The Glad Game > アメリカ英語

ホーム > タグ > アメリカ英語

アメリカ英語

【オーディオブック】Hatching Twitter (2013)

Hatching Twitter (2013)

時間:9時間35分

発音: アメリカ英語

評価: 4 out of 5

 

2006年3月、Jack Dorsey, Noah Glass, Biz Stone, Evan Williamsの4人により設立されたTwitterの創業ストーリー。

 

4人は当時、Noahが代表をつとめていたポッドキャスティングサービスODEOに関わっていた。当時成功を収めていたのはEvan  Williamsのみ。Evanは2003年にBloggerをGoogleに売却し多額の資金を得た。

 

Noahは1人でODEOを運営していた時期に、Forbesに掲載されたEvanの記事を読み、部屋の写真が自分のアパートの向かいの部屋であることに気づく。ベランダ越しにEvanに声をかけ、そこから仲の良い友人となり、後にODEOの運営資金を出資してもらうことになった。

 

Jackはいきつけのコーヒーショップで偶然Evanを見かけ、雇ってほしいとその場で履歴書をメールで送ったという。

 

ODEOはiTunes のポッドキャスト機能が発表されたことにより、対抗できなくなり衰退することとなったが、Jackが自分のステータスをウェブ上にアップするサービスのアイデアを持ちかけたところ、チームミーティングで話がまとまり、twttrとしてサービスが開始された。

 

当初Jackの案では自分のステータスを表示するだけだったが、皆のアイデアで日付がつき、フォロー、@、ハッシュタグ、検索などの機能が追加されていった。

 

当時はCNNなどのメディアのように個人が世界に届く声をあげられる事は画期的だった。Twitter初期にカリフォルニアでわずかに体感できる程度の地震が起きた時、タイムラインが地震?揺れた?というTweetで埋まり、離れた場所にいる人々と空間を超えて繋がったという実感を持ったという。

 

仲の良い仕事仲間で立ち上げたプロジェクトなのに権力争いがえげつなかった。CEOの座を引き摺り下ろされることになっていても、本人だけが当日まで知らずライバルが外堀を埋めていく。そしてCEOが変わると働いていた人までもが一掃される。Jackは部下から無能ぶりを上層部に告げ口され、CEOから下ろされ実務からも外されていた時期があった。共同創業者のうちの2人がTIMEの今年の100人に選ばれて表彰されたり、オプラのTVショーに出たりして、自分の存在が抹殺されたように感じていたらしい。Twitterの発案はチーム皆の功績だとされているけれど、元々のアイデアはJackのものだった。自分が長年温めていたアイデアから生まれた会社を追われ、自分以外の仲間が脚光を浴びるのをみるのはどれほど辛いことか。その後、JackはウィリアムズをCEOの座から引きずり下ろす復讐を遂げている。

 

本書は2010年までの経過を追ったもの。Jackの画策によりEvanがCEOを降り、Costolo氏がCEOに就任した辺りで突然終わっている。その後JackがCEOに返り咲くまでの経緯や、株式上場のエピソードなども知りたかった。

 

YL:7 (概算)

語数:83,375 語

 


Hatching Twitter: A True Story of Money, Power, Friendship and Betrayal (English Edition)

【オーディオブック】If It Bleeds (2020)

If It Bleeds (2020)

時間:15時間12分

発音: アメリカ英語

評価: 5 out of 5

 

Mr. Harrigan’s Phone

The Life of Chuck

If It Bleeds

Rat

 

の4作からなる短編集。特に1、2話めがお気に入り。特に1作めは鳥肌が立ち、あまりの緊張感にオーディオを止めては呼吸を整えながら聞いた。

 

Mr. Harrigan’s Phone

毎日本を朗読するバイトに行っていた近所のお爺さんが亡くなった。少年は埋葬前、スーツポケットに老人が愛用していたiPhoneを忍ばせた。葬儀後、寂しくなって電話を掛けると繋がり、留守番電話で声を聞く事が出来た。少年はこれまでの感謝と寂しい気持ちを伝えた。翌朝起きるとSMSに老人からのメッセージが届いていた・・・

 

少年と老人の心温まる交流、人生の大先輩からの教訓、ホラー的超常現象が入り混じった緊張感のある話だった。

 

The Life of Chuck

39歳ビジネスマンのChuckが脳腫瘍で亡くなった時、同時に世界も滅亡する話。

 

自分が死んでも世界は何事もなかったかのように続くわけだけれども、自分が中心となって生きていた“自分だけの世界”は自分とともに消滅してしまう。それがChuckの死とともになぜか全ての世界が消えてしまう。生きている事の一瞬の煌めきを感じさせるダンスシーンがとても良かった。

 

If It Bleeds

メルセデス3部作、The OutsiderのHolly GibneyはStephen King氏の大のお気に入りらしい。こちらはThe Outsider の続編で、葬り去ったと思っていたOutsiderが他にもいたというお話。

 

Rat

嵐の夜、死にかけの濡れねずみを助けてあげたら・・・というお話。聞き終わってから本の表紙を見てみたら、猫の顔にRatがまぎれているのを発見してギャッと飛び上がってしまった。読了後に初めて気づくという絶妙な気味の悪さ。

 

ホラーに分類されているけど、それほど怖くはない・・・はず。Stephen King本は時々とてつもなく嫌いな本もあるけれど、これは良かった。

 

YL:8くらい

語数:130,500語(概算)

 


If It Bleeds

【オーディオブック】The Nickel Boys (2019)

The Nickel Boys (2019)

時間:6時間46分

発音: アメリカ英語

評価: 4.5 out of 5

 

フロリダ州に実在したDozier  Schoolでの事件を基にしたフィクション。1900年〜2011年まで運営されていたDozier  Schoolの敷地内から墓標のない遺体が数十体発見された。The Nickel Boysの冒頭でも大学の発掘チームが学校の敷地跡から四十数体の遺体を発見したところから始まる。

 

1960年Tellahasseeで祖母と2人暮らしをしていた黒人少年Elwood Curtisは勤勉で、大学進学を目標としている真面目な少年だった。ある日、同乗させてもらった車が盗難車であったことが発覚し、少年院に入れられてしまう。Nickel  Academyでは人権を無視した運営がまかり通っており、正義感の強いエルウッドは、いじめられっ子を庇った事でさらなるトラブルに巻き込まれていく。

 

ここからはネタバレ感想

 

冒頭でNickel  Academy跡地から多数の少年たちの遺体が見つかる事が分かっているので、エルウッド少年の安否を心配しながら読み進めた。途中から、現在の大人になったエルウッドが過去を語っている形式である事がわかるので、無事に出所出来たのだなと安心したのだが、なぜか違和感がある。あんなに世話になって心配をかけた祖母の話が一切出てこないのだ。

 

最後に、実はエルウッドはNickel  Academyからの脱走に失敗し殺されており、Nickel内での親友だったTurnerがエルウッドを偲んでエルウッドの名とIDで40年間生きていた事実が明かされる。だから唯一の親族だった祖母の話が出てこないし、微妙な違和感を感じたのだと。気づいた時にとても悲しかった。

 

1960年代のアメリカでは、黒人に生まれたというだけで運命が全力で自分を押しつぶそうとしているように感じられて辛かった。テーマが重いのと、過去と現在のストーリーラインが混ざっているので、やや難しかったが読んで良かったと思えた一冊。

 

YL: 8くらい

語数:63,742語

 


The Nickel Boys: the new novel from the Pulitzer Prize-winning author of The Underground Railroad

【オーディオブック】Recursion (2019)

Recursion(2019)

時間:10時間47分

発音: アメリカ英語

評価: 4.5 out of 5

 

ネタバレありの感想。

 

False Memory Syndrome (FMS)とは、ある日突然全く違う人生を歩んでいる記憶が現れる疾患。FMSにかかった人々は、いたはずの夫や子供が実在しなかったという現実に混乱し、自殺する人が急増した。

 

NYPDのBarryは、FMSに罹患した女性の飛び降り自殺現場に遭遇した後、彼女の状況に疑問を持ち独自に調査を開始する。

FMSは、神経学者のヘレナが、アルツハイマー患者の失われゆく記憶を記録し、病態が進んだ後に脳内に記憶を戻す目的で作られた装置の意図せぬ副作用だった。実験中に被験者が死ぬと精神だけ過去の自分に戻ってしまう。そこで未来の記憶を持ったまま、別のタイムラインが生まれ、タイムトリップした時点まで時が進むと、そこで2つのタイムラインが融合し、2つの記憶が生まれる。それがFMSだった。

 

もし過去に戻る事ができて、後悔していた事をやり直せたら・・・。もしくはテロによる大量殺戮を未来からの記憶で未然に防ぐ事が出来たら・・・。ただ、全ての不幸を防ぐ事は不可能だし、全ての人々が同時に幸せなタイムラインなどありえない。自分の人生に起こった出来事は、幸せな記憶も、決してしまいたい過去も含めて自分を形作っているのだと受け入れるしかない。

 

タイムループものが好きなので楽しめた。少し繰り返しが多くて冗長だなと思う部分的はあったものの、面白いコンセプトの本だった。

 

YL: 8くらい

語数:93,815語(概算)

 


Recursion

【オーディオブック】Nothing to See Here (2019)

Nothing to See Here  (2019)

時間:6時間40分

発音: アメリカ英語

評価: 4.5 out of 5

 

めったに表紙買いをしないのだけれども、これは気になりすぎて迷わず表紙買い。

 

興奮すると体が発火してしまう10歳の双子を世話することになった女性のお話。

 

ここからはネタバレあらすじ。

 

貧しい母子家庭で育ったリリアンは学業で優秀な成績を修めたため、地元の有名寄宿学校に特待生枠で入学することになった。そこでルームメイトとして知り合ったのがマディソンだった。

 

裕福な家庭の末っ子として何不自由なく育ったマディソンとバスケットボールを通じて仲良くなったリリアンだったが、ある日マディソンが違法薬物を使用してたことが発覚し退学の危機に陥る。ところがマディソンの父が、リリアンの母を100万円ほどで買収し、リリアンが罪をかぶって退学することになってしまった。貧しかったリリアンにとって、良い教育こそが貧困を脱する唯一の方法だったのだが、公立高校に転校した後も、「コカインに手を出し、せっかくのチャンスを棒にふった女」としてその後の進学の道も絶たれてしまった。

 

10年以上経過し、地元スーパーのレジ打ちバイトで生計を立てていたリリアンだったが、ある日マディソンからテネシー州の邸宅での仕事に誘われる。マディソンは年の離れたバツ2の議員と結婚し、4歳の男の子の母親となっていた。仕事の依頼内容は、急死した前妻が遺した10歳の双子の男女を引き取ることになったので、ひと夏の間面倒をみてほしいとのこと。問題は、双子たちは興奮すると自然発火してしまう事だった。

 

マディソンの罪を被って退学させられたリリアンの過去から始まったので、暗い話かと思いきや自然発火する双子たちとのドタバタな日常を描く楽しい話だった。ありえないシチュエーションにもかかわらず、リリアンがあっさりと双子の世話を引き受け、少しずつ絆が芽生えていくところが良かった。

 

マディソンは、「親友」と言いながらもリリアンを利用する嫌な女で、どうしても好きになれなかったのだけれども、リリアンと本音でぶつかって嫌な女のままハッピーエンディングとしてまとまってしまったのがすごい。奇想天外なプロットだったけれどもストーリーに勢いがあって一気に読めた。

 

YL:7くらい

語数:63,054語(概算)

 

 


Nothing To See Here

ホーム > タグ > アメリカ英語

カレンダー
« 2020 年 8月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Archives
  • 2020 (11)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る