The Glad Game > 2020年に読んだ本とLingQ活動報告

ホーム > 学習記録 > 2020年に読んだ本とLingQ活動報告

2020年に読んだ本とLingQ活動報告

2020年に読んだ洋書は70冊、27211ページでした。1ページ250語とすると概算で680万語前後です。

 

 

今年読んだ本の中で一番面白かったのはScythe (Arc of a Scythe Book 1) シリーズ。

この世から飢餓や病気、戦争が無くなり、テクノロジーの進化によって人類は死さえも克服した未来。人口コントロールのため職業としての「死神」が出現した・・というお話。

 

人口コントロールのために人間の“死神“が死を演出する。他人の生死に対して絶対的な力を持つとどうなるのか。正しく権力を行使することが出来るのか。ヤングアダルトファンタジーながら、ティーンの青臭い恋愛は最小限で、非常に読みやすい本でした。

 

読みたい本はまだまだあるけれど、映画やドラマも見たいので年間60−70冊あたりが妥当な目標かな。

 

2020年の LingQ 活動は365日中の349日!LingQ上で読んだ記事の語数は(主にThe Economist、エンタメ記事も時々)76万4830語でした。どうしてもLingQを開けない日はあるので、年349日は中々頑張ったほうです。

 

 

 

2006年お正月、新年の目標として英語多読を始めてからのページ経過はこんな感じ。

 

2008年に英検1級を取得して以降は英語関係の試験は受けていませんが、洋書多読/多聴や洋画視聴、記事読みなどでも年々知っている単語数は増えていくし、読書で得たものが背景知識となって、少しずつでも英語力が向上していくのかなと思っています。

 

 

 

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yukomillennium.com/wp-trackback.php?p=6346
トラックバックの送信元リスト
2020年に読んだ本とLingQ活動報告 - The Glad Game より

ホーム > 学習記録 > 2020年に読んだ本とLingQ活動報告