The Glad Game > イギリス英語

ホーム > タグ > イギリス英語

イギリス英語

【オーディオブック】Age of Myth: Book One of The Legends of the First Empire(2016)

Age of Myth: Book One of The Legends of the First Empire (2016)

 

時間:16時間55分

発音:イギリス

評価:5 out of 5

 

Age of Myth

 

【あらすじ】

太古の昔、人類はフレイと呼ばれる神の種族を崇拝していた。3000年にも及ぶ寿命をもち、魔法を操るフレイは人にとって神のような存在であった。ある日、フレイの領地で密猟の現場を押さえられたレイスは傲岸不遜なフレイの男に目の前で父を殺されてしまう。一介の人間であるレイスが到底敵う相手ではなかったが、フレイの奴隷であるマルコムの助けを得て”神”を倒したレイスはGod Killerとしてフレイに追われる身となる。

 

 

【感想】

The Riyria Revelationsシリーズの前日譚となるシリーズ。こちらから読み始めても大丈夫なようですが、The Riyria Revelationsシリーズの1冊目であるTheft of Swords から読み始めたほうが世界観を把握しやすく、キャラクターに愛着が湧きやすいかも。

 

The Riyria Revelationsは大好きなシリーズ。ロイスとヘイドリアンという二人組盗賊の武勇伝から二人の過去が徐々に明かされていき最終巻で大きな謎解きがある、というエピックファンタジーとミステリーのミックス具合が良いのです。

 

ここからはネタバレ。Spoiler Alert!

 

今回の主人公はGod Killerレイスと、元奴隷のマルコムかと思いきや、人間界の女性で族長の未亡人であるPersephoneと、未来を読む力をもつ少女Suri。(Persephoneはオーディオではパーセファニーと聞こえましたがファンタジーの名前は発音が難しい・・・。)そこにフレイ界の掟に背いて追われる身となったノブロン達が加わって、パーセファニー達の村を守るというお話。

 

ここからシリーズ6冊 、Age of Myth (Summer 2016) | Age of Swords (Summer 2017) | Age of War (Spring 2018) | Age of Legends (Fall 2018) | Age of Wonder (Spring 2019) Age of Empire (Fall 2019)の刊行予定となっているようです。作者のマイケル J サリバンはシリーズ全ての本を書き上げてから出版する主義のようで、途中で作者がバスにはねられて亡くなったとしても本は刊行されるらしいので安心です。

 

Age of Mythの最後でノブロンとマルコムが実は主従関係にあり、ノブロンがマルコムにフレイ殺害を命じていたが実際にフレイを殺したのはレイスだったということが明かされます。ノブロンの野望の全貌は・・・? Riyriaシリーズを先に読んでいれば、神と呼ばれた種族は直系子孫の1人を除いて絶滅していること、ノブロンの剣と剣術も直系子孫に伝えられており、ノブロンの子孫を守る一族がいること・・・を知っているので、Age of Mythでどのように神々の支配する世界が崩壊したのか、ノブロンの剣が伝えられることになった経緯は?などが明かされるのが楽しみです。

 

シリーズ全部書き上がっているならば一気読みしたい!のに2019年秋まで待たねばなりません。間があくと細かい設定を忘れてしまうのが悩み。ということで、備忘録を兼ねてのネタバレ感想でした。

 

YL:8くらい

語数:143,849語(readinglength.comより)

 

 

 


Age of Myth: Book One of The Legends of the First Empire

【映画】ドクター・ストレンジ(2016)

Doctor Strange (2016)

doctor strange

【あらすじ】

神の手を失った天才外科医が、魔術の力で甦る―
彼の生きる道は―医術か、魔術か

上から目線の天才外科医ドクター・ストレンジ。突然の交通事故により、神の手を失った彼を甦らせたのは─魔術。指導者エンシェント・ワンのもと、過酷な修行をかさね人智を超えた力を手にしたストレンジだったが、世界を破滅へと導く闇の魔術の存在を知ったとき、彼は壮絶な魔術の戦いに巻きこまれてゆく。しかし、“人を決して傷つけない”医者としての信念が、敵であってもその命を奪うことをためらわせる。彼は、いかにして闇の魔術に立ち向かい、人々の命を救うのか?ドクター・ストレンジにしかできない、常識も次元も超えた戦いが始まる。(公式サイトより)

 

【感想】

来年の日本公開が待ちきれず、旅先のドイツ、デュッセルドルフで観てきました。作品に特にただし書きがなければ英語音声+ドイツ語字幕に違いないと思い込んで映画館に行ったのですが、予告編のジャック・リーチャーがドイツ語で喋っているのを聞いて不安な気持ちに・・・。そして悪い予感は的中し、ドクター・ストレンジもドイツ語吹き替えでした(涙)。あとで調べて知ったのですが、ドイツでは特に断りがなければ外国作品はドイツ語吹き替えのほうが一般的なようです。観に行く前に調べろよ!とつっこまれそうですが、ドイツ語吹き替えとわかっていてもやっぱり観に行った気がします。

 

夕方17時台の回、3D のメガネつきで10ユーロ、約1200円は安いです。日本では2000円以上、アメリカでも夜の3Dは1800円くらいしたはず。画面が大きく、席もゆったりでなかなか快適でした。

 

作品中で理解できたドイツ語の文章が2つ・・というおそろしい状況ながら、面白かったです!!! 映像が素晴らしく、これぞ3Dの醍醐味!とワクワクしました。視点が変わる時に自分の身体もグラリと傾いてしまい、画面の中に取り込まれるような不思議な感覚でした。

 

そして主演のベネディクト・カンバーバッチの顔力がスゴイかった。変な顔のハンサムというか、本当にハンサムなのか・・・?と時々不思議に思うのですが、あの顔力は劇画向きというか、Marvelヒーローに最適でした。

 

ところどころにギャグがあるらしく、地元の人々は大笑いしてましたが、私は全くわからず・・・。久々にこんなに分からない思いを味わいました。日本公開時にまた観に行く予定です。

 

【オーディオブック】The Truth and Other Lies(2014)悪徳小説家

The Truth and Other Lies/ 悪徳小説家

 

時間:8時間46分

発音:イギリス英語

評価:4.5 out of 5

The Truth and Other Lies

 

【あらすじ】

世界的ベストセラー作家のヘンリーには秘密があった。愛人関係にあった編集者ベティから妊娠を告げられたヘンリーは、彼女に妻とは別れ、子供の父親になることを約束する。問題は、ヘンリーの本を書いていたのは実は妻のマルタということだった。

 

【感想】

面白かった! ヘンリーは世界的な売れっ子作家ですが、実は一文字たりとも自分では書いておらず、小説を執筆しているのは妻マルタなのです。マルタには全く功名心がなく、夫ヘンリーとはそれなりに仲良く暮らしています。この夫婦の秘密を知らないまま、愛人関係になった担当編集者のベティから自分の子を妊娠したと告げられたヘンリー。「妻とは別れる」という浮気男の定番セリフを残して帰宅したヘンリーですが、新作を執筆中の妻に真実を告げられるわけがない。そこで彼がとった行動が思わぬ結果を招いてしまい・・・。

 

倒叙スタイルで、犯人の目線から今起きていることが淡々と語られます。ミステリー/スリラーにカテゴライズされているけれども、トリックもどんでん返しもない、行き当たりばったりの作品。密室殺人とか完全なトリックを披露されて最後にアッと驚くよりは、”悪事がバレそう!?” と、容疑者の気持ちになってドキドキするほうがスリルがあって好きです。

 

2016年インターナショナルダガー賞ノミネート作品のようですが、賛否両論ある作品だと思いました。

 

 

Synopsis:

Henry Hayden was a renowned novelist with millions of books sold internationally. When his editor got pregnant with his child, Henry had to talk with his wife. The problem is that Henry’s wife is the real author of his books.

 

My thoughts:

I love this book although it has many flaws. This book is categorized as Mystery/Thriller, but it has no tricks, nor revealings. It doesn’t even seem to have a proper structure.  Everything Henry did was unplanned; he lied, he accidentally killed, and he just barely covered up his mistakes.

 

Why am I into this story? Because of his insecurity. If I committed a murder- and that’s a big if-  it would be a hell of a mess. As a law-abiding citizen, pulling a well-organized murder and getting away with it is far from reality. I would be confused, tell more lies, do stupid things, and make things worse as Henry did. So, this book was the nearest thing I had to a real murder experience, and that was why I felt so nervous while I was reading.

 

As I think of it, this “kill and lie as you go” style started to seem like a clever tactic to grip readers’ hearts. I certainly fell for it, and I experienced how it felt to be a murderer. It is easy to dismiss this book as ridiculous, but this could be a rare opportunity to put ourselves to a murderer’s shoes.

 

 


TRUTH AND OTHER LIES

YL:7くらい

語数:79,360語(readinglength.comより)

 

悪徳小説家

 

【今日の一枚】

Giant Wrymouth

去年の秋にアラスカの水族館で見かけたGiant Wrymouthという1m20cmほどのお魚。ぬめ〜っと動く姿が印象的でした。

【オーディオブック】The Night Stalker (2016)

The Night Stalker (2016)

時間:9時間38分

発音:イギリス英語

評価:4 out of 5

The Night Stalker

 

【あらすじ】

開業医の他殺死体が発見された。彼の両腕は後ろ手に縛られており、頭にはビニール袋が被されていた。数日後、ジャーナリストが同様の手口で殺された。ロンドン警視庁警部エリカ・フォスターだったが、犯人は女性であると主張することでチームから孤立してしまう。

 

【感想】

エリカ・フォスターシリーズの2作目。主人公は東欧からイギリスに移住してきた女性警部。女性、移民ということで、ありとあらゆる困難が待ち受けているのがこのシリーズの特徴かな。シリーズ1作目のストーリーは可もなく不可もなくといった感じでしたが、2作目では登場人物の運命が気になって一気に読みました。相変わらず、エリカ以外はバカなの!?と苛立つくらい、エリカの上司やライバル警部は出来の悪い人達です。それでもエリカが出世コースにのれないのは出自のせいでしょうか。このままでは終われない。エリカ頑張れ・・・と思ってしまったので、おそらく3作目が出たら読むことになりそうです。

 

The Night Stalker

 

A GP was found dead in his bedroom. His hands were tied to his back, and a plastic bag was tied over his head. A few days later, an investigative journalist was killed in exactly the same manner. These two cases had no forced entry; the killer stalked victims, and waited in their rooms until s/he found the right moment to strike.

 

Detective Chief Inspector Erika Foster was called in to lead these cases. Despite the fact that all evidence pointed to a female assailant, her rival team arrested one of her team members, Forensic Pathologist Isaac Strong. Erika had to investigate on her own to prove Isaac’s innocence.

 

 

Spoiler Alert:

 

“The Night Stalker” is the second installment of Detective Erika Foster series. After I read “The Girl in the Ice”, I had mixed feelings about the book. I didn’t like the grumpy tone of the book, however, I like the female protagonist who followed her instincts despite all the obstacles. In this second book of the series, Erika developed into a solid character. Nearing two years after her husband’s tragic death, she finally started to move on with her life. She made friends with Isaac, a forensic pathologist in her team, but he was arrested for the murder of his boyfriend and two serial murder cases.

 

Erika was the only person who was on the right track. Evidence showed that the killer was a female; however, her boss and rival detective insisted that female serial killers were rare. Erika and the assailant felt it was an insult that women were not capable of committing serial murders. Again, she was right, making her boss and rival members out to be fools. Although she was right, her superior promoted her rival to punish her for insubordination.

 

Portraying oppressed female figures must be one of the key features in this series, but I would like to see Erika earn respect and promotion by being superior at her job in the future series.

 

 


The Night Stalker: A chilling serial killer thriller (Detective Erika Foster Book 2)

 

YL:7.5〜8

語数:118,420語(readinglength.comより)

 

【今日の一枚】

金色招き猫

南米で見かけた金色招き猫。

【オーディオブック】The View from the Cheap Seats

The View from the Cheap Seats (2016)

時間:15時間29分

発音:イギリス英語 (作者による朗読)、ゆっくりめ

評価:4 out of 5

The View from the Cheap Seats

 

Coraline (コララインとボタンの魔女 )、The Graveyard Bookなどの著者として知られるニール・ゲイマンのエッセイ集です。過去の受賞スピーチや本の前書き、雑誌に寄稿したエッセイなど60本以上がまとめられています。オーディオブックは作者による朗読。落ち着いた声でゆっくり語られるのでとても聞きやすかったです。

 

特に素晴らしかったのが、作者の読書に対する考え。彼はフィクションを「読書へのGateway drugである」と語っています。物語の次の展開が知りたい!という強い気持ちが読むことの楽しさに繋がるのだと。子供たちが好ましくない本を読んでいるからといって、教養のためにと面白くない古典文学を押し付けると読書自体がつまらないものになってしまいます。自分の好きな本をどんどん読むことで読書の楽しさに目覚め、新しい語彙や考えを吸収し、さらなる読書につながる・・・。フィクションは読書へのGateway drugである、というのは上手い表現だなと思いました。中毒性もありますしね・・・。

 

60本程のエッセイ全てが面白かったわけではありません。中には作者の友人のために書いた本の前書きなど、自分にとって全く興味のない話もありました。ニール・ゲイマンが読書愛を語る部分や、作者としての目標の持ち方、中国で欧米のSFが解禁された話、スティーブン・キングについて、等の章が面白かったです。オーディオブックではなく本で買って、興味のない部分は飛ばす、という読み方でも良かったかな。本好きな方にはお勧めです。

 

The View from the Cheap Seats by Neil Gaiman

 

I love reading and listening to books; however, I don’t have enough words to express my love for them. That was why I picked The View from the Cheap Seats by Neil Gaiman. This book is a collection of essays on various topics: his love for reading, impressive people he has met, speeches he has given at award ceremonies.

 

When I read fiction books, I feel guilty for spending my time fretting over what doesn’t actually happen. Instead, I think I should probably read textbooks or academic papers to improve my working skills. In defence of the guilty pleasure of reading fiction books, Neil Gaiman explained that fiction is a gateway drug to reading. He wrote that the drive to know what happens next leads us to learn new words and thoughts. Once we learn that reading is pleasurable, we are on the road to reading everything.

 

I couldn’t agree more. If I had chosen only work-related books, I would never have read as many books as I have so far. Young Adult and Fantasy books were gateway drugs to reading for me; I acquired new words and expressions through these books. Eventually, reading skills helped me to understand the world more.

 

This book also gave me the idea that it would be nice if I could put words on paper to express myself better. I’m not a writer nor have I ever aspired to be one, but the natural way he conveyed his thoughts, life, and passions made me feel like I had interacted with him through this book. It was a great reading experience.

 

To be honest, not all the essays in this book were interesting. Among sixty or so pieces, there were some topics in which I had no interest, but some of the words struck my heart. I would recommend this book to my fellow book lovers; they will appreciate his love for reading too.

 

 

2012年 University of the ArtsでのCommencementスピーチもおさめられています。

 


The View from the Cheap Seats: Selected Nonfiction

YL: 8くらい

語数:168,640語(leadinglength.comより)

ホーム > タグ > イギリス英語

カレンダー
« 2017 年 11月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV779
UV218

ページの上部に戻る