The Glad Game > 【オーディオブック】Nothing to See Here (2019)

ホーム > Fiction>Humor > 【オーディオブック】Nothing to See Here (2019)

【オーディオブック】Nothing to See Here (2019)

Nothing to See Here  (2019)

時間:6時間40分

発音: アメリカ英語

評価: 4.5 out of 5

 

めったに表紙買いをしないのだけれども、これは気になりすぎて迷わず表紙買い。

 

興奮すると体が発火してしまう10歳の双子を世話することになった女性のお話。

 

ここからはネタバレあらすじ。

 

貧しい母子家庭で育ったリリアンは学業で優秀な成績を修めたため、地元の有名寄宿学校に特待生枠で入学することになった。そこでルームメイトとして知り合ったのがマディソンだった。

 

裕福な家庭の末っ子として何不自由なく育ったマディソンとバスケットボールを通じて仲良くなったリリアンだったが、ある日マディソンが違法薬物を使用してたことが発覚し退学の危機に陥る。ところがマディソンの父が、リリアンの母を100万円ほどで買収し、リリアンが罪をかぶって退学することになってしまった。貧しかったリリアンにとって、良い教育こそが貧困を脱する唯一の方法だったのだが、公立高校に転校した後も、「コカインに手を出し、せっかくのチャンスを棒にふった女」としてその後の進学の道も絶たれてしまった。

 

10年以上経過し、地元スーパーのレジ打ちバイトで生計を立てていたリリアンだったが、ある日マディソンからテネシー州の邸宅での仕事に誘われる。マディソンは年の離れたバツ2の議員と結婚し、4歳の男の子の母親となっていた。仕事の依頼内容は、急死した前妻が遺した10歳の双子の男女を引き取ることになったので、ひと夏の間面倒をみてほしいとのこと。問題は、双子たちは興奮すると自然発火してしまう事だった。

 

マディソンの罪を被って退学させられたリリアンの過去から始まったので、暗い話かと思いきや自然発火する双子たちとのドタバタな日常を描く楽しい話だった。ありえないシチュエーションにもかかわらず、リリアンがあっさりと双子の世話を引き受け、少しずつ絆が芽生えていくところが良かった。

 

マディソンは、「親友」と言いながらもリリアンを利用する嫌な女で、どうしても好きになれなかったのだけれども、リリアンと本音でぶつかって嫌な女のままハッピーエンディングとしてまとまってしまったのがすごい。奇想天外なプロットだったけれどもストーリーに勢いがあって一気に読めた。

 

YL:7くらい

語数:63,054語(概算)

 

 


Nothing To See Here

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yukomillennium.com/wp-trackback.php?p=6254
トラックバックの送信元リスト
【オーディオブック】Nothing to See Here (2019) - The Glad Game より

ホーム > Fiction>Humor > 【オーディオブック】Nothing to See Here (2019)