The Glad Game > アメリカ英語

ホーム > タグ > アメリカ英語

アメリカ英語

【オーディオブック】All Systems Red (2017)

All Systems Red (2017)

時間:3時間17分

発音: アメリカ英語

評価: 4.5 out of 5

 

2018年Hugo Award とNebula AwardのBest Novella受賞作品。

 

主人公Murderbotは部分的に人間のクローンから作られたアンドロイド。惑星調査の科学者たちの警護を行っている。Murderbotは自分の機能を司るモジュールををハックし自由な意志を持つに至った。人間を超越した能力を利用して大量殺戮マシーンにもなれたはずが、Murdebotが選んだのは何事もなかったかのようにこれまで通り人間の警護を行いつつ、何万時間もあるエンタメ映像をダウンロードしてドラマ視聴に浸ることだった・・・。

 

人工知能が自由意志を得たら世界が滅亡に向かう・・みたいな作品が多いなか、人間に従っているフリをしながら適当に仕事して、タダでDLしたエンタメに浸る。そんな人工知能があってもいいんじゃないかとMurderbotに共感してしまった。

 

科学者たちが惑星調査中、地図に異常があることを発見し、現地調査に向かう。そこで別の科学者チームがMurderbotと同種の警護アンドロイドにより全滅させられていることを知る。なぜ警護するはずのアンドロイドが暴走したのか謎を追うというストーリー。

 

156ページ、3時間17分の短編。現在4巻まで発売されており、2020年5月に第5巻発売予定となっている。

 

YL:8

語数:31,468語(作者ページより)

 


All Systems Red The Murderbot Diaries

【オーディオブック】Rivals! Frenemies Who Changed the World (2018)

Rivals! Frenemies Who Changed the World (2018)

時間:2時間55分

発音: アメリカ英語

評価: 4.5 out of 5

 

 

【感想】

2019年7月のAudible Originalsセレクションから。毎月6冊のオリジナルオーディオブックが提供され、その中の2冊を無料でダウンロードできる仕組み。

 

恐竜発掘のライバルだったCopeとMarsh。ドイツの小さな町の住民ごと分断したAdidasとPumaの兄弟喧嘩。イングランドの覇権をめぐって争ったクイーン・エリザベス1世 と スコットランド女王メアリー。政敵同士の悪口合戦が決闘にまで発展してしまったHamilton と Burr。4組の醜い争いが30分ずつのEpisodeにまとめられている。8−10歳対象作品のためか、ユーモアのある軽妙な語り口と明るい効果音つき。

 

自分が発掘しきれなかった恐竜の骨をライバルに取られぬよう発掘場を爆破していたMarsh。スポーツ選手に自社の靴を履いてもらうよう賄賂を渡し、ライバルである従兄弟を無実の罪で勾留させた疑いもあるadidas。スコットランド女王メアリーの処刑シーンでは、斬首されたメアリーはウィッグを装着していたために生首を掲げられた際にカツラが外れ、床に転げ落ちたらしい。メアリーの口は斬首された後20分も動き続け、斬首刑中にメアリーのスカートの中に隠されていた愛犬は飼い主の血の海から離れようとしなかった。とても子供向けの本とはいえないエピソード満載で楽しい本だった。

 

YL: 7 くらい

 

【オーディオブック】Skyward (2018)

Skyward (2018)

時間:15時間28分

発音: アメリカ英語

評価: 5 out of 5

 

【あらすじ】

パイロットを目指す少女Spensaの世界では何十年にもわたり異星人との空中攻防戦が繰り広げられていた。Spensaは幼い頃からパイロットに憧れていたが、亡くなった父が犯した国家への裏切り行為によりflight schoolへの道が閉ざされてしまう。

かつての父の仲間の手引きにより何とかflight schoolへの入学を許されたSpensaが父の死に隠された謎を解き明かしていくというストーリー。

 

【感想】

2018年11月に発売されたブランドン・サンダースンの新作。裏切り者の娘と烙印を押され、政府機関からあらゆる妨害を受けながらもflight schoolで成長していく序盤はなんだか現代版シンデレラのようであまり面白くなかったのだが、ストーリーが動き出したのはSpensaが洞窟の中で打ち捨てられた戦闘機を見つけたところから。

 

AI搭載のM-bot戦闘機はかつてSpensaの住む惑星Detritusに不時着したらしい。パイロットから戦闘には参加せず指令を待つようにと言われたまま100年以上が経過し、故障のためAIの記録媒体もほとんど失われており最低限の機能のみ。この戦闘機をエンジニアリング志望の友人と共に修理していくのだが、M-botのAI人格がユーモアのある執事のようでやり取りが楽しかった。

 

ここからネタバレ spoiler

Spensaの父が人類を裏切ったのは、エイリアンの思考と繋がることが出来る能力があり、敵に操られてしまったことが原因だった。同じ能力を持つ娘のSpensaが敵の動きを先読み出来るのもそのため。かつてSpensaたちの先祖にはサイキック能力を使って惑星間を宇宙船ごと移動させる能力を持つ者がいた。異星人たちにたいしてaggressiveだった人類は攻撃を受け、生き残った人類の子孫たちは惑星Detritusから出られないよう監視されていたというオチ。自分たちを攻撃していた異星人たちの目的に気づき、惑星間移動能力を取り戻した人類が次にどうするのか・・・。シリーズ2作目Starsightは2019年11月下旬発売、3作目、4作目はそれぞれ2021年、2022年に刊行予定らしい。

YL:7.5くらい

語数:137,293語 (作者発言より

Skyward (English Edition)

【オーディオブック】Where the Crawdads Sing (2018)

Where the Crawdads Sing (2018)

時間:12時間12分

発音: アメリカ英語 南部アクセント

評価: 3.5 out of 5

 

【あらすじ】

Kya(オーディオブックではカーヤと発音されていた)の母は夫からの家庭内暴力に耐えられず、末っ子のKyaが6歳のときに5人の子どもたちを置いて家を出た。暴力の対象が子どもたちに移ると、Kyaの兄姉たちも一人、また一人と家出し、とうとうKyaは父を二人になってしまう。

 

沼に囲まれた湿地帯にポツンと立つあばら家に無職の父親と住み、学校にも行かずボロボロの服、裸足でうろつくKyaを街の人々はMarsh Girlと呼び差別した。

 

そしてKyaの父も彼女が10歳の時に失踪し、Kyaは沼地で一人きりになってしまう。大人たちに見つかり保護される事を恐れたKyaは、これまで通り父が家にいるフリをし、沼で貝や魚を獲りながら一人で生活していく道を選んだ。

 

そしてKyaが22歳の時、町の有力者の息子、Chase Andrewsの遺体が沼地で発見された。地元民たちがまず疑ったのは”Marsh Girl” Kyaであった。

 

【感想】

The New York Timesベストセラーに20週ランクインしており、レビューも高評価だったので選んだ本。ミステリー、女の子の成長譚、ロマンス、法廷モノのミックスといった感じ。

 

1950年台から1960年代、アメリカ南部のバージニア州やノースカロライナ州では、沼地で平均以下の生活を送る低所得者層たちをWhite Trashと呼び差別していた。劣悪な環境で家族が崩壊し、沼地で一人生活していく少女の孤独、自然の厳しさと美しさが胸をうつ作品だった。

 

ここからはネタバレ Spoiler!

軒並み高レビューなのだけれども自分の評価が星3.5なのは、ロマンス部分が苦手だったのと、兄の幼馴染に読み書きを教えてもらい本で独学しただけなのにアインシュタインを読み、沼地の生態についての本を出版するようにまでなる、というのがご都合主義すぎると思ってしまったから。

 

Chase Andrewsを殺した真犯人についての経緯は面白かった。ハンサムなChaseに遊ばれてしまった過去があり、アウトサイダーであるKyaが真っ先に疑われてしまうのは偏見だ!と読者の同情を誘いつつ、状況証拠だけで有罪となりそうな法廷シーンでドキドキハラハラさせる。そして無罪が確定してホッとし、Kyaのその後を読み進めたところで犯人はやっぱり・・・という流れ。白人、ハンサムでスポーツマン、お金持ちの息子というChaseの人物設定がステレオタイプすぎやしないか?とは思うものの、こいつなら殺されても仕方ないか・・と主人公に同情した。男性読者が読んだらどう感じるのだろう?

YL: 7.5

語数:103,641語 Word Countersより

 

 

Where the Crawdads Sing

【オーディオブック】Her Every Fear (2017)

Her Every Fear (2017)

時間:10時間51分

発音:イギリス英語/ アメリカ英語

評価: 3.5 out of 5

 

【あらすじ】

イギリスに住むケイトは過去、恋人に殺されかけたトラウマからパニック障害を患っていた。そこへアメリカに住む又従兄弟のコービンからアパートメントスワップを持ちかけられる。新天地でやり直す良い機会だと思い半年間の予定でアメリカにやってきたケイトだったが、到着早々、アパート隣室で女性の他殺死体が発見される。

 

【感想】

そしてミランダを殺す」で評判の良かったピーター・スワンソン。本当はその原作、The Kind Worth Killingを聞きたかったのだけれども、Audibleでは手に入らなかったので、その次作であるこちらを選んでみた。評価は3.5/5 。面白くなりそうな部分はあるのに、そこに至るまでが冗長で結論もそれで終わる!?というやや残念な感じだった。

 

そもそも今まで会ったことのない親戚の男性と、アメリカとイギリスで住居を交換するなんて事があるだろうか。しかも絶対知られてはならない重大な秘密があるというのに。絶対家中くまなく覗かれると思うんだけど。

 

作中で、自分の長期留守中に隣人に鍵を預けて家の様子を見てもらうという部分があって、アメリカ在住の知人もこれをやっていたのを思い出した。植物の水やりやペットの世話をしてもらうらしい。それだけではなく、旅行から帰ってくる日にはテーブルに花を飾ったり、すぐに食事出来るようキャセロールを置いたりすることもあるのだとか。日本ではこれをやっているのは聞いたことがないので興味深く話を聞いた。隠すことなど何もないのか、何を見られても平気な大らかさからくるのか・・・。

 

ここからは少しネタバレ。spoiler alert!

面白かった部分は、真犯人がケイトのアパートに潜んで生活を共にしていたところ。アメリカの地下つき住居でいくつもベッドルームがある部屋ならば知らないうちに他人が侵入していたというのはありうるかも。犯人の変態心理を読み進めるにつれ気持ち悪さでドキドキしてしまった。前半部分の当たり障りのないミステリーが退屈だったので、後半部分の覗き、ストーカー、シリアルキラーを突き詰めればもっと面白かったのに!

 

YL: 7 (概算)

語数: 96,000語(概算)

 


Her Every Fear: A Novel

ホーム > タグ > アメリカ英語

カレンダー
« 2019 年 7月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Archives
  • 2019 (9)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2019

2019 Reading Challenge

2019 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 1 book toward her goal of 60 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る