The Glad Game > イギリス英語

ホーム > タグ > イギリス英語

イギリス英語

【オーディオブック】The Tattooist of Auschwitz (2018)

The Tattooist of Auschwitz (2018)

時間:7時間25分

発音: イギリス英語

評価: 4.5 out of 5

 

【あらすじ】

1942年4月、スロバキア系ユダヤ人のLale Sokolovはナチスによりアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所に連行された。数カ国語を流暢に話すことが出来たことから、ラーレは収容されるユダヤ人の腕に番号を入墨するTätowierer(ドイツ語でTatooist)に任命される。

1942年7月、34902番と割り振られた若い女性と出会い恋に落ちたラーレは絶対に生き延びて彼女と結婚すると誓ったのだった。

 

【感想】

最後に後書きを読むまでフィクションだと思っていたが、アウシュヴィッツを生き延びたTatooistの実話に基づいたストーリーだったらしい。すいぶんと”盛った”あらすじだと感じた恐ろしすぎる出来事が実際に過去に起こったと知り、後書きを読みながら苦しくなってしまった。

 

ナチスに任命されたTatooistとして、ユダヤ人たちに強制収容番号を入墨するラーレ。同胞を裏切るような行為だが、拒否すればその場で殺されてしまう。絶対に生き延びて収容所を出ると決意した彼は敵に逆らわず、Tatooistとしての仕事を淡々とこなしていく。仕方なくやっていることなのに、仲間たちからはナチスの協力者と思われてしまうことが心苦しく、Tatooistとしての特権やコネを活かして食べ物や医療品を入手し、困っている囚人たちに分け与えていく。

 

この作品が実話ではなくフィクションであったとするならば、主人公はナチスと徹底的に、果敢に戦いヒーローとして勝利を収めることが出来たかもしれない。しかし現実の世界では、ラーレのようにナチスとは目を合わせず言われたことだけを忠実にこなしていかないと、無意味に殺されてしまうだけ。実際にほんの些細なきっかけで大勢の人々が殺されている。どんな屈辱にも耐えて生き延びることも、力のない一般市民にとっては立派な「戦い」なのだと知った。

 

ここからはネタバレ。

現代を生きる私達は第二次世界大戦は1945年に終わり、ナチスが敗退することを知っているが、当時アウシュビッツ収容所で暮らした人々にとっては、戦争はいつ終わるか予想もつかず、生きる希望を持ち続けることさえも難しかったはず。ラーレは後年 ”If you wake up in the morning, it is a good day.”と言っていたそうで、翌日生きて目覚めることが当たり前ではない世界が終わって本当に良かったと思った。

 

リチャード・アーミティッジの朗読も本当に素晴らしくて本の世界観に没入出来た。俳優さんの朗読は、声は良いのだけど読み方が早すぎたり、上手に読み上げているだけでキャラクターの演じ分けがイマイチだったりすることも多い。リチャード・アーミティッジ朗読は収容所内のフランス人、ドイツ人、東欧系の人々の話す英語の特徴がさり気なく、でも分かりやすく語り分けられていた。強制収容された人々の抑圧された感情や静かな反抗心の表現も上手くて感動的だった。是非他の朗読作品も聞こうと思う。

 

YL: 7.5

語数:68,878語 Word Counters調べ

 


The Tattooist of Auschwitz

【オーディオブック】The Word is Murder (2018)

The Word is Murder (2018)

時間:9時間2分

発音: イギリス英語

評価: 4.5 out of 5

 

【あらすじ】

人気イギリス俳優の母親が、自らの葬儀を申し込んだ数時間後に他殺体で発見された。作家のアンソニー・ホロウィッツは、元刑事で現在はロンドン警視庁コンサルタントであるHowthorneとともに事件に取り組むこととなる。

 

【感想】

最近 Magpie Murders / カササギ殺人事件 がとても面白かったので選んでみた。

 

自分が書くミステリーに自分自身として登場するってどういうこと!?と不思議に思ったのだが、フィクション、回想録、イギリスのテレビ制作舞台裏などが絶妙に織り交ぜられていて非常に面白かった。映画「タンタンの冒険」続編の脚本を担当することになった作者と、スピルバーグ監督、ピーター・ジャクソン監督が打ち合わせしているところに、フィクションのHowthorneも出てくるところなど、どこまでがフィクションでどこからが本当化わからないほど!

 

多読初期にアレックス・ライダーシリーズが大好きだったので、作者が当時児童作家から大人向けの小説家になろうとしていたこと、作家業のほかにイギリスでTVシリーズの脚本も担当していたことなど、当時の事情を知ることが出来たのもファンとしては嬉しかった。

 

ここからはネタバレ。 Spoiler alert!

絞殺体で発見されたダイアナ・クーパーは、約10年前に不注意から轢き逃げ事故を起こし、8歳の双子の男の子のうち一人が死亡、もう一人は脳損傷を負った。ところが、「メガネをかけ忘れて前がよく見えていなかった」という理由が当時の法律では違法ではなかったため無罪となった。10年後、金に困った双子の父親がダイアナの前に現れ保障を請求、断られると脅迫まがいの言葉を残していった。

 

双子の父親による怨恨殺人ではプロットが単純すぎる。そうこうしているうちに、ダイアナの息子人気俳優Damienも自宅で惨殺される。そこからダイアナ、ダミアンの過去をたどっていくうちに俳優養成学校の同級生に行き着くというストーリー。

 

犯人は最初から登場していて少しずつヒントを残しているのに全く気づかなかった!そんな動機で三人も殺すか!とは思ったのだけれども、それだけ俳優として成功するというのは厳しい道なのかもしれない。

 

もう一人の主役Howthorneは、このご時世に憚ることなくホモフォビアな発言をするなど、かなり性格が悪く問題のある男。相棒となったアンソニーとの間にも不協和音が生じていて、とてもじゃないが共感できる要素ゼロ。ただ、今後徐々に二人の仲が変化していくのもこのシリーズの醍醐味なのかもしれないとは思った。

 

YL: 7.5

語数 81,544語 (Word Counters より)

 


The Word Is Murder:

【オーディオブック】Age of Myth: Book One of The Legends of the First Empire(2016)

Age of Myth: Book One of The Legends of the First Empire (2016)

 

時間:16時間55分

発音:イギリス

評価:5 out of 5

 

Age of Myth

 

【あらすじ】

太古の昔、人類はフレイと呼ばれる神の種族を崇拝していた。3000年にも及ぶ寿命をもち、魔法を操るフレイは人にとって神のような存在であった。ある日、フレイの領地で密猟の現場を押さえられたレイスは傲岸不遜なフレイの男に目の前で父を殺されてしまう。一介の人間であるレイスが到底敵う相手ではなかったが、フレイの奴隷であるマルコムの助けを得て”神”を倒したレイスはGod Killerとしてフレイに追われる身となる。

 

 

【感想】

The Riyria Revelationsシリーズの前日譚となるシリーズ。こちらから読み始めても大丈夫なようですが、The Riyria Revelationsシリーズの1冊目であるTheft of Swords から読み始めたほうが世界観を把握しやすく、キャラクターに愛着が湧きやすいかも。

 

The Riyria Revelationsは大好きなシリーズ。ロイスとヘイドリアンという二人組盗賊の武勇伝から二人の過去が徐々に明かされていき最終巻で大きな謎解きがある、というエピックファンタジーとミステリーのミックス具合が良いのです。

 

ここからはネタバレ。Spoiler Alert!

 

今回の主人公はGod Killerレイスと、元奴隷のマルコムかと思いきや、人間界の女性で族長の未亡人であるPersephoneと、未来を読む力をもつ少女Suri。(Persephoneはオーディオではパーセファニーと聞こえましたがファンタジーの名前は発音が難しい・・・。)そこにフレイ界の掟に背いて追われる身となったノブロン達が加わって、パーセファニー達の村を守るというお話。

 

ここからシリーズ6冊 、Age of Myth (Summer 2016) | Age of Swords (Summer 2017) | Age of War (Spring 2018) | Age of Legends (Fall 2018) | Age of Wonder (Spring 2019) Age of Empire (Fall 2019)の刊行予定となっているようです。作者のマイケル J サリバンはシリーズ全ての本を書き上げてから出版する主義のようで、途中で作者がバスにはねられて亡くなったとしても本は刊行されるらしいので安心です。

 

Age of Mythの最後でノブロンとマルコムが実は主従関係にあり、ノブロンがマルコムにフレイ殺害を命じていたが実際にフレイを殺したのはレイスだったということが明かされます。ノブロンの野望の全貌は・・・? Riyriaシリーズを先に読んでいれば、神と呼ばれた種族は直系子孫の1人を除いて絶滅していること、ノブロンの剣と剣術も直系子孫に伝えられており、ノブロンの子孫を守る一族がいること・・・を知っているので、Age of Mythでどのように神々の支配する世界が崩壊したのか、ノブロンの剣が伝えられることになった経緯は?などが明かされるのが楽しみです。

 

シリーズ全部書き上がっているならば一気読みしたい!のに2019年秋まで待たねばなりません。間があくと細かい設定を忘れてしまうのが悩み。ということで、備忘録を兼ねてのネタバレ感想でした。

 

YL:8くらい

語数:143,849語(readinglength.comより)

 

 

 


Age of Myth: Book One of The Legends of the First Empire

【映画】ドクター・ストレンジ(2016)

Doctor Strange (2016)

doctor strange

【あらすじ】

神の手を失った天才外科医が、魔術の力で甦る―
彼の生きる道は―医術か、魔術か

上から目線の天才外科医ドクター・ストレンジ。突然の交通事故により、神の手を失った彼を甦らせたのは─魔術。指導者エンシェント・ワンのもと、過酷な修行をかさね人智を超えた力を手にしたストレンジだったが、世界を破滅へと導く闇の魔術の存在を知ったとき、彼は壮絶な魔術の戦いに巻きこまれてゆく。しかし、“人を決して傷つけない”医者としての信念が、敵であってもその命を奪うことをためらわせる。彼は、いかにして闇の魔術に立ち向かい、人々の命を救うのか?ドクター・ストレンジにしかできない、常識も次元も超えた戦いが始まる。(公式サイトより)

 

【感想】

来年の日本公開が待ちきれず、旅先のドイツ、デュッセルドルフで観てきました。作品に特にただし書きがなければ英語音声+ドイツ語字幕に違いないと思い込んで映画館に行ったのですが、予告編のジャック・リーチャーがドイツ語で喋っているのを聞いて不安な気持ちに・・・。そして悪い予感は的中し、ドクター・ストレンジもドイツ語吹き替えでした(涙)。あとで調べて知ったのですが、ドイツでは特に断りがなければ外国作品はドイツ語吹き替えのほうが一般的なようです。観に行く前に調べろよ!とつっこまれそうですが、ドイツ語吹き替えとわかっていてもやっぱり観に行った気がします。

 

夕方17時台の回、3D のメガネつきで10ユーロ、約1200円は安いです。日本では2000円以上、アメリカでも夜の3Dは1800円くらいしたはず。画面が大きく、席もゆったりでなかなか快適でした。

 

作品中で理解できたドイツ語の文章が2つ・・というおそろしい状況ながら、面白かったです!!! 映像が素晴らしく、これぞ3Dの醍醐味!とワクワクしました。視点が変わる時に自分の身体もグラリと傾いてしまい、画面の中に取り込まれるような不思議な感覚でした。

 

そして主演のベネディクト・カンバーバッチの顔力がスゴイかった。変な顔のハンサムというか、本当にハンサムなのか・・・?と時々不思議に思うのですが、あの顔力は劇画向きというか、Marvelヒーローに最適でした。

 

ところどころにギャグがあるらしく、地元の人々は大笑いしてましたが、私は全くわからず・・・。久々にこんなに分からない思いを味わいました。日本公開時にまた観に行く予定です。

 

【オーディオブック】The Truth and Other Lies(2014)悪徳小説家

The Truth and Other Lies/ 悪徳小説家

 

時間:8時間46分

発音:イギリス英語

評価:4.5 out of 5

The Truth and Other Lies

 

【あらすじ】

世界的ベストセラー作家のヘンリーには秘密があった。愛人関係にあった編集者ベティから妊娠を告げられたヘンリーは、彼女に妻とは別れ、子供の父親になることを約束する。問題は、ヘンリーの本を書いていたのは実は妻のマルタということだった。

 

【感想】

面白かった! ヘンリーは世界的な売れっ子作家ですが、実は一文字たりとも自分では書いておらず、小説を執筆しているのは妻マルタなのです。マルタには全く功名心がなく、夫ヘンリーとはそれなりに仲良く暮らしています。この夫婦の秘密を知らないまま、愛人関係になった担当編集者のベティから自分の子を妊娠したと告げられたヘンリー。「妻とは別れる」という浮気男の定番セリフを残して帰宅したヘンリーですが、新作を執筆中の妻に真実を告げられるわけがない。そこで彼がとった行動が思わぬ結果を招いてしまい・・・。

 

倒叙スタイルで、犯人の目線から今起きていることが淡々と語られます。ミステリー/スリラーにカテゴライズされているけれども、トリックもどんでん返しもない、行き当たりばったりの作品。密室殺人とか完全なトリックを披露されて最後にアッと驚くよりは、”悪事がバレそう!?” と、容疑者の気持ちになってドキドキするほうがスリルがあって好きです。

 

2016年インターナショナルダガー賞ノミネート作品のようですが、賛否両論ある作品だと思いました。

 

 

Synopsis:

Henry Hayden was a renowned novelist with millions of books sold internationally. When his editor got pregnant with his child, Henry had to talk with his wife. The problem is that Henry’s wife is the real author of his books.

 

My thoughts:

I love this book although it has many flaws. This book is categorized as Mystery/Thriller, but it has no tricks, nor revealings. It doesn’t even seem to have a proper structure.  Everything Henry did was unplanned; he lied, he accidentally killed, and he just barely covered up his mistakes.

 

Why am I into this story? Because of his insecurity. If I committed a murder- and that’s a big if-  it would be a hell of a mess. As a law-abiding citizen, pulling a well-organized murder and getting away with it is far from reality. I would be confused, tell more lies, do stupid things, and make things worse as Henry did. So, this book was the nearest thing I had to a real murder experience, and that was why I felt so nervous while I was reading.

 

As I think of it, this “kill and lie as you go” style started to seem like a clever tactic to grip readers’ hearts. I certainly fell for it, and I experienced how it felt to be a murderer. It is easy to dismiss this book as ridiculous, but this could be a rare opportunity to put ourselves to a murderer’s shoes.

 

 


TRUTH AND OTHER LIES

YL:7くらい

語数:79,360語(readinglength.comより)

 

悪徳小説家

 

【今日の一枚】

Giant Wrymouth

去年の秋にアラスカの水族館で見かけたGiant Wrymouthという1m20cmほどのお魚。ぬめ〜っと動く姿が印象的でした。

ホーム > タグ > イギリス英語

カレンダー
« 2019 年 3月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Archives
  • 2019 (4)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2019

2019 Reading Challenge

2019 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 1 book toward her goal of 60 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る