じの味付けで、海に沈む夕日を眺めながらの夕食は最高に美味しかった。

 

7A763215-8FFC-48B5-89EC-23CB43ED6D73

 

同じテーブルになったのはアイルランド出身のマーガレット、ノルウェー出身のジョン・ジャック、ドイツ人のダグマ。ドイツで薬剤師をしているダグマは、中東からドイツに押し寄せた移民の男性たちが女性に対するリスペクトがない、と怒っていた。英会話を習う時、食事やパーティなどの席では政治や宗教の話はタブーと聞いたけど、こういう集まりでは政治の話が多い。アメリカにいた頃は、話題作りや会話についていくため、The Economistを定期購読したり、NYTを拾い読みしていたが、日本に帰国後は政治的な話をすることはないし、個人の意見を表明する必要などなかったため、殆ど読んでいなかった。帰国後はまた英語雑誌の定期購読を再開しなければ。

 

 

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yukomillennium.com/wp-trackback.php?p=6062
トラックバックの送信元リスト
アフリカ旅行記 ツアーDay2 Lambert’s Bayへ - The Glad Game より

ホーム > アフリカ旅行 > アフリカ旅行記 ツアーDay2 Lambert’s Bayへ