The Glad Game > 【オーディオブック】The Nickel Boys (2019)

ホーム > 文学 > 【オーディオブック】The Nickel Boys (2019)

【オーディオブック】The Nickel Boys (2019)

The Nickel Boys (2019)

時間:6時間46分

発音: アメリカ英語

評価: 4.5 out of 5

 

フロリダ州に実在したDozier  Schoolでの事件を基にしたフィクション。1900年〜2011年まで運営されていたDozier  Schoolの敷地内から墓標のない遺体が数十体発見された。The Nickel Boysの冒頭でも大学の発掘チームが学校の敷地跡から四十数体の遺体を発見したところから始まる。

 

1960年Tellahasseeで祖母と2人暮らしをしていた黒人少年Elwood Curtisは勤勉で、大学進学を目標としている真面目な少年だった。ある日、同乗させてもらった車が盗難車であったことが発覚し、少年院に入れられてしまう。Nickel  Academyでは人権を無視した運営がまかり通っており、正義感の強いエルウッドは、いじめられっ子を庇った事でさらなるトラブルに巻き込まれていく。

 

ここからはネタバレ感想

 

冒頭でNickel  Academy跡地から多数の少年たちの遺体が見つかる事が分かっているので、エルウッド少年の安否を心配しながら読み進めた。途中から、現在の大人になったエルウッドが過去を語っている形式である事がわかるので、無事に出所出来たのだなと安心したのだが、なぜか違和感がある。あんなに世話になって心配をかけた祖母の話が一切出てこないのだ。

 

最後に、実はエルウッドはNickel  Academyからの脱走に失敗し殺されており、Nickel内での親友だったTurnerがエルウッドを偲んでエルウッドの名とIDで40年間生きていた事実が明かされる。だから唯一の親族だった祖母の話が出てこないし、微妙な違和感を感じたのだと。気づいた時にとても悲しかった。

 

1960年代のアメリカでは、黒人に生まれたというだけで運命が全力で自分を押しつぶそうとしているように感じられて辛かった。テーマが重いのと、過去と現在のストーリーラインが混ざっているので、やや難しかったが読んで良かったと思えた一冊。

 

YL: 8くらい

語数:63,742語

 


The Nickel Boys: the new novel from the Pulitzer Prize-winning author of The Underground Railroad

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yukomillennium.com/wp-trackback.php?p=6270
トラックバックの送信元リスト
【オーディオブック】The Nickel Boys (2019) - The Glad Game より

ホーム > 文学 > 【オーディオブック】The Nickel Boys (2019)